アップルとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > アップルの意味・解説 

Apple

読み方:アップル
別名:Apple, Inc.Apple Computerアップルコンピュータ

Appleとは、Apple IIMacintoshなどのパーソナルコンピュータiPodなどの発売元として知られるコンピュータメーカーの名称である。米国カリフォルニア州本社がある。

Appleは、1976年開発された「AppleⅠをきっかけに1977年法人化された。創立者は、初代Appleの開発進めたスティーブ・ジョブズスティーブ・ウォズニアック、そして資金の提供をしたマイク・マークラ3人である。社名設立以来Apple Computer, Inc」を名乗っていたが、2007年1月に「Apple, Inc」と変更している。日本法人は「アップルジャパン株式会社」である。

Appleの製品は、独特の個性および芸術性機能性両立し高度なデザインを持つことで知られている初期のApple I」、「Apple II」はホビーユーザーを中心に多くの顧客獲得した次に開発された「Macintoshシリーズ1984年派手なテレビコマーシャルとともに発表されたMacintoshGUIマウスといった先進的なユーザーインターフェース持ち筐体を含むあらゆる面にこだわっており、高い評価幅広いユーザー獲得した

同社周辺機器おいてもレーザープリンタ発売しDTP分野普及貢献している。また、1992年PDA携帯情報端末)であるNewton発表するなど、新分野おいても積極的な開発行ってきた。また2001年には携帯音楽プレーヤーiPod」を発表し音楽配信事業乗り出している。2003年には、デジタル携帯音楽プレーヤ分野では首位占めようになった

創業者であるスティーブ・ジョブズは、強いカリスマ的な個性巧妙なプレゼンテーション知られる。しかし、経営について自分よりも他に適任者がいるとの考えから、1983年ペプシコーラからジョン・スカリー引き入れ社長の座につけた。しかしスカリーはApple低迷原因スティーブ・ジョブズにあると考え追放してしまう。スティーブ・ジョブズその後所有株売却益をもとにNeXT社を創立した

同社Macintoshシリーズでは独自のOS開発しつづけたが、1990年代にはほころび見え始めSystem 7あたりになると限界見えようになった次期OSの候補の中にスティーブ・ジョブズNeXT社が開発したOpenStepがあったため、Appleは1997年NeXT社を買収した。これがきっかけとなり、スティーブ・ジョブズ非常勤顧問としてAppleに復帰し後にCEOに就任した

2008年現在も、AppleはiPod touchMacBook Airなどの斬新な製品発表し世の注目集めて続けている。


参照リンク
Apple - (英語)
Apple - (日本語
企業活動のほかの用語一覧
標準化団体:  ユニックスインターナショナル
海外企業・団体:  ASTC  Adobe Systems  Apple  Aperi  Apache Software Foundation  ACM

アップル

名前 Apple

アップル

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/21 13:05 UTC 版)

アップル (apple) は、英語リンゴ(林檎)のこと。




「アップル」の続きの解説一覧

アップル(愛川欽也/朝倉宏二)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/21 01:55 UTC 版)

ネコジャラ市の11人」の記事における「アップル(愛川欽也朝倉宏二)」の解説

ネコジャラ市に住む男子小学生栗色の髪を持つ子供達の中で長身美少年普段は小難しく理屈っぽいギャグ言い時折自滅気味になる。「○○ではないだろうか?ハテー」が口癖

※この「アップル(愛川欽也/朝倉宏二)」の解説は、「ネコジャラ市の11人」の解説の一部です。
「アップル(愛川欽也/朝倉宏二)」を含む「ネコジャラ市の11人」の記事については、「ネコジャラ市の11人」の概要を参照ください。


アップル(コンピュータメーカー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 16:01 UTC 版)

リンゴ」の記事における「アップル(コンピュータメーカー)」の解説

コンピュータメーカーであるApple社 (Apple Inc.) は、リンゴ会社ロゴマークとしている(1997年頃までは6色、1999年以降はほとんど単色用いられる)。「バイト」と呼ばれる右上の囓られた様な跡は、元々「Apple」の社名ロゴ重なっていた部分である。また同社主力製品であるパソコンマッキントッシュMacintoshマック)」もリンゴ品種名McIntosh」(日本名:旭)から採られている(オーディオメーカーの商標区別する都合で綴り変えられている)。

※この「アップル(コンピュータメーカー)」の解説は、「リンゴ」の解説の一部です。
「アップル(コンピュータメーカー)」を含む「リンゴ」の記事については、「リンゴ」の概要を参照ください。


アップル(Apple)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/19 17:18 UTC 版)

auの主な携帯電話端末納入メーカー」の記事における「アップル(Apple)」の解説

略称なし 2011年10月14日発売iPhone 4Sから参入、および供給開始iPhone 5 - iPhone 4S後継機種auとしては初となる4G LTEに対応(ただし2.1GHz帯エリアのみ)。なお4G LTE利用できないエリアではMC-Rev.A(WIN HIGH SPEED)、またはRev.A3G)で利用する事となるiPad mini - au初の一般向け通信モジュール搭載タブレット端末で、iPhone 5同じく4G LTEWIN HIGH SPEEDに対応。 iPad (第4世代) - au初の一般向け通信モジュール搭載タブレット端末で、iPhone 5iPad mini同じく4G LTEWIN HIGH SPEEDに対応。 iPhone 5s - iPhone 5後継機種ホームボタン指紋認証となっており、LTE新たに800MHz帯にも対応しているCPUA7プロセッサーとなる。 iPhone 5c - iPhone 5後継機種スペック上はiPhone 5同一で本体カラー5色展開となっている。LTE800MHz帯にも対応しているCPUiPhone 5と同じA6プロセッサーとなる。 iPhone 6 - iPhone 5s/5c後継機種iPhoneでは初となる4G LTE CA/WiMAX2+に対応。CPUA8プロセッサーとなる。 iPhone 6 Plus - iPhone 5s/5c後継機種スペック上はiPhone 6同一でiPhoneでは初となる5.5インチディスプレイを搭載

※この「アップル(Apple)」の解説は、「auの主な携帯電話端末納入メーカー」の解説の一部です。
「アップル(Apple)」を含む「auの主な携帯電話端末納入メーカー」の記事については、「auの主な携帯電話端末納入メーカー」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「アップル」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

アップル

出典:『Wiktionary』 (2021/08/13 13:46 UTC 版)

名詞

アップル

  1. りんご果実植物セイヨウリンゴ果実にいうリンゴ果実)。
  2. 稀に植物としてのリンゴ正確にはセイヨウリンゴ)。

語源

英語 apple音写

類義語

熟語

関連語


「アップル」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「アップル」に関係したコラム

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アップル」の関連用語

アップルのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アップルのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリAppleの記事を利用しております。
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアップル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのネコジャラ市の11人 (改訂履歴)、リンゴ (改訂履歴)、auの主な携帯電話端末納入メーカー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryのアップル (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS