創立者とは? わかりやすく解説

創立者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/09 05:08 UTC 版)

長崎市立神浦中学校」の記事における「創立者」の解説

神田十兵衛(かんだ とうべい)の私財寄付により創立された。後に、その功績称え大きな墓が建てられ生徒たちお参り行っていた時期がある。

※この「創立者」の解説は、「長崎市立神浦中学校」の解説の一部です。
「創立者」を含む「長崎市立神浦中学校」の記事については、「長崎市立神浦中学校」の概要を参照ください。


創立者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 04:12 UTC 版)

同志社幼稚園」の記事における「創立者」の解説

新島襄は「キリスト教主義学校幼稚園から大学に至るまで必要である確信している」という信条を持っていた。

※この「創立者」の解説は、「同志社幼稚園」の解説の一部です。
「創立者」を含む「同志社幼稚園」の記事については、「同志社幼稚園」の概要を参照ください。


創立者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/11/09 02:29 UTC 版)

延辺科学技術大学」の記事における「創立者」の解説

創立者の金鎮慶(1935年~、キム・ジンギョン、김진경)総長慶尚南道宜寧郡生まれ韓国系米国人15歳の時、志願兵として朝鮮戦争参戦英国と米国神学学び企業家教育者として成功する1987年金日成主席招待初め平壌訪問、「あなたは朝鮮民族なのに、なぜ中国に大学建設するのか」と金日成尋ねられその場で平壌大学設立することを確約する1994年には平壌大同江のほとりに病院建設1998年北朝鮮訪問時に逮捕され、「自由化の風を吹き込んだ」「中国式改革開放誘導した」「キリスト教伝播した」などの罪で死刑判決受けたその後、突然釈放され10月24日43日ぶりに北京戻った。 (延辺科学技術大学創立した第2理由北朝鮮へ足がかり得たかったことです。北朝鮮人々助け、彼らに様々なものをもたらすためです。私が北朝鮮入ること不可能でした。そこで、北朝鮮との国境近くに大学つくったのです。ですから私たち大学中国のためだけでなく、北朝鮮のためでもあるのです。(中略中国社会科学院市場開放システム韓国の経済発展について講義するために私を招いてくれました。これが、私が中国訪れきっかけとなりました中国訪れたとき、私が自分自身大学設立できるとは思ってもいませんでした。しかし中国訪れて残酷な共産主義システム変えるには若者教育するしかないことに気づいたのです。(中略)光を見たのです。共産主義国家が私に扉を開く様が見えたのです。そこで私は仕事プールつきの邸宅などをすべて売り払いました。幸い、妻は私のやること同意してくれました売ったお金延辺大学をつくることができました教育、すなわち若者投資するということは、もっとも素晴らしビジネスです。(中略)彼らは正しいことも過ち分かりません私は彼らに同情し、彼らへの愛を示したい。たとえ私を捕え打つことがあっても、彼らを憎みはしません。汝の隣人のように愛せ、と聖書言ってます。北朝鮮精神的に肉体的に病人だと考えるべきです。合理的な行動期待できません最近北朝鮮は、日本経済制裁何らかの措置をすればそれを戦争宣言とみなすと言明し日本脅そうしています日本北朝鮮兄のような存在で、北朝鮮にないものをすべて持ってます。私たち不幸な人たちを助けなければなりません。しかしこれは私の哲学であり、日本人押し付けるつもりはありません。 — 「キーパソンインタビュー 統一見据え平壌科学技術大学設立します 延辺科学技術大学総長 金鎮慶氏に聞く」(『Erina report環日本海経済研究所 2005年3月

※この「創立者」の解説は、「延辺科学技術大学」の解説の一部です。
「創立者」を含む「延辺科学技術大学」の記事については、「延辺科学技術大学」の概要を参照ください。


創立者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/03 07:01 UTC 版)

ラ・ボルド病院」の記事における「創立者」の解説

この病院は、ラカン派の精神分析医ジャン・ウリによって開設された。彼は第二次大戦末期有名なサン・アルバン精神病院での実験的な精神療法貴重な研鑽積み制度使った精神療法運動を更に前進させよう考えた彼は革新的な精神科医のポール・ヴァルヴェ(Paul Balvet)、リュシアン・ボナフェ(Lucien Bonnafé)、哲学者ジョルジュ・カンギレム、そして詩人ポール・エリュアールらから影響を受けた

※この「創立者」の解説は、「ラ・ボルド病院」の解説の一部です。
「創立者」を含む「ラ・ボルド病院」の記事については、「ラ・ボルド病院」の概要を参照ください。


創立者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 22:25 UTC 版)

赤沢保育園」の記事における「創立者」の解説

赤沢鍾美(あかざわ あつとみ)は、1864年元治元年生まれ朱子学修める家庭育ち、塾を開き教育に取組んだ日本初保育所赤沢保育園」を開設し、妻ナカ幼児保育尽力した1937年昭和12年)没。 2018年には、保育士試験に《わが国最初の託児所をつくり、貧し子どもたちを幼い兄弟の子守りから解放し勉学の道を開いた》という設問から選択肢中から赤沢鍾美」を選ばせ問題出題された。

※この「創立者」の解説は、「赤沢保育園」の解説の一部です。
「創立者」を含む「赤沢保育園」の記事については、「赤沢保育園」の概要を参照ください。


創立者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/13 18:07 UTC 版)

日本生化学会」の記事における「創立者」の解説

創立者の三郎(1882-1967)は、旧田安徳川家家臣資産家であった内家の三男として生まれ東京帝大医科大学卒業後隈川宗雄招かれ講師となり、米国留学経て同大教授となり、1927年生化学教室創設私費で生化学雑誌』を創刊し、「東京生化学者宵の会」を設立するなど、日本の生化学研究の基礎作り貢献した定年後日本学園校長務めた小金井良精娘婿星一とは相婿。弟の内照康は実業家で、内合会社代表、内外製薬研究所長、大日本勧業貯蔵会代表などを務めた長男内賢信(1913-1995)は物理学者で、東京大学名誉教授国際基督教大学教授東京神学大学教授務めた

※この「創立者」の解説は、「日本生化学会」の解説の一部です。
「創立者」を含む「日本生化学会」の記事については、「日本生化学会」の概要を参照ください。


創立者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/21 08:06 UTC 版)

獨協医科大学の人物一覧」の記事における「創立者」の解説

天野貞祐 - 獨協大学初代学長。第67文部大臣関湊 - 獨協学園理事長常任理事東武常磐運輸株式会社社長

※この「創立者」の解説は、「獨協医科大学の人物一覧」の解説の一部です。
「創立者」を含む「獨協医科大学の人物一覧」の記事については、「獨協医科大学の人物一覧」の概要を参照ください。


創立者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/13 07:17 UTC 版)

シャトースクール」の記事における「創立者」の解説

ニューヨークパリ名門パーソンズ美術大学シャネル出身リナ・ローズデザインしている。各国インターナショナルスクール学んだ経験や、キャリアウーマン困難な経験などに基づき研究重ね新しコンセプトスクール開発

※この「創立者」の解説は、「シャトースクール」の解説の一部です。
「創立者」を含む「シャトースクール」の記事については、「シャトースクール」の概要を参照ください。


創立者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/17 03:26 UTC 版)

頌栄女子学院中学校・高等学校」の記事における「創立者」の解説

岡見清致 (1855年生)は九州中津藩士・岡見通の子で、一家明治維新後は東京大崎に住み品川方面広く土地をもつ地主として貸地貸家業営んだ。清致は江戸築地生まれ家業継いだ叔父福沢諭吉引き立てた岡見清熙彦三)がおり、清致は福沢影響で英学を学ぶとともに幕末の儒学林鶴梁にも師事した一族岡見辰五郎青物横町自宅内にキリスト教説教所設け品川教会設立したことから、清致も米国長老教会派遣宣教師オリバー・マクリーン・グリーンより受洗1878年家塾「品台学舎」の設立出願し1884年頌栄小学校として開校した実弟岡見京の夫である岡見千吉郎がいる。清致の妻に、田中不二麿子爵の妹の静子1865年生)、奥平昌邁伯爵の娘の春(1878年生)らがいる。岡見家は裕福な一族であり、清致の弟の千吉郎、義治とともに千吉郎の妻京、清致の子の敬一(1879年生)、慎二1883年生)も米国私費留学した長男敬一は頌栄学園校主理事長となり、陸軍中将坪井航三男爵の娘と結婚二男慎二同校第四校長務め台北高等商業学校校長武田英一の娘と結婚三男・弟三は堤正義の娘と結婚長女みゑは小室信夫二男小室三吉に、二女きよは秤座守随商店の守随啓四郎嫁いだ理事長校長務めた岡見(1916-2011、立教大卒、元三物産ほか)は敬一の長男、同岡見清明1943年生、慶応大卒、元電通)は如雪の長男。清致の姉すみ(寿海)の入婿岡見正(頌栄小学校校長)、その娘育の夫に田口卯吉長男田口文太正の甥に米国写真家となった松浦栄がいる。

※この「創立者」の解説は、「頌栄女子学院中学校・高等学校」の解説の一部です。
「創立者」を含む「頌栄女子学院中学校・高等学校」の記事については、「頌栄女子学院中学校・高等学校」の概要を参照ください。


創立者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/01 07:32 UTC 版)

学校法人文理佐藤学園」の記事における「創立者」の解説

佐藤英は、1935年山梨県生まれ東京農業大学農学部卒業1960年服部栄養専門学校栄養化学担当講師となり、1966年に妻の冨美子西武栄養料理学院を設立する2009年長女仁美学園長譲り理事長となる。2010年旭日中綬章受章

※この「創立者」の解説は、「学校法人文理佐藤学園」の解説の一部です。
「創立者」を含む「学校法人文理佐藤学園」の記事については、「学校法人文理佐藤学園」の概要を参照ください。


創立者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 01:29 UTC 版)

松田平田設計」の記事における「創立者」の解説

創立者の松田軍平は、コーネル大学卒業後ニューヨークのトローブリッジ・アンド・リビングストン建築設計事務所にて、三井本館(現:三井住友信託銀行日本橋営業部東京中央支店三井住友銀行日本橋支店人形町支店三井記念美術館等が入る:平成10年重要文化財指定)の設計担当帰国し工事監理をした後、事務所開設している。 平田重雄は、芝浦製作所(現・東芝社長平田次郎長男で、1931年コーネル大学建築学科卒業後すぐに松田松田事務所立ち上げ1942年松田平田設計事務所改称1950年同所代表となり、1987年没した

※この「創立者」の解説は、「松田平田設計」の解説の一部です。
「創立者」を含む「松田平田設計」の記事については、「松田平田設計」の概要を参照ください。


創立者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/30 14:38 UTC 版)

第一薬科大学」の記事における「創立者」の解説

都築賴助 (1903年8月3日-1972年10月28日)学園創設者徳島県美馬郡美馬町(現・美馬市生まれ九州帝国大学卒、同大学院修了福岡学芸大学福岡教育大学教授逝去をもって紺綬褒章正四位勲三等旭日中綬章受賞都築貞枝 (1901年4月21日-1987年10月20日)頼助の妻。徳島県名西郡石井町生まれ。 元看護婦 実践女学校専門部家政科卒。 1948年戦後では全国初となる公立高校女性校長に就任。福岡県立筑紫中央高等学校福岡県立西福岡高等学校校長などを歴任1974年勲三等宝冠章叙勲1987年逝去をもって従四位叙せられ、昭和天皇から銀盃一個賜与される。

※この「創立者」の解説は、「第一薬科大学」の解説の一部です。
「創立者」を含む「第一薬科大学」の記事については、「第一薬科大学」の概要を参照ください。


創立者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/18 08:36 UTC 版)

至学館大学」の記事における「創立者」の解説

内木 玉枝(ないき たまえ1878年 - 1974年)は、岐阜県恵那郡加子母村17代続く旧家第四子・二女として生まれ私立東京女子美術学卒業後愛知県第一師範学校付小学校訓導務めた後、女性自立のためには知識技術の習得必要であるという理念のもと、27歳名古屋市中京裁縫女学校創設し女性衣服体位などの改善考え指導者養成目指した学校創立1905年日露戦争只中であり、女性一家の大黒柱として生計を担う必要性から、専門的技能修得する意義認知され時期であり、玉枝は「名古屋の女性は衣生活に幼稚である体格よくない、この2点改善するために指導者養成したい」という志を持っていた。1911年には軍の経理出身の夫・内木英も経営加わる。1922年家事体操専攻科併設し、1936年にはオリンピック出場者を輩出戦前戦中日本の女子中等学校における体操女子教師輩出校となり、スポーツに強い大学形作った中京女子短期大学中京女子大学設立し1971年学校法人内木学園総長に就任。 玉枝従妹であり実弟内木和のでもある越原春子玉枝とともに女学校経営携わったのち、夫とともに名古屋女学校(現・名古屋女子大学)を創立しその後日本初女性衆議院議員のひとりとなった

※この「創立者」の解説は、「至学館大学」の解説の一部です。
「創立者」を含む「至学館大学」の記事については、「至学館大学」の概要を参照ください。


創立者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/27 15:30 UTC 版)

近江高等学校」の記事における「創立者」の解説

本校前身のひとつである「近江実習工業学校」創立者の夏川嘉久次(1898-1959)は、昭和期活躍した実業家郷土繁栄のため琵琶湖利用した事業として、「八幡製糸」(滋賀県八幡町宇津呂村創業西川重威岡田八十次)から購入した屑繭屑糸用いて絹糸紡績をおこなう「近江絹綿」の創業者夏川熊次郎の次男として彦根市生まれ彦根中学校(現滋賀県立彦根東高等学校)を中退して1918年に父の会社1920年に「近江絹糸紡績」と改称。現オーミケンシ)に入り1930年急逝した父親代わって社長に就任し大手紡績会社成長させた。1938年近江実習工業学校設立1959年没するもうひとつ前身近江高等女学校」の設立者財団法人近江育英舎。

※この「創立者」の解説は、「近江高等学校」の解説の一部です。
「創立者」を含む「近江高等学校」の記事については、「近江高等学校」の概要を参照ください。


創立者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/15 10:15 UTC 版)

聖イエス会」の記事における「創立者」の解説

大槻武二1906年6月26日 - 2004年9月10日教団内では「霊父」及び「ファーザー」を名乗り現在に至るまでこの通称呼ばれている。1906年6月26日 - 現在の京都府綾部市白道路(はそうじ)に、父・清太郎、母・つるの(4男2女の)次男として誕生1922年2月4日同志社にて金森通倫より受洗1932年ホーリネス教会聖書学院卒業。赤尾筆子結婚1938年1月9日19時頃、「奉天清潔教会台所欄間見上げ祈っていると忽然と言(ロゴス)という燃えるような赤発光体現れ、唇に触れ身体入り内にとどまった」(本人談)。大槻はこれを神との出会い及び神の内体験とし、以後この内体験こそがキリスト教における唯一の真の神の救いであると説くうになる

※この「創立者」の解説は、「聖イエス会」の解説の一部です。
「創立者」を含む「聖イエス会」の記事については、「聖イエス会」の概要を参照ください。


創立者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 07:00 UTC 版)

明治大学」の記事における「創立者」の解説

ウィキソース明治法律学校設立趣旨の原文あります近代国家樹立する上で近代法制度の確立最重要課題であった明治政府は、欧米諸法比較研究による新法典の編纂 及び近代法制度理解しその運用にあたる官僚養成急務となっていた。こうした事項を担う機関として、1871年明治4年9月司法省明法寮後に司法省法学校)が創設された。 1872年明治5年7月第一期20名が入学。その多く後に裁判官検察官として明治期日本の司法支えることとなった。創立者の岸本辰雄宮城浩蔵矢代操はこの20名のうちの3名であり、日本西洋近代法習得した第一世代にあたるまた、この第一期生の過半数明治大学創設関与している明治大学創立者 宮城浩蔵 岸本辰雄 矢代操

※この「創立者」の解説は、「明治大学」の解説の一部です。
「創立者」を含む「明治大学」の記事については、「明治大学」の概要を参照ください。


創立者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 02:36 UTC 版)

中央大学の人物一覧」の記事における「創立者」の解説

中央大学前身である英吉利法律学校18人の青年法律家により1885年創立された。 増島六一郎法律家英吉利法律学校初代校長高橋健三法律家菊池武夫法律家中央大学初代学長西川鉄次郎法律家江木衷法律家藤田隆三郎法律家穂積陳重法律家枢密院議長日本初法学博士,男爵元田肇法律家衆議院議長逓信大臣鉄道大臣岡山兼吉法律家奥田義人文部大臣司法大臣東京市長岡村輝彦大審院判事山田喜之助法律家司法次官土方寧法律家貴族院議員

※この「創立者」の解説は、「中央大学の人物一覧」の解説の一部です。
「創立者」を含む「中央大学の人物一覧」の記事については、「中央大学の人物一覧」の概要を参照ください。


創立者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/06/16 12:26 UTC 版)

アルプス子ども会」の記事における「創立者」の解説

創立者の赤羽昭二は1927年生まれ長野県駒ヶ根市割烹旅館経営していた。旅館経営手がける前は代用教員、靴卸などさまざまな職を経験するアルプス子ども会は「〈大自然の中の人間〉を子どもの中に根づかせたい。子どもが本来持っている力を取り戻したい」との考えから、地元もどってはじめたものである2005年まで本会会長務めた2009年死去

※この「創立者」の解説は、「アルプス子ども会」の解説の一部です。
「創立者」を含む「アルプス子ども会」の記事については、「アルプス子ども会」の概要を参照ください。


創立者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/30 15:15 UTC 版)

奇美博物館」の記事における「創立者」の解説

詳細は「許文龍を参照 許文龍幼いころに台南州立教育博物館頻繁に訪れ博物館を開くことを将来の夢にしていた。奇美実業創業したあと、大企業となった彼は芸術音楽にも関心を持つようになった1000以上にのぼるヴァイオリンコレクションをはじめ美術品収集分野徐々に拡大し博物館開け規模にまでなった。

※この「創立者」の解説は、「奇美博物館」の解説の一部です。
「創立者」を含む「奇美博物館」の記事については、「奇美博物館」の概要を参照ください。


創立者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/05 16:00 UTC 版)

大妻女子大学の人物一覧」の記事における「創立者」の解説

大妻コタカ - 大妻学院創立

※この「創立者」の解説は、「大妻女子大学の人物一覧」の解説の一部です。
「創立者」を含む「大妻女子大学の人物一覧」の記事については、「大妻女子大学の人物一覧」の概要を参照ください。


創立者

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 05:36 UTC 版)

報徳学園中学校・高等学校」の記事における「創立者」の解説

大江市松1871年生)は、御影素封家米穀商造り洒屋を営む大江清兵衛三男として生まれ大江一族設立した御影貯蓄銀行(1885-1930)や林業などを手掛けた実業家1908年に「報徳組合共済会」を、1910年に「御蔭(おかげ)報徳会」を設立後1911年に「報徳実業学校」を開校した市松長男大江清一1898年生)はのちに本学理事長となり、次男大江清三(1905-1992)は日本大学文理学部教授。現・理事長大江透は市松の孫。

※この「創立者」の解説は、「報徳学園中学校・高等学校」の解説の一部です。
「創立者」を含む「報徳学園中学校・高等学校」の記事については、「報徳学園中学校・高等学校」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「創立者」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「創立者」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「創立者」の関連用語

創立者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



創立者のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの長崎市立神浦中学校 (改訂履歴)、同志社幼稚園 (改訂履歴)、延辺科学技術大学 (改訂履歴)、ラ・ボルド病院 (改訂履歴)、赤沢保育園 (改訂履歴)、日本生化学会 (改訂履歴)、獨協医科大学の人物一覧 (改訂履歴)、シャトースクール (改訂履歴)、頌栄女子学院中学校・高等学校 (改訂履歴)、学校法人文理佐藤学園 (改訂履歴)、松田平田設計 (改訂履歴)、第一薬科大学 (改訂履歴)、至学館大学 (改訂履歴)、近江高等学校 (改訂履歴)、聖イエス会 (改訂履歴)、明治大学 (改訂履歴)、中央大学の人物一覧 (改訂履歴)、アルプス子ども会 (改訂履歴)、奇美博物館 (改訂履歴)、大妻女子大学の人物一覧 (改訂履歴)、報徳学園中学校・高等学校 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS