介護者とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 日本語表現辞典 > 介護者の意味・解説 

介護者

読み方:かいごしゃ
英語:carer

高齢者病人いわゆる障がい者などの、身の回り世話したり生活を手助けしたりする人のこと。介護する者、介護を行う者、介護携わる者。

介護者は介護を行う・提供する側を指す言い方である。介護の提供を受ける(介護される)側の者は基本的には「要介護者」と呼ばれる。(「被介護者」という言い方が用いられる例もあるが、「要介護者」の方が一般的な呼称といえる。)

「介護者」は英語では carer(ケアラー)ないしは caregiver(ケアギバー)と呼ばれる。つまり、介護者とは、要介護者ケアする者のことである。

厚生労働省公表している「平成13年 国民生活基礎調査概況」によると、「主な介護者の要介護者等との続柄」は「要介護者等と同居している家族等介護者が71.1%、別居している家族等介護者が7.5%、事業者は9.3%」である。この記述からは、介護者には事業者職業として介護サービスを提供している者)と家族親族両方含まれる点、ならびに、介護者と要介護者対概念であることが窺える
参照平成13年 国民生活基礎調査概況 3.主な介護者の状況
https://www.mhlw.go.jp/toukei/saikin/hw/k-tyosa/k-tyosa01/3-3.html

介護」と似た言葉に「介助」という言葉もある。《介護介助違い》は曖昧部分もあって断定的弁別は容易でないが、厚生労働省の「身体障害者ケアガイドライン」(2002年ウェブページの「関連用語の解説」項目では、介護介助の定義または用法違いについて次のように記述されている。

―――――
介護介助については、「介護」は行為総合的表現し、「介助」は一つ行為の手助けであると区別される場合ありますまた、自らの判断手助け頼める人に対しては「介助」、痴呆高齢者等の援護要素強くなる人に対しては「介護」と使い分けることもあります
―――――
参照身体障害者ケアガイドライン(2002年
https://www.mhlw.go.jp/topics/2002/04/tp0419-3c.html

すなわち、基本的には「介助」は「手助け」「力添え」の意味合い中心とし、介護介助具体的な内容は「介助」の語が用いられやすく、一連の介助行為総称たる概念的呼称は「介護」の語が用いられやすい・・・・・・という使い分け方もあれば、介護介助度合いに応じて手助けレベルなら介助」「全面的面倒を見るレベルなら介護」・・・・・・というような使い分け方もある。

介護者に求められる介護介助営みは、心身ともにかなりの負担強いられる重労働である。親族による介護核家族化少子高齢化影響を受けて容易でなくなっており、介護サービス労働環境ブラック化による人手不足に悩まされている。

高齢要介護者を、ほぼ同年代配偶者介護する、という状況を「老老介護」という。

日々介護と「回復する見込みのない要介護者今後永続的介護していく」という見通しによって心身限界まで消耗するような状況を「介護疲れ」という。介護疲れ要介護者の命を奪うような事態招きやすい。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「介護者」の関連用語

介護者のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



介護者のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2021 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS