Xperiaとは?

XPERIA

読み方エクスペリア

XPERIAとは、ソニーモバイル(旧ソニー・エリクソン)が開発しているスマートフォンブランド名である。グロスマ代表的ブランド一つとして知られている。

XPERIAブランドスマートフォンとしては、Windows Mobile搭載した「XPERIA X1」「XPERIA X2」が発売されている。2010年発表予定の「XPERIA X10」では、ソニー・エリクソン端末として初めて、OSAndroid採用されている。

XPERIA X10は、フルWVGA480×854)のタッチパネルディスプレイ搭載している他、AFタッチフォーカス手ぶれ補正機能顔認識機能などを持つ8.1メガピクセルデジタルカメラ搭載している。また、UXプラットフォーム」と呼ばれる独自のユーザーインターフェース備えている。

通信方式としてはGSMHSPAW-CDMA)など多数方式に対応しており、日本を含む世界各国利用できる。

2010年1月現在、「XPERIA X10」は日本をはじめ全世界発売される予定であり、2010年前半にも投入予定発表されている。



※画像 / 2009 Sony Ericsson Mobile Communications AB.
参照リンク
Press resources - Sony Ericsson XPERIA X10 - (英語)
モバイル端末のほかの用語一覧
Android:  ソニータブレット  スタイラスペン  デフォルトSMSアプリ  XPERIA  XOOM  Yahoo! Phone
BlackBerry:  BlackBerry

Xperia

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/10/11 08:46 UTC 版)

Xperia(エクスペリア)は、ソニーモバイルコミュニケーションズ(旧:ソニー・エリクソン・モバイルコミュニケーションズ)のスマートフォンタブレット端末、およびソニーのタブレット端末などのブランド名である。商標権(登録商標:第5694407号)はソニーモバイルが保有しており、ソニー本体はソニーモバイルからライセンスを受ける形となる。




  1. ^ a b c d e f g h i j k l m n A. x.xはAndroidのバージョン、WM. x.xはWindows Mobileのバージョン。
  2. ^ Windows Mobile 6.5.3のアップデートあり。
  3. ^ なお、日本国内向けモデルSO-01Bについては、Android 2.3へのアップデートは実施しない方針であるとNTTドコモ広報部が回答している。
  4. ^ a b c d e f g h i j k l m n o ソフトウェア更新で対応。
  5. ^ 「Xperia」を冠さずに「Sony Ericsson mini」として発売される。
  6. ^ a b c 国内向けモデルでは非搭載。
  7. ^ a b c d e 国内向けモデルのみ搭載。
  8. ^ Xperia TL(アメリカ版)のみ対応。
  9. ^ アメリカでの販売名は「Xperia TL」となりLTEに対応する。
  10. ^ アメリカでの販売名は「Xperia advance」となる。
  11. ^ ブラジルではXperia ZQとして一部仕様を変更して発売。
  12. ^ ただし、Xperiaのブランドは冠しておらず、「Sony Z Ultra」として販売される。
  13. ^ 中国では「Xperia Z1 Colorful Edition」として販売。
  14. ^ SO-02Fの発売は2013年12月19日。
  15. ^ a b c d ハイレゾ音源を聴くには、ハイレゾ対応のUSB DAC、USBホストケーブル、USBケーブル、ハイレゾ対応ヘッドホンおよびスピーカーが必要。
  16. ^ a b Android 5.0以降にバージョンアップした後はハイレゾ対応ヘッドホンおよびスピーカーが必要。ハイレゾ対応のUSB DACも使用可能。
  17. ^ a b Android 5.0バージョンアップで追加。
  18. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r s ハイレゾ音源を聴くにはハイレゾ音源対応ヘッドホンおよびスピーカーが必要。ハイレゾ音源対応のUSB DACも使用可能。
  19. ^ Xperia A2ベース。
  20. ^ qiおよびパワー・マターズ・アライアンス英語版(PMA)の両規格に対応。
  21. ^ a b c d e f g h USB Type-C接続のハイレゾ音源対応ヘッドホンを使用するか、付属もしくは別売りのUSB Type-C - 3.5mm端子変換アダプターにハイレゾ音源対応ヘッドホンを接続することで再生可能。
  22. ^ 解像度は1644 x 3840。
  23. ^ 解像度は1080 x 2520。
  24. ^ 前身のイー・モバイル時代に発売された「S51SE」はXperiaブランドを冠していないため、イー・モバイル及びY!mobileにおいてXperiaを冠したスマートフォンを発売されるのはこれが初となる。
  25. ^ a b c d リモコン機能のみ。
  26. ^ Android 4.4.4バージョンアップで追加。
  1. ^ [1] ソニーの2017年度決算、スマートフォン事業での苦戦が明らかに
  2. ^ ソニーモバイルについて | 会社情報 | ソニーモバイル公式サイト
  3. ^ 国内4位に後退したソニーモバイル MWCでフラッグシップ「Xperia 1」発表”. BCN+R. 2019年3月23日閲覧。 “16年の年間販売台数を「1」として、直近3年の動きを指数化してみると、スマホ全体が増加しているにも関わらず、ソニーモバイルは17年は0.93、18年は0.86と、2年連続で前年を下回り、国内での人気低下が否めない。”
  4. ^ 2013年スマホシェア、Appleが46%で1位 - Androidスマホは苦戦 - マイナビニュース
  5. ^ Mappan (2012年11月10日). “Sony、スマホのシェア世界第3位に。2012年Q3出荷台数で | リンゲルブルーメン”. Sony、スマホのシェア世界第3位に。2012年Q3出荷台数で | リンゲルブルーメン. 2018年9月29日閲覧。
  6. ^ “Xperiaのスマホ販売台数が2016年は1510万台と半減!欧州や事業縮小した地域の減少が影響――ソニーが2016年度第3四半期業績説明会を実施 - ライブドアニュース” (日本語). ライブドアニュース. http://news.livedoor.com/article/detail/12628767/ 2018年9月29日閲覧。 
  7. ^ http://www.icinsights.com/news/bulletins/7-Of-The-Top-10-Smartphone-Suppliers-Headquartered-In-China/”. www.icinsights.com. 2018年9月29日閲覧。
  8. ^ ソニー、スマホ人員を最大半減 日本勢の退潮鮮明に:日本経済新聞
  9. ^ Sony Ericsson 「Xperia」シリーズのプロダクトラインナップ - InfoCom
  10. ^ 2010年度通期国内携帯電話端末出荷概況 « ニュースリリース - 株式会社MM総研
  11. ^ ソニー・エリクソン合弁解消の背景にあるソニーの総力戦 - 日経トレンディネット
  12. ^ ソニー「ソバックス」の教訓 意地のスマホ黒字転換 :日本経済新聞
  13. ^ 日本国内で発売されているのは「Xperia XZ Premium」(nuroモバイル/IIJ)のみ
  14. ^ ソニー「Xperiaは開発、商品化スピードが他社に劣後している」――5G時代に向けて、逆転できるチャンスはあるのか - ITmedia Mobile
  15. ^ Sony Ericsson shows new Xperia Pureness at London brand event
  16. ^ Sony Ericsson XPERIA™ X10 introduces an open and integrated world of social media, communication and entertainment
  17. ^ Sony Ericsson unveils Xperia X10 Andriod handset
  18. ^ a b http://www.sonyericsson.com/cws/corporate/press/pressreleases/pressreleasedetails/sonyericssonx10miniandminifinal-20100214
  19. ^ Sony Ericsson delivers the most entertaining smartphones
  20. ^ Sony Ericsson introduces Xperia™ arc - the ultimate smartphone with super-slim design and state-of-the-art Sony technology
  21. ^ Introducing Xperia PLAY - the world's first PlayStation certified smartphone
  22. ^ a b Sony Ericsson expands Xperia family with two new generation Android smartphones
  23. ^ ソニー・エリクソン、日本の市場向けXperia™シリーズの新モデル、『Xperia™ acro』を発表
  24. ^ 充実のビジュアル・エンターテインメント機能を搭載 快適な操作性を実現し、ワンセグやFeliCa™、赤外線通信に対応した『Xperia™ acro IS11S』の発売について
  25. ^ a b Sony Ericsson unveils next-generation Xperia™ minis
  26. ^ Sony Ericsson stuns with Xperia™ ray
  27. ^ Get fit with Sony Ericsson Xperia™ active
  28. ^ Sony Ericsson boosts 2011 Xperia(TM) family with new experiences and new software
  29. ^ Sony Ericsson unveils its fastest entertainment experiences to date with Xperia™ arc S
  30. ^ a b Sony Mobile Communications introduces Xperia P and Xperia U - smartphones for connected entertainment experiences
  31. ^ 石野純也 (2012年8月31日). “Xperiaを中心に据えたソニーブース”. ケータイ Watch. インプレス. 2017年3月24日閲覧。
  32. ^ 関口聖 (2011年4月26日). “ソニー、Androidタブレット2製品を発表”. ケータイ Watch. インプレス. 2017年3月27日閲覧。
  33. ^ 湯野康隆 (2011年9月1日). “ソニー、Androidタブレット2シリーズ4製品を発表”. ケータイ Watch. インプレス. 2017年3月27日閲覧。
  34. ^ ソニー、ソニー・エリクソンのエリクソン保有株式を完全取得 - ソニー 2011年10月26日
  35. ^ ソニー、ソニー・エリクソンの100%子会社化を完了 社名をソニーモバイルコミュニケーションズに変更し、事業の融合を加速 - ソニー 2012年2月16日
  36. ^ IFA 2012出展について モバイルを軸に機器間の連携を強化した新商品群、84V型4K対応液晶テレビなどを初公開 - ソニー 2012年8月30日
  37. ^ Android™搭載タブレット端末 Xperia™ Tablet 発売 ~生活防水や独自のアプリケーション、バラエティに富んだ別売アクセサリーで多彩な使い方を提案~ - ソニー 2012年9月4日
  38. ^ 世界最薄・最軽量タブレット『Xperia™ Z4 Tablet』 Wi-Fiモデルを発売 - ソニー 2015年5月26日
  39. ^ 鈴木雅暢 (2012年9月14日). “いよいよ明日発売!:「Xperia Tablet S」徹底検証(後編)――“ソニーならでは”の付加価値に迫る (1/5)”. ITmedia PC USER. アイティメディア. 2017年3月27日閲覧。


「Xperia」の続きの解説一覧



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「Xperia」の関連用語

Xperiaのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



Xperiaのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2019 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリXPERIAの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのXperia (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS