a newとは? わかりやすく解説

アナウ【Änew】

読み方:あなう

トルクメニスタン首都アシガバット近郊にある町。新石器時代さかのぼ農耕集落遺跡や、青銅器時代から初期鉄器時代彩文土器が見つかっている。また、15世紀建造のセイットジュマールアッディンモスクの廃墟などがある。


Anew

名前 アニュー

ANEW

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/16 15:47 UTC 版)

ANEW株式会社(アニューかぶしきがいしゃ)は、日本の映画、テレビ番組、アニメ、漫画、小説、ゲーム、玩具、キャラクター等のコンテンツをリメイクし、グローバル市場をターゲットとしたエンタテインメント作品を企画・製作する会社。旧称、株式会社All Nippon Entertainment Works


  1. ^ a b ANEW株式会社 第9期決算公告
  2. ^ “株式会社All Nippon Entertainment Works:「本邦コンテンツの海外展開を行う㈱All Nippon Entertainment Works の設立」を決定” (プレスリリース), 株式会社 産業革新機構, (2011年8月15日), https://www.incj.co.jp/news/2011/20110815.html 2018年12月13日閲覧。 
  3. ^ ヒロ・マスダ(映画プロデューサー) (2016年11月26日). “成果なき「官製クールジャパン会社」の信じ難い実態”. WEDGE Infinity. http://wedge.ismedia.jp/articles/-/8306 2018年12月13日閲覧。 
  4. ^ 東映アニメと ANEW、『ターミネーター』プロデューサーのゲイル・アン・ハードと、 東映アニメ初のオリジナルロボットアニメ『ガイキング』を、ハリウッド実写映画化 2012年12月19日 - ANEW
  5. ^ 『ソウルリヴァイヴァー』のハリウッド実写映画化プロジェクト始動 2014年7月31日 - ANEW
  6. ^ 沢尻エリカ主演ホラー『オトシモノ』がハリウッド・リメイク 2014年10月31日 - ANEW
  7. ^ ウィルコ、ANEW、Depth of Fieldが『臍帯』をハリウッド・リメイク 2014年12月10日 - ANEW
  8. ^ マイク・メダヴォイ、ついに日本コンテンツに着手! 2015年7月22日 - ANEW
  9. ^ 『藁の楯(監督:三池崇史)』ハリウッド・リメイク ついに始動! 2015年8月26日 - ANEW
  10. ^ リュック・ベッソン率いるヨーロッパ・コープ ハリウッド版『藁の楯』で共同開発&共同出資が決定!! 2016年10月25日 - ANEW
  11. ^ 巨匠ロン・ハワード製作総指揮 大人気アニメーション『TIGER & BUNNY』 ハリウッド実写映画化プロジェクト始動!ニューヨーク・コミコンで情報解禁 2015年10月10日 - ANEW
  12. ^ 『TIGER & BUNNY』ハリウッド実写化に向け新進気鋭の脚本家 エレン・シャンマン を起用! 2016年8月11日 - ANEW
  13. ^ 2018年5月8日『TIGER & BUNNY』ハリウッド実写映画化プロジェクト GLOBAL ROAD ENTERTAINMENTと名匠アキヴァ・ゴールズマンを迎え新たなパートナーシップで製作へ (PDF)


「ANEW」の続きの解説一覧

anew

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/03/03 09:17 UTC 版)

anew』(アニュー)は、andropの通算1枚目のアルバムである。2009年12月16日にrespireから発売された。




  1. ^ androp、1stアルバム『anew』再現ライブにて全国ツアー開催発表”. OKmusic (2019年1月27日). 2019年3月2日閲覧。


「anew」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

a newのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



a newのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのANEW (改訂履歴)、anew (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS