IPhoneとは? わかりやすく解説

iPhone

読み方アイフォーン

iPhoneとは、Apple2007年1月米国発表したスマートフォンの名称である。

iPhoneは、携帯電話ポータブルメディアプレイヤーPDAなどの機能統合された携帯端末である。3.5インチのタッチパネルディスプレイを搭載しており、ソフトウェアキーボードをはじめほとんどの操作タッチパネルによって行う。本体操作ボタンはほとんど付いていない。

2007年米国発表された当初、iPhoneは第2世代携帯電話2G)の通信方式であるGSM対応していた。GSM全世界的に採用されている通話方式主流であるが、GSM提供されていない日本、および韓国では、iPhoneを用いて通話サービス利用することができなかった。2008年に、第3世代携帯電話3G)に対応したiPhone 3G発表されたことで、日本国内での利用実現可能となった

iPhone
iPhone 3G

ポータブルメディアプレイヤーとしては、iPhoneは「タッチパネル操作するワイドスクリーンiPodと形容される。指を動かしてスクロールすることでプレイリスト操作できる他、iTunes Storeからダウンロードしたムービービデオポッドキャストなどを再生することができる。なお、iPodシリーズからはiPhoneと同様インターフェースをもった「iPod touch」が2007年9月発売されている。

iPhoneには、OSとしてMac OS Xサブセット版が搭載されており、WebブラウザSafari各種ウィジェット、iPhone用に最適化されたGoogleMapsなどのアプリケーション利用できるそのほか200万画素のカメラ機能Wi-FiBluetoothなどが搭載されている。

なお、2009年6月には、iPhone 3G後継機種となるiPhone 3GS発表されている。



※画像提供 / アップルジャパン株式会社
参照リンク
アップル、iPhoneで携帯電話を再定義 - (Apple
モバイル端末のほかの用語一覧
iOSデバイス:  iPod  iPod shuffle  iPod nano  iPhone  iPod touch  iPhone 3G  iPhone 3GS

iPhone

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/24 06:11 UTC 版)

iPhone(アイフォーン[補足 1][補足 2])は、Appleスマートフォン[補足 3]第1世代2007年1月9日に発表され[16][17]、同年6月29日アメリカ合衆国で販売が開始された[18][19]。「通信キャリア」とのシームレスな通話をも可能にしたこと、当初はアプリケーションも自社限定であり機能は多くなかったが、GPSも内蔵していたことで話題になった。


補足

  1. ^ アイホンとの協議の結果「アイフォーン」になっている[15](詳細は「アイホン」を参照)。
  2. ^ 原音表記では「アイフォン」の方が近い。
  3. ^ ドコモ及びソフトバンクは本製品をスマートフォンとは分類せずに、"iPhone"と言うカテゴリーに分類している。
  4. ^ そのため、Apple及び国内の携帯各社のWebサイトやパンフレット等に「iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスに基づき使用されています。」との旨が書かれている。

出典

  1. ^ How Many iPhones have been sold - Lifewire
  2. ^ Under the Hood: The iPhone's Gaming Mettle”. Touch Arcade (2008年6月14日). 2013年6月13日閲覧。
  3. ^ The iPhone 3GS Hardware Exposed & Analyzed”. AnandTech. 2013年6月13日閲覧。
  4. ^ iPhone 4 Teardown – Page 2”. iFixit (2010年6月24日). 2013年6月13日閲覧。
  5. ^ Toor, Amar (2011年10月11日). “Benchmarks clock iPhone 4S' A5 CPU at 800MHz, show major GPU upgrade over iPhone 4”. Engadget. 2017年3月23日閲覧。
  6. ^ a b iPhone 7 & 7 Plus”. GSMArena. 2017年1月14日閲覧。
  7. ^ iPhone 5 – View all the technical specifications”. Apple Inc.. 2013年6月13日閲覧。
  8. ^ a b “iPhone Delivers Up to Eight Hours of Talk Time” (プレスリリース), Apple Inc., (2007年6月18日), オリジナルの2011年5月21日時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20110521200837/http://www.apple.com/pr/library/2007/06/18iphone.html 
  9. ^ Slivka, Eric (2009年6月10日). “More WWDC Tidbits: iPhone 3G S Oleophobic Screen, "Find My iPhone" Live lLP”. Mac Rumors. 2009年7月3日閲覧。
  10. ^ Po-Han Lin. “iPhone Secrets and iPad Secrets and iPod Touch Secrets”. Technology Depot. 2011年12月8日閲覧。
  11. ^ Update: UK graphics specialist confirms that iPhone design win”. EE Times. 2012年6月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年7月8日閲覧。
  12. ^ a b c d e f Shimpi, Anand (2009年6月10日). “The iPhone 3GS Hardware Exposed & Analyzed”. AnandTech. 2009年6月10日閲覧。
    Sorrel, Charlie (2009年6月10日). “Gadget Lab Hardware News and Reviews T-Mobile Accidentally Posts Secret iPhone 3G S Specs”. Wired. https://www.wired.com/gadgetlab/2009/06/t-mobile-accidentally-posts-secret-iphone-3g-s-specs 2009年6月14日閲覧。 
  13. ^ a b Apple A4 Teardown”. ifixit.com (2009年6月10日). 2010年9月9日閲覧。
  14. ^ A9's GPU: Imagination PowerVR GT7600 – The Apple iPhone 6s and iPhone 6s Plus Review”. AnandTech (2015年11月2日). 2015年11月4日閲覧。
  15. ^ 商標に関するお知らせ - アイホン 2008年3月24日
  16. ^ Apple Reinvents the Phone with iPhone - Apple
  17. ^ アップル、iPhoneで携帯電話を再定義 - Apple (日本)
  18. ^ iPhone Premieres This Friday Night at Apple Retail Stores - Apple
  19. ^ YouTube、本日からApple TVに登場。6月29日からはiPhoneでも対応 - Apple (日本)
  20. ^ a b c d e f g h i “iPhone 14/14 Proの実機に触れて分かった“違い” Plusのサイズ感やProの新ノッチはどう?”. ITmedia Mobile. (2022年9月8日). https://www.itmedia.co.jp/mobile/articles/2209/08/news150.html 2022年9月8日閲覧。 
  21. ^ Engadget”. japanese.engadget.com. 2021年6月1日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2021年5月27日閲覧。
  22. ^ Heisler, Yoni (2012年7月18日). “Earliest known photos of an Apple iPad prototype” (英語). Network World. 2021年5月27日閲覧。
  23. ^ Phillips, Matt Buchanan, Michael. “The Original iPad Was Gigantic” (英語). BuzzFeed. 2021年5月27日閲覧。
  24. ^ Warren, Tom (2019年3月19日). “An exclusive look at an original iPhone prototype” (英語). The Verge. 2021年5月27日閲覧。
  25. ^ Inc, Shogakukan. “なぜ今になって新モデル?「iPod touch」は本当に必要なのか?|@DIME アットダイム” (日本語). @DIME アットダイム. 2020年5月12日閲覧。
  26. ^ iPhoneを振り返る:「携帯電話を再定義」 米国で華々しくデビューした初代iPhone” (日本語). ITmedia Mobile. 2020年5月12日閲覧。
  27. ^ a b 関係者が振り返る「iPhoneの10年」と、ジョブズにも見えなかった未来|WIRED.jp” (日本語). WIRED.jp. 2020年5月12日閲覧。
  28. ^ 日経クロステック (xTECH). “「電話を再発明する」---Jobs氏がMac OS X搭載の携帯電話機を発表” (日本語). 日経クロステック (xTECH). 2020年5月12日閲覧。
  29. ^ 総務省|令和元年版 情報通信白書|携帯電話の登場・普及とコミュニケーションの変化”. www.soumu.go.jp. 2020年5月12日閲覧。
  30. ^ アップル、新しいiPhone 3Gを発表”. Apple Inc. (2007年6月10日). 2008年6月12日閲覧。
  31. ^ “高速化した「iPhone 3G S」、6月26日発売──OS 3.0は6月17日配信”. ITmedia NEWS (アイティメディア). (2009年6月9日). https://www.itmedia.co.jp/news/articles/0906/09/news018.html 2020年1月10日閲覧。 
  32. ^ アップル、新しいiPhone 3G Sを発表 - これまでで最も速く、パワフルなiPhone”. Apple Inc. (2009年6月9日). 2009年6月9日閲覧。
  33. ^ a b アップル、iPhone 4のホワイトを28日より発売 -製品発表から約10カ月越しで発売に - AV Watch 2011年4月27日
  34. ^ iPhone 4S、発売直後の週末で販売台数が400万台を突破”. Apple (2011年10月17日). 2020年1月10日閲覧。
  35. ^ “iPhone 4Sの「S」はSiriの「S」――ティム・クック氏が明かす”. ITmedia Mobile (アイティメディア). (2012年5月31日). https://www.itmedia.co.jp/promobile/articles/1205/31/news095.html 2020年1月10日閲覧。 
  36. ^ About the Unlocked iPhone”. 2011年10月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月10日閲覧。
  37. ^ これからは「iPhone 4s」、Sが小文字になります - GIZMODO 2013年9月11日
  38. ^ a b Apple、 iPhone 4Sを「無料モデル」として継続、iPhone 5は消滅 - techcrunch 2013年9月11日
  39. ^ Appleが発表会イベントを実施し新型iPhone2機種を発表 - gigazine 2013年9月11日
  40. ^ 「iPhone 5s/5c」発売、銀座アップルストアには700人超の行列 - ケータイWatch 2013年9月20日
  41. ^ a b c 米アップル、「iPhone 5s」「iPhone 5c」発表 - ケータイWatch 2013年9月11日
  42. ^ SIMフリー版iPhone 5s/5cがオンラインのApple Storeで販売開始。5s 16GBが71,800円 - AV Watch 2013年11月22日
  43. ^ Apple、SIMフリー版「iPhone 5s/5c」を日本でも販売 - ITmedia 2013年11月22日
  44. ^ なぜ今頃? UQ mobileがiPhone 5sを取り扱うワケ - マイナビニュース 2016年7月8日
  45. ^ 総合ランキングに「iPhone 7」と「iPhone 5s」が同時ランクイン (1/4) - itmedia 2016年11月5日
  46. ^ 3年前の「iPhone 5s」がいまだに“現役”の理由 (1/2) - itmedia 2016年07月21日
  47. ^ 4.7インチの「iPhone 6」と5.5インチの「iPhone 6 Plus」、9月19日発売 - ケータイWatch 2014年9月10日
  48. ^ アップル、「iPhone 6/iPhone 6 Plus」発表--4.7インチと5.5インチの大画面、5s/cとスペックを比較 - CNET Japan 2014年9月10日
  49. ^ Apple、iPhone 6とiPhone 6 Plusを発表-iPhone史上最大の進歩 - Apple Press Info 2014年9月10日
  50. ^ 「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」、SIMロックフリー版も発売 価格は6万7800円から - ITmedia 2014年9月10日
  51. ^ アップル、iPhone 6s/6s Plusを発表、9月25日発売 - ケータイ Watch 2015年9月10日
  52. ^ Apple - Press Info - Apple Introduces iPhone 6s & iPhone 6s Plus - Apple Press Info 2015年9月9日
  53. ^ iPhone 7 Plus Teardown - iFixit
  54. ^ Apple iPhone 7 Teardown - Chipworks
  55. ^ SuicaがApple Payに対応します - JR東日本 2016年9月8日
  56. ^ JCB、Apple Payへの対応を開始 - JCB 2016年9月8日
  57. ^ ドコモが推進する「iD」および「dカード」のApple Payへの対応開始について - NTTドコモ 2016年9月8日
  58. ^ a b アップル、全面ディスプレイ「iPhone X」とスタンダードな「iPhone 8/8 Plus」を発表,ケータイ Watch,2017年9月13日
  59. ^ 【西田宗千佳のRandomTracking】攻めの「iPhone X」と柔らかな印象の「iPhone 8」、新Apple Watchハンズオンレポート。新社屋もお披露目,AV Watch,2017年9月13日
  60. ^ 稲葉雅己 (2017年9月13日). “iPhone XとiPhone 8/8 PlusにApple Watch Series 3に触ってきた - ハンズオン会場にはティム・クックとジョナサン・アイヴの姿も”. マイナビニュース. http://news.mynavi.jp/articles/2017/09/13/iphone/ 2017年10月6日閲覧。 
  61. ^ a b “【速報】Apple、新型iPhoneを3モデル発表!液晶モデルのみ発売が10月に”. iPhone Mania. (2018年9月13日). https://iphone-mania.jp/news-225975/ 2018年9月13日閲覧。 
  62. ^ iPhone XS - ディスプレイ” (日本語). Apple(日本). 2019年2月22日閲覧。
  63. ^ “アップルが「iPhone 11」を発表”. ASCII.jp. (2019年9月11日). https://ascii.jp/elem/000/001/934/1934460/ 2019年9月11日閲覧。 
  64. ^ “アップル、3眼カメラの「iPhone 11 Pro」と「iPhone 11 Pro MAX」を発表”. ASCII.jp. (2019年9月11日). https://ascii.jp/elem/000/001/934/1934461/ 2019年9月11日閲覧。 
  65. ^ 週刊アスキー. “今年の本命!? デュアルカメラに進化した「iPhone 11」” (日本語). 週刊アスキー. 2019年10月6日閲覧。
  66. ^ アップル、「iPhone」などのガラス製造のコーニングに約270億円を追加投資” (日本語). CNET Japan (2019年9月18日). 2019年10月6日閲覧。
  67. ^ アップル、4.7インチの新「iPhone SE」発売へ--A13 Bionic搭載、4万4800円から”. 2020年4月16日閲覧。
  68. ^ ARKit4で3D物体のマップ上への配置が可能に〜iPhone SEで顔トラッキングも” (日本語). iPhone Mania. 2020年8月7日閲覧。
  69. ^ iPhone SE(第2世代)をAppleが発表!スペック・価格・予約開始日を公開”. 2020年4月16日閲覧。
  70. ^ a b “アップル、iPhone 12とiPhone 12 miniを発表。どちらも5G対応”. ASCII.jp. (2020年10月14日). https://ascii.jp/elem/000/004/030/4030235/ 2020年10月14日閲覧。 
  71. ^ 「iPhone 12」の画面を守る新素材「Ceramic Shield」--落下耐性は4倍に” (日本語). CNET Japan (2020年10月14日). 2021年9月21日閲覧。
  72. ^ a b c “アップル、iPhone 12 ProとiPhone 12 Pro Maxを発表”. ASCII.jp. (2020年10月14日). https://ascii.jp/elem/000/004/030/4030236/ 2020年10月14日閲覧。 
  73. ^ “アップル、「iPhone 13」「iPhone 13 mini」を発表”. ASCII.jp. (2021年9月15日). https://ascii.jp/elem/000/004/069/4069279/ 2021年9月15日閲覧。 
  74. ^ “アップル、「iPhone 13 Pro」「iPhone 13 Pro Max」を24日発売!”. ASCII.jp. (2021年9月15日). https://ascii.jp/elem/000/004/069/4069280/ 2021年9月15日閲覧。 
  75. ^ Apple - iPhone - モデルを比較する
  76. ^ [1]
  77. ^ アップル、iPhone 6s/6s Plusを発表、9月25日発売 - ケータイWatch 2015年9月10日
  78. ^ Hashimoto), 橋本 新義 (Shingi. “速報:iPhone 8/Plus発表。「いつも通りの使い勝手」を保ちつつ最新世代の性能を備えた新主力機 - Engadget Japanese” (日本語). Engadget JP. オリジナルの2017年9月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20170912233029/http://japanese.engadget.com/2017/09/12/stub-iphone-8-plus/ 2018年4月4日閲覧。 
  79. ^ Slivka, Eric (2009年6月10日). “More WWDC Tidbits:iPhone 3G S Oleophobic Screen, "Find My iPhone" Live”. Mac Rumors. 2009年7月3日閲覧。
  80. ^ Patterson, Blake (2008年7月7日). “Under the Hood:The iPhone's Gaming Mettle”. touchArcade. 2009年3月20日閲覧。
  81. ^ Dilger, Daniel Eran (2008年3月20日). “iPhone 2.0 SDK:Video Games to Rival Nintendo DS, Sony PSP”. RoughlyDrafted Magazine. 2009年5月12日閲覧。
  82. ^ iPhone 3Gs – Teardown and Analysis”. phoneWreck (2009年6月19日). 2010年4月20日閲覧。
  83. ^ iPhone 4 Teardown - Page 2”. iFixit. 2010年6月23日閲覧。
  84. ^ Apple's A6 CPU actually clocked at around 1.3GHz, per new Geekbench report - Engadget
  85. ^ a b c iPhone iPhone 5cのA6プロセッサは最大1.25 GHz、メモリ容量は1 GB仕様 - MACお宝鑑定団
  86. ^ a b c iPhone 5sのA7プロセッサは最大1.3 GHz、メモリ容量は1 GB仕様 - MACお宝鑑定団
  87. ^ a b c iPhone 6のA8プロセッサは最大1.4 GHz、メモリ容量は1 GB仕様 - MACお宝鑑定団
  88. ^ a b c iPhone 6 PlusのA8プロセッサは最大1.4 GHz、メモリ容量は1 GB仕様 - MACお宝鑑定団
  89. ^ a b c iPhone 6sのA9プロセッサは最大1.85 GHz、L2キャッシュ3 MB、メモリ容量は2 GB仕様 - MACお宝鑑定団
  90. ^ a b c iPhone 6s PlusのA9プロセッサは最大1.85 GHz、L2キャッシュ3MB、メモリ容量は2GB仕様 - MACお宝鑑定団
  91. ^ a b c iPhone 7 のA10 Fusionプロセッサは最大2.33 GHz、L2キャッシュ3 MB、メモリ容量は2 GB仕様 - MACお宝鑑定団
  92. ^ a b c iPhone 7 PlusのA10 Fusionプロセッサは最大2.33 GHz、L2キャッシュ3 MB、メモリ容量は3 GB仕様 - MACお宝鑑定団
  93. ^ a b http://www.macotakara.jp/blog/iphone/entry-33332.html
  94. ^ a b http://www.macotakara.jp/blog/iphone/entry-33333.html
  95. ^ Update:U.K. graphics specialist confirms iPhone design win”. EE Times. 2010年6月22日閲覧。
  96. ^ a b AnandTech - The iPhone 5 Performance Preview
  97. ^ AnandTech - The iPhone 5s Review
  98. ^ Apple(Samsung S5L8900)applications processor with eDRAM”. UBM TechInsights. 2009年5月12日閲覧。
  99. ^ iPhone 4 Confirmed to Have 512MB of RAM(Twice the iPad and 3GS)”. MacRumors. 2010年6月17日閲覧。
  100. ^ a b iPhone 5c Teardown - iFixit
  101. ^ a b c iPhone 5s Teardown - iFixit
  102. ^ Apple iPhone Technical Specifications”. Apple Inc.. 2009年6月10日閲覧。
  103. ^ Apple iPhone Technical Specifications”. Apple Inc.. 2010年6月9日閲覧。
  104. ^ 日本ではRev.Bのサービスは非対応だが, 代わりにRev.Bのサブセット版にあたるMC-Rev.A(マルチキャリアRev.A)が使用される。
  105. ^ 「VoLTE」はなぜ高音質なのか? 答えはコーデックの進化にアリ” (日本語). ITmedia Mobile. 2021年9月21日閲覧。
  106. ^ a b VoLTE/VoLTE(HD+) | サービス・機能 | NTTドコモ”. www.nttdocomo.co.jp. 2021年9月21日閲覧。
  107. ^ a b iPhoneのWi-Fi仕様の詳細” (日本語). Apple Support. 2022年9月13日閲覧。
  108. ^ 株式会社インプレス (2019年9月11日). “Wi-Fi 6に対応した「iPhone 11/Pro/Pro Max」 最安で7万4800円から、iPhone 11はデュアル、iPhone 11 Pro/Pro Maxはトリプルカメラ搭載” (日本語). INTERNET Watch. 2019年9月12日閲覧。
  109. ^ iPhone 3Gs Teardown and Analysis”. phonewreck. 2009年6月22日閲覧。
  110. ^ iPhone 4S/新iPadが採用、「Bluetooth 4.0+HS」とは? - ascii.jp 2012年4月24日
  111. ^ iPhone 6仕様
  112. ^ iPhone 6s仕様
  113. ^ iPhone 3G isn't plastic & Zirconia ceramic casing?”. 2010年6月12日閲覧。
  114. ^ United States Patent Application:0060268528”. 2010年6月12日閲覧。
  115. ^ iPhone 3G S Teardown”. iFixit.com. p. 2 (2009年6月19日). 2009年6月19日閲覧。
  116. ^ iPhone 4 Teardown”. iFixit.com. p. 1 (2010年6月24日). 2009年6月26日閲覧。
  117. ^ iPhone 5 Teardown”. iFixit.com. p. 2 (2012年9月21日). 2012年9月23日閲覧。
  118. ^ iPhone 6 Teardown - iFixit
  119. ^ iPhone 6 plus Teardown - iFixit
  120. ^ iPhone 6s Teardown - iFixit
  121. ^ iPhone 6s plus Teardown - iFixit
  122. ^ iPhone SE Teardown - iFixit
  123. ^ iPhone 4:The Definitive Guide”. Gizmodo. 2010年6月9日閲覧。
  124. ^ ビンテージ製品とオブソリート製品 - apple
  125. ^ オブソリート製品は米国を含めた世界でサポートを終了した製品(販売から7年以降)。ビンテージ製品は米国以外でサポートを終了した製品(販売から5年以上7年未満)
  126. ^ Apple Inc. (2007-2020). iPhone News - Newsroom Archive. Retrieved january 28, 2021.
  127. ^ アップルVSサムスン特許訴訟の経緯と争点を振り返る” (日本語). MONOist. 2022年9月18日閲覧。
  128. ^ Apple、HTCを特許侵害で提訴” (日本語). Apple Newsroom (日本). 2022年9月18日閲覧。
  129. ^ 対応機種 : VoLTE(HD+) | VoLTE/VoLTE(HD+) | サービス・機能 | NTTドコモ”. www.nttdocomo.co.jp. 2021年9月20日閲覧。
  130. ^ Yahoo!メール新着情報(2011年)
  131. ^ iPhone 14 Proのカメラが「4800万画素」になって変わること 広がるiPhone 14との差” (日本語). ITmedia Mobile. 2022年9月18日閲覧。
  132. ^ iOS - 写真” (日本語). Apple(日本). 2019年2月6日閲覧。
  133. ^ Apple Music” (日本語). Apple(日本). 2019年2月6日閲覧。
  134. ^ 株式会社インプレス (2009年7月22日). “【小寺信良の週刊 Electric Zooma!】 第423回:iPhone 3GSの動画撮影はどこまで行けるのか ~ 編集機能も搭載、そしてアップロードも ~” (日本語). AV Watch. 2022年9月19日閲覧。
  135. ^ 「iPhone 4」のHD動画撮影機能って使える? iMovieは買うべき?” (日本語). ITmedia Mobile. 2022年9月19日閲覧。
  136. ^ 第31回 iPhone 5sのカメラ、ここがスゴイ(スローモーション動画編)” (日本語). ITmedia Mobile. 2022年9月19日閲覧。
  137. ^ 「iPhone 6/6 Plus」で60fpsビデオ撮影を可能にするには” (日本語). CNET Japan (2014年10月8日). 2022年9月19日閲覧。
  138. ^ 株式会社インプレス (2015年10月7日). “【小寺信良の週刊 Electric Zooma!】 第727回:4Kに手ぶれ補正、“動く写真”まで!? iPhone 6s Plusの動画撮影機能を試す” (日本語). AV Watch. 2022年9月19日閲覧。
  139. ^ iPhoneのカメラで4Kの高画質ビデオ撮影をする方法と注意点” (日本語). [iPhone] All About. 2022年9月19日閲覧。
  140. ^ iPhone でシネマティックモードを使う” (日本語). Apple Support. 2022年9月19日閲覧。
  141. ^ iPhone 14/14 Proの実機に触れて分かった“違い” Plusのサイズ感やProの新ノッチはどう?” (日本語). ITmedia Mobile. 2022年9月19日閲覧。
  142. ^ 株式会社インプレス (2022年9月8日). “iPhone 14シリーズのカメラはどこが変わった?” (日本語). ケータイ Watch. 2022年9月19日閲覧。
  143. ^ マップ” (日本語). Apple(日本). 2019年2月6日閲覧。
  144. ^ 株式会社インプレス (2022年9月14日). “[iPhone駆け込み寺 「iPhone 14」シリーズ、発売前に基本情報を徹底解説――iPhone 13シリーズとの違いは?]” (日本語). ケータイ Watch. 2022年9月18日閲覧。
  145. ^ 「iPhone 14」を写真でチェック iPhone 13と何が変わったか” (日本語). ITmedia NEWS. 2022年9月18日閲覧。
  146. ^ iTunesで購入した曲” (日本語). Soundsard(日本). 2022年2月6日閲覧。
  147. ^ Apple、iPhoneをユーザーが自分で修理可能に パーツ、マニュアルも提供 まずは米国で開始” (日本語). ITmedia NEWS. 2022年9月18日閲覧。
  148. ^ iPhone 7 以降の防沫・耐水・防塵性能について” (日本語). Apple Support. 2022年9月18日閲覧。
  149. ^ iOS 15.4 Emoji Changelog” (英語). Emojipedia (2022年3月14日). 2022年9月18日閲覧。
  150. ^ 週刊アスキー. “iPhone6、6 Plusは急速充電対応!付属アダプターでは最大効率で充電できない” (日本語). 週刊アスキー. 2018年4月4日閲覧。
  151. ^ Japan, Anker. “USB PDでiPhone XSを急速充電する方法” (日本語). magazine.ankerjapan.com. 2019年9月1日閲覧。
  152. ^ “iPad や Mac ノートブックの電源アダプタで iPhone を充電する” (日本語). Apple Support. https://support.apple.com/ja-jp/HT202105 2018年4月4日閲覧。 
  153. ^ バッテリー - なぜリチウムイオンなのか?” (日本語). Apple(日本). 2021年6月18日閲覧。
  154. ^ a b Apple (2007年2月21日). “Cisco and Apple Reach Agreement on iPhone Trademark” (英語). 2007年12月4日閲覧。
  155. ^ a b Cisco Systems (2007年2月21日). “Cisco and Apple Reach Agreement on iPhone Trademark” (英語). 2007年12月4日閲覧。
  156. ^ a b Apple Inc. (2007年9月10日). “アップル、100万台のiPhoneを販売”. 2007年12月4日閲覧。
  157. ^ ロイター (2008年1月16日). “米アップル、「iPhone」販売台数が400万台に”. 2008年6月12日閲覧。
  158. ^ Apple Inc. (2008年2月15日). “アップル、iPhoneとiPod touchに新モデルを追加”. 2008年6月12日閲覧。
  159. ^ IBTimes (2008年5月8日). “米アップル、中南米でのiPhone販売契約を締結”. 2008年6月12日閲覧。
  160. ^ 「iPhone」について - ソフトバンクモバイル 2008年6月4日
  161. ^ マイコミジャーナル (2008年6月10日). “速報 - 3G対応iPhone発表、日本含む世界22カ国で7月11日発売”. 2008年6月12日閲覧。
  162. ^ a b ロイター (2008年6月10日). “米アップル、次世代「iPhone」を発表”. 2008年6月12日閲覧。
  163. ^ Apple (2008年7月14日). “Apple Sells One Million iPhone 3Gs in First Weekend”. 2008年7月15日閲覧。
  164. ^ Apple (2008年7月14日). “iPhone App Store Downloads Top 10 Million in First Weekend”. 2008年7月15日閲覧。
  165. ^ iPhone爆発で負傷、スクリーンの破片が目にAFPBB News、2009年8月14日。
  166. ^ iPhoneがまた爆発、フランス人男性が負傷」 AFPBB News、2009年8月26日。
  167. ^ iPhone:仏で画面が破裂 少年、破片でけが毎日新聞(東京夕刊)、2009年8月14日。
  168. ^ 「iPhone 4プロトタイプ流出事件」、端末を買ったGizmodoはおとがめなし」『ITmedia NEWS』。2018年4月4日閲覧。
  169. ^ “「iPhone 4」試作機流出事件、被告2名に判決--執行猶予1年” (日本語). CNET Japan. (2011年10月12日). https://japan.cnet.com/article/35008910/ 2018年4月4日閲覧。 
  170. ^ 『iPhone 5』試作品、またもバーで紛失 ニュース:ITpro 2011年9月2日
  171. ^ “5G対応iPhoneの発売、数カ月先送り検討 Apple”. 日経新聞. (2020年3月26日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO57242590W0A320C2MM0000/?n_cid=NMAIL007_20200326_H 2020年3月26日閲覧。 
  172. ^ https://www.apple.com/jp/newsroom/2020/04/iphone-se-a-powerful-new-smartphone-in-a-popular-design/
  173. ^ 楽天モバイル22日の発表まとめ――iPhone 12シリーズなどの取り扱いやiPhoneシリーズ正式対応,ケータイ Watch,2021年4月22日
  174. ^ iOS14.4以降を搭載するiPhoneの楽天回線対応について,楽天モバイル,2021年4月27日
  175. ^ Inside One of the World’s Most Secretive iPhone Factories
  176. ^ Appleがインドで生産したiPhoneを初めて輸出、端末価格の低下も見込める?” (日本語). GIGAZINE. 2019年9月30日閲覧。
  177. ^ 枝 洋樹 (2006年8月2日). “「iPod」を支える“知られざる成長企業””. 2009年12月31日閲覧。
  178. ^ アップルがiPhone製造「インド移転」で狙う巨大なメリット” (日本語). Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン) (2019年2月8日). 2019年9月19日閲覧。
  179. ^ サプライヤー責任” (日本語). Apple(日本). 2019年9月19日閲覧。
  180. ^ iSuppli (2007年1月18日). “Apple iPhone to Generate 50 Percent Margin, According to iSuppli's Preliminary Analysis” (英語). 2008年6月12日閲覧。
  181. ^ 太田亮三 (2009年5月14日). “青山学院大学とソフトバンク、社会情報学部にiPhoneを導入”. ケータイ WATCH. 2010年11月14日閲覧。
  182. ^ iPhone、アップデートでロック解除版が「予告通り」使用不可に”. ITmedia News (2007年10月2日). 2007年12月4日閲覧。
  183. ^ 米国著作権局が勧告――iPhoneのジェイルブレイクはユーザーのためにならない ただし連邦著作権法に抵触しないとの見解も - コンピュータワールド日本語版(電子版)
  184. ^ 17歳の少年が「iPhone」のアンロックに成功、米メディアの報道”. ITpro (2007年8月27日). 2007年12月4日閲覧。
  185. ^ [2]
  186. ^ 「iPhone 13」シリーズは4キャリアとも“SIMロックなし”” (日本語). ITmedia Mobile. 2021年9月19日閲覧。
  187. ^ “see if phone is available in your country” (英語) (プレスリリース), Apple.Inc, http://www.apple.com/iphone/countries/ 2009年12月31日閲覧。 
  188. ^ “アイホン、「iPhone」商標権巡り米アップルと和解”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2008年3月24日). http://www.nikkei.co.jp/news/sangyo/20080324AT1D240DD24032008.html 2008年3月25日閲覧。 [リンク切れ]
  189. ^ 麻田雄二 (2009年6月10日). “iPhone:中国で波紋 別会社が商標登録・認可”. サーチナ. 2009年6月12日閲覧。
  190. ^ 米アップル、ブラジルで「iPhone」の商標権認められず - CNN.co.jp 2013年2月15日
  191. ^ Tom Krazit(CNET News.com) (2008年6月3日). “iPhoneの米国市場シェア、第1四半期に減少--IDC調査”. 2008年7月27日閲覧。
  192. ^ Apple Inc. (2008年10月22日). “アップル、第4四半期の業績を発表”. 2008年11月7日閲覧。
  193. ^ It Media (2008年11月11日). “米携帯電話販売台数シェア、iPhone 3Gがトップに―NPD調べ”. 2008年11月13日閲覧。
  194. ^ 岩城俊介 (2008年9月19日). “携帯販売ランキング(9月8日〜9月14日):敬老の日小商戦、“らくらく”系が躍進──次はいよいよ秋冬商戦へ(3/3) ソフトバンクモバイルも“かんたん携帯”が浮上─iPhone 3Gは首位を維持”. ITmedia +D モバイル. 2008年11月7日閲覧。
  195. ^ ITmedia (2009年6月23日). “米iPhone 3GS、3日で販売数100万台超える「これまでにない勢い」とジョブズCEO”. 2009年6月24日閲覧。
  196. ^ ITmedia (2010年4月23日). “iPhone国内累計230万台出荷”. 2010年5月9日閲覧。
  197. ^ 2021年のスマホ出荷台数は過去最多に、5G端末が過半数 MM総研の調査” (日本語). ITmedia Mobile. 2022年9月18日閲覧。
  198. ^ Apple、2019年第4四半期のスマートフォン世界市場でSamsungを抜いて首位に” (日本語). ITmedia Mobile. 2022年9月18日閲覧。
  199. ^ 4~6月期の世界スマートフォン出荷、Huaweiが初のトップに──IDC、Canalys調べ” (日本語). ITmedia Mobile. 2022年9月18日閲覧。
  200. ^ 7~9月の世界スマートフォン出荷、Samsungが首位返り咲き、Appleは初の4位に” (日本語). ITmedia Mobile. 2022年9月18日閲覧。
  201. ^ Apple、世界スマートフォン市場で数年ぶりの首位に──Gartner調べ” (日本語). ITmedia Mobile. 2022年9月18日閲覧。
  202. ^ 1~3月の世界スマートフォン出荷、S21好調でSamsungが首位返り咲き──IDC調べ” (日本語). ITmedia Mobile. 2022年9月18日閲覧。
  203. ^ 4~6月の国内携帯出荷数、17.9%増の906.4万台に iPhoneが堅調” (日本語). ITmedia Mobile. 2022年9月18日閲覧。
  204. ^ 2021年第3四半期 国内携帯電話/スマートフォン市場実績値を発表”. IDC: The premier global market intelligence company. 2022年9月18日閲覧。
  205. ^ 2021年の世界スマートフォン出荷、2017年以来の増加に──IDC調べ” (日本語). ITmedia Mobile. 2022年9月18日閲覧。
  206. ^ 2021年第4四半期の国内携帯シェア、iPhone 13が低調もAppleが51.5%でトップ堅守” (日本語). ITmedia Mobile. 2022年9月18日閲覧。
  207. ^ アップル「海外で購入したiPhone4/iPadも国内修理可能です」(追記あり)【増田(@maskin)真樹】”. 2011年9月23日閲覧。
  208. ^ 数量限定! iPhone 4 スマートWiFiパッケージ”. 2011年9月23日閲覧。「・iPhone4本体の故障については、Appleのサポートにご相談ください。」明記有り
  209. ^ アップル、国内でもSIMフリーiPhoneを発売--アップルストアで購入可能に-CNET Japan”. 2014年5月3日閲覧。
  210. ^ ソフトバンクモバイル株式会社. “iPhone 3G Softbank”. 2008年9月16日閲覧。
  211. ^ 永井美智子「iPhone 3G、「いかなる状況でもキャンセルしない」は民法上問題--消費者団体が申し入れCNET Japan、2008年11月7日。
  212. ^ ソフトバンクモバイル株式会社. “Eメール(i)”. 2008年7月13日閲覧。
  213. ^ iPhone、iPadのEメール(i)(i.softbank.jp)で、メール受信時の件名・本文表示(プッシュ通知)開始 - ソフトバンクモバイル 2013年12月10日
  214. ^ SIMロックフリー端末やVodafoneブランドの端末でなら使用は可能。ただし、通話とSMSのみとなる
  215. ^ 園部修 (2008年10月30日). “iPhone 3Gでワンセグが視聴可能に──絵文字対応、BBモバイルポイント無料開放も発表”. ITmedia +D モバイル. 2008年11月7日閲覧。
  216. ^ 「ダブルLTE」を3月21日より提供開始します - ソフトバンクモバイル 2013年3月21日
  217. ^ キーパーソンインタビュー 倍速化、900MHz帯は来春――ソフトバンク宮川氏が語るエリア品質 - ケータイWatch 2013年9月13日
  218. ^ ソフトバンクのiPhone、予約開始は12日〜銀座店で発売セレモニーを実施 - ケータイ Watch 2015年9月10日
  219. ^ “ワイモバイル”、「iPhone 7」を2018年12月20日に発売 2018年12月11日 2019年12月10日閲覧
  220. ^ ワイモバイルスマホの初期設定方法|Y!mobile 2019年12月10日閲覧
  221. ^ ソフトバンクの独占崩れ、auで11月にも発売
  222. ^ au、「iPhone 4S」の予約を7日開始、価格も明らかに - ケータイWatch 2011年10月7日
  223. ^ iPhoneでEZwebメールをリアルタイムで受信するにはどうすればよいですか?
  224. ^ au、iPhone 4SとWindows Phone IS12Tで「待ちうた」利用可能に - ケータイWatch 2012年3月21日
  225. ^ 「auスマートパス」が拡大、iPhone向けに展開 - ケータイWatch 2012年9月21日
  226. ^ ニュースリリース (2016年8月17日). “App Store、Apple Music、iTunesおよびiBookで「auかんたん決済」が利用可能に”. KDDI. 2016年9月16日閲覧。
  227. ^ au、iPhoneの予約開始は12日より、VoLTEと3Gを切り替え可能 - ケータイ Watch 2015年9月10日
  228. ^ NTTドコモとApple、日本でiPhoneを9月20日(金)より提供開始
  229. ^ ドコモ、iPhone 5s/5cの端末価格と料金プランを発表 - ITmedia 2013年9月13日
  230. ^ a b ドコモ、iPhoneのspモードメールは10月1日から利用可能に - ケータイWatch 2013年9月13日
  231. ^ a b spモードメールは10月1日から――iPhone 5s/5cで利用できるドコモサービス - ITmedia 2013年9月13日
  232. ^ iPhoneでも「ドコモメール」、12月17日スタート - ケータイWatch 2013年12月12日
  233. ^ 白石 雄太 (2013年9月13日). “【速報】ドコモ版iPhone、「spモードメール」の利用は10月から……“プッシュ”通知対応は来年1月”. RBB TODAY (IID). https://www.rbbtoday.com/article/2013/09/13/111718.html 2017年11月3日閲覧。 
  234. ^ 斉藤 栄太郎 (2014年9月24日). “iPhoneとiPad向けドコモメール、「新着メールの自動受信」が可能に”. ITPro. 日経コンピュータ. http://itpro.nikkeibp.co.jp/atcl/news/14/092401052/ 2017年11月3日閲覧。 
  235. ^ ビジュアルボイスメールの提供について - NTTドコモ 2015年1月13日
  236. ^ iPhone新機種はドコモでも、9月20日発売 - ケータイWatch 2013年9月11日
  237. ^ ドコモのiPhoneは262.5Mbps、予約は実質10日午後スタート - ケータイ Watch 2015年9月10日
  238. ^ Steve Jobs. “To all iPhone customers” (英語). 2007年12月4日閲覧。
  239. ^ BusinessWeek (2009年12月25日). “米ベライゾン、iPhoneの受け入れ態勢を着々と整備”. 日経ビジネス. 2009年12月31日閲覧。
  240. ^ Junya Suzuki (2009年12月4日). “iPhone独占提供キャリアのAT&Tが方針転換 - データ通信の従量制移行を検討”. マイコミジャーナル. 2009年12月31日閲覧。
  241. ^ 太田 亮三 (2010年6月4日). “米AT&T、スマートフォン向け定額制プランを廃止へ”. 携帯Watch. 2011年1月11日閲覧。
  242. ^ 白根 雅彦 (2011年1月12日). “米Verizon、CDMA版iPhone 4を発表”. 携帯Watch. 2011年1月12日閲覧。
  243. ^ 高森 郁哉 (2007年11月22日). “iPhone:ドイツでは契約なしの販売も実現 裁判所命令受け”. 毎日jp(毎日新聞). 2012年7月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年12月4日閲覧。
  244. ^ BBC (2007年12月4日). “Vodafone loses iPhone court case”. BBC NEWS. 2007年12月5日閲覧。



iPhone

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 05:22 UTC 版)

Retinaディスプレイ」の記事における「iPhone」の解説

2010年6月発売されiPhone 4が、Apple製品として初めRetinaディスプレイ搭載名乗る製品となったそれ以降に発売された全モデル搭載されている。また、iPhone SE (第1世代)を除くiPhone 6以降のiPhoneにおいてはRetina HDディスプレイ」、iPhone XRiPhone 11ディスプレイは、もっとも先進的正確な色表示するLiquid Retina」と名付けられている他、OLEDディスプレイiPhone X, XS, XS Max, では「Super Retina」または「Super Retina HDディスプレイ」、11 Pro, 11 Pro Max,12, 12 Pro, 13, 13 Proの全モデルでは「Super Retina XDRディスプレイ」と名付けられている。解像度は、iPhone 4, 5, 5c, 5s, SE, 6, 6s, 7, 8, XR, 11は326ppi、iPhone 6 Plus, 6s Plus, 7 Plus, 8 Plusは401ppi、iPhone X, XS, XS Max, 11 Pro, 11 Pro Max, 12 Pro Maxは458ppi、iPhone 12, 12 Proは460ppi、iPhone12 miniは476ppiとなっている。 iPhone 13 Pro, 13 Pro Maxでは、LTPO OLEDディスプレイ採用しProMotionテクノロジー可変リフレッシュレート10Hz〜120Hz)に対応している。 iPhoneのRetinaディスプレイの名称とスペック名称駆動方式ppiコントラスト比輝度(cd/m2) 色域搭載機種Taptic EngineTrue ToneRetinaディスプレイ LCD 326 800:1 500 sRGB iPhone 45s, 5c, SE Retina HDディスプレイ 1400:1 iPhone 6, 6s 6sに3D Touch搭載 401 1300:1 iPhone 6 Plus, 6s Plus 6s Plus3D Touch搭載 326 1400:1 625 Display P3 iPhone 7, 8, SE(第2世代) 7, 83D Touch搭載 8, SE2搭載 401 1300:1 iPhone7 Plus〜8 Plus 3D Touch搭載 8 Plus搭載 Liquid Retina HDディスプレイ 326 1400:1 iPhone XR 11 Haptic Touch搭載 搭載 Super Retina HDディスプレイ OLED 458 1000000:1 iPhone X, XS 3D Touch搭載 Super Retina XDRディスプレイ 2000000:1 800-1200 iPhone 11 Pro, Pro Max,12 Pro Max Haptic Touch搭載 1000-1200 iPhone 13 Pro Max 460 625-1200 iPhone 12 800-1200 iPhone 12 Pro 1000-1200 iPhone 13 Pro 476 625-1200 iPhone 12 mini

※この「iPhone」の解説は、「Retinaディスプレイ」の解説の一部です。
「iPhone」を含む「Retinaディスプレイ」の記事については、「Retinaディスプレイ」の概要を参照ください。


iPhone

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/27 10:17 UTC 版)

Mastercardコンタクトレス」の記事における「iPhone」の解説

「iPhone」も参照 Apple Pay対応しているiPhoneは、次の通りである。 Touch ID 搭載モデルiPhone 6/6 Plus iPhone 6s/6s Plus iPhone SE (第1世代) iPhone 7/7 Plus iPhone 8/8 Plus iPhone SE (第2世代) iPhone SE (第3世代) Face ID 搭載モデルiPhone X iPhone XS/XS Max iPhone XR iPhone 11 iPhone 11 Pro/11 Pro Max iPhone 12/12 mini iPhone 12 Pro/12 Pro Max iPhone 13/13 mini iPhone 13 Pro/13 Pro Max

※この「iPhone」の解説は、「Mastercardコンタクトレス」の解説の一部です。
「iPhone」を含む「Mastercardコンタクトレス」の記事については、「Mastercardコンタクトレス」の概要を参照ください。


iPhone

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 21:56 UTC 版)

緊急速報メール (SoftBank)」の記事における「iPhone」の解説

iPhone 5 iPhone 4S - iOS6 へのアップデート後に利用可能アップデートない場合は、緊急地震速報のみ対応)。 iPhone 4 については、iOS5 以降へのアップデートにより緊急地震速報にのみ対応する

※この「iPhone」の解説は、「緊急速報メール (SoftBank)」の解説の一部です。
「iPhone」を含む「緊急速報メール (SoftBank)」の記事については、「緊急速報メール (SoftBank)」の概要を参照ください。


iPhone

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/24 17:31 UTC 版)

プッシュ型電子メール」の記事における「iPhone」の解説

アップルのiPhoneは、2007年リリース当初からYahoo! Mail米国YAHOO)を対象とした、プッシュ型電子メールサポートしていた。アップル2008年Worldwide Developers Conferenceで、MobileMeという有料サービス発表された電子メール連絡先カレンダーなどをサーバに格納し、iPhone、iPod touchMacintosh他のPCそれらの情報プッシュ出来ものであるバージョン2.0以降のiPhone OSでは、ActiveSyncによるプッシュ型メールにも対応する

※この「iPhone」の解説は、「プッシュ型電子メール」の解説の一部です。
「iPhone」を含む「プッシュ型電子メール」の記事については、「プッシュ型電子メール」の概要を参照ください。


iPhone

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 03:39 UTC 版)

スマートフォン」の記事における「iPhone」の解説

2007年Apple米国で「iPhone(アイフォーン)」を発売したMac OS Xから派生したiPhone OS(現iOS)を搭載しマルチタスク非対応(OS4.x以降は制限付きで対応)、アプリケーションのインストール公式サイトApp Store経由のみなどの制限が課され従来スマートフォンとは一線を画した、日本の高機能携帯電話に近い仕様が特徴である。 2008年7月11日になって第三世代携帯電話に対応の「iPhone 3Gが日本でもソフトバンクモバイルから発売された。発売3日間で、全世界iPhone 3G本体100万台の売り上げ800以上のソフトのリリース1000万本のiPhone用ソフトのダウンロード達成など、発売当初から注目集め日本のスマートフォン市場拡大させた。2011年10月14日発売開始iPhone 4sからはKDDI / 沖縄セルラー電話連合(各auブランド)、2013年9月20日発売開始iPhone 5siPhone 5cからはNTTドコモ参入した

※この「iPhone」の解説は、「スマートフォン」の解説の一部です。
「iPhone」を含む「スマートフォン」の記事については、「スマートフォン」の概要を参照ください。


iPhone

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 ()

Apple」の記事における「iPhone」の解説

詳細は「iPhone」を参照 2007年1月9日Apple新製品iPhoneを発表しスマートフォン市場へ進出した同年6月29日米国発売。iPhoneは高機能携帯電話+iPod+インターネット端末発表されマルチタッチスクリーンなど先進的ユニークなデザイン話題呼び世界的な話題となった当初よりiPhoneのOSMac OS Xベースであるとされ、2008年6月にはOS X iPhone SDK公開される(名称は“iPhone OS”、“iOS”と変遷)。2008年6月9日には、第三世代通信規格UMTS高速通信HSDPAA-GPS対応したiPhone 3G発表された。この機種より日本でも発売されている。 その後も年1回ペース改良重ねブランド売上において同社主力製品となっている。

※この「iPhone」の解説は、「Apple」の解説の一部です。
「iPhone」を含む「Apple」の記事については、「Apple」の概要を参照ください。


iPhone(初代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 02:00 UTC 版)

「iPhone」の記事における「iPhone(初代)」の解説

詳細は「iPhone (初代)を参照 2007年1月9日開催されApple製品の展示会のひとつMacworld Expo 2007にて発表され同年6月29日アメリカ合衆国にて発売された。クワッドバンドGSM端末のため、日本など通信方式GSM採用していない国・地域では使用できず、該当国・地域では販売されていない既存タッチパネル多く同時に1か所のみでしか操作行えなかったが、iPhoneではマルチタッチ呼ばれる技術で、複数の指を同時に操ることで画面拡大縮小などバリエーション富んだ操作が可能となったカラーシルバーのみ、容量発売当初は4GBと8GBの2通りだったが、4GBは2007年9月5日販売終了した一方2008年2月5日には16GBモデル販売開始された。

※この「iPhone(初代)」の解説は、「iPhone」の解説の一部です。
「iPhone(初代)」を含む「iPhone」の記事については、「iPhone」の概要を参照ください。


iPhone

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/21 22:46 UTC 版)

ジョージ・ホッツ」の記事における「iPhone」の解説

高校卒業後の2007年8月当時17歳)、ホッツはiPhoneのジェイルブレイク個人として初め成功し自身のブログYouTubeなどで公表したこれにより、iPhoneで使用できる通信事業者アメリカAT&T社に限定される設定当時が解除できるようになり、使用できる通信事業者自由に選べるようになった

※この「iPhone」の解説は、「ジョージ・ホッツ」の解説の一部です。
「iPhone」を含む「ジョージ・ホッツ」の記事については、「ジョージ・ホッツ」の概要を参照ください。


iphone

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 06:44 UTC 版)

グラディエンテ」の記事における「iphone」の解説

2000年ブラジルで「iphone」の商標登録行なっており、2012年現在Android搭載スマートフォンをこの商品名発売している。

※この「iphone」の解説は、「グラディエンテ」の解説の一部です。
「iphone」を含む「グラディエンテ」の記事については、「グラディエンテ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「IPhone」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「iPhone」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「IPhone」に関係したコラム

  • ETFの取引をスマホで行える証券会社の一覧

    ETFの取引をiPhoneやAndroidなどのスマホ(スマートフォン)で行うには、スマホで取引できる専用のアプリケーションが必要です。スマホのWebブラウザを利用して取引できる場合もありますが、文字...

  • 株式取引をスマホで行える証券会社の一覧

    株式取引をiPhoneやAndroidなどのスマホ(スマートフォン)で行うには、スマホで取引できる専用のアプリケーションが必要です。スマホのWebブラウザを利用して取引できる場合もありますが、文字が見...

  • バイナリーオプションの取引をスマホで行うには

    バイナリーオプションの取引をiPhoneやAndroidなどのスマホ(スマートフォン)で行うには、スマホで取引できる専用のアプリケーションが必要です。スマホのWebブラウザを利用して取引できる場合もあ...

  • FXのチャート分析ソフトMT4とは

    FX(外国為替証拠金取引)のチャート分析ソフトMT4(Meta Trader 4)は、ロシアのMetaQuotesSoftwareが開発したソフトウェアです。MT4は無料で公開され、だれでも自由に利用...

  • FXの取引をスマホで行える業者の一覧

    FX(外国為替証拠金取引)の取引をiPhoneやAndroidなどのスマホ(スマートフォン)で行うには、スマホで取引できる専用のアプリケーションが必要です。スマホのWebブラウザを利用して取引できる場...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

IPhoneのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



IPhoneのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリiPhoneの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのiPhone (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのRetinaディスプレイ (改訂履歴)、Mastercardコンタクトレス (改訂履歴)、緊急速報メール (SoftBank) (改訂履歴)、プッシュ型電子メール (改訂履歴)、スマートフォン (改訂履歴)、Apple (改訂履歴)、iPhone (改訂履歴)、ジョージ・ホッツ (改訂履歴)、グラディエンテ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS