羊とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生物 > 動物 > 哺乳類 > の意味・解説 

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。


ひつじ [0] 【羊】

偶蹄目ウシ科哺乳類ヤギに似るが、角は渦巻形。角のないものもある。細く柔らかいちぢれた毛が全身密生する。性質温和で、常に群れをつくる。草食性。毛(羊毛)・毛皮・肉・乳を利用するため、古くから世界各地で飼われる。メリノ・コリデール・カラクールなど品種が多い。緬羊めんよう)。
[句項目] 羊の歩み

【よう】[漢字]

【 夭えう [音] ヨウ
若くおさない。「幼」に同じ。 「夭夭桃夭
若死にする。 「夭死夭逝夭折寿夭
【幼】 えう [音] ヨウ
おさない。 「幼魚幼児幼時幼少・幼稚・幼虫幼童幼年幼名長幼老幼
【用】 [音] ヨウ
もちいる。
つかう。役立てる。 「用意用心用途用法用例引用運用応用使用適用日用服用併用濫用利用
とりたてる引き上げて、ある仕事をさせる。 「起用採用登用任用
ある使いみちをする。 「飲用客用軍用食用薬用家庭用・実験用」
はたらく。はたらき。 「効用作用有用
すべきこと。仕事。 「用件用事用務公用私用所用
必要とする金品。 「用金用材用度用品費用
大小便をする。 「用便小用
【羊】 やう [音] ヨウ
【妖】 えう [音] ヨウ
なまめかしい。 「妖婉ようえん)・妖艶ようえん)・妖女妖婦妖冶ようや)・妖麗
あやしい。人をたぶらかす不吉な。 「妖雲妖怪妖言妖術妖星妖精妖婆妖魔妖霊
【 拗えう [音] ヨウ
ねじけるねじれる変形している。 「拗音拗体おうたい)((ようたい))
すねる。ひねくれる。 「執拗
【洋】 やう [音] ヨウ
広々として大きい。 「洋洋茫洋ぼうよう)」
世界大きく東と西に分けたときの称。 「西洋東洋
西洋的。西洋式。 「洋画洋館洋裁洋紙洋式洋酒洋書洋食洋装洋品洋風
【要】 えう [音] ヨウ
物事の大切な部分。かなめ。 「要因要害要項要塞ようさい)・要所要衝要職要素要地要諦ようてい)((ようたい))要点要目要路肝要緊要・重要・主要・枢要
もとめる。 「要求要請強要需要・必要」
待ち伏せする。「邀」に同じ。 「要撃
かならず。必要とする。 「要注意・要確認
【容】 [音] ヨウ
器などに物を盛る。入れる。 「容器収容受容包容
ゆるす。とがめない。 「容赦容認寛容許容認容
なかみ。 「容積容量内容
ゆったりしている。 「従容しようよ)」
たやすい。 「容易」
【 涌 】 [音] ヨウ ・ユウ
〔「ユウ」の音は慣用〕 わく。わき出る。 「涌出ゆうしゆつ)((ようしゆつ))涌泉ゆうせん)・東涌とうゆう)・ 坌涌ふんよう)」
【庸】 [音] ヨウ
〔「傭」に同じ〕 人をもちいる。任用する。やとう。 「登庸
なみ。ふつう。かたよらない。 「庸愚庸劣中庸凡庸
労役代わりに納める布や米の類。 「租庸調
【 痒やう [音] ヨウ
かゆい。 「痛痒隔靴搔痒かつかそうよう)」
【揚】 やう [音] ヨウ
もちあげる。高くあがる。 「揚水掲揚飛揚浮揚
声を張り上げていう。 「揚言
音声調子高める。 「抑揚
気分などが高まる。高める。 「高揚昂揚こうよう)」
あらわす。名高くする。 「顕揚称揚宣揚発揚
【揺(搖)】 えう [音] ヨウ
ゆれる。 「揺曳ようえい)・揺落揺籃ようらん)・動揺
えふ [音] ヨウ
平たく薄いもの。 「次葉前葉単葉胚葉はいよう)・肺葉複葉前頭葉
時代。 「初葉中葉末葉
【 遥えう [音] ヨウ
はるか。 「遥遠遥拝遥遥
さまよう。 「逍遥しようよ)」
【陽】 やう [音] ヨウ
日のあたる側。日なた。 「山陽
ひ。ひの光。 「陽光陽春斜陽太陽落陽
積極的。男性的動的プラスの。 「陽画・陽気・陽極陽性陽電気陽電子
易学えきがく)で、陰陽二元気の一。 「陰陽重陽ようよう)」
それらしく見せかける。いつわる。 「陽動陽動作戦
表立った。形に現れた。 「陽報
【 傭 】 [音] ヨウ
やとう。やとわれる。 「傭役傭人ようにん)・傭兵解傭雇傭私傭
【溶】 [音] ヨウ
とける。とかす。とく。
物質などに均一にまざる。 「溶液溶解溶剤溶媒水溶性
固体が熱によって液体になる。 「溶岩溶接溶銑溶融溶鉱炉
〔「熔」「鎔」の書き換え字としても用いられる〕
【 楊やう [音] ヨウ
やなぎ。かわやなぎねこやなぎなど。 「楊弓楊枝楊柳
【腰】 えう [音] ヨウ
人体の)こし。 「腰鼓腰椎ようつい)・楚腰そよう)・蜂腰ほうよう)」
物の中ほどより少し下の部分。 「山腰
】 [音] ヨウ
さなぎ。 「蛹虫蚕蛹
【様(樣)】 やう [音] ヨウ
ありさま。ようす。 「様子様態様体一様異様多様・同様・別様
かた。形式。決まったやり方。 「様式仕様
あや。かざり。 「図様模様文様
【 熔 】 [音] ヨウ
金属などを熱でとかす。とける。 「熔解熔岩熔接熔融熔炉」 〔「溶」とも書き換えられる〕
【瘍】 やう [音] ヨウ
できもの。 「潰瘍かいよう)・腫瘍しゆよう)」
【踊】 [音] ヨウ
おどる。おどり。 「舞踊
はねまわる。とびあがる。 「踊躍
【窯】 えう [音] ヨウ
陶器を焼くかま。 「窯業陶窯
【養】 やう [音] ヨウ
やしなう。はぐくみ育てる。 「養育養家養子養成養父養分
飼う。飼い育てる。 「養鶏養蚕養殖飼養培養
生活の世話をする。 「養護養老供養くよう)・扶養撫養ぶよう)」
健康に注意する。からだを大切にする。 「養生ようじよう)・栄養加養休養滋養静養保養療養
心をゆたかにする。おしえる。 「教養修養素養
【擁】 [音] ヨウ
だく。いだく。 「抱擁
たすける。まもる。 「擁護擁立
ふさぐ。さえぎる。 「擁壁
【謡(謠)】 えう [音] ヨウ
うたう。うたい。 「謡曲
はやりうた。 「歌謡俗謡童謡民謡俚謡りよう)」
【 膺 】 [音] ヨウ
胸。 「服膺
討つ。 「膺懲
【 邀えう [音] ヨウ
むかえる。まちうける。 「邀撃
【曜】 えう [音] ヨウ
日月星辰(せいしん)の総称。 「九曜七曜
日・月火・水・木・金・土の五星とを日に割り当てて呼ぶ名。 「金曜・日曜」
【 耀えう [音] ヨウ
かがやく。てらす。 「栄耀眩耀げんよう)」
【 鎔 】 [音] ヨウ
金属をとかす。とける。 「鎔解鎔銑鎔鋳鎔冶ようや)・鎔鉱炉」 〔「溶」とも書き換えられる〕
】 [音] ヨウオウ
鳥の名。たか。 「鷹揚おうよう)((ようよう))放鷹


作者デヴィッド・ブルックス

収載図書迷宮都市
出版社福武書店
刊行年月1992.11


作者トーマスH.マクニーリー

収載図書アメリカミステリ傑作2002
出版社DHC
刊行年月2002.6
シリーズ名アメリカ文芸年間傑作


読み方:ヒツジ(hitsuji)

ヒツジ属動物総称


読み方:ひつじ

  1. 〔的・犯〕白紙のこと、又紙幣のことを云ふ。
  2. 紙。紙製品物或は紙幣頭髪をいふ。
  3. 紙、紙幣。〔一般犯罪
  4. 、紙。〔香具師不良
  5. 紙幣、又は紙のこと。羊は紙を食うことから。

分類 犯罪、的/犯、香具師不良


読み方:ひつじ

  1. 紙ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・京都府
  2. 紙ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・大阪府
  3. 紙ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・埼玉県
  4. 紙ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・三重県
  5. 紙ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・愛知県
  6. 紙ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・静岡県
  7. 紙ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・福島県
  8. 紙ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・宮城県
  9. 紙ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・福井県
  10. 紙ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・石川県
  11. 紙ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・鳥取県
  12. 紙ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・島根県
  13. 紙ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・岡山県
  14. 紙ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・山口県
  15. 紙ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・和歌山県
  16. 紙ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・徳島県
  17. 紙ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・宮崎県
  18. 紙ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・高知県
  19. 紙ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・大分県
  20. 紙ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・茨城県
  21. 紙ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・福岡県
  22. 紙ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・滋賀県
  23. 紙類一切。〔第七類 雑纂
  24. 紙。羊が紙を喰ふことから出て来連想語。
  25. 紙。
  26. 紙。清水 闇屋仲間
  27. 〔香〕〔犯〕紙のこと、羊は紙をくうから来た縁語
  28. 紙。〔闇屋
  29. 紙。羊は紙を食べるところから転じて。〔香〕

分類 ルンペン大阪三重県京都府和歌山県埼玉県大分県大阪府宮城県宮崎県山口県岡山県島根県徳島県愛知県滋賀県石川県福井県福岡県福島県茨城県闇屋仲間静岡県、香、香具師香具師犯罪者高知県鳥取県


読み方:ひつじ

  1. 紙幣ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・富山県
  2. 紙幣ノコトヲ云フ。〔第二類 金銭器具物品之部・熊本県
  3. 紙幣。〔第七類 雑纂
  4. 紙幣のことをいふ。羊は紙を食ふから名づけたものである。〔犯罪語〕
  5. 紙幣を云ふ。
  6. 金銭。〔山窩

分類 富山県山窩熊本県犯罪


読み方:ひつじ

  1. 頭髪。〔第二類 人物風俗
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

ヒツジ

( から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/25 23:17 UTC 版)

ヒツジ綿羊、学名 Ovis aries)は、ウシ科ヤギ亜科鯨偶蹄目である。をもち、主に羊毛のために家畜化されている。


  1. ^ http://jlta.lin.gr.jp/report/detail_project/pdf/150.PDF めん羊の採食特性を活用した草地の造成と維持管理に関する調査
  2. ^ これとは別に、紀元前11000年ごろのイラクや紀元前7000-5000年頃のインドの遺跡からも小さい羊の骨や痕跡が出土しているが、単に子羊の骨であるなど、家畜化の証拠としては疑問がもたれている。
  3. ^ ウリアルはアジアムフロンの亜種とする説もある。
  4. ^ 紀元前の中国、ドイツ、北アジアにその痕跡があるが、はっきりしたことはよく分かっていない。
  5. ^ 「品種改良の世界史」,2010,正田陽一編,悠書館,ISBN 978-4-903487-40-3
  6. ^ 一般的には「バビロン」は“神の門”を意味するとか、創世記に登場するバベルの塔の逸話に因む“混乱”の意であるとかといった説が主流であるが、最古期の語源は言語が解読されておらず不明とされている。
  7. ^ 「オセアニアを知る事典」平凡社 p279 1990年8月21日初版第1刷
  8. ^ 賀来(2015)、p.106
  9. ^ 賀来(2015)、p.106
  10. ^ 賀来(2015)、p.106
  11. ^ 賀来(2015)、p.106
  12. ^ 賀来(2015)、p.115
  13. ^ 賀来(2015)、p.115
  14. ^ 賀来(2015)、p.106
  15. ^ 小林忠太郎「民営牧羊経営の成立と崩壊」、『日本畜産の経済構造』16 - 18頁。
  16. ^ 小林忠太郎「民営牧羊経営の成立と崩壊」、『日本畜産の経済構造』20 - 21頁。
  17. ^ 小林忠太郎「民営牧羊経営の成立と崩壊」、『日本畜産の経済構造』24頁。
  18. ^ 小林忠太郎「民営牧羊経営の成立と崩壊」、『日本畜産の経済構造』31- 32頁。
  19. ^ 小林忠太郎「民営牧羊経営の成立と崩壊」、『日本畜産の経済構造』32- 36頁。
  20. ^ FAO Brouse date production-Live animals-sheep”. Fao.org. 2012年12月30日閲覧。
  21. ^ FAO Brouse date production-Live animals-sheep”. Fao.org. 2012年12月30日閲覧。
  22. ^ 「オセアニアを知る事典」平凡社 p240 1990年8月21日初版第1刷
  23. ^ http://www.mofa.go.jp/mofaj/kids/ranking/sheep.html キッズ外務省:羊の頭数の多い国 日本国外務省 2012年12月30日閲覧
  24. ^ 日本のめん羊事情”. 公益社団法人畜産技術協会 (1991年12月). 2014年3月22日閲覧。
  25. ^ http://www.nytimes.com/2006/03/29/dining/29mutt.html Apple Jr., R.W. . "Much Ado About Mutton, but Not in These Parts". ニューヨーク・タイムズ、(2006年3月29日)2012年12月30日閲覧
  26. ^ 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典2 主要食物:栽培作物と飼養動物』 三輪睿太郎監訳 朝倉書店  2004年9月10日 第2版第1刷 p.666
  27. ^ http://www.nytimes.com/2006/03/29/dining/29mutt.html Apple Jr., R.W. . "Much Ado About Mutton, but Not in These Parts". ニューヨーク・タイムズ、(2006年3月29日)2012年12月30日閲覧
  28. ^ 『ケンブリッジ世界の食物史大百科事典2 主要食物:栽培作物と飼養動物』 三輪睿太郎監訳 朝倉書店  2004年9月10日 第2版第1刷 p.666
  29. ^ 「メッカ」p157 野町和嘉 岩波書店 2002年9月20日第1刷
  30. ^ Asa-Jo「羊が一匹、羊が二匹…」日本人が羊を数えても眠れない理由が判明した!


「ヒツジ」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2012/05/03 03:03 UTC 版)

発音

名詞

  1. ひつじ食肉用又は毛を糸又は織物原料とするため飼育される中型家畜

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



羊と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「羊」の関連用語

羊のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



羊のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2019 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2019 株式会社皓星社 All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのヒツジ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2019 Weblio RSS