農耕とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 産業 > 農業 > 農耕 > 農耕の意味・解説 

のう‐こう〔‐カウ〕【農耕】

読み方:のうこう

田畑耕して農作物作ること。「―生活」

「農耕」に似た言葉

農耕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/30 07:34 UTC 版)

農耕(のうこう)とは、ある共同体食物供給の一端や全体、および他の有用植物の需要を補うために、作物のもととなる種子球根などを植えて育て、継続的および循環的にその生産をあげていくための活動や実践のこと。耕作(こうさく)とも。農耕が基本となる社会を農耕社会という。




「農耕」の続きの解説一覧

農耕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 14:17 UTC 版)

東南アジア」の記事における「農耕」の解説

東南アジア基本的に多くの民族農耕民族である。ベトナムでは4000年ほど前から農耕を始め現在のタイ王国周辺でも紀元前300年頃には農耕が始まっていた。カンボジアでも4世紀頃にもなると、東南アジア有数の稲作地帯となっていた。現在でも東南アジア世界有数農業国家群である。

※この「農耕」の解説は、「東南アジア」の解説の一部です。
「農耕」を含む「東南アジア」の記事については、「東南アジア」の概要を参照ください。


農耕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/09 06:47 UTC 版)

イロコイ連邦」の記事における「農耕」の解説

ロングハウスという、数家族が同居する住居右図)を伝統住居とし、トウモロコシや豆、カボチャ(スクワッシュ)を栽培する農耕を行った。この三種の作物が人のために生まれてきたことを感謝し、「三姉妹、我々を維持する食べ物」とイロコイ族は呼ぶ。彼らの伝統的な作付けは、これらの種を同じ場所に撒きトウモロコシに豆絡みつき、その根元カボチャが覆う、というものであるトウモロコシと豆を共に栽培するのは、労力の節約のほかに土壌から失われる窒素を豆で補う効果もあった。

※この「農耕」の解説は、「イロコイ連邦」の解説の一部です。
「農耕」を含む「イロコイ連邦」の記事については、「イロコイ連邦」の概要を参照ください。


農耕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 19:06 UTC 版)

「酢」の記事における「農耕」の解説

日本では種子消毒用特定防除資材特定農薬として登録される

※この「農耕」の解説は、「酢」の解説の一部です。
「農耕」を含む「酢」の記事については、「酢」の概要を参照ください。


農耕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 00:59 UTC 版)

アイヌ料理」の記事における「農耕」の解説

アイヌ時代前段階である10世紀頃の擦文時代、さらにそれ以前続縄文時代から、既に北海道でも農耕が行われていた。札幌市サクシュコトニ川流域や、浦幌町十勝太発見され11世紀擦文遺跡からはヒエアワキビなどの雑穀類が出土しコムギオオムギ確認されている。さらにオホーツク海沿岸地方で同時期栄えたオホーツク文化おいてもアワヒエオオムギ栽培確認できる。しかし12世紀から始まアイヌ時代至って、農耕は縮小する傾向にあった。これは寒冷な気候ゆえに農耕を諦めたというより、本州との交易用の干魚毛皮調達のため、狩猟漁撈重きを置いた結果らしい。さらに17世紀後半シャクシャインの乱以降アイヌとの交易自身の都合よく進めたい松前藩は、アイヌ農業自活しないよう、鍬や鋤、鎌など鉄製農具流通制限していたことも理由として上げられるアイヌ語農業を「トイタと呼ぶ江戸時代後期和人紀行文明治期学者によるアイヌへの聞き取り調査によれば農業は女の仕事であり、片手間に行われるようなものだった。まず川の沿岸樹木雑草少な土地見定める。その地に所有権主張する意味で十文字に組んだ木「クイタクペ」を立て数日のうちに開墾整地すれば一年限り土地所有権認められる開墾樹木伐採して焼き払う焼畑ではなく、「トイタイヨッペ」という刃を湾曲させた鎌で草地なぎ払い、土ごと刈り払って整地する簡単なものである一戸当たりの耕地面積は、安政年間トカチ場所(十勝郡)やモンベツ場所(紋別郡)で30坪ほど、気候温暖な日高地方でも4反ほどだった。 畑にはピヤパ(稗)、メンクㇽ(黍)、ムンチロ(粟)、ソバ、アタネ(カブ)を蒔きつける時代下ってからは豆類、さらにジャガイモ南瓜など新大陸原産作物栽培されるようになった雑穀類にアイヌ語名がついているが、マメジャガイモ南瓜アイヌ語でもそれぞれマメ」「イモエモ」「カンボチャ」であり、時代古くないことがわかる。記録によれば寛政年間最上徳内蝦夷地種芋持ち込み虻田郡アイヌ栽培させたのが北海道におけるジャガイモ栽培起源だという。一方千島樺太アイヌジャガイモを「ヌチャトマ」(ロシアエゾエンゴサクと呼ぶことからアイヌ世界におけるジャガイモ伝播には北方ロシア帝国)と南方日本)、2つルート存在したことが窺える一年耕作の中で豊作を祈る予祝芸能などの儀礼行われないが、播種際には種籾を野鳥の卵に浸してから蒔く。これは、野鳥生命力あやかって作物生育を祈る信仰である。また、カッコウの巣、抜け殻保持していれば豊作恵まれるとの伝承もあった。実際の農作業では畑に畝を切らず肥料下肥は言うまでも無く、灰、腐葉土の類まで「大地穢す」と見なされて施されなかった。除草それほど行われなかったため、秋の収穫量大した物にはならなかった。 ただ、広大な北海道地方によって気候にも差がある温暖な道南日高地方アイヌ文化圏において最も耕作盛んな地域であり、幕末期この地旅した松浦武四郎著書戊午東西蝦夷山川地理取調日誌』に鵡川の長が3年分の穀物蓄え穂別の長が年35俵の雑穀収穫し厚真では一般家庭でも稗や粟を年に10俵以上収穫していたことを記している。さらに日高地方では畑の隅の糠を捨てる場所(ムルクタヌサ)が神聖な場所されていたなど、農耕神の存在窺える反対に寒冷で農耕に適さず、外界との交流少な道北内陸に住むアイヌは、農業基本すら知らなかったらしい。明治中期役人この地域のアイヌ農業普及図り、「これを土に埋めれば美味しいものが増える」と、馬鈴薯ジャガイモ)の種芋詰まった俵を渡し簡単な説明をして帰った。ところが秋になって再訪してみると、「シャモ和人)に騙された!」と酷く機嫌が悪い。よく聞き合わせてみると、種芋は俵ごと土に埋めたので全て腐ってしまったという。 秋に至って稔った穀物は、「ピパ」と呼ばれるカワシンジュガイ貝殻から作った道具一つ一つ穂首刈りにされる。この収穫法は、弥生時代本州などで石包丁使って行われた稲の収穫酷似している。このようにして収穫され穀物乾燥されたのち「プー」(高床式倉庫)に納められ必要に応じてニス」(臼)で精白製粉しサヨ(粥)やシト団子)、トノト(酒)に加工される馬鈴薯南瓜は汁の具、ラタㇱケㇷ゚後述)の材料となった。さらに馬鈴薯は冬の寒さ利用しポッチェイモという保存食品加工した稲作行われていなかったが、米は擦文時代から交易入って来ていた。北海道各地発見されている青森県五所川原産の須恵器は、米を移出する際容器として使われた物と考えられている。アイヌ語で米は「真の穀物」を意味するシアマㇺ」の語で呼ばれ大変に贅沢な食品とされた。江戸時代前期徳川光圀蝦夷地遣わした快風丸乗組員は、石狩川流域アイヌとの交易生鮭100に対し米1斗2升を差し出している。しかし時代下がるにつれ交易アイヌ側に不利となった寛政年間には「蝦夷俵」(えぞだわら)と呼ばれる8升入りの俵1個を得るためにアイヌ側が出す物品は、干しなら100尾、ニシンならば1200尾だった。 時代が下るにつれて和人の営む漁場を通じて野菜類順次北海道伝来した安政3年1856年)に北海道日本海側から樺太オホーツク海沿岸地域跋渉した探検家松浦武四郎は、道南地方沿岸言うに及ばずアバシリ網走郡)、トコロ常呂郡)、アッケシ厚岸郡)など気候寒冷なオホーツク海沿岸地域に至るまで粟、稗など雑穀、さらに馬鈴薯大根インゲンマメ胡瓜カボチャなど各種の作物小規模ながら栽培されているさまを記している食用植物以外にも繊維用の麻や、嗜好用の煙草栽培されることもあった。

※この「農耕」の解説は、「アイヌ料理」の解説の一部です。
「農耕」を含む「アイヌ料理」の記事については、「アイヌ料理」の概要を参照ください。


農耕

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 21:25 UTC 版)

パイワン族」の記事における「農耕」の解説

他の高砂族同じく粟の栽培儀礼的に重視されるが、タロイモ畑地栽培盛んである

※この「農耕」の解説は、「パイワン族」の解説の一部です。
「農耕」を含む「パイワン族」の記事については、「パイワン族」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「農耕」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

農耕

出典:『Wiktionary』 (2021/08/14 00:13 UTC 版)

名詞

のうこう

  1. 田畑耕して農作物作ること。

関連語

類義語

翻訳


「農耕」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



農耕と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「農耕」の関連用語

農耕のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



農耕のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの農耕 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの東南アジア (改訂履歴)、イロコイ連邦 (改訂履歴)、酢 (改訂履歴)、アイヌ料理 (改訂履歴)、パイワン族 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの農耕 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS