乗組員とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 社会 > 社会一般 > > 乗組員の意味・解説 

のりくみ‐いん〔‐ヰン〕【乗組員】

読み方:のりくみいん

船舶航空機などに乗り込んで運航操業などの仕事たずさわる人。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 00:53 UTC 版)

乗組員(のりくみいん)とは、飛行機などに乗り込んで、運航や操業などの仕事を行う人のことである。


  1. ^ 森隆行著 『まるごと! 船と港』 同文館出版 2008年3月19日初版発行 ISBN 978-4-495-57861-9
  2. ^ 航空法第69条


「乗組員」の続きの解説一覧

乗組員(リメイクアニメ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/06 06:44 UTC 版)

ヤマト (宇宙戦艦ヤマト)」の記事における「乗組員(リメイクアニメ)」の解説

乗員数は999名で原作アニメか大幅に増加している。また、女性乗組員も多数乗り込んでおり、男女比は約7:3となっている。3交代制導入されており、『2199』においては古代交代要員南部北野、島の交代要員太田雪の交代要員は岬と西条真田交代要員新見桐生徳川交代要員山崎南部交代要員北野太田交代要員相原交代要員市川それぞれ務めている。

※この「乗組員(リメイクアニメ)」の解説は、「ヤマト (宇宙戦艦ヤマト)」の解説の一部です。
「乗組員(リメイクアニメ)」を含む「ヤマト (宇宙戦艦ヤマト)」の記事については、「ヤマト (宇宙戦艦ヤマト)」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/12/27 13:58 UTC 版)

シール (グランパス級潜水艦)」の記事における「乗組員」の解説

乗組員は、捕獲者であるドイツ側との間で互いに尊敬の念抱いた雰囲気の中でお決まりの尋問を受け、その後将校兵員とに分けられる1945年4月まで各々専用捕虜収容所戦争捕虜として収容された。乗艦シールは、就役したときにケント州シールSeal)の名を戴いたことから、乗組員は収容期間中同村住民から相当の慰問品を受け取った。 乗組員の中の2名は脱走図った収容当初、この下士官水兵ポーランドトルンにあるスタラグ XX A(Stalag XX A)に収容されていた。下士官のバーンズBarnes)は集団脱走参加し一人兵士と共に何とかポーランド地下組織連絡をつけた。2人ソ連国境までたどり着いたが、ソ連国境警備隊員は状況理解できず2人から略奪を行うと立ち去るように言った銃声鳴り響きそれ以降バーンズの声は聞かれなかったが、兵士の方帰国することができた。 機関員一人ドン・"タビー"・リスターDon "Tubby" Lister)は、何度も脱走図り最後にはコルディッツ城(Colditz Castle)にあるオフラグ IV-COflag IV-C)に送られた。そこから脱走如何に困難なものであるかが分かると、リスターもう一人のERAEngine Room Artificer:機関技術兵)W・E・"ワリー"・ハモンドW. E. "Wally" Hammond沈没した潜水艦HMS シャークの元乗組員)は、自分たちは将校ではないか兵卒用の捕虜収容所移送されるべきだと主張した計略はうまく運び2人はより警備の手薄な収容所移送され1942年遅くそこから脱走図った数百マイルに及ぶ逃避行末にスイス入国しその後帰国した大多数将校下士官一括してマルラグ(Marlag:海軍捕虜収容所)に収容され戦争間の大部分をそこで比較穏やかに過ごした。しかし、1945年4月に連国軍ブレーメンから15マイル地点到達すると、捕虜リューベック向けて徒歩で移動させられた。移動途中で隊列連合国軍スーパーマリン スピットファイア機の攻撃受けたが、リューベック到着して間もなく戦争終わり捕虜英国帰国することができた。バーンズシール浮上したときに海に落ちて行方不明となったエイブル・シーマン・スミス(Able Seaman Smith以外の全乗組員が生き残ったロンズデール少佐は、全戦期間中指揮艦敵側明け渡した唯一の英国艦の艦長であったロンズデールと彼が離艦した後を任せたテレンス・バトラー(Terence Butler大尉は、1946年避け難い軍法会議召喚されたが、栄誉をもって無罪放免となった

※この「乗組員」の解説は、「シール (グランパス級潜水艦)」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「シール (グランパス級潜水艦)」の記事については、「シール (グランパス級潜水艦)」の概要を参照ください。


乗組員(原爆投下時)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/09 02:41 UTC 版)

ボックスカー」の記事における「乗組員(原爆投下時)」の解説

原爆投下時は「グレート・アーティスト」の乗員乗り組んだ機長チャールズ・スウィーニーCharles W. Sweeney副操縦士チャールズ・ドナルド・オルベリーCharles Donald Albury副操縦士フレッド・オリヴィFred Olivi航法士ジェームス・バンペルト(James Van Pelt爆撃士:レイモンド・カーミット・ビーハンRaymond "Kermit" Beahan無線通信士エイブ・スピッツアー(Abe Spitzer航空機関士ジョン・D・カーレックJohn D. Kuharek) 銃座担当士・副航空機関士レイ・ギャラガーRay Gallagherレーダー担当士:エドワード・バックレイEdward Buckley後部銃座担当士:アルベルト・デハートAlbert Dehart以下は同乗した軍人 海軍中佐フレデリック・L・アッシュワースFrederick L. Ashworth兵装助手フィリップ・バーンズPhilip Barnes放射線計測手:ジェイコブ・ビーザーJacob Beser) - エノラ・ゲイにも搭乗し広島への原爆投下参加した

※この「乗組員(原爆投下時)」の解説は、「ボックスカー」の解説の一部です。
「乗組員(原爆投下時)」を含む「ボックスカー」の記事については、「ボックスカー」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/11 06:03 UTC 版)

ガートルードC」の記事における「乗組員」の解説

機長ロバート・S・クリンクスケールズ /Robert.S.CLINKSCALES ジョージア州ディッカーブ郡イーストレイクロード出身。第794爆撃飛行隊指揮官戦死後大佐進級。父はウィリアム・クリンクスケールズ、母はガートルード兄弟ヴィダウィリアム1938年ジョージア工科大学卒業大学時代機械工学学んだ卒業後陸軍航空隊士官候補生として軍に入隊同年秋に少尉任官ハワイヒッカム空軍基地配属された。開戦当時はB-17パイロットであり、コリン・ケリー大尉指揮下にあった。その後大尉昇進1943年2月19日殊勲飛行十字章授与される時期不明だテキサス州ケリー・フィールドの上航空学校卒業佐官昇進後は中国戦線にあった地元で英雄的存在であり、その叙勲戦死地元紙大きく取り上げられた。 副操縦士デービッド・S・キャッスルベリー/David.S.CASTLEBERRY 航法士ギルバート・S・カーディンガー/Gilbert.S.KADINGER 爆撃士:スタンレー・S・スミス/Stanley.S.SMYTH 無線通信士:ウォーレス・リチャードソン・ジュニア/Wallace.RICHARDSON. Jr. 航空機関士ロイ・R・ベーカー/ Loy.R.BAKER レーダー担当士:ジェームス・M・カーティス/James.M.COUTIS 銃手ジョージ・W・ベル/George.W.BELL 銃手ポール・S・ブロウラッド/Paul.S.BROUILLARD 銃手ジョン・T・フィッツパトリック/John.T. FITZPATRICK 銃手クラレンス・L・マクヘンリー/Clarence.L.MCHENRY RCMデービッド・E・ハイマンデイ/David.E.HIMANDI

※この「乗組員」の解説は、「ガートルードC」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「ガートルードC」の記事については、「ガートルードC」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/02 19:15 UTC 版)

潜水艦」の記事における「乗組員」の解説

潜水艦、特に第二次世界大戦時それ以前のものは、居住性劣悪である。元々、軍艦兵器物資燃料大量に積み込む必要がある潜水艦は、さらに浮力となる空間減じる必要があるため、それらにスペース取られてしまい、結果まず物資積み込み、その隙間乗員潜り込むと言われるほどに居住性劣悪である艦内湿気だらけで洗濯物乾かせず、また燃料排気カビなどの臭気充満しているので、嗅覚異常をきたす上、それらの臭いが体に染み付いてしまう。真水貴重なので入浴制限される潜水艦には冷房装置備えられているものの、多く動力冷却などに使われるため、室温25度を下ることはなかった。敵艦接近する場合聴音されるのを防ぐため冷房装置停止させたので、より高温になったまた、潜行中は水圧の関係からトイレ使用できなくなったこのような環境毎日単調な任務延々と続くので、潜水艦勤務は非常に過酷であった。娯楽音を立てないように静かなカードゲーム好まれアメリカではクリベッジ定番の娯楽となっている。 原子力機関登場後は、居住環境以前より改善された前述のように大出力の原子力機関電力余裕があり、電気分解海水淡水化行えるので酸素真水の確保には困らないロシア大型戦略原潜タイフーン型では、プールサウナまで装備されている。 しかし、一度出航したら数か月間帰還出来ない原潜クルーは、家族との関係保つこと困難である米海軍では乗組員をブルーゴールド2班分けローテーション航海期間を減らしている。一つグループ70日間航海終えて帰港すると、約1ヶ月ほど艦の整備などを行いその後もうひとつグループ70日間航海出て行く。そして、航海終えた方のグループがしばしの休暇の後訓練を行う。 しかし、潜水艦一回航海につき一組離婚する乗組員が出るという。また、乗員は、一度潜航すると数ヶ月浮上しないこともある任務のため極めて厳し肉体的精神的条件クリアしなければならず、潜水艦乗りの間でブリキ病と呼ばれる鬱病神経症にかかる乗員少なくないとされている。この問題はどの国の事情同じようである。そもそも潜水艦作戦行動機密が要であり、乗組員は防諜のため、その家族にすら作戦の開始日・期間等を教えることできないアメリカ海軍海上自衛隊において、潜水艦乗組員の徽章シャチあしらったデザインだが、これを「ドルフィンマーク」と称し潜水艦乗りの別となっている。

※この「乗組員」の解説は、「潜水艦」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「潜水艦」の記事については、「潜水艦」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/01 09:21 UTC 版)

ラー・カイラム」の記事における「乗組員」の解説

劇中で名が明かされている人物に限る宇宙世紀0093年時 艦長 ブライト・ノア大佐 副長 メラン パイロット アムロ・レイ大尉 ケーラ・スゥ中尉 メカニック チェーン・アギ准尉 ベルトーチカ・イルマ小説ベルトーチカ・チルドレン』のみ) アストナージ・メドッソ アンナ・ハンナ 宇宙世紀0096年時 艦長 ブライト・ノア大佐 副長 メラン パイロット ソートン中佐 ドット少佐 ナイジェル・ギャレット大尉 ダリル・マッギネス中尉 ワッツ・ステップニー中尉 リディ・マーセナス少尉一時の配属後に離脱メカニック ハナン曹長 その他 アルベルト・ビスト(小説『機動戦士ガンダムUC』のみ) 宇宙世紀0105年時 艦長 ブライト・ノア大佐 副長 シーゲン・ハムサット

※この「乗組員」の解説は、「ラー・カイラム」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「ラー・カイラム」の記事については、「ラー・カイラム」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/04 23:15 UTC 版)

STS-134」の記事における「乗組員」の解説

マーク・ケリー(4)-船長 グレゴリー・ジョンソン(2)-パイロット マイケル・フィンク(3)-ミッションスペシャリスト ロベルト・ヴィットーリ(3)-ミッションスペシャリスト アンドリュー・フューステル(2)-ミッションスペシャリスト グレゴリー・シャミトフ(2)-ミッションスペシャリスト ※ かっこ内の数字は、今回含めたフライト経験数。 なお2011年1月に、ケリー船長の妻であるガブリエル・ギフォーズ下院議員頭部銃撃され重体になったため、訓練一時離れることになり、予備船長としてフレドリック・スターカウ指名された。結局ケリー船長飛行を行う決断をした。ギフォーズ回復予想以上に順調だったことからSTS-134打上げ見学することもできた。

※この「乗組員」の解説は、「STS-134」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「STS-134」の記事については、「STS-134」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/04 23:09 UTC 版)

STS-128」の記事における「乗組員」の解説

かっこ内の数字は、今回含めたフライト経験数。 フレドリック・スターカウ(4)船長 ケビン・フォード(1)パイロット パトリック・フォレスター(3)ミッションスペシャリスト ホセ・ヘルナンデス(1)ミッションスペシャリスト クリステル・フォーグレサング(2)ミッションスペシャリスト ジョン・オリバース(2)ミッションスペシャリスト

※この「乗組員」の解説は、「STS-128」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「STS-128」の記事については、「STS-128」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/04 23:11 UTC 版)

STS-130」の記事における「乗組員」の解説

ジョージ・ザムカ(2)船長 テリー・バーツ(1)パイロット ロバート・ベンケン(2)ミッションスペシャリスト キャサリン・P・ハイヤー(2)ミッションスペシャリスト ニコラス・パトリック(2)ミッションスペシャリスト スティーブ・ロビンソン(4)ミッションスペシャリスト かっこ内の数字は、今回含めたフライト経験数。

※この「乗組員」の解説は、「STS-130」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「STS-130」の記事については、「STS-130」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/04 23:02 UTC 版)

STS-119」の記事における「乗組員」の解説

リー・アーシャムボウ(2)船長 ドミニク・アントネリ(1)パイロット ジョセフ・アカバ(1)ミッションスペシャリスト(船外活動) — (初のプエルトリコ出身宇宙飛行士) スティーブン・スワンソン(2)ミッションスペシャリスト(船外活動) リチャード・アーノルド(1)ミッションスペシャリスト(船外活動) ジョン・フィリップス(3)ミッションスペシャリスト(ロボットアーム) 出発する"第18-19次長滞在員" 若田光一(3)ミッションスペシャリスト(ロボットアーム) — ( 日本JAXA) 帰還する"第18次長期滞在員" サンドラ・マグナス(2)ミッションスペシャリスト ※ かっこ内の数字は、今回含めたフライト経験数。

※この「乗組員」の解説は、「STS-119」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「STS-119」の記事については、「STS-119」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/04 23:13 UTC 版)

STS-132」の記事における「乗組員」の解説

ケネス・ハム(2)船長 トニー・アントネリ(2)パイロット スティーブン・ボーエン(2)ミッションスペシャリスト マイケル・グッド(2)ミッションスペシャリスト ピアーズ・セラーズ(3)ミッションスペシャリスト ギャレット・リーズマン(2)ミッションスペシャリスト ※ かっこ内の数字は、今回含めたフライト経験数。

※この「乗組員」の解説は、「STS-132」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「STS-132」の記事については、「STS-132」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/11 21:12 UTC 版)

STS-3xx」の記事における「乗組員」の解説

このミッションの乗組員は、STS-126の乗組員の中から選ばれた打上げ船長:クリストファー・ファーガソン 操縦手エリック・ボー ミッションスペシャリスト1:ロバート・キンブロー ミッションスペシャリスト2:ステファン・ボーエン 帰還STS-125船長スコット・アルトマン STS-125操縦手:グレゴリー・ジョンソン STS-125ミッションスペシャリスト1:マイケル・グッド STS-125ミッションスペシャリスト2:メーガン・マッカーサー STS-125ミッションスペシャリスト3:ジョン・グランスフェルド STS-125ミッションスペシャリスト4:マイケル・マッシミノ STS-125ミッションスペシャリスト5:アンドリュー・フューステル

※この「乗組員」の解説は、「STS-3xx」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「STS-3xx」の記事については、「STS-3xx」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/04 23:10 UTC 版)

STS-129」の記事における「乗組員」の解説

かっこ内の数字は、今回含めたフライト経験数。 チャールズ・ホーバー(3)船長 バリー・ウィルモア(1)パイロット マイケル・フォアマン(2)ミッションスペシャリスト ランドルフ・ブレスニック(1)ミッションスペシャリスト リランド・メルヴィン(2)ミッションスペシャリスト ロバート・スタッチャー(1)ミッションスペシャリスト

※この「乗組員」の解説は、「STS-129」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「STS-129」の記事については、「STS-129」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/04/04 23:06 UTC 版)

STS-124」の記事における「乗組員」の解説

かっこ内の数字は、今回含めたフライト経験数。 マーク・ケリー (3)船長 ケネス・ハム (1)パイロット カレン・ナイバーグ (1)ミッションスペシャリスト ロナルド・ギャレン (1)ミッションスペシャリスト マイケル・フォッサム (2)ミッションスペシャリスト 星出彰彦 (1)ミッションスペシャリスト日本JAXA

※この「乗組員」の解説は、「STS-124」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「STS-124」の記事については、「STS-124」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/13 20:18 UTC 版)

STS-126」の記事における「乗組員」の解説

かっこ内の数字は、今回含めたフライト経験数。 クリストファー・ファーガソン (2)コマンダー エリック・ボー (1)パイロット ドナルド・ペティ (2)ミッションスペシャリスト スティーブ・ボーエン (1)ミッションスペシャリスト ハイディマリー・ステファニション=パイパー (2)ミッションスペシャリスト ロバート・S・キンブロー (1)ミッションスペシャリスト

※この「乗組員」の解説は、「STS-126」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「STS-126」の記事については、「STS-126」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/17 08:06 UTC 版)

STS-88」の記事における「乗組員」の解説

ロバート・カバナ(4)-船長 フレドリック・スターカウ(1)-操縦手 ジェリー・ロス(6)-ミッションスペシャリスト ナンシー・J・カリー(3)-ミッションスペシャリスト ジェームズ・ニューマン(3)-ミッションスペシャリスト セルゲイ・クリカレフ(4)-ミッションスペシャリスト ロシア RSA ※ かっこ内の数字は、今回含めたフライト経験数。

※この「乗組員」の解説は、「STS-88」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「STS-88」の記事については、「STS-88」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/18 09:56 UTC 版)

STS-94」の記事における「乗組員」の解説

船長 - ジェームズ・ハルセル(4) 操縦士 - スーザン・キルレイン(2) ミッションスペシャリスト1 - ジャニス・E・ヴォス(4) ミッションスペシャリスト2 - マイケル・ゲルンハルト(3) ミッションスペシャリスト3 - ドナルド・トーマス(4) ペイロードスペシャリスト1 - ロジャー・クラウチ(2) ペイロードスペシャリスト2 - グレゴリー・リンテリス(2) STS-94は、STS-83と全く同じ乗組員で行われた有人宇宙飛行歴史上2人以上の全く同じ乗組員で宇宙飛行が行われたのは、唯一のことである。

※この「乗組員」の解説は、「STS-94」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「STS-94」の記事については、「STS-94」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/10 04:20 UTC 版)

STS-2」の記事における「乗組員」の解説

船長:ジョー・エングル(1) 操縦士:リチャード・トゥルーリー(1) エングルはもともとアポロ17号月着陸船パイロットに選ばれていたが、これが最後の月着陸となることが明らとなった後でハリソン・シュミット押し出されていた。その結果エンゲルトルーリーもこのミッション初めてであり(エングルX-15で80km以上の高度に達した経験があり、米空軍宇宙飛行士記章英語版)を与えられていたが、NASAでは新人見なされていた)、スカイラブ4号以来の、全員新人ミッションであったSTS-2飛行後NASAは、船長宇宙飛行経験者あるべきとのポリシー保持しそのため、これが最後の全員新人でのミッションとなった

※この「乗組員」の解説は、「STS-2」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「STS-2」の記事については、「STS-2」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/10 05:22 UTC 版)

STS-51-D」の記事における「乗組員」の解説

船長 - カロル・ボブコ(2) 操縦手 - ドナルド・ウィリアムズ(1) ミッションスペシャリスト1 - マーガレット・レア・セッドン(1) ミッションスペシャリスト2 - デヴィッド・グリッグス(2) ミッションスペシャリスト3 - ジェフリー・ホフマン(1) ペイロードスペシャリスト1 - チャールズ・ウォーカー(2) ペイロードスペシャリスト2 - ジェイク・ガーン(1) ガーンは、ユタ州選出共和党上院議員で、オブザーバーとして参加した彼は宇宙訪れた初めてのアメリカ人国会議員となった

※この「乗組員」の解説は、「STS-51-D」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「STS-51-D」の記事については、「STS-51-D」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/10 04:45 UTC 版)

STS-7」の記事における「乗組員」の解説

ロバート・クリッペン フレディリック・H・ハウク ジョン・M・ファビアン サリー・ライド ノーマン・サガード ウィキメディア・コモンズには、STS-7関連するメディアあります。 表 話 編 歴 スペースシャトル・チャレンジャー (OV-099)完了 STS-6 · STS-7 · STS-8 · STS-41-B · STS-41-C · STS-41-G · STS-51-B · STS-51-F · STS-61-A · STS-51-L 状態 運用終了 - 爆発 1986年1月28日 (STS-51L) 表 話 編 歴 アメリカ合衆国のスペースシャトルミッション終了 STS-1 · STS-2 · STS-3 · STS-4 · STS-5 · STS-6 · STS-7 · STS-8 · STS-9 · STS-41-B · STS-41-C · STS-41-D · STS-41-G · STS-51-A · STS-51-C · STS-51-D · STS-51-B · STS-51-G · STS-51-F · STS-51-I · STS-51-J · STS-61-A · STS-61-B · STS-61-C · STS-51-L · STS-26 · STS-27 · STS-29 · STS-30 · STS-28 · STS-34 · STS-33 · STS-32 · STS-36 · STS-31 · STS-41 · STS-38 · STS-35 · STS-37 · STS-39 · STS-40 · STS-43 · STS-48 · STS-44 · STS-42 · STS-45 · STS-49 · STS-50 · STS-46 · STS-47 · STS-52 · STS-53 · STS-54 · STS-56 · STS-55 · STS-57 · STS-51 · STS-58 · STS-61 · STS-60 · STS-62 · STS-59 · STS-65 · STS-64 · STS-68 · STS-66 · STS-63 · STS-67 · STS-71 · STS-70 · STS-69 · STS-73 · STS-74 · STS-72 · STS-75 · STS-76 · STS-77 · STS-78 · STS-79 · STS-80 · STS-81 · STS-82 · STS-83 · STS-84 · STS-94 · STS-85 · STS-86 · STS-87 · STS-89 · STS-90 · STS-91 · STS-95 · STS-88 · STS-96 · STS-93 · STS-103 · STS-99 · STS-101 · STS-106 · STS-92 · STS-97 · STS-98 · STS-102 · STS-100 · STS-104 · STS-105 · STS-108 · STS-109 · STS-110 · STS-111 · STS-112 · STS-113 · STS-107 · STS-114 · STS-121 · STS-115 · STS-116 · STS-117 · STS-118 · STS-120 · STS-122 · STS-123 · STS-124 · STS-126 · STS-119 · STS-125 · STS-127 · STS-128 · STS-129 · STS-130 · STS-131 · STS-132 · STS-133 · STS-134 · STS-135 中止 STS-41-F · STS-62-A · STS-61-M · STS-61-H · STS-144 · STS-3xx · STS-400 オービタ チャレンジャー (1986年1月28日STS-51-Lにて爆発) · コロンビア (2003年2月1日STS-107にて空中分解) · エンタープライズ (退役) · ディスカバリー (退役) · エンデバー (退役) · アトランティス (退役) この項目は、宇宙開発関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト:宇宙開発Portal:宇宙開発)。

※この「乗組員」の解説は、「STS-7」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「STS-7」の記事については、「STS-7」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/10 04:45 UTC 版)

STS-6」の記事における「乗組員」の解説

ポール・ウィーツ カロル・J・ボブコ ドナルド・H・ピーターソン ストーリー・マスグレーブ ウィキメディア・コモンズには、STS-6関連するメディアあります。 表 話 編 歴 スペースシャトル・チャレンジャー (OV-099)完了 STS-6 · STS-7 · STS-8 · STS-41-B · STS-41-C · STS-41-G · STS-51-B · STS-51-F · STS-61-A · STS-51-L 状態 運用終了 - 爆発 1986年1月28日 (STS-51L) 表 話 編 歴 アメリカ合衆国のスペースシャトルミッション終了 STS-1 · STS-2 · STS-3 · STS-4 · STS-5 · STS-6 · STS-7 · STS-8 · STS-9 · STS-41-B · STS-41-C · STS-41-D · STS-41-G · STS-51-A · STS-51-C · STS-51-D · STS-51-B · STS-51-G · STS-51-F · STS-51-I · STS-51-J · STS-61-A · STS-61-B · STS-61-C · STS-51-L · STS-26 · STS-27 · STS-29 · STS-30 · STS-28 · STS-34 · STS-33 · STS-32 · STS-36 · STS-31 · STS-41 · STS-38 · STS-35 · STS-37 · STS-39 · STS-40 · STS-43 · STS-48 · STS-44 · STS-42 · STS-45 · STS-49 · STS-50 · STS-46 · STS-47 · STS-52 · STS-53 · STS-54 · STS-56 · STS-55 · STS-57 · STS-51 · STS-58 · STS-61 · STS-60 · STS-62 · STS-59 · STS-65 · STS-64 · STS-68 · STS-66 · STS-63 · STS-67 · STS-71 · STS-70 · STS-69 · STS-73 · STS-74 · STS-72 · STS-75 · STS-76 · STS-77 · STS-78 · STS-79 · STS-80 · STS-81 · STS-82 · STS-83 · STS-84 · STS-94 · STS-85 · STS-86 · STS-87 · STS-89 · STS-90 · STS-91 · STS-95 · STS-88 · STS-96 · STS-93 · STS-103 · STS-99 · STS-101 · STS-106 · STS-92 · STS-97 · STS-98 · STS-102 · STS-100 · STS-104 · STS-105 · STS-108 · STS-109 · STS-110 · STS-111 · STS-112 · STS-113 · STS-107 · STS-114 · STS-121 · STS-115 · STS-116 · STS-117 · STS-118 · STS-120 · STS-122 · STS-123 · STS-124 · STS-126 · STS-119 · STS-125 · STS-127 · STS-128 · STS-129 · STS-130 · STS-131 · STS-132 · STS-133 · STS-134 · STS-135 中止 STS-41-F · STS-62-A · STS-61-M · STS-61-H · STS-144 · STS-3xx · STS-400 オービタ チャレンジャー (1986年1月28日STS-51-Lにて爆発) · コロンビア (2003年2月1日STS-107にて空中分解) · エンタープライズ (退役) · ディスカバリー (退役) · エンデバー (退役) · アトランティス (退役) この項目は、宇宙開発関連した書きかけの項目です。この項目を加筆・訂正などしてくださる協力者求めています(プロジェクト:宇宙開発Portal:宇宙開発)。

※この「乗組員」の解説は、「STS-6」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「STS-6」の記事については、「STS-6」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/10 23:09 UTC 版)

STS-42」の記事における「乗組員」の解説

船長 - ロナルド・グレーブ(3)青チーム操縦手 - スティーブン・オズワルド(1)青チームミッションスペシャリスト1 - ノーマン・サガード(4)青チームミッションスペシャリスト2 - ウィリアム・レディ(1)赤チームミッションスペシャリスト3 - ダヴィド・ヒルマーズ(4)赤チームペイロードスペシャリスト1 - ロベルタ・ボンダー,CSA(1)青チームペイロードスペシャリスト2 - ウルフ・メルボルト,ESA(2)赤チームSTS-42では、西ドイツ初の宇宙飛行士であるウルフ・メルボルト2度目宇宙飛行行ったまた、ロベルト・ボンダーがカナダ人初の女性宇宙飛行士となった実験24時間監視するため、宇宙飛行士は、赤チーム青チーム分かれた。 ソニー・カーターは、元々このミッションミッションスペシャリスト務め予定であったが、打上げの7ヵ月前に死去し、ダヴィド・ヒルマーズが代わり務めた

※この「乗組員」の解説は、「STS-42」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「STS-42」の記事については、「STS-42」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/11 07:21 UTC 版)

櫂伝馬船」の記事における「乗組員」の解説

伝馬長(てんまちょう) / 伝馬頭取(てんまとうどり):櫂伝馬船総指揮を取る。 音頭取おんどとり) / 音頭(おんど):音頭を取る。 水先みずさき) / 早助(はやすけ):水先案内をする。 練(ねりがい) / 艫(ともがい):船の舵を取る。 剣けんがい):船先で男踊りを踊る。 采振ざいふり):後方女踊りを踊る。 太鼓(たいこ):音頭にあわせて叩かれる掻(かいかき) / 方(かいかた):音頭にあわせて漕がれる。 招待しょうたい) / 招き(まねき):馬潟櫂伝馬のみ。

※この「乗組員」の解説は、「櫂伝馬船」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「櫂伝馬船」の記事については、「櫂伝馬船」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/11 02:19 UTC 版)

ソユーズTM-22」の記事における「乗組員」の解説

ユーリー・ギジェンコ (1) - ロシア セルゲイ・アヴデエフ (2) - ロシア トーマス・ライター (1) - 欧州宇宙機関 ドイツ 表 話 編 歴 ソユーズ計画予定 MS-12 MS-13 MS-14 現在 MS-11 ソユーズMS (2016 – …) MS-01 MS-02 MS-03 MS-04 MS-05 MS-06 MS-07 MS-08 MS-09 MS-10† ソユーズTMA-M (2010 – 2016) TMA-01M TMA-02M TMA-03M TMA-04M TMA-05M TMA-06M TMA-07M TMA-08M TMA-09M TMA-10M TMA-11M TMA-12M TMA-13M TMA-14M TMA-15M TMA-16M TMA-17M TMA-18M TMA-19M TMA-20M ソユーズTMA (20022012) TMA-1 TMA-2 TMA-3 TMA-4 TMA-5 TMA-6 TMA-7 TMA-8 TMA-9 TMA-10 TMA-11 TMA-12 TMA-13 TMA-14 TMA-15 TMA-16 TMA-17 TMA-18 TMA-19 TMA-20 TMA-21 TMA-22 ソユーズTM (19872002) TM-2 TM-3 TM-4 TM-5 TM-6 TM-7 TM-8 TM-9 TM-10 TM-11 TM-12 TM-13 TM-14 TM-15 TM-16 TM-17 TM-18 TM-19 TM-20 TM-21 TM-22 TM-23 TM-24 TM-25 TM-26 TM-27 TM-28 TM-29 TM-30 TM-31 TM-32 TM-33 TM-34 ソユーズT (19801986) T-2 T-3 T-4 T-5 T-6 T-7 T-8 T-9 T-10-1† T-10 T-11 T-12 T-13 T-14 T-15 ソユーズ7K-TM (19751976) 16号 19号 22ソユーズ7K-T (19731981) 12号 13号 14号 15号 17号 18a号† 18号 19号 21号 23号 242526号 2728号 2930号 3132号 33号 3435号 36号 3738号 39号 40ソユーズ7K-OKS (1971) 10号 11号 ソユーズ7K-OK (19671970) 1号 3号 4号 5号 6号 7号 8号 9号 無人機 コスモス133号 コスモス140号 コスモス186号 コスモス188号 コスモス212号 コスモス213号 コスモス238号 ソユーズ2号 コスモス379号 コスモス398号 コスモス434号 コスモス496号 コスモス573号 コスモス613号 コスモス638号 コスモス656号 コスモス670号 コスモス672号 コスモス772号 ソユーズ20号 コスモス869号 コスモス1001号 コスモス1074号 ソユーズT-1 ソユーズTM-1 関連項目 ソユーズ ロケット 一覧 月旅行計画L1 L3 プログレス サリュート ミール ISS クリーペル †は打ち上げ失敗を示す

※この「乗組員」の解説は、「ソユーズTM-22」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「ソユーズTM-22」の記事については、「ソユーズTM-22」の概要を参照ください。


乗組員


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/11 07:40 UTC 版)

ソユーズTM-30」の記事における「乗組員」の解説

セルゲイ・ザリョーチン (1) - ロシア アレクサンドル・カレリ (3) - ロシア 表 話 編 歴 ソユーズ計画予定 MS-12 MS-13 MS-14 現在 MS-11 ソユーズMS (2016 – …) MS-01 MS-02 MS-03 MS-04 MS-05 MS-06 MS-07 MS-08 MS-09 MS-10† ソユーズTMA-M (2010 – 2016) TMA-01M TMA-02M TMA-03M TMA-04M TMA-05M TMA-06M TMA-07M TMA-08M TMA-09M TMA-10M TMA-11M TMA-12M TMA-13M TMA-14M TMA-15M TMA-16M TMA-17M TMA-18M TMA-19M TMA-20M ソユーズTMA (20022012) TMA-1 TMA-2 TMA-3 TMA-4 TMA-5 TMA-6 TMA-7 TMA-8 TMA-9 TMA-10 TMA-11 TMA-12 TMA-13 TMA-14 TMA-15 TMA-16 TMA-17 TMA-18 TMA-19 TMA-20 TMA-21 TMA-22 ソユーズTM (19872002) TM-2 TM-3 TM-4 TM-5 TM-6 TM-7 TM-8 TM-9 TM-10 TM-11 TM-12 TM-13 TM-14 TM-15 TM-16 TM-17 TM-18 TM-19 TM-20 TM-21 TM-22 TM-23 TM-24 TM-25 TM-26 TM-27 TM-28 TM-29 TM-30 TM-31 TM-32 TM-33 TM-34 ソユーズT (19801986) T-2 T-3 T-4 T-5 T-6 T-7 T-8 T-9 T-10-1† T-10 T-11 T-12 T-13 T-14 T-15 ソユーズ7K-TM (19751976) 16号 19号 22ソユーズ7K-T (19731981) 12号 13号 14号 15号 17号 18a号† 18号 19号 21号 23号 242526号 2728号 2930号 3132号 33号 3435号 36号 3738号 39号 40ソユーズ7K-OKS (1971) 10号 11号 ソユーズ7K-OK (19671970) 1号 3号 4号 5号 6号 7号 8号 9号 無人機 コスモス133号 コスモス140号 コスモス186号 コスモス188号 コスモス212号 コスモス213号 コスモス238号 ソユーズ2号 コスモス379号 コスモス398号 コスモス434号 コスモス496号 コスモス573号 コスモス613号 コスモス638号 コスモス656号 コスモス670号 コスモス672号 コスモス772号 ソユーズ20号 コスモス869号 コスモス1001号 コスモス1074号 ソユーズT-1 ソユーズTM-1 関連項目 ソユーズ ロケット 一覧 月旅行計画L1 L3 プログレス サリュート ミール ISS クリーペル †は打ち上げ失敗を示す

※この「乗組員」の解説は、「ソユーズTM-30」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「ソユーズTM-30」の記事については、「ソユーズTM-30」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/12 07:10 UTC 版)

STS-125」の記事における「乗組員」の解説

スコット・アルトマン (4)船長 グレゴリー・C・ジョンソン (1)パイロット ジョン・グルンスフェルド (5)ミッションスペシャリスト K・メーガン・マッカーサー (1)ミッションスペシャリスト マイケル・マッシミノ (2)ミッションスペシャリスト アンドリュー・フューステル (1)ミッションスペシャリスト マイケル・グッド (1)ミッションスペシャリスト ※ かっこ内の数字は、今回含めたフライト経験数。

※この「乗組員」の解説は、「STS-125」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「STS-125」の記事については、「STS-125」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/12 09:43 UTC 版)

ソユーズTMA-07M」の記事における「乗組員」の解説

ロマン・ロマネンコ (2) - ロシア RSA クリス・ハドフィールド (3) - カナダ CSA トーマス・マーシュバーン (2) - アメリカ合衆国 NASA 表 話 編 歴 国際宇宙ステーションへ有人宇宙飛行終了 STS-88 STS-96 STS-101 STS-106 STS-92 ソユーズTM-31 STS-97 STS-98 STS-102 STS-100 ソユーズTM-32 STS-104 STS-105 ソユーズTM-33 STS-108 STS-110 ソユーズTM-34 STS-111 STS-112 ソユーズTMA-1 STS-113 ソユーズTMA-2 ソユーズTMA-3 ソユーズTMA-4 ソユーズTMA-5 ソユーズTMA-6 STS-114 ソユーズTMA-7 ソユーズTMA-8 STS-121 STS-115 ソユーズTMA-9 STS-116 ソユーズTMA-10 STS-117 STS-118 ソユーズTMA-11 STS-120 STS-122 STS-123 ソユーズTMA-12 STS-124 ソユーズTMA-13 STS-126 STS-119 ソユーズTMA-14 ソユーズTMA-15 STS-127 STS-128 ソユーズTMA-16 STS-129 ソユーズTMA-17 STS-130 ソユーズTMA-18 STS-131 STS-132 ソユーズTMA-19 ソユーズTMA-01M ソユーズTMA-20 STS-133 ソユーズTMA-21 STS-134 ソユーズTMA-02M STS-135 ソユーズTMA-22 ソユーズTMA-03M ソユーズTMA-04M ソユーズTMA-05M ソユーズTMA-06M ソユーズTMA-07M ソユーズTMA-08M ソユーズTMA-09M ソユーズTMA-10M ソユーズTMA-11M ソユーズTMA-12M ソユーズTMA-13M ソユーズTMA-14M ソユーズTMA-15M ソユーズTMA-16M ソユーズTMA-17M ソユーズTMA-18M ソユーズTMA-19M ソユーズTMA-20M MS-01 MS-02 MS-03 MS-04 MS-05 MS-06 MS-07 MS-10 進行中 MS-08 MS-09 予定 MS-11 MS-12 MS-13 MS-14 表 話 編 歴 ソユーズ計画予定 MS-12 MS-13 MS-14 現在 MS-11 ソユーズMS (2016 – …) MS-01 MS-02 MS-03 MS-04 MS-05 MS-06 MS-07 MS-08 MS-09 MS-10† ソユーズTMA-M (2010 – 2016) TMA-01M TMA-02M TMA-03M TMA-04M TMA-05M TMA-06M TMA-07M TMA-08M TMA-09M TMA-10M TMA-11M TMA-12M TMA-13M TMA-14M TMA-15M TMA-16M TMA-17M TMA-18M TMA-19M TMA-20M ソユーズTMA (20022012) TMA-1 TMA-2 TMA-3 TMA-4 TMA-5 TMA-6 TMA-7 TMA-8 TMA-9 TMA-10 TMA-11 TMA-12 TMA-13 TMA-14 TMA-15 TMA-16 TMA-17 TMA-18 TMA-19 TMA-20 TMA-21 TMA-22 ソユーズTM (19872002) TM-2 TM-3 TM-4 TM-5 TM-6 TM-7 TM-8 TM-9 TM-10 TM-11 TM-12 TM-13 TM-14 TM-15 TM-16 TM-17 TM-18 TM-19 TM-20 TM-21 TM-22 TM-23 TM-24 TM-25 TM-26 TM-27 TM-28 TM-29 TM-30 TM-31 TM-32 TM-33 TM-34 ソユーズT (19801986) T-2 T-3 T-4 T-5 T-6 T-7 T-8 T-9 T-10-1† T-10 T-11 T-12 T-13 T-14 T-15 ソユーズ7K-TM (19751976) 16号 19号 22ソユーズ7K-T (19731981) 12号 13号 14号 15号 17号 18a号† 18号 19号 21号 23号 242526号 2728号 2930号 3132号 33号 3435号 36号 3738号 39号 40ソユーズ7K-OKS (1971) 10号 11号 ソユーズ7K-OK (19671970) 1号 3号 4号 5号 6号 7号 8号 9号 無人機 コスモス133号 コスモス140号 コスモス186号 コスモス188号 コスモス212号 コスモス213号 コスモス238号 ソユーズ2号 コスモス379号 コスモス398号 コスモス434号 コスモス496号 コスモス573号 コスモス613号 コスモス638号 コスモス656号 コスモス670号 コスモス672号 コスモス772号 ソユーズ20号 コスモス869号 コスモス1001号 コスモス1074号 ソユーズT-1 ソユーズTM-1 関連項目 ソユーズ ロケット 一覧 月旅行計画L1 L3 プログレス サリュート ミール ISS クリーペル †は打ち上げ失敗を示す

※この「乗組員」の解説は、「ソユーズTMA-07M」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「ソユーズTMA-07M」の記事については、「ソユーズTMA-07M」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/09 09:34 UTC 版)

神舟7号」の記事における「乗組員」の解説

神舟7号の乗組員は、2008年9月17日公表された機長 - 翟志剛 (1) 軌道モジュール - 劉伯明 (1) 降下モジュール - 景海鵬 (1)

※この「乗組員」の解説は、「神舟7号」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「神舟7号」の記事については、「神舟7号」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/06/13 05:11 UTC 版)

1989年アメリカ海洋大気庁P-3エンジン喪失事故」の記事における「乗組員」の解説

NOAA 42の乗組員は以下の通り機長 - ローウェル・ゲンズリンガー 副操縦士 - ジェリー・マッキム ナビゲーター - Sean White フライトエンジニア - Steve Wade 無線通信士 -トム・ナン 電子エンジニア - Al Goldstein 電子エンジニア - Terry Schricker レーダーエンジニア - ニール・レイン 気象学者 - ジェフリー・マスターズ 科学者 - フランク・マルクス レーダーエンジニア - ピーター・ダッジ レーダーエンジニア - ロバート 大気海洋科学者 - ピーターH.ブラック 放電プローブ専門家 - ヒュー・ウィロビー オブザーバー - ジェームズ・マクファデン また、乗客として新聞記者のジャニス・グリフィスが乗り合わせていた。

※この「乗組員」の解説は、「1989年アメリカ海洋大気庁P-3エンジン喪失事故」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「1989年アメリカ海洋大気庁P-3エンジン喪失事故」の記事については、「1989年アメリカ海洋大気庁P-3エンジン喪失事故」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/26 15:23 UTC 版)

STS-133」の記事における「乗組員」の解説

スティーヴン・リンジー(5)船長 エリック・ボー(2)パイロット ベンジャミン・アルヴィン・ドルー(2)ミッションスペシャリスト スティーブン・ボーエン(3)ミッションスペシャリスト マイケル・バラット(2)ミッションスペシャリスト ニコール・ストット(2)ミッションスペシャリスト ※ かっこ内の数字は、今回含めたフライト経験数。

※この「乗組員」の解説は、「STS-133」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「STS-133」の記事については、「STS-133」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/26 15:44 UTC 版)

STS-131」の記事における「乗組員」の解説

アレン・ポインデクスター(2)船長 ジェームズ・ダットン(1)パイロット リチャード・マストラキオ(3)ミッションスペシャリスト ドロシー・リンデンバーガー(1)ミッションスペシャリスト クレイトン・アンダーソン(2)ミッションスペシャリスト ステファニー・ウィルソン(3)ミッションスペシャリスト 山崎直子(1)ミッションスペシャリスト — ( 日本JAXA) ※ かっこ内の数字は、今回含めたフライト経験数。

※この「乗組員」の解説は、「STS-131」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「STS-131」の記事については、「STS-131」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/11 09:25 UTC 版)

STS-85」の記事における「乗組員」の解説

船長 - カーチス・ブラウン(4) 操縦手 - ケント・ロミンガー(3) ペイロードコマンダー - ナンシー・デーヴィス(3) ミッションスペシャリスト2 - ステファン・ロビンソン(1) ミッションスペシャリスト3 - ロバート・カービーム(1) ペイロードスペシャリスト1 - ビオニ・トゥリグベイソン(1) 当初、ジェフリー・アシュビーがこのミッション操縦手務め予定であったが、癌が末期であった妻の看病のために外れた彼はケント・ロミンガーと交代しSTS-93操縦手務めた

※この「乗組員」の解説は、「STS-85」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「STS-85」の記事については、「STS-85」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 09:33 UTC 版)

しんかい6500」の記事における「乗組員」の解説

しんかい6500には専属整備士はおらず潜行中の問題に対処できるようにパイロット操縦士自身整備士兼務するパイロットに危険手当として時給2,200円(潜行300m未満の場合は1,700円)が支給されるコパイロット副操縦士)は潜行終了後耐圧殻内に溜まった結露・汗など)の排水掃除をするのが伝統となっている。 潜行服は、F1ドライバー着る物同等の難燃性繊維使用されている化粧品は、油性可燃可能性があるため、化粧して乗船禁止されている。タレント中川翔子が、テレビ番組の企画で乗り込んだ際には、使用する化粧品可燃試験行い合格した物だけを使っていた。 これまでパイロット2名と観察者1名での運航おこなってきたが、平成29年度、ワンマンパイロット(パイロット1名と観察者2名)による運航ができるように改修工事を行うと共に安全性考慮した運用体制整備行った平成30年10月日本海溝磐城海山海域)において、ワンマンパイロットによる初めての潜航実施した

※この「乗組員」の解説は、「しんかい6500」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「しんかい6500」の記事については、「しんかい6500」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/22 23:46 UTC 版)

南アフリカ航空295便墜落事故」の記事における「乗組員」の解説

機長49歳男性 副操縦士36歳男性 リリーフパイロット:37歳男性 フライトエンジニアシニア:45歳男性 セカンド34歳男性 機長13,843時間飛行時間を持つベテランパイロットであり、うちボーイング747飛行時間は3,884時間副操縦士飛行時間それぞれ7,362時間と8,749時間で、ボーイング747での飛行時間それぞれ4,096時間、4,254時間また、フライトエンジニア飛行時間シニアが7,804時間セカンドは1,595時間で、ボーイング747での経験それぞれ4,555時間、1,595時間であった

※この「乗組員」の解説は、「南アフリカ航空295便墜落事故」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「南アフリカ航空295便墜落事故」の記事については、「南アフリカ航空295便墜落事故」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/07 07:46 UTC 版)

ヤマト (宇宙戦艦ヤマト)」の記事における「乗組員」の解説

ヤマト』では総乗組員数は114となっている。同作における生存者67名、戦没者47名。この設定1977年公開劇場版ヤマトラストシーン出され数値である。同作第10話で、複数女性乗組員の姿が見られるが、その後姿が見られなくなりその後、『永遠に』での真田澪サーシャ)まで、森雪以外の女性乗組員は登場しない。 『ヤマト2』の生存者19名、戦没者96名。計算する生存者戦没者合わせた総数115名となるが、この戦没者中には斉藤始もしくはテレサ含まれていて[要出典]、ヤマト総員は前戦役と同様114名である[要出典]。 『新たなる旅立ち』では、新人乗組員代表たちの報告から、少なくとも総勢113名(朝日ソノラマ版[要文特定詳細情報]では130名)の宇宙戦訓練学校卒業生が、卒業直後実践訓練および修復後のヤマトテスト航海への参加という形で補充されている。これにより2度目イスカンダルへの航海132名以上で行われている。 『ヤマトIII』では、新人隊員40名が乗り込んでいる(新人隊員のほか、輸送船機関長だった赤城大六の様に他の艦船からの転属者も乗り込んでいる)。当初は京塚ミヤコを始めとする女性乗組員を乗艦させていたが、第9話ラスト星間戦争巻き込まれる危険性高まってきたという理由により、森雪以外の女性乗組員を早々に地球へ帰還させている。 『復活篇』では、搭乗人員人数不明であるが、艦医の佐々木美晴折原真帆下の電算スタッフといった女性乗組員が多数搭乗している。

※この「乗組員」の解説は、「ヤマト (宇宙戦艦ヤマト)」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「ヤマト (宇宙戦艦ヤマト)」の記事については、「ヤマト (宇宙戦艦ヤマト)」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/02 02:19 UTC 版)

STS-127」の記事における「乗組員」の解説

マーク・ポランスキー(3)船長 ダグラス・ハーリー(1)パイロット デヴィッド・ウルフ(4)ミッションスペシャリスト ジュリー・ペイエット(2)ミッションスペシャリスト トーマス・マーシュバーン(1)ミッションスペシャリスト クリストファー・キャシディ(1)ミッションスペシャリスト 出発する"第19次長期滞在員" ティモシー・コプラ(1)ミッションスペシャリスト 帰還する"第18-19次長滞在員" 若田光一(3)ミッションスペシャリスト — ( 日本JAXA) ※ かっこ内の数字は、今回含めたフライト経験数。

※この「乗組員」の解説は、「STS-127」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「STS-127」の記事については、「STS-127」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/14 03:34 UTC 版)

神舟12号」の記事における「乗組員」の解説

乗員2021年6月16日記者会見公に発表された地位乗員機長 聶海勝, PLAAC3回目宇宙飛行 オペレーター 1 劉伯明, PLAAC2回目宇宙飛行 オペレーター 2 湯洪波, PLAAC1回目宇宙飛行 バックアップ 地位乗員機長 翟志剛, PLAAC オペレーター 1 王亜平, PLAAC オペレーター 2 葉光富, PLAAC

※この「乗組員」の解説は、「神舟12号」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「神舟12号」の記事については、「神舟12号」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/02/15 06:57 UTC 版)

H・L・ハンリー (潜水艇)」の記事における「乗組員」の解説

ハンリーの乗組員は、指揮官ジョージ・E・ディクソン海軍大尉、フランク・コリンズ、ジョセフ・F・リッジャウェイ、ジェイムズ・A・ウィックスアーノルド・ベッカーC・Fカールソン伍長、C・ランプキンおよびミラーファーストネーム未だ明らかでない)という男性だった。 指揮官であるジョージ・E・ディクソン海軍大尉別としてハンリー志願乗組員の出自について長い間解明されないままだった。スミソニアン博物館国立自然史博物館働いている自然人類学者ダグラス・オーズリーが遺骸調査行い食物主成分によってその歯や骨に残された化学的特長に基づき、4人はアメリカ生まれ他の4人はヨーロッパ生まれ結論付けた。4人はアメリカ食であるトウモロコシ豊富に食べており、他の4人はヨーロッパ食である小麦ライ麦多く食べていた。法医学系図学者のリンダ・エイブラムスが南北戦争中の記録調べ血縁者可能性がある者とのDNA型鑑定を行うことにより、ディクソンコリンズ、リッジャウェイおよびウィックスの4人のアメリカ人遺体特定できた。ヨーロッパ人乗組員の特定困難だったが、2004年後半解決された。遺骸のあった位置からは、乗組員がその持ち場死んでおり、沈みゆく潜水艦から脱出しようとはしていなかったことが分かった2004年4月17日ハンリーの乗組員の遺骸軍葬の礼でチャールストンマグノリア墓地埋葬された。「南軍最後の葬礼」とも呼ばれたこのときの会葬者35,000人とも50,000人とも言われ中には1万人の軍人市民時代再現者もいた。ジョージ・E・ディクソン海軍大尉フリーメイソンだったので、当時所属したアラバマ州モービル支部メンバーによってフリーメイソン典礼に従って葬られた。ディクソン祈念のために毎年4月モービル湾口にあるドーフィン島の南北戦争史跡であるゲインズ砦で特別の屋外行事が行われている。この行事には毎年全国フリーメイソン多く集まってくる。 ハンリーさらなる研究保存のためにウォーレン・ラッシュ保管センター置かれている。その後の研究潜水艦バラストポンプ仕組み、舵と潜行装置および最終的組立て構造など予期しなかった発見があった。 2002年ある研究者がディクソン大尉見つかった所近くを検査しているときに、歪んだ20ドル金貨見つけた。これは1850年鋳造であり、「シャイロー1862年4月6日私の命の守護者G・E・D」という刻印があった。また法医学系図学者ディクソン腰骨治癒された傷跡見つけた。これはディクソン家系伝えられ伝説一致しており、ディクソン恋人クィーニー・ベネットが彼を守るためにその金貨渡していた。ディクソンシャイローの戦いのときにその金貨を身につけており、1862年4月6日太腿負傷していた。弾丸がそのポケットにあった金貨に当たり彼の足と恐らくは命さえも救ったディクソンはその金貨刻印打ちお守りとして携行した

※この「乗組員」の解説は、「H・L・ハンリー (潜水艇)」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「H・L・ハンリー (潜水艇)」の記事については、「H・L・ハンリー (潜水艇)」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/12 06:44 UTC 版)

バウンティ号の反乱」の記事における「乗組員」の解説

乗組員名簿も全乗員の名前も含めて詳細に記録されており、これは乗員数が数百人を超えることもあった当時大型艦では滅多に出来ないことであったが、バウンティ乗員数が50人以であったことから可能となった。 乗組員一覧指揮官 ウィリアム・ブライ 海尉・艦指揮官帰国後、指揮艦喪失の罪を問われ軍法会議かけられる無罪となる。後に青色中将まで昇進1817年12月6日ロンドン死去。 艦を追放 ジョン・フライヤー(英語版海尉心得航海長1780年帰国1817年5月26日ノーフォーク州ウェルスネクスト=ザ=シー英語版)で死去。 ウィリアム・エルフィンストーン 航海士1789年10月バタビア死去。 ウィリアム・コール 掌帆長。1790年帰国以後不詳。 ウィリアム・ペコヴァー(英語版砲手長。1790年帰国1801年まで海軍奉職1819年5月16日エセックス州コルチェスターにて死去71歳没) ピーター・リンクレター 先任操舵手1789年10月バタビア死去ジョン・ノートン 先任操舵手1789年5月2日、トフアにて先住民殺害される。 ローレンス・ルボーグ 縫帆長。帰国後、ブライ2度目パンノキ採集航海にも参加1795年プリマス停泊中のフリゲートジェイソン英語版)」船内死去。 ウィリアム・パーセル 船医1790年帰国1834年5月10日死去。 ジョン・ハレット(英語版士官候補生1780年帰国1794年12月1日ベッドフォード病死トマス・ヘイワード 士官候補生帰国後、「パンドラ」乗組員となり、タヒチでの反乱者逮捕任務参加1797年もしくは1798年海難事故死したとされる。 トマス・レッドワード 下士官船医助手1789年帰国途上海難事故死。 ジョン・サミュエル 下士官書記官1780年帰国後に海軍主計官となる。1825年以前には死亡推定ジョージ・シンプソン 操舵手1780年帰国1825年死去推定。 トマス・ホール 料理人1789年10月11日熱帯病によりバタビア死去ジョン・スミス 給仕係帰国後、ブライ2度目パンノキ採集航海参加1825年死去推定ロバート・ラム 下士官1789年10月11日バタヴィアからケープタウンに向かう船中死亡デイヴィッド・ネルソン 植物学者民間人)。1789年7月20日クパンにて死去バウンティ残留 ジョゼフ・コールマン 准士官武器管理担当意に反してバウンティ残留させられタヒチまで連行後にイギリス海軍逮捕される裁判無罪判決を得る。 ピーター・ヘイウッド 士官候補生心得意に反してバウンティ残留させられタヒチまで連行後にイギリス海軍逮捕され裁判死刑宣告されるが、恩赦される。大尉まで昇進し1831年2月10日死去。 ジョージ・ステュワート 士官候補生心得意に反してバウンティ残留させられタヒチまで連行後にイギリス海軍逮捕され1791年8月29日の「パンドラ座礁事故溺死ロバート・ティンクラー 士官候補生心得意に反してバウンティ残留させられタヒチまで連行逮捕はされずイギリスに帰国し、大尉まで昇進1820年9月11日ノリッジにて死去46歳没)。 ジェームズ・モリソン英語版掌帆手。意に反してバウンティ残留させられタヒチまで連行海軍逮捕され死刑宣告されるが、恩赦される。1807年二等戦列艦ブレニム搭乗中行方不明となる。 トマス・マッキントッシュ 船医助手意に反してバウンティ残留させられタヒチまで連行海軍逮捕されるが、審理結果無罪となる。 チャールズ・ノーマン マイケル・バーン英語版水兵意に反してバウンティ残留させられタヒチまで連行海軍逮捕されるが、審理結果無罪となる。 反乱者 フレッチャー・クリスチャン 海尉心得航海長代理)。反乱首謀者ピトケアン島逃亡後、1793年9月20日殺害される。 ヘンリー・ヒルブラント 准士官タヒチ離脱海軍逮捕され1791年8月29日、「パンドラ座礁事故際に溺死。 チャールズ・チャーチル 先任海曹タヒチ離脱海軍逮捕されるが、裁判前1790年4月、マシュー・トンプソンに殺害されるネッド・ヤング 士官候補生心得ピトケアン島逃亡1800年12月25日死亡ジョン・ウィリアムズ 下士官ピトケアン島逃亡1793年9月20日殺害ジョン・ミルズ 砲手ピトケアン島逃亡1793年9月20日殺害。 ウィリアム・マスプラット(英語版仕立係。タヒチ離脱海軍逮捕され死刑宣告されるが、恩赦される。 リチャード・スキナー 理髪師タヒチ離脱海軍逮捕され1791年8月29日、「パンドラ座礁事故際に溺死ジョン・アダムズ 水兵ピトケアン島逃亡反乱者最後の生き残りとなる。1825年赦免を受ける。1829年死亡。別名:アレクサンダー・スミス トマス・バーキット 水兵タヒチ離脱海軍逮捕され有罪宣告を受け、1792年10月29日スピットヘッドにて絞首刑。 トマス・エリソン(英語版) ジョン・ミルワード アイザック・マーティン 水兵ピトケアン島逃亡1793年9月20日殺害乗員中、唯一のアメリカ人ウィリアム・マッコイ 水兵ピトケアン島逃亡1798年4月20日自殺マシュー・クィンタル 水兵ピトケアン島逃亡1799年アダムズヤングによって殺害私刑)。 ジョン・サムナー 水兵タヒチ離脱海軍逮捕され1791年8月29日、「パンドラ座礁事故際に溺死。 マシュー・トンプソン 水兵タヒチ離脱1789年4月、チャールズ・チャーチルを殺害した罪で裁判かけられる前に現地人殺害されるウィリアム・ブラウン 植物学者助手民間人)。ピトケアン島逃亡1793年9月20日殺害反乱発生以前に死亡 トマス・ハガン 船医1788年12月9日タヒチにて死亡。 ジェームズ・ヴァレンタイン 水兵1788年10月9日タヒチにて壊血病により死亡

※この「乗組員」の解説は、「バウンティ号の反乱」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「バウンティ号の反乱」の記事については、「バウンティ号の反乱」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/12 03:54 UTC 版)

エノラ・ゲイ」の記事における「乗組員」の解説

出撃当時の乗組員構成(全12名)。2014年7月28日同機最後の生存者であったセオドア・ヴァン・カーク93歳で死去したため、ボックスカー含め原爆投下参加した搭乗員存命者はいなくなった機長操縦士ポール・ティベッツPaul W. Tibbets, Jr.副操縦士ロバート・A・ルイスRobert A. Lewis爆撃手:トーマス・フィヤビーThomas Ferebee) レーダー士:ジェイコブ・ビーザー(Jacob Beser) - ボックスカーにも搭乗し長崎原爆投下にも参加した航法士セオドア・ヴァン・カークTheodore Van Kirk)- 原爆投下は「奪った命より多くの命救った戦争終結必要な手段だったとしつつも、繰り返してならない過ち」であると語っている。。 無線通信士リチャード・H・ネルソンRichard H. Nelson)- 「亡くなったに対して気の毒に思うが、原爆投下参加したこと自体後悔はない」と語っている。 原爆点火装置設定担当ウィリアム・S・パーソンズWilliam SParsons電気回路制御計測士:モリス・ジェプソンMorris R. Jeppson後尾機銃手写真撮影係:ジョージ・R・キャロンGeorge R. Caron) 胴下機銃手電気士:ロバート・H・シューマード(Robert H. Shumard) 航空機関士ワイアット・E・ドゥゼンベリー(Wyatt E. Duzenberry) レーダー技術士ジョー・S・スティボリック(Joe S. Stiborik)

※この「乗組員」の解説は、「エノラ・ゲイ」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「エノラ・ゲイ」の記事については、「エノラ・ゲイ」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/20 03:21 UTC 版)

第43次長期滞在」の記事における「乗組員」の解説

職務第1期 ( 2015年3月 )第2期 ( 2015年3月 - 2015年6月 )船長テリー・W・バーツ英語版), NASA2回目 フライトエンジニア 1アントン・シュカプレロフ, RSA2回目 フライトエンジニア 2サマンサ・クリストフォレッティ, ASI-ESA初飛行 フライトエンジニア 3 ゲンナジー・パダルカ, RSA5回目 フライトエンジニア 4 ミハイル・コルニエンコ, RSA2回目 フライトエンジニア 5 スコット・ケリー, NASA4回目 出展 Spacefacts もともとフライトエンジニア3にはユーリ・ロンチャコフが入るはずであったが、2013年9月6日ガスプロム職を得るためにロシア連邦宇宙局辞職したまた、彼は第44次長期滞在船長を行うはずであった

※この「乗組員」の解説は、「第43次長期滞在」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「第43次長期滞在」の記事については、「第43次長期滞在」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/03 15:23 UTC 版)

STS-135」の記事における「乗組員」の解説

クリストファー・ファーガソン(3)-船長 ダグラス・ハーリー(2)-パイロット サンドラ・マグナス(3)-ミッションスペシャリスト レックス・ウォルハイム(3)-ミッションスペシャリスト ※ かっこ内の数字は、今回含めたフライト経験数。

※この「乗組員」の解説は、「STS-135」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「STS-135」の記事については、「STS-135」の概要を参照ください。


乗組員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/11 02:48 UTC 版)

グレート・アーティスト」の記事における「乗組員」の解説

広島出撃時の乗組員。前列左から: デハート・カーレック・バックレイ・ ギャラーガー・スピッアー後列左から:オリビ・ビーハン・スウィーニー・バンペルト・オルベリー 広島出撃時 機長:チャールズ・スウィーニー / Charles W. Sweeney 操縦士チャールズ・ドナルド・オルベリー / Charles Donald Albury 副操縦士フレッド・オリビ / Fred Olivi 航法士ジェームス・バンペルト / James Van Pelt 爆撃士:レイモンド・カーミット・ビーハン / Raymond "Kermit" Beahan 無線通信士エイブ・スピッアー / Abe Spitzer 航空機関士ジョン・D・カーレック / John D. Kuharek 銃座担当士・副航空機関士レイ・ギャラーガー / Ray Gallagher レーダー担当士:エドワード・バックレイ / Edward Buckley 後部銃座担当士:アルベルト・デハート / Albert Dehart 以下同乗者 ルイス・アルヴァレズ/ Luis Alvarez - 物理学者 ハロルド・アグニュー / Harold Agnew ローレンス・H・ジョンストン / Lawrence H. Johnston 長崎出撃時 機長:フレデリック・ボック / Frederick C. Bock 副操縦士ヒュー・C・ファーガソン / Hugh C. Ferguson 航法士レオナルド・A・ゴッドフリィ / Leonard A. Godfrey 爆撃士:チャールズ・レビー / Charles Levy 無線通信士ラルフ・D・カレー / Ralph D. Curry 航空機関士ロデリック・F・アーノルド / Roderick F. Arnold 銃座担当士・副航空機関士ラルフ・D・ビランジャー / Ralph D. Belanger レーダー担当士:ウィリアム・C・バーニー / William C. Barney 後部銃座担当士:ロバート・J・ストック / Robert J. Stock 以下同乗者 ウォルター・グッドマン / Walter Goodman ローレンス・H・ジョンストン / Lawrence H. Johnston

※この「乗組員」の解説は、「グレート・アーティスト」の解説の一部です。
「乗組員」を含む「グレート・アーティスト」の記事については、「グレート・アーティスト」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「乗組員」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「乗組員」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



乗組員と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

乗組員のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



乗組員のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの乗組員 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのヤマト (宇宙戦艦ヤマト) (改訂履歴)、シール (グランパス級潜水艦) (改訂履歴)、ボックスカー (改訂履歴)、ガートルードC (改訂履歴)、潜水艦 (改訂履歴)、ラー・カイラム (改訂履歴)、STS-134 (改訂履歴)、STS-128 (改訂履歴)、STS-130 (改訂履歴)、STS-119 (改訂履歴)、STS-132 (改訂履歴)、STS-3xx (改訂履歴)、STS-129 (改訂履歴)、STS-124 (改訂履歴)、STS-126 (改訂履歴)、STS-88 (改訂履歴)、STS-94 (改訂履歴)、STS-2 (改訂履歴)、STS-51-D (改訂履歴)、STS-7 (改訂履歴)、STS-6 (改訂履歴)、STS-42 (改訂履歴)、櫂伝馬船 (改訂履歴)、ソユーズTM-22 (改訂履歴)、STS-86 (改訂履歴)、ソユーズTM-30 (改訂履歴)、STS-125 (改訂履歴)、ソユーズTMA-07M (改訂履歴)、神舟7号 (改訂履歴)、1989年アメリカ海洋大気庁P-3エンジン喪失事故 (改訂履歴)、STS-133 (改訂履歴)、STS-131 (改訂履歴)、STS-85 (改訂履歴)、しんかい6500 (改訂履歴)、南アフリカ航空295便墜落事故 (改訂履歴)、STS-127 (改訂履歴)、神舟12号 (改訂履歴)、H・L・ハンリー (潜水艇) (改訂履歴)、バウンティ号の反乱 (改訂履歴)、エノラ・ゲイ (改訂履歴)、第43次長期滞在 (改訂履歴)、STS-135 (改訂履歴)、グレート・アーティスト (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS