室内とは? わかりやすく解説

しつ‐ない【室内】

部屋の中。家の内部。⇔室外


室内

作者吉行淳之介

収載図書吉行淳之介全集 第2巻短篇2
出版社新潮社
刊行年月1997.11


室内

作者山下三郎

収載図書山下三郎四篇
出版社イー・ディー・アイ
刊行年月2001.11
シリーズ名EDI叢書


室内

読み方:ムロウチ(murouchi)

所在 長野県諏訪郡原村

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

室内

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/18 17:59 UTC 版)

室内』(しつない、フランス語: Intérieur)は、別名『強姦』(ごうかん)(フランス語: Le Viol)、エドガー・ドガによって1868年から1869年に描かれたキャンバスに油彩の絵画で、「ドガの主要な作品のうちで最も当惑させられる」("the most puzzling of Degas's major works")[1]と言われ、ランプの光のそばでの男と一部、服を脱いだ女との緊張した直面を描いている。 場面の演劇がかった性格は、歴史家らに、作品の文献上の出典を探す気にさせたが、しかし提示された出所は、どれも普遍的に認められていない。 絵画の題名でさえ、不明確である。 この画家の知人らは、これを「強姦」(Le Viol)か、でなければ「室内」(Intérieur)のいずれかで呼び、そしてドガが1905年に初めて展示したのは、後者の作品名のもとにおいて、であった。[2] 絵画はフィラデルフィア美術館所蔵である。[3]


  1. ^ Reff 1976, p. 200.
  2. ^ a b c d e f g h Krämer 2007.
  3. ^ Object record in the Philadelphia Museum of Art's online collection.
  4. ^ Thomson p. 68.
  5. ^ a b Gordon and Forge 1988, p. 113.
  6. ^ Reff 1976, p. 203.
  7. ^ Reff 1976, p. 204.
  8. ^ Reff 1976, pp. 205-206.
  9. ^ Baron, Wendy; Shone, Richard, et al. (1992). Sickert Paintings, p. 208. New Haven and London: Yale University Press. 0-300-05373-8]
  10. ^ Robins, Anna Gruetzner; Thomson, Richard, (2005). Degas, Sickert, and Toulouse-Lautrec: London and Paris, 1870-1910, pp.196-199. London: Tate Publishing. 1-85437-634-9


「室内」の続きの解説一覧

室内

出典:『Wiktionary』 (2021/11/21 12:04 UTC 版)

名詞

 しつない

  1. 部屋のなか。屋内

関連語


「室内」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

室内のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



室内のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの室内 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの室内 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS