客室乗務員とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 客室乗務員の意味・解説 

きゃくしつ‐じょうむいん〔‐ジヨウムヰン〕【客室乗務員】

読み方:きゃくしつじょうむいん

列車飛行機船舶などの中で乗客世話をする乗務員。特に、旅客機サービスを行う人をいう。

[補説] 旅客機の客室乗務員は、フライトアテンダントまたはキャビンアテンダントともいう。以前は女性乗務員スチュワーデス男性乗務員スチュワードともよんだ。


客室乗務員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/23 06:45 UTC 版)

(きゃくしつじょうむいん)は、交通機関の運行(運航)中、主として客室における乗客への接客サービスに従事する乗務員[1]である。


  1. ^ 乗務員ではあるが航空法上の乗組員ではない。
  2. ^ purser」は英語圏では性別無関係に、その便を担当するチームのリーダー、最先任者を指す。
  3. ^ この場合は性別による区別のない単語への言い換えを指す。
  4. ^ 客室乗務員の呼称 元キャビンアテンダントあやメリーの「自分らしくあるために、いつも心にSMILEを」2020年10月31日閲覧。
  5. ^ 「あひる飛びなさい」阿川弘之 311頁
  6. ^ 22日放送の「#月曜から夜ふかし」で『三省堂国語辞典』の削除語が取り上げられました。……”. 飯間浩明,Twitter. 2022年8月23日閲覧。
  7. ^ 中村浩美『読んで愉しい旅客機の旅』光文社、『モタさんの世界乗り物狂走曲』P.23 斎藤茂太 角川学芸出版
  8. ^ エレン・チャーチの提案がきっかけで、彼女の同僚を含めた合計8人が採用された。
  9. ^ 時事新報
  10. ^ 戦前日本のエアガールについて、鈴木五郎「大空の花束『エアガール』太平洋戦域フライト日誌」(潮書房『丸』1996年4月号 No.600 p191 - p199)を参考
  11. ^ a b 「JALグループ50年の航跡」日本航空広報部デジタルアーカイブ・プロジェクト編 2002年 日本航空
  12. ^ 「エアライン Empires of the Sky」アンソニー・サンプソン著 大谷内一夫訳(早川書房)
  13. ^ 電気通信共済会編『日本のエァポート』日本交通公社ダイヤルブックス1984年
  14. ^ 客室乗務員の仕事とは - 単なる接客係ではないその仕事内容”. マイナビニュース (2012年9月25日). 2020年5月9日閲覧。
  15. ^ 新千歳の「JAL機緊急脱出」に潜むさまざまな危険 重要なCAの役回り”. the page (2016年3月6日). 2020年5月9日閲覧。
  16. ^ 日本航空「再雇用型客室乗務員(契約社員)募集要項」http://www.jal.com/ja/saiyo/apply/cabin_keikensya.html
  17. ^ 華やかな先輩たちから男性客室乗務員が学んだ「プロフェッショナル」の仕事”. Woman type. 2018年12月10日閲覧。
  18. ^ 「今夜付き合ってやるよ」断られ・・・ 機内でCAに暴行の男、沖縄で逮捕”. 沖縄タイムスプラス (2017年6月21日). 2018年12月10日閲覧。
  19. ^ 安全阻害行為等”. Air Asia. 2018年12月10日閲覧。
  20. ^ 船舶の用語にならって「ギャレー」と呼ばれる
  21. ^ 「日本航空客乗組合」http://www.bekkoame.ne.jp/~jcau/jcaunews.htm
  22. ^ JAL客室乗務員、ゲート受け付けもやります : 経済ニュース : マネー・経済 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
  23. ^ 「クルーバンク」と呼ばれ、寝棚もある。
  24. ^ 竹下 郁子 (2019年11月29日). “盗撮、セクハラ…スカート制服に悩む女性たち。JR東日本はスカートを廃止”. Business Insider Japan. 2022年1月10日閲覧。
  25. ^ 世界各国のKuTooは?ハイヒールを履いても履かなくてもいい「選択肢」を”. front-row (2019年6月7日). 2020年9月2日閲覧。
  26. ^ ハイヒールをスニーカーに、スカートをズボンに… ウクライナの航空会社、客室乗務員の制服を変更”. BISINESS INSIDER JAPAN (2021年10月6日). 2021年10月11日閲覧。
  27. ^ ウクライナの航空会社、客室乗務員のスカートやヒールの制服を廃止”. REUTERS (2021年10月8日). 2021年10月11日閲覧。
  28. ^ 【#KuToo】JAL、4月から客室乗務員のパンプス規定を撤廃 乗務員の健康や作業性に配慮”. キャリコネニュース (2020年3月23日). 2020年4月11日閲覧。
  29. ^ CAはヒール強制?高さまで決められてるの? 航空会社に聞いてみた”. buzzfeed News (2019年7月2日). 2020年4月11日閲覧。
  30. ^ 非常脱出時における適切な対応のお願い”. 国道交通省. 2020年4月11日閲覧。
  31. ^ ANAウイングス、客室乗務員が骨折 愛媛上空で急な揺れ、国交省が航空事故認定|date=2020-4-13”. 2020年4月19日閲覧。
  32. ^ これまでのトラブルの概要とその安全対策 2018年度”. japan air lines. 2020年4月19日閲覧。
  33. ^ 緊急脱出や救命ボート、普段は目にしない非常時用の食糧試食などJALの最新の訓練設備を体験レポ|2017年03月12日”. 2020年5月9日閲覧。
  34. ^ News Up 女性はメガネ禁止? - NHK
  35. ^ ポロシャツ姿で客室乗務 スカイマーク、制服廃止へ”. 2009年2月19日閲覧。
  36. ^ アメリカン航空職員に体調不良者が続出、「新制服」が原因か”. forbesjapan (2017年4月22日). 2022年1月23日閲覧。
  37. ^ ‘They’re hiding something’: Southwest flight attendant speaks out about severe reactions to uniforms” (英語). The Philadelphia Inquire (2020年3月7日). 2022年1月23日閲覧。
  38. ^ 新興航空会社や格安航空会社などの小規模な航空会社ではモックアップを持っていないため、最終便の後に実機にて訓練を行うところや、提携している他社の訓練施設で訓練を行う場合もある
  39. ^ 主に母国語の正しい使い方と、語学専門教官による英語となる。外国航空会社の場合その国の言語もある
  40. ^ 赤十字救急法救急員の認定を取らされる
  41. ^ 「Route 5」2009年2月号
  42. ^ 新政府専用機、ANA提案の777-300ERに決定2014年8月12日、Fly Team 2020年12月23日閲覧
  43. ^ 共同通信ニュース速報」 1999年9月12日 http://www.azaban.com/news/old/74.txt
  44. ^ [成田発エールフランス機の盗難、客室乗務員を逮捕=報道 http://jp.reuters.com/article/oddlyEnoughNews/idJPJAPAN-16366020100720] ロイター通信より
  45. ^ FUTABASYA NET「現役JALスチュワーデスの写真集で一躍有名となったのが、仲谷かおり」http://www.futabasha.co.jp/?isbn=4-575-29124-2&cmd=adult&accept
  46. ^ 社内規定により、乗務の12時間前からの飲酒を禁じている。
  47. ^ 「マイカー運転550キロ、駆け込み搭乗=機長ら飲酒で交代要員-全日空」Yahoo!ニュース-時事通信2005年5月 http://nozomi.at.webry.info/200505/article_48.html
  48. ^ Cnet Japan「私はブログで会社をクビになりました」http://japan.cnet.com/column/pers/story/0,2000055923,20079804,00.htm
  49. ^ 金ヶ江悦子 (2014年5月25日). “miss international 撮影”. 金ヶ江悦子オフィシャルブログ. アメーバブログ. 2019年5月3日閲覧。



客室乗務員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/11 09:32 UTC 版)

チャイナエアライン」の記事における「客室乗務員」の解説

台湾-日本間フライトでは、就航開始時より原則すべての便に日本人乗務員乗務しており、日本語対応ができる台湾人クルー多く在籍している。 女性クルー制服1962年制定時より、チャイナドレスイメージモデルとして採用している。近年ピンクや紫をメインとした制服人気であったが、2015年8月1日から14代目となる先進的なデザイン新制服へと変更となった。 なお、約120名の日本人クルー成田ベースとして所属しているが、勤務体系労働条件台湾本社所属乗務員とは大きく異なり日台路線中心乗務行っている

※この「客室乗務員」の解説は、「チャイナエアライン」の解説の一部です。
「客室乗務員」を含む「チャイナエアライン」の記事については、「チャイナエアライン」の概要を参照ください。


客室乗務員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 09:25 UTC 版)

日本航空」の記事における「客室乗務員」の解説

国内線には日本採用の客室乗務員しか乗務しないものの多くの国際線路線においては日本採用の客室乗務員のほかに、香港採用上海採用シンガポール採用バンコク採用(旧JALウェイズから転籍)、台北採用旧日アジア航空から転籍)、ヨーロッパ採用フランクフルトロンドン)の客室乗務員が在籍し、各採用地を拠点乗務している。また、サービスなどは行わない機内通訳としてソウル採用スタッフ韓国線の一部乗務している。これらの客室乗務員は日本語や英語の訓練受けており、現地語以外にも日本語や英語で基本的な会話可能である日本ならではの丁寧できめ細かいサービス国際的に高い評価を受けている。 過去に一部国際線で、女性客乗務員による特注ツーピース着物着用サービスが行われていた。しかし、機内着用の手間がかかるうえ、緊急時の対応支障が出ることなどから1980年代後半廃止された。

※この「客室乗務員」の解説は、「日本航空」の解説の一部です。
「客室乗務員」を含む「日本航空」の記事については、「日本航空」の概要を参照ください。


客室乗務員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 06:38 UTC 版)

北陸新幹線」の記事における「客室乗務員」の解説

車内販売ならびにグランクラスアテンダントはJR東日本サービスクリエーション (JESC) 金沢列車営業支店及び東京列車営業支店担当しており、東京駅 - 金沢駅間は通し乗務となる。ただし、「つるぎ」グランクラスおよび車内販売非営業「あさま」長野駅 - 金沢駅間の「はくたか」グランクラスシートのみの営業となっており、車内販売非営業である。 2019年5月1日以降は「かがやき」「はくたか」共に臨時列車での車内販売終了する同年7月1日以降はホットコーヒー弁当軽食類デザート類、土産類、雑貨類の販売終了してソフトドリンク類(ペットボトル)、菓子類アルコール類、つまみ類」のみの販売となる。

※この「客室乗務員」の解説は、「北陸新幹線」の解説の一部です。
「客室乗務員」を含む「北陸新幹線」の記事については、「北陸新幹線」の概要を参照ください。


客室乗務員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 03:58 UTC 版)

日本航空123便墜落事故」の記事における「客室乗務員」の解説

チーフパーサー(波多野PRU)は39歳で、1969年昭和44年10月18日入社。総飛行時間10,225時間33であった他に11人の女性客乗務員乗務していた。

※この「客室乗務員」の解説は、「日本航空123便墜落事故」の解説の一部です。
「客室乗務員」を含む「日本航空123便墜落事故」の記事については、「日本航空123便墜落事故」の概要を参照ください。


客室乗務員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/02 09:51 UTC 版)

チャイナエアライン611便空中分解事故」の記事における「客室乗務員」の解説

16人の客室乗務員が乗務していた。

※この「客室乗務員」の解説は、「チャイナエアライン611便空中分解事故」の解説の一部です。
「客室乗務員」を含む「チャイナエアライン611便空中分解事故」の記事については、「チャイナエアライン611便空中分解事故」の概要を参照ください。


客室乗務員

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/19 05:51 UTC 版)

ZIPAIR Tokyo」の記事における「客室乗務員」の解説

日本航空とそのグループ会社を含む国内外航空会社の客室乗務員経験者の他、空港地上職員看護師企業経験者など幅広い業種国籍経験者採用している。また新卒者採用行なっている。なお訓練は、成田国際空港東京国際空港日本航空の客室乗務員訓練センターを主に使用している

※この「客室乗務員」の解説は、「ZIPAIR Tokyo」の解説の一部です。
「客室乗務員」を含む「ZIPAIR Tokyo」の記事については、「ZIPAIR Tokyo」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「客室乗務員」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

客室乗務員

出典:『Wiktionary』 (2021/08/20 23:44 UTC 版)

名詞

客室 乗務員 (きゃくしつじょうむいん)

  1. 鉄道船舶航空機において乗客世話をする乗務員
  2. 1.の内、旅客機において機内サービス含めたサービスをする乗務員

類義語

語義2

翻訳

語義2

「客室乗務員」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

客室乗務員のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



客室乗務員のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの客室乗務員 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのチャイナエアライン (改訂履歴)、日本航空 (改訂履歴)、北陸新幹線 (改訂履歴)、日本航空123便墜落事故 (改訂履歴)、チャイナエアライン611便空中分解事故 (改訂履歴)、ZIPAIR Tokyo (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの客室乗務員 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS