ショウとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > ショウの意味・解説 

しょ‐う【諸有】

仏語

あらゆるものみな諸法

《「有」は有情としての存在生存の意》生命のあるものの生存の状態に種々あること。主として二十五有迷い境界をいう。


しょう【×憔】

[音]ショウ(セウ)(漢) [訓]やつれる

やつれる。「憔悴(しょうすい)」


しょう【×陞】

[音]ショウ(呉)(漢) [訓]のぼる

地位上がる。「陞叙陞進

[補説] 「昇」と通用する。

名のり]すすむ・のり


しょう【礁】

常用漢字] [音]ショウセウ)(呉)(漢)

水面見え隠れする石。隠れ岩。「暗礁環礁岩礁漁礁座礁離礁珊瑚(さんご)礁」


しょう【×樵】

[音]ショウ(セウ)(漢) [訓]こる きこり

たきぎを切り出す。きこり。「樵歌樵夫

難読木樵(きこり)


しょう〔シヤウ〕【声】

こえ。また、言葉

漢字日本語アクセントまた、それを示すために漢字やかなの四隅などに打つ点。→四声(しせい) →声点(しょうてん)

発音強弱高低抑揚

文字(もんじ)の—を分かつ事」〈花鏡


しょう【×鈔】

[音]ショウ(セウ)(呉)

かすめとる。「鈔略

写しとる。写し抜き書き。「鈔本鈔録


しょう【×笙】

人名用漢字] [音]ショウ(シャウ)(呉)

楽器の名。しょうのふえ。「笙歌


しょう【晶】

常用漢字] [音]ショウシャウ)(呉)

きらきらと輝く。「晶晶

原子規則正しい配置をとった鉱物の形。「結晶・水晶」

名のりあき・あきら・てる・まさ


しょう【粧】

常用漢字] [音]ショウシャウ)(呉) ソウサウ)(漢) [訓]よそおう

顔かたち整える。「化粧盛粧(せいそう)・美粧


しょう〔シヤウ〕【掌】


しょう【章】

[音]ショウシャウ)(呉)(漢) [訓]あや

学習漢字3年

文字でつづった文。「玉章詞章断章文章

資格身分などを示すしるし。「印章記章勲章校章褒章帽章喪章(もしょう)・紋章腕章

文や音楽一区切り。「章句章節楽章終章序章

箇条書きにした法令。「憲章典章

[補説] 原義は、はっきりとしたあや・しるし。

名のりあき・あきら・き・たか・とし・のり・ふさ・ふみ・ゆき

難読周章(あわ)てる・章魚(たこ)・玉章(たまずさ)


しょう【×牀】

[音]ショウ(シャウ)(慣) [訓]ゆか

寝台長椅子。「牀几(しょうぎ)/臥牀(がしょう)」


しょう【将〔將〕】

[音]ショウシャウ)(漢) [訓]まさに はた

学習漢字6年

軍を統率する長。「将棋将軍将校将兵王将主将智将(ちしょう)・敗将武将勇将

軍隊の階級用いる語。「将官空将少将中将

引き連れるもたらす。「将来

これから…しようとする。「将来

名のり]すけ・すすむ・たすく・ただし・たもつ・のぶ・ひとし・まさ・もち・ゆき

難読女将(おかみ)・将曹(さかん)・将監(じょう)


しょう【詔】

常用漢字] [音]ショウセウ)(呉)(漢) [訓]みことのり

天子命令みことのり。「詔書詔勅聖詔大詔

名のり]のり


しょう〔セウ〕【小】

小さいこと。重要さの程度少ないこと。また、そのもの。「大は小を兼ねる」「小宇宙」「小企業」⇔大。

1か月日数が、陰暦30日陽暦では31日に満たない月。「小の月」⇔大。

田畑面積の単位太閤検地以前120歩(約4アール)、以後100歩(約3.3アール)。

小学校」の略。「小・中高・大

名詞の上に付く。

似ている規模小さいものである意を表す。「小京都

同名父子のうち、息子のほうを表す。「小デュマ」⇔大。

自分に関するものについて、へりくだる意を表す。「小論」「小社」「小誌


しょう【×蕉】

人名用漢字] [音]ショウ(セウ)(呉)(漢)

植物の名。バショウ。「芭蕉

松尾芭蕉(ばしょう)のこと。「蕉風蕉門


しょう〔セウ〕【×簫】

中国管楽器で、縦笛一種複数の竹管を束ね排簫(はいしょう)と、単管洞簫(どうしょう)とがある。


しょう【匠】

常用漢字] [音]ショウシャウ)(漢) [訓]たくみ

大工細工師職人。「匠人工匠巧匠石匠刀匠番匠(ばんじょう)・木匠

技芸に長じた人。学問芸術一家をなす人。「学匠楽匠巨匠師匠宗匠

新しいものを作り出す工夫アイデア。「意匠

名のり]なる

難読内匠(たくみ)


しょう【床】

常用漢字] [音]ショウシャウ)(呉) [訓]とこ ゆか

[一]〈ショウ〉

寝どこ寝台。「臥床(がしょう)・起床就床病床臨床

腰かけ。「床几(しょうぎ)」

どこ。「温床

物の支えとなる部分底部土台。「火床花床河床鉱床銃床道床

[二]〈とこ(どこ)〉「床屋川床寝床

[三]〈ゆか〉「床板床下高床

[補説] 「牀」は本字


しょう【鐘】

常用漢字] [音]ショウ(漢) シュ(呉) [訓]かね

[一]〈ショウ〉

つりがね。「鐘声鐘楼暁鐘警鐘古鐘時鐘半鐘晩鐘梵鐘(ぼんしょう)」

打楽器の一。かね。「鐘鼓編鐘

時計また、時刻。「一点鐘自鳴鐘

[二]〈かね(がね)〉「大鐘早鐘

名のり]あつむ

難読黄鐘(おうしき)


しょう〔シヤウ〕【将】

軍隊を率い指揮する者。将帥(しょうすい)。「一軍の将」

軍人階級の一。将官

自衛官階級の一。最高位階級で、陸将海将空将があり、諸外国軍や旧日陸海軍大将中将に相当する。

律令制近衛府(このえふ)の官名大将中将少将があった。


しょう【渉】

常用漢字] [音]ショウセフ)(漢) [訓]わたる

水のある所を歩いて渡る。「渉禽類(しょうきんるい)/徒渉跋渉(ばっしょう)」

あちこち歩き回る。「渉猟

かかわる。関係する。「渉外干渉交渉

名のり]さだ・たか・ただ・わたり


しょう【詳】

常用漢字] [音]ショウシャウ)(漢) [訓]くわしい つまびらか

細かいところまで行きいている。くわしい。「詳解詳細詳述詳報詳密詳論

くわしく調べついている。「不詳未詳

名のり]つま・みつ


しょう【×椒】

[音]ショウ(セウ)(呉)(漢) [訓]はじかみ

木の名。サンショウ。「胡椒山椒

皇后御殿。「椒房


しょう【賞】

[音]ショウシャウ)(呉)(漢) [訓]めでる ほめる

学習漢字5年

功績善行などをほめる。「賞賛賞辞賞揚激賞推賞嘆賞信賞必罰

功績善行などに対して与えられる金品。ほうび。「賞金賞杯賞品賞与恩賞懸賞受賞授賞大賞特賞入賞副賞

すぐれた点を楽しみ味わう。「賞翫(しょうがん)・賞味観賞鑑賞

名のりたか・たかし・よし


しょう〔シヤウ〕【匠】

すぐれた技術をもつ人。古くは、特に、木工職人をさす。たくみ。〈和英語林集成


しょう【×裳】

人名用漢字] [音]ショウ(シャウ)(漢) [訓]も もすそ

[一]〈ショウ〉下半身に着るスカート状の衣類。「衣裳霓裳(げいしょう)」

[二]〈も〉「裳裾(もすそ)/玉裳(たまも)」


しょう【衝】

常用漢字] [音]ショウ(漢) [訓]つく

突き当たる。つく。「衝撃衝天衝動衝突緩衝折衝

重要な所。「要衝

[補説] 原義は、町を突き抜ける大通り交通要所の意。

名のり]つぎ・みち・もり・ゆく

難読衝立(ついたて)


しょう【照】

[音]ショウセウ)(呉)(漢) [訓]てる てらす てれる

学習漢字4年

光がすみずみまで届く。てる。てらす。「照射照明照覧遍照(へんじょう)・探照灯

日の光。「残照晩照返照

照らし合わせる。「照応照会照合照準観照参照対照

写真に写す。写真。「照影小照

名のりあき・あきら・あり・てり・とし・のぶ・みつ


しょう〔セウ〕【礁】

浅い海底隆起部。岩礁サンゴ礁などがある。


しょう【×捷】

人名用漢字] [音]ショウ(セフ)(呉)(漢) [訓]かつ はやい

戦いに勝つ。勝ちいくさ。「捷報戦捷大捷

動き速い。すばやい。「軽捷敏捷

ちかみち。「捷径

名のり]さとし・すぐる・とし・はや・まさる


しょう【彰】

常用漢字] [音]ショウシャウ)(呉)(漢) [訓]あらわす

はっきりと目立つように表す。「彰徳顕彰表彰

名のりあき・あきら・ただ・てる


しょう【上】

⇒じょう


しょう【承】

漢詩絶句で、承句。「起承転結


しょう【松】

[音]ショウ(漢) [訓]まつ

学習漢字4年

[一]〈ショウ〉木の名。マツ。「松柏(しょうはく)・松籟(しょうらい)・松露松竹梅青松老松

[二]〈まつ〉「松風松原門松

名のり]ときわ・ます

難読松魚(かつお)・落葉松(からまつ)・松明(たいまつ)・杜松(ねず)・松毬(まつかさ)・海松(みる)・水松(みる)


しょう〔シヤウ〕【×笙】

雅楽用い管楽器の一。匏(ほう)の上17本の長短の竹管を環状立てたもので、竹管の根元に簧(した)、下方側面指孔がある。匏の側面吹き口から吹いたり吸ったりして鳴らす。奈良時代に唐から伝来笙の笛鳳笙(ほうしょう)。鳳管。そう。


しょう【称〔稱〕】

常用漢字] [音]ショウ(呉)(漢) [訓]たたえる となえる はかる

ほめあげるたたえる。「称賛称美称揚

となえる。呼ぶ。呼び名。「称呼称号称名(しょうみょう)/愛称仮称改称敬称古称呼称公称詐称自称総称通称人称美称併称・名称・略称」

はかりで量る。「称量

左右がつりあう。「相称対称

名のり]あぐ・かみ・な・のり・みつ・よし


しょう【称】

よびな。呼称。「コハダコノシロ若魚の称だ」

ほまれ。名声評判。「幻の名酒の称がある」


しょう〔シヤウ〕【症】

病気性質・状態。症状

脈管臃脹の—を患うるものありければ」〈中村訳・西国立志編


しょう【承】

[音]ショウ(漢) [訓]うけたまわる うける

学習漢字6年

前のものを受け継ぐ。「承句承継承前継承口承相承伝承

相手意向受け入れる。「承諾承知承認承服拝承了承不承不承(ふしょうぶしょう)」

名のり]うけ・こと・すけ・つぎ・つぐ・よし


しょう【相/荘/装】

〈相〉⇒そう

〈荘〉⇒そう

〈装〉⇒そう


しょう【償】

常用漢字] [音]ショウシャウ)(漢) [訓]つぐなう

損失見合うものを返すつぐなう。「償還償却償金代償賠償弁償補償報償無償有償


しょう〔セウ〕【抄/×鈔】

長い文章などの一部書き出すこと。また、そのものぬきがき。「徒然草—」

古典などの難解語句抜き出して注釈すること。また、その書物。「湖月—」「毛詩—」

尺貫法容積単位。1抄は1勺の10分の1。約1.8ミリリットル。→勺1


しょう【小】

[音]ショウセウ)(呉)(漢) [訓]ちいさい こ お さ

学習漢字1年

[一]〈ショウ〉

ちいさい。「小心小刀小児(しょうに)/狭小群小弱小縮小大小微小矮小(わいしょう)」

少し。わずか。「小異小康小成小知

とるにたりない。「小身小臣

自分や、自分に関することを謙遜(けんそん)していう語。「小社小生小弟

[二]〈こ〉「小粋(こいき)・小型小雨(こさめ)・小銭小鳥

[三]〈お〉「小川

難読小豆(あずき)・小路(こうじ)・小女子(こうなご)・小筒(ささえ)・小石(さざれいし)・小夜(さよ)・小火(ぼや)


しょう【×鍾】

[音]ショウ(漢) [訓]あつめる

あつまる。あつめる。「鍾愛

かね。つりがね。「鍾乳洞


しょう【×銷】

[音]ショウ(セウ)(呉)(漢)

金属をとかす。とける。「銷金

消える。消す。「銷夏銷却


しょう〔シヤウ〕【荘/×庄】

奈良時代生産物貯蔵する倉を中心として周辺園地を配した一区画

荘園」に同じ。

昔の荘園の名を残し土地の名称。「五箇の—」

日本植民地であった時代台湾行政区画の一。街より小さく、社より大きい


しょう【×牆】

[音]ショウ(シャウ)(漢) [訓]かき

土や石でつくった垣根土塀。「牆壁門牆

[補説] 「墻」は異体字


しょう【×頌】

人の徳や物の美などをほめたたえること。また、ほめたたえ言葉詩文

詩経」の六義(りくぎ)の一。宗廟(そうびょう)で、祖先の徳をたたえる詩歌

キリスト教で、神をたたえる歌。頌栄


しょう【昇】

常用漢字] [音]ショウ(呉)(漢) [訓]のぼる

上にあがって行く。「昇降昇天昇竜上昇

上の官位等級に進む。「昇格昇級昇給昇進昇段昇任

世の中がよく治まる。「昇平

名のり]かみ・すすむ・のぼり・のり


しょう〔シヤウ〕【正】

【一】[名]

本当であること。

つくろいなき—の処」〈一葉ゆく雲

律令制で、諸司長官

位階上下分けたもののうち、上の階級の称。「正一位」⇔従(じゅ)。

ふつう、時間や量を示す語の上に付いて、きっちりその時間や量であることを表す。「正八時」「正一合

【二】[名・形動ナリそっくりそのままであること。また、そのさま。

姑婆(しうとばばあ)の口まねは、あの婆に—だよ」〈滑・浮世風呂・二〉


しょう〔セウ〕【少輔】

律令制で、諸省の次官(すけ)で、大輔(たいふ)の下に位するもの。しょうゆうすないすけ

[補説] 歴史的仮名遣いは「せうふ」の音変化した「せふ」とする説もある。


しょう【笑】

[音]ショウセウ)(呉)(漢) [訓]わらう えむ

学習漢字4年

わらう。わらい。「笑殺笑止笑声笑柄一笑苦笑哄笑失笑大笑談笑嘲笑(ちょうしょう)・爆笑微笑冷笑

わらわせる。おかしい。「笑話

謙遜(けんそん)を表す語。「笑納笑覧

名のり]え・えみ

難読可笑(おか)しい・微笑(ほほえ)む


しょう【×菖】

人名用漢字] [音]ショウ(シャウ)(呉)(漢)

の名。「菖蒲(しょうぶ)/石菖

難読菖蒲(あやめ)


しょう〔シヤウ〕【商】

【一】

あきないまた、あきんど。「士農工商

ある数や式を以外の他の数や式で割って得られた結果の数や式。⇔積。

中国日本音楽階名の一。五声の第2音。

【二】古代中国王朝、殷(いん)のこと。


しょう【硝】

常用漢字] [音]ショウセウ)(呉)(漢)

鉱石の一。硝石。「硝酸

火薬。「硝煙

難読硝子(ガラス)


しょう【×霄】

[音]ショウ(セウ)(呉)(漢)

大空。はるかな天。「霄漢霄壌

難読凌霄花(のうぜんかずら)


しょう〔シヤウ〕【生】

【一】[名]

いのち。生命生きていること。「この世に生を受く」「生ある者は必ず死す

なまのもの。特に、現金をいう。

「帯ぢゃ名が立つ、—でたもれ」〈浄・歌軍法

生まれ素姓

「—が入聟(いりむこ)だのに」〈滑・浮世風呂・三〉

【二】[名・形動ナリあるものとそっくりなこと。また、そういうさま。

目つきや口もとがおとっさんに—だねえ」〈人・娘節用・三〉


しょう【商】

[音]ショウシャウ)(呉)(漢) [訓]あきなう はかる

学習漢字3年

あきなうあきない。「商業商魂商店商人商売商品行商通商

あきんど商人。「画商巨商豪商紳商政商隊商・貿易商」

相談する。はかる。「商議商量会商協商

星座の名。さそり座。「参商(しんしょう)」

古代中国王朝、殷の自称。「殷商」

名のり]あき・あつ・ひさ

難読商人(あきんど)


しょう【升】

尺貫法容量単位。1升は1斗の10分の1。1合の10倍。約1.8リットル。「一升瓶


しょう【×檣】

[音]ショウ(シャウ)(漢) [訓]ほばしら

帆柱(ほばしら)。マスト。「檣灯船檣帆檣


しょう【×誦】

[音]ショウ(漢) ジュ(呉) [訓]となえる そらんじる

[一]〈ショウ〉

声を出して読む。となえる。「愛誦詠誦口誦読誦朗誦

暗記して読む。そらんじる。「暗誦

[二]ジュお経となえる。「読誦念誦諷誦(ふうじゅ)・諷誦(ふじゅ)」

名のり]すみ

難読誦経(ずきょう)


しょう【×聳】

[音]ショウ(漢) [訓]そびえる そばだつ そびやかす

そびえ立つそばだつ。「聳峙(しょうじ)・聳立

おそれて立ちすくむ。おそれる。「聳動


しょう【×哨】

人名用漢字] [音]ショウ(セウ)(呉)(漢)

見張りをする。見張り番。「哨戒哨兵前哨歩哨立哨


しょう【×翔】

人名用漢字] [音]ショウ(シャウ)(漢) [訓]かける とぶ

羽を広げて飛ぶ。空高く飛ぶ。「滑翔飛翔

名のり]さね


しょう【井/正/生/声/姓/性/青/政/星/省/清/聖/精/請】

〈井〉⇒せい

〈正〉⇒せい

〈生〉⇒せい

〈声〉⇒せい

〈姓〉⇒せい

〈性〉⇒せい

〈青〉⇒せい

〈政〉⇒せい

〈星〉⇒せい

〈省〉⇒せい

〈清〉⇒せい

〈聖〉⇒せい

〈精〉⇒せい

〈請〉⇒せい


しょう【症】

常用漢字] [音]ショウシャウ)(呉)

病気性質や状態。「症候症状炎症軽症重症難症病症

特定の症状現れる病気。「既往症狭心症後遺症不眠症


しょう〔シヤウ〕【床/×牀】

【一】[名]室内の板を張った所。ゆか。「—に臥せる

【二】接尾助数詞病院などで病人用のベッド数を数えるのに用いる。


しょう【×妾】

[音]ショウ(セフ)(呉)(漢) [訓]めかけ わらわ

めかけ。「妾宅愛妾妻妾侍妾蓄妾婢妾(ひしょう)」


しょう〔シヤウ〕【賞】

功績をあげた者に与え褒美また、そのしるしの金品。「賞を受ける」「ノーベル賞」⇔罰。


しょう【従/縦】

〈従〉⇒じゅう

〈縦〉⇒じゅう


しょう【象】

[音]ショウシャウ)(漢) ゾウザウ)(呉) [訓]かたどる

学習漢字5年

[一]〈ショウ〉

物の形。目に見えるすがた。「印象気象具象形象現象事象心象対象万象

物の形をかたどる。「象形象徴

[二]ゾウ

動物の名。ゾウ。「象牙(ぞうげ)/巨象

物の形。「有象無象(うぞうむぞう)」

名のり]かた・きさ・たか・のり

難読椿象(かめむし)・海象(セイウチ)


しょう〔シヤウ〕【相】

君主助け政治を行う職。宰相大臣


しょう【×廠】

[音]ショウ(シャウ)(呉)(漢)

仕切りのない、ただっ広い建物。「廠舎工廠船廠兵器廠


しょう【唱】

[音]ショウシャウ)(呉)(漢) [訓]となえる うたう

学習漢字4年

人に先立って言う。「唱道唱和首唱提唱夫唱婦随

声高呼ばわる。「三唱復唱

節をつけてうたう。「唱歌愛唱・歌唱・合唱絶唱独唱輪唱

(「誦」の代用字そらんじる。「暗唱

名のり]うた


しょう【勝】

【一】[名]景色すぐれていること。また、その地。「山水の勝を探る」

【二】接尾助数詞試合勝負などで、勝った回数数えるのに用いる。「二勝一敗」⇔敗。


しょう〔シヤウ〕【性】

生まれつき性質もって生まれた性分。「性が合う」「凝り性

そのもののもともとのたち。本来の性質品質。「荒れ性」「冷え性

根性たましい性根

「—も骨もぬけてうんざりしてしまう」〈中勘助銀の匙

陰陽道(おんようどう)で、木・火・土・金・水五行(ごぎょう)を人の生まれ年月日に配したものこれによって吉凶を占う。

仏語あらゆるものが生来備えていて、外からの影響によって変わることのない本質本性自性

習性。ならい。

「はづさうはづさうと思うたが—に成り」〈浄・鎌田兵衛


しょう【×踵】

[音]ショウ(漢) [訓]かかと くびす きびす

かかと。「接踵旋踵


しょう【×昌】

人名用漢字] [音]ショウ(シャウ)(呉)(漢) [訓]さかん あきらか

盛ん。栄える。「昌運昌盛繁昌隆昌

明らか。美しい。「昌言

名のりあき・あきら・あつ・さかえ・すけ・まさ・まさし・まさる・ます・よ・よし


しょう〔シヤウ〕【×醤】

麦・こうじ・豆・米などをねかせてから、塩をまぜて作った調味料ないし嘗物(なめもの)。味噌醤油原体。ひしお。


しょう〔シヤウ〕【祥】

めでたいこと。また、その前ぶれ吉兆瑞兆(ずいちょう)。

吉凶前兆

飢饉ノ—」〈和英語林集成

一周忌小祥)と三周忌大祥)との称。


しょう【奨〔奬〕】

常用漢字] [音]ショウシャウ)(漢) [訓]すすめる

すすめる。助けはげます。「奨学奨励勧奨推奨報奨

名のり]すすむ・つとむ


ショー【show】


しょう【掌】

常用漢字] [音]ショウシャウ)(呉)(漢) [訓]たなごころ たなうら てのひら つかさどる

てのひら。「掌握掌中合掌熊掌(ゆうしょう)・落掌

職務として担当する。つかさどる。「管掌兼掌車掌職掌分掌

手に持つ。「鞅掌(おうしょう)」

名のり]なか

難読仙人掌(サボテン)・掌侍(じょう)


しょう【×鍾】

中国漢代用いられた酒壺(さかつぼ)。青銅製で、横断面が丸いもの。


しょう【沼】

常用漢字] [音]ショウセウ)(呉)(漢) [訓]ぬま

[一]〈ショウ〉ぬま。「沼沢湖沼

[二]〈ぬま〉「沼地泥沼


しょう【証】

証拠。「もって後日の証とす」

仏語正法修得して真理を悟ること。悟りを得ること。

漢方で、病状症状のこと。


しょう【宵】

常用漢字] [音]ショウセウ)(呉)(漢) [訓]よい

[一]〈ショウ〉

夜。「終宵徹宵

よいのうち。「秋宵春宵良宵

[二]〈よい〉「宵闇(よいやみ)/今宵(こよい)」


しょう【昭】

[音]ショウセウ)(呉)(漢)

学習漢字3年

明るく照らすさま。明らか。明らかにする。「昭昭昭然

世の中明る治まる。「昭代

名のりあき・あきら・いか・てる・はる


しょう【×嘯】

[音]ショウ(セウ)(呉)(漢) [訓]うそぶく

口をすぼめて声を出す。うそぶく。「嘯風/吟嘯長嘯

ほえる。うなる。「海嘯虎嘯(こしょう)」


しょう【抄】

常用漢字] [音]ショウセウ)(呉) [訓]すくう すく

すくい取るかすめ取る。「抄掠(しょうりゃく)」

書き写す。「手抄

抜き書きする。抜き書き。「抄出抄本抄訳抄録詩抄

注釈書。「抄物(しょうもの)」

紙をすく。「抄紙抄造

[補説] 14は「鈔」と通用する。


しょう【×醤】

人名用漢字] [音]ショウ(シャウ)(漢) [訓]ひしお

肉の塩辛。「肉醤

調味料一種。「醤油

[補説] 人名用漢字表戸籍法の字体は「醬」。

難読醤蝦(あみ)


しょう【×嘗】

人名用漢字] [音]ショウ(シャウ)(漢) ジョウジャウ)(呉) [訓]なめる かつて

味をみる。なめる。「臥薪嘗胆(がしんしょうたん)」

試してみる。「嘗試

秋、新穀を神に供える祭。「大嘗祭(だいじょうさい)」

[補説] 「甞」は異体字

名のり]ふる

難読大嘗(おおにえ)の祭・神嘗祭(かんなめさい)・新嘗祭(にいなめさい)


しょう〔セウ〕【詔】


しょう【×梢】

人名用漢字] [音]ショウ(セウ)(呉) [訓]こずえ

の先。こずえ。「梢頭

物の先端。「末梢

名のり]すえ・たか


しょう【少】

[音]ショウセウ)(呉)(漢) [訓]すくない すこし

学習漢字2年

すくない。すこし。「少額少少少数少量希少僅少軽少減少些少(さしょう)・多少

しばらく。「少憩少時

年が若い。「少女少壮少年年少幼少老少

官職で、下位のもの。「少尉少佐少納言

名のり]お・すく・つぎ・まさ・まれ

難読少女(おとめ)・少領(すけ)


しょう【証〔證〕】

[音]ショウ(呉)(漢) [訓]あかす あかし

学習漢字5年

確かな根拠基づいて事実明らかにする。あかす。「証言証人証明検証考証実証認証論証

事実明らかにするもの。あかし。「証左証跡引証確証反証物証傍証

証明のための文書。「証券証書学生証免許証

仏教で、悟り。「証果内証(ないしょう)」

[補説] 「証」と「證」はもと別字で、「証」はいさめる意を表した。

名のり]あきら・つく・み

難読内証(ないしょ)


しょう【尚】

常用漢字] [音]ショウシャウ)(漢) [訓]たっとぶ とうとぶ なお

重んじるたっとぶ。「尚古尚歯尚武好尚

格が高い。「高尚

久しい。「尚書

まだ。なお。「尚早

名のり]さね・たか・たかしなか・なりひさ・ひさし・まさ・まし・ます・よし・より

難読和尚(おしょう)


しょう【×漿】

[音]ショウ(シャウ)(漢)

とろりとした液状のもの。汁。「漿液漿果岩漿血漿脳漿


しょう【傷】

[音]ショウシャウ)(呉)(漢) [訓]きず いたむ いためる

学習漢字6年

[一]〈ショウ〉

きず。けが。「傷病外傷軽傷死傷重傷創傷凍傷負傷

きずをつける。そこなう。「傷害殺傷食傷損傷中傷刃傷(にんじょう)」

心をいためる。つらく思う。「傷心哀傷感傷愁傷悲傷

[二]〈きず〉「傷口手傷生傷古傷

難読火傷(やけど)


しょう【焼〔燒〕】

[音]ショウセウ)(呉)(漢) [訓]やく やける

学習漢字4年

やく。やける。「焼却焼香焼死焼失焼身焼尽焼成延焼全焼燃焼類焼

難読焼売(シューマイ)


しょう【升】

常用漢字] [音]ショウ(呉)(漢) [訓]ます のぼる

[一]〈ショウ〉

容量単位10合。「一升

のぼる。「升堂」

穀物が実る。転じて、世の中がよく治まる。「升平

[補説] 23は「昇」と通用する。

[二]〈ます〉「升酒升目

[補説] 「(ます)」は国字

名のりたか・のり・みのる・ゆき


しょう〔シヤウ〕【×漿】

米を煮た汁。おもゆ。


しょう〔シヤウ〕【×鉦】

中国日本東南アジアなどで用いられる打楽器または銅合金製の平たい円盤状。撞木(しゅもく)や(ばち)で打つ。日本には雅楽用の鉦鼓(しょうこ)、下座音楽祭礼囃子(ばやし)用の摺鉦(すりがね)(叩(たた)き鉦)、念仏踊りご詠歌用い伏鉦(ふせがね)などがある。かね。

仏具の一。読経念仏などのおり、撞木打ち鳴らす丸い青銅製のたたきがね鉦鼓


しょう【憧】

常用漢字] [音]ショウ(漢) ドウ(慣) [訓]あこがれ

あこがれる。「憧憬(しょうけい)・憧憬(どうけい)」


しょう〔セフ〕【×妾】

【一】[名]めかけ。そばめ。

【二】[代]一人称人代名詞女性自分へりくだって言う語。わらわ。

「—は一層学芸に心を籠め」〈福田英子妾の半生涯


しょう〔シヤウ〕【姓】

氏(うじ)。名字。せい。

「—はむばらになむありける」〈大和・一四七〉


しょう〔シヤウ〕【省】


しょ・う〔しよふ〕【負う】

[動ワ五(ハ四)]《「せおう」の音変化

背中に担ぐ。せおう。「荷物を—・って歩く」

厄介なこと、迷惑なことなどを引き受ける。「重大な責任を—・わされた」

(「しょってる」の形で用いて思い上がるうぬぼれる。「ハンサムだと思うなんて、—・ってるね」

[可能] しょえる


しょう【×娼】

[音]ショウ(シャウ)(呉)(漢)

歌舞を演じて客を楽しませる女。また、売春をする女。「娼家娼妓(しょうぎ)・娼婦街娼公娼私娼

難読敵娼(あいかた)


しょう【紹】

常用漢字] [音]ショウセウ)(漢) [訓]つぐ

受けつぐ。「紹述

間をとりもつ。「紹介

名のり]あき・つぎ


しょう【消】

[音]ショウセウ)(呉)(漢) [訓]きえる けす

学習漢字3年

きえてなくなる。なくす。けす。「消火消化消耗(しょうこう)・消耗(しょうもう)・消失消息消毒消費消滅解消費消抹消霧消

月日を送る。過ごす。「消光

気落ちする。「消魂消沈

控え目にする。「消極

(「銷」の代用字)しのぐ。「消夏消暑

難読魂消(たまげ)る・雪消(ゆきげ)


しょう〔セウ〕【兄鷹】

《小(しょう)の意か》雄のタカ。雄よりも大きい雌のタカ弟鷹(だい)というのに対する。

物怖ぢしたる鳥の—やうの物のやうなるは」〈源・夕霧


しょう【×蕭】

[音]ショウ(セウ)(呉)(漢)

の名。ヨモギ一種。「蕭(しょうがい)」

ものさびしい。「蕭蕭蕭条蕭然


しょう〔シヤウ〕【請】

願い望むこと。また、招くこと。招き

長者の—を得て行き給ひけるが」〈太平記三五

古代、律の規定による刑法上の特典五位上の貴族などに適用された。


しょう【祥】

常用漢字] [音]ショウシャウ)(漢) [訓]さち きざし

めでたいこと。さいわい。「清祥多祥不祥事

めでたいことの前触れ。きざし。「嘉祥瑞祥発祥

忌み明け祭り。「祥月(しょうつき)/小祥大祥

名のり]あきら・さか・さき・さむ・ただ・なが・やす・よし


しょう【障】

[音]ショウシャウ)(呉)(漢) [訓]さわる

学習漢字6年

じゃまをする。じゃま。さしさわり。「障害故障罪障支障万障魔障

隔てさえぎるもの。「障子障壁

防ぐ。「保障

難読障泥(あおり)・泥障(あおり)・気障(きざ)・内障(そこひ)


しょう〔シヤウ〕【象】

かたち。ありさま

満目凡て大陸の—を示す」〈独歩愛弟通信

易(えき)に表れた形。占形(うらかた)。


しょう【×悄】

[音]ショウ(セウ)(呉)(漢) [訓]しおれる

しょんぼりする。しおれる。「悄悄悄然

難読悄気(しょげ)る


しょう【肖】

常用漢字] [音]ショウセウ)(呉)(漢) [訓]にる あやかる

もとのものに似る。似せる。「肖似肖像不肖

名のり]あえ・あゆ・あれ・すえ・たか・のり・ゆき


しょう【×頌】

人名用漢字] [音]ショウ(漢) ジュ(呉) [訓]ほめる

[一]〈ショウ〉

ほめたたえる。人の徳や功績たたえる言葉詩文。「頌歌頌詞頌辞頌徳賀頌

詩経」の六義(りくぎ)の一。「商頌」

[二]ジュほめたたえる歌。「偈頌(げじゅ)」

名のり]うた・おと・つぐ・のぶ・よむ


しょう【焦】

常用漢字] [音]ショウセウ)(呉)(漢) [訓]こげる こがす こがれる あせる

こげる。こがす。「焦点焦土焦熱焦眉(しょうび)」

いらだつ。あせる。「焦心焦躁(しょうそう)・焦慮


しょう【勝】

[音]ショウ(呉)(漢) [訓]つ まさる すぐれる たえる

学習漢字3年

相手負かす。かつ。「勝因勝算勝敗勝負勝利圧勝完勝決勝辛勝戦勝必勝優勝連勝

すぐれる。「健勝殊勝清勝

景色地形すぐれているすぐれた景色。「勝地奇勝形勝景勝絶勝探勝名勝

名のり]かち・すぐる・すぐろ・とう・のり・まさ・ます・よし


しょう【訟】

常用漢字] [音]ショウ(漢) [訓]うったえ

裁判で是非を争う。うったえる。「訴訟争訟


しょう【召】

常用漢字] [音]ショウセウ)(呉)(漢) [訓]めす

上位者が目下の者を呼び寄せる。「召喚召還召集召致応召

名のり]めし・よし・よぶ

難読召人(めしゅうど)


しょう【鐘】

つるして打ち鳴らすかねの総称梵鐘(ぼんしょう)・半鐘など。

中国古代打楽器青銅製のつり鐘で、下底部が弧状に切れ上がっている。音階をなす一組のものを編鐘という。


しょう【×蹤】

[音]ショウ(漢) [訓]あと

足あと。「蹤跡先蹤追蹤


しょう【衝】

必ず通る道や地点要所。「水陸交通の衝にある都市

大事な任務。「外交の衝にあたる」

外惑星地球を挟んで太陽正反対方向に来ること。惑星黄経太陽黄経との差が180度になること。このころ外惑星地球に最も近づく。→合(ごう)4

衝の画像

しょう〔シヤウ〕【章】

文章楽曲などの全体構成の中で、大きく分け区分。「章を改める」

ひとまとまり文章

しるし。記章。「会員の章」

古代中国文体の名。上奏文の一様式。

古代中国の暦で、19年のこと。


しょう【×庄】

人名用漢字] [音]ショウ(シャウ)(呉) ソウサウ)(漢)

荘園(しょうえん)。「庄司(しょうじ)・庄屋(しょうや)」

[補説] もと「荘」の俗字

名のり]まさ・たいら


しょう【招】

[音]ショウセウ)(呉)(漢) [訓]まねく

学習漢字5年

呼び寄せる。まねく。「招請招待招致招聘(しょうへい)」

名のりあき・あき


兄鷹

読み方:ショウ(shou

おすのタカ


少輔

読み方:ショウ(shou

令制で、八省次官


背負

読み方:ショウ(shou

せなかにのせる


背負う

読み方:ショウ(shou

うぬぼれている


読み方:ショウ(shou

容量単位


漿

読み方:ショウ(shou

(1)米を煮た汁。
(2)飲物


読み方:ショウ(shou

墾田開発・耕営のための倉屋。


ショウ

作者正本ノン

収載図書あいつ―8つの恋の物語
出版社集英社
刊行年月1988.4
シリーズ名集英社文庫


ショウ

名前 ShawSchowShouShowSiauw

読み方:ショウ(shou

所在 石川県河北郡津幡町


読み方:ショウ(shou

所在 福岡県古賀市


読み方:ショウ(shou

所在 福岡県田川郡添田町


読み方:ショウ(shou

所在 滋賀県蒲生郡竜王町


読み方:ショウ(shou

所在 滋賀県伊香郡西浅井町


読み方:ショウ(shou

所在 大阪府茨木市


読み方:ショウ(shou

所在 兵庫県豊岡市


読み方:ショウ(shou

所在 和歌山県有田郡有田川町


読み方:ショウ(shou

所在 和歌山県東牟婁郡那智勝浦町


読み方:ショウ(shou

所在 香川県仲多度郡多度津町


読み方:ショウ(shou

所在 愛媛県松山市


読み方:ショウ(shou

所在 鳥取県西伯郡伯耆町


読み方:ショウ(shou

所在 鹿児島県出水市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

ショー

(ショウ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/03 03:14 UTC 版)

Showとは英語で、見せる・見えるようにする・示すなどの。以下のような名詞としても広範に使用される。パフォーマンスプレゼンテーションとも呼ばれる。




「ショー」の続きの解説一覧

  • 画数:4
  • 音読み:ショウ

  • 画数:11
  • 音読み:ショウ、 チュウ

  • 画数:12
  • 音読み:ショウ

  • 画数:13
  • 音読み:ショウ

  • 画数:14
  • 音読み:ショウ

  • 画数:7
  • 音読み:ショウ、 シュ

  • 画数:8
  • 音読み:ショウ



  • 画数:8
  • 音読み:ショウ













  • 画数:12
  • 音読み:ショウ







  • 画数:17
  • 音読み:ショウ











  • 画数:22
  • 音読み:ショウ、 ソウ
※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ショウ」の関連用語

ショウのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



ショウのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのショー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS