MVNOとは?

MVNO(仮想移動体通信事業者)

MVNO

 自前携帯電話網をもたず、他社回線借り携帯電話サービス提供する事業者のことをMVNO(仮想移動体通信事業者)といいます。Mobile Virtual Network Operatorの略称です。事実上の3社寡占状態になっている携帯電話市場活性化するため、総務省参入促進を強力に後押しする姿勢鮮明にしたことや、13年ぶりに携帯電話市場新規参入したイー・モバイルがMVNOとの連携重視戦略打ち出したことで、流れ加速される方向あります

 ここへきてMVNOの参入は相次いでいます。NECビッグローブニフティなどISPインターネット・サービス・プロバイダー大手5社は、イー・モバイル実質親会社であるイー・アクセスと「MVNOコンソーシアム」を結成トップバッターとして、ビッグローブ12月13日から携帯電話サービス参入しました。

 ウォルト・ディズニー・ジャパンソフトバンクモバイルによるMVNO連携からも目が離せません。ウォルト・ディズニー・ジャパン2008年春の商用化を目指し、独自の携帯電話端末開発ディズニーならではのコンテンツの提供を検討しています。インターネットイニシアティブIIJ)もNTTドコモ提携して08年初頭から法人向け携帯電話サービス始め準備を進めています。

 MVNOの参入促進することは、地域特性にあった多様な携帯電話サービスを可能にすることにもなります。各地に「おらがまち」のMVNOが誕生し、固有のコンテンツを提供できればきめ細かな住民サービス災害観光情報などの提供が可能になるかもしれません。地方分権地域再生流れにも沿ったものといえます。

 ただ参入促進はそう容易ではなさそうです。MVNOへの新規参入活発化すると、回線逼迫状態が強まり、サービス品質問題が生じかねないからです。このため回線保有する携帯電話事業者からは、回線貸与に慎重な声も聞かれます。

 ※図は総務省の「モバイルビジネス活性化プラン」より



(掲載日:2007/12/13)

MVNO

フルスペル:Mobile Virtual Network Operator
読み方エムブイエヌオー
別名:仮想移動体通信事業者

MVNOとは、携帯電話PHS通信事業者からネットワーク設備借り受けて、自分ブランドサービス提供する移動体通信事業者のことである。

新規移動体通信サービス開始したい企業にとって、MVNOでサービス提供する最大利点は、自前設備を持つ必要がないことである。移動体通信事業には、基地局建設などで莫大設備投資が必要となるが、MVNOならば設備借りる形でサービス始められるため、事業参入しやすくなる。

またMVNOに設備貸し出す移動体通信事業者も、自社拡販を行わなくても設備稼働率高められる点でメリットがある。

MVNOでは、設備貸し出す移動体通信事業者差別化を図るため、独自の法人向けソリューションや独自のコンテンツなどを組み合わせて、サービスを提供しているケースが多い。


仮想移動体通信事業者

(MVNO から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/21 14:59 UTC 版)

仮想移動体通信事業者(かそういどうたいつうしんじぎょうしゃ、英語: Mobile Virtual Network Operator, MVNO、モバイル・バーチャル・ネットワーク・オペレーター)とは、無線通信回線設備を開設・運用せずに、自社ブランド携帯電話PHSなどの移動体通信サービスを行う事業者のことである。通信サービスの提供には移動体通信事業者(MNO)の卸売をうけたり、仮想移動体サービス提供者(MVNE)の機能を利用したりする。携帯電話サービスプロバイダまたは単にサービスプロバイダと呼ばれる。wireless communications services provider ワイヤレス コミニュケーションズ サービス プロバイダ とも呼ばれる。




  1. ^ “MVNOに係る電気通信事業法及び電波法の適用関係に関するガイドライン(再改定)” (プレスリリース), 総務省, (2008年5月19日), http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/2002/pdf/070221_1.pdf 2015年11月4日閲覧。 
  2. ^ 総務省「電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(平成29年度第3四半期(12月末)) 別紙」 総務省、2018年3月16日
  3. ^ 【ニュース】業界の現状や展望について話し合う「MVNOフォーラム」開催、キャラクター「しむし」選ばれる
  4. ^ EMOBILE 4G-S契約は、ソフトバンク関東・甲信地域(旧・ジェイフォン東京)の番号帯が割り当てられる。
  5. ^ “格安スマートフォンサービス「BBIQスマホSIM d」の提供開始について  ~BBIQでスマホ代も節約!!~” (プレスリリース), 九州通信ネットワーク, (2015年2月12日), http://www.qtnet.co.jp/massmedia/2015/20150212_1.html 2018年4月23日閲覧。 
  6. ^ 日本通信、プリペイドスタイルの3Gデータ通信サービスを開始――「b-mobile3G hours150」”. ITmedia mobile. アイティメディア. 2018年4月23日閲覧。
  7. ^ “新プラン「U-mobile MAX 25GB」を本日より提供開始!” (プレスリリース), U-NEXT, (2016年10月17日), https://umobile.jp/information/news/20161017/ 2018年4月23日閲覧。 
  8. ^ “格安スマートフォンサービス「BBIQスマホSIM a」の提供開始について  ~auエリアに対応したBBIQスマホが新登場!~” (プレスリリース), 九州通信ネットワーク, (2015年7月13日), http://www.qtnet.co.jp/massmedia/2015/20150713.html 2018年4月23日閲覧。 
  9. ^ “「BBIQスマホ」が装いを新たに生まれ変わります! 九州生まれの新モバイル「QTmobile」デビュー” (プレスリリース), 九州通信ネットワーク, (2017年2月28日), http://www.qtnet.co.jp/massmedia/2017/20170228.html 2018年4月23日閲覧。 
  10. ^ プレスリリース 「mineo」ソフトバンク回線を利用したSプラン提供開始!」『ケイ・オプティコム』 ケイ・オプティコム、2018年7月23日
  11. ^ “格安SIM業界初!最大19枚のSIMでデータシェア可能!家族でも友達同士でも使える「ファンダム支援SIM」発売開始!” (プレスリリース), アイストリーム, (2015年7月4日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000014295.html 2018年4月23日閲覧。 
  12. ^ iStream”. 2018年4月23日閲覧。
  13. ^ 井上翔. “格安SIM定点観測:フリーテルがブランドリニューアル 格安SIM初の通話定額は延期――2015年6月音声通話編”. ITmedia mobile. アイティメディア. 2018年4月23日閲覧。
  14. ^ SIM|料金・プラン”. FREETEL SIM mobile. プラスワン・マーケティング. 2018年4月23日閲覧。
  15. ^ 【重要】「ぷららモバイルLTE」サービス終了のお知らせ”. NTTぷらら. 2018年4月23日閲覧。
  16. ^ 平賀洋一 (2009年3月4日). “人口カバー率100%:ウィルコム、FOMA網を使った「WILLCOM CORE 3G」を開始――法人向けデータ通信サービス”. ITmedia Mobile. アイティメディア. 2018年4月23日閲覧。
  17. ^ a b 園部修 (2010年3月27日). “HYBRID W-ZERO3販売再開:ウィルコム、ソフトバンク回線を使う3Gサービスを提供開始 新料金プランを発表”. ITmedia Mobile. アイティメディア. 2018年4月23日閲覧。
  18. ^ IIJ 3Gサービス(旧 WILLCOM CORE 3Gサービス) 終了について”. ソフトバンク. 2018年4月23日閲覧。
  19. ^ 〈お知らせ〉 「JALマイルフォン」、「Tigersケータイ」、「GIANTSケータイ」および「ECナビケータイ」に係るMVNO事業の譲り受け完了について
  20. ^ スマートフォンの台頭などによるVERTU事業・ノキア業績悪化のため
  21. ^ VERTU端末向けサービス「VERTU Club」発表(ITMedia)
  22. ^ SIMフリーとは? | OCN プロバイダ(インターネット接続)
  23. ^ 格安SIMの今後はどうなるのかをMVNOの中の人に聞いてみた
  24. ^ a b c 総務省電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表 (平成30年度第2四半期(9月末)) 別紙」 総務省、2018年12月21日 8ページの※注3を参照
  25. ^ 総務省電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(平成26年度第4四半期(3月末)) 別紙」 総務省、2015年6月23日
  26. ^ 調査対象は、契約数3万件以上のMVNO。ただしKDDIグループのUQ mobileは調査対象外。
  27. ^ 「MMD研究所 調査データ 2018年9月格安SIMサービスの利用動向調査」 MMD研究所、2018年9月
  28. ^ UQ mobileを含み、FREETEL SIM(現 楽天モバイル)は別計上。
  29. ^ a b c 平成28年版 情報通信白書”. 総務省. 2018年7月23日閲覧。
  30. ^ “MVNOの深イイ話:海外のMVNOから学ぶべきこと”. (2016年1月29日). http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1601/29/news144.html 2016年11月26日閲覧。 
  31. ^ a b c 平成17年版 情報通信白書”. 総務省. 2018年7月23日閲覧。


「仮想移動体通信事業者」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「MVNO」の関連用語

MVNOのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



MVNOのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
財団法人経済広報センター財団法人経済広報センター
Copyright(C) 2020 KEIZAI KOHO CENTER. SANGYO DATA PLAZA All Rights Reserved.
アライドテレシス株式会社アライドテレシス株式会社
Copyright(c)2020 Allied Telesis K.K. All Rights Reserved.
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2020 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリMVNOの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仮想移動体通信事業者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2020 Weblio RSS