室内とは?

Weblio 辞書 > 趣味 > 短編小説作品名 > 室内の意味・解説 

室内

作者吉行淳之介

収載図書吉行淳之介全集 第2巻 全短篇2
出版社新潮社
刊行年月1997.11


室内

作者山下三郎

収載図書山下三郎四篇
出版社イー・ディー・アイ
刊行年月2001.11
シリーズ名EDI叢書


室内

読み方:ムロウチ(murouchi)

所在 長野県諏訪郡原村

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

室内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/22 22:56 UTC 版)

室内』(しつない、フランス語: Intérieur)は、別名『強姦』(ごうかん)(フランス語: Le Viol)、エドガー・ドガによって1868年から1869年に描かれたキャンバスに油彩の絵画で、「ドガの主要な作品のうちで最も当惑させられる」("the most puzzling of Degas's major works")[1]と言われ、ランプの光のそばでの男と一部、服を脱いだ女との緊張した直面を描いている。 場面の演劇がかった性格は、歴史家らに、作品の文献上の出典を探す気にさせたが、しかし提示された出所は、どれも普遍的に認められていない。 絵画の題名でさえ、不明確である。 この画家の知人らは、これを「強姦」(Le Viol)か、でなければ「室内」(Intérieur)のいずれかで呼び、そしてドガが1905年に初めて展示したのは、後者の作品名のもとにおいて、であった。[2] 絵画はフィラデルフィア美術館所蔵である。[3]


  1. ^ Reff 1976, p. 200.
  2. ^ a b c d e f g h Krämer 2007.
  3. ^ Object record in the Philadelphia Museum of Art's online collection.
  4. ^ Thomson p. 68.
  5. ^ a b Gordon and Forge 1988, p. 113.
  6. ^ Reff 1976, p. 203.
  7. ^ Reff 1976, p. 204.
  8. ^ Reff 1976, pp. 205-206.
  9. ^ Baron, Wendy; Shone, Richard, et al. (1992). Sickert Paintings, p. 208. New Haven and London: Yale University Press. 0-300-05373-8]
  10. ^ Robins, Anna Gruetzner; Thomson, Richard, (2005). Degas, Sickert, and Toulouse-Lautrec: London and Paris, 1870-1910, pp.196-199. London: Tate Publishing. 1-85437-634-9


「室内」の続きの解説一覧




英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「室内」の関連用語

室内のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



室内のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの室内 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS