助けとは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 活用形辞書 > 助けの意味・解説 

たすけ【助け/扶け】

たすけること。また、その人。「—を呼ぶ」

手助けしたり補ったりするもの。「友人忠告が—になる」


た‐すけ【助・扶・佐】

〔名〕 (動詞「たすける(助)」の連用形名詞化

① わきから力を添え保護したりして、悪い状態から救うこと。加護助勢補佐

書紀720大化年三月(寛文版訓)「夫れ天地の間に君とての民を宰(をさ)むることは、独(ひと)り制(おさ)む可からず。要(かなら)ず臣の翼(タスケ)を須(もち)ゐる」

*竹取(9C末‐10C初)「若さいはひに神のたすけあらば」

日葡辞書(1603‐04)「Tasuqeno(タスケノ) ツワモノ

② 助ける人。保護者協力者。補佐味方

書紀720応神四〇年正月(熱田本訓)「大鷦鷯を以て太子の輔(タスケ)と為て国の事を知ら令む」

*竹取(9C末‐10C初)「いささかなる功徳翁作りけるによりて、なんぢがたすけにとて」

太平記14C後)一一九国二嶋悉く公家のたすけと成りぬ」

③ 助ける物。補う物。必要とされる品物や金など。足(たし)。

大唐西域記長寛元年点(1163)四「或は食を施すところ有り。腹の資(タスケ)あり」

尾羽の名。「うわお」と「ならしば」との間の羽。〔日葡辞書(1603‐04)〕

(5) 他の語に付いて、語調整え働きなどをする字。

袖中抄(1185‐87頃)一九顕昭云、さくらがりとはくらがると云事也。さは詞の助也、さわたるなど云がごとし」


助け


助け

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

助け

読み方:すけ

カ行下二段活用動詞助く」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの
助く」の口語形としては、カ行下一段活用動詞「助ける」が対応する。

文語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

助け

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/26 07:05 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「助け」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「助け」を含むページの一覧/「助け」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「助け」が役に立つかも知れません。

関連項目



助け

出典:『Wiktionary』 (2018/11/02 01:12 UTC 版)

漢字混じり表記

(たすけ)

  1. たすけ」を参照


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「助け」の関連用語

助けのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



助けのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの助け (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの助け (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS