格安SIMとは?

Weblio 辞書 > コンピュータ > IT用語辞典 > 格安SIMの意味・解説 

格安SIM

読み方かくやすシム
別名:格安SIMカード

格安SIMとは、MVNO仮想移動体通信事業者)が提供する制限がある代わりに廉価で提供される通信サービス総称である。

格安SIMはネットワークインフラを持たない通信事業者NTTドコモauといったキャリア通信設備借り受ける形で提供される。高速データ通信特化しており通話機能を持ない場合や、通話データ通信も可能であるがデータ通信速度制限されている場合どのように何らかの機能切り捨てた分だけ安くなっているという点が共通し特徴といえる利用目的が合う(自分利用しない機能が省かれた)格安SIMを利用すれば、通常のキャリア通信プラン利用するよりも低コスト通信サービス利用できる。

格安SIMの例としては、日本通信の「b-mobile」やフュージョンコ・ミュニケーションの「楽天モバイル」などがある。大手インターネットサービスプロバイダISP)も多く格安SIMの事業参入している。


仮想移動体通信事業者

(格安SIM から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/08 15:37 UTC 版)

仮想移動体通信事業者(かそういどうたいつうしんじぎょうしゃ、英語: Mobile Virtual Network Operator, MVNO、モバイル・バーチャル・ネットワーク・オペレーター)とは、無線通信回線設備を開設・運用せずに、自社ブランド携帯電話PHSなどの移動体通信サービスを行う事業者のことである。通信サービスの提供には移動体通信事業者(MNO)の卸売をうけたり、仮想移動体サービス提供者(MVNE)の機能を利用したりする。




  1. ^ “MVNOに係る電気通信事業法及び電波法の適用関係に関するガイドライン(再改定)” (プレスリリース), 総務省, (2008年5月19日), http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/2002/pdf/070221_1.pdf 2015年11月4日閲覧。 
  2. ^ 総務省「電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(平成29年度第3四半期(12月末)) 別紙」 総務省、2018年3月16日
  3. ^ 【ニュース】業界の現状や展望について話し合う「MVNOフォーラム」開催、キャラクター「しむし」選ばれる
  4. ^ EMOBILE 4G-S契約は、ソフトバンク関東・甲信地域(旧・ジェイフォン東京)の番号帯が割り当てられる。
  5. ^ LINEモバイルとソフトバンク、MVNO事業「LINEモバイル」のさらなる成長を目的とする資本・業務提携締結のお知らせ(ソフトバンク公式ホームページ)
  6. ^ “格安スマートフォンサービス「BBIQスマホSIM d」の提供開始について  ~BBIQでスマホ代も節約!!~” (プレスリリース), 九州通信ネットワーク, (2015年2月12日), http://www.qtnet.co.jp/massmedia/2015/20150212_1.html 2018年4月23日閲覧。 
  7. ^ a b “「BBIQスマホ」が装いを新たに生まれ変わります! 九州生まれの新モバイル「QTmobile」デビュー” (プレスリリース), 九州通信ネットワーク, (2017年2月28日), http://www.qtnet.co.jp/massmedia/2017/20170228.html 2018年4月23日閲覧。 
  8. ^ 日本通信、プリペイドスタイルの3Gデータ通信サービスを開始――「b-mobile3G hours150」”. ITmedia mobile. アイティメディア. 2018年4月23日閲覧。
  9. ^ “新プラン「U-mobile MAX 25GB」を本日より提供開始!” (プレスリリース), U-NEXT, (2016年10月17日), https://umobile.jp/information/news/20161017/ 2018年4月23日閲覧。 
  10. ^ ゲーマー向けSIM「LinksMate」が目指すものとは?LogicLinks春田氏に聞く”. AppLivGames. 2018年5月27日閲覧。
  11. ^ “格安スマートフォンサービス「BBIQスマホSIM a」の提供開始について  ~auエリアに対応したBBIQスマホが新登場!~” (プレスリリース), 九州通信ネットワーク, (2015年7月13日), http://www.qtnet.co.jp/massmedia/2015/20150713.html 2018年4月23日閲覧。 
  12. ^ “格安SIM業界初!最大19枚のSIMでデータシェア可能!家族でも友達同士でも使える「ファンダム支援SIM」発売開始!” (プレスリリース), アイストリーム, (2015年7月4日), https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000002.000014295.html 2018年4月23日閲覧。 
  13. ^ iStream”. 2018年4月23日閲覧。
  14. ^ 井上翔. “格安SIM定点観測:フリーテルがブランドリニューアル 格安SIM初の通話定額は延期――2015年6月音声通話編”. ITmedia mobile. アイティメディア. 2018年4月23日閲覧。
  15. ^ SIM|料金・プラン”. FREETEL SIM mobile. プラスワン・マーケティング. 2018年4月23日閲覧。
  16. ^ 【重要】「ぷららモバイルLTE」サービス終了のお知らせ”. NTTぷらら. 2018年4月23日閲覧。
  17. ^ 平賀洋一 (2009年3月4日). “人口カバー率100%:ウィルコム、FOMA網を使った「WILLCOM CORE 3G」を開始――法人向けデータ通信サービス”. ITmedia Mobile. アイティメディア. 2018年4月23日閲覧。
  18. ^ a b 園部修 (2010年3月27日). “HYBRID W-ZERO3販売再開:ウィルコム、ソフトバンク回線を使う3Gサービスを提供開始 新料金プランを発表”. ITmedia Mobile. アイティメディア. 2018年4月23日閲覧。
  19. ^ IIJ 3Gサービス(旧 WILLCOM CORE 3Gサービス) 終了について”. ソフトバンク. 2018年4月23日閲覧。
  20. ^ 〈お知らせ〉 「JALマイルフォン」、「Tigersケータイ」、「GIANTSケータイ」および「ECナビケータイ」に係るMVNO事業の譲り受け完了について
  21. ^ VERTU端末向けサービス「VERTU Club」発表(ITMedia)
  22. ^ SIMフリーとは? | OCN プロバイダ(インターネット接続)
  23. ^ 格安SIMの今後はどうなるのかをMVNOの中の人に聞いてみた
  24. ^ a b c 総務省電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表 (平成29年度第4四半期(3月末)) 別紙」 総務省、2018年6月22日
  25. ^ 総務省電気通信サービスの契約数及びシェアに関する四半期データの公表(平成26年度第4四半期(3月末)) 別紙」 総務省、2015年6月23日
  26. ^ 「MMD研究所 調査データ 2018年3月格安SIMサービスの利用動向調査」 MMD研究所、2018年3月
  27. ^ a b c 平成28年版 情報通信白書”. 総務省. 2018年7月23日閲覧。
  28. ^ “MVNOの深イイ話:海外のMVNOから学ぶべきこと”. (2016年1月29日). http://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/1601/29/news144.html 2016年11月26日閲覧。 
  29. ^ a b c 平成17年版 情報通信白書”. 総務省. 2018年7月23日閲覧。


「仮想移動体通信事業者」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「格安SIM」の関連用語

格安SIMのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



格安SIMのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2018 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリ格安SIMの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの仮想移動体通信事業者 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS