東映とは? わかりやすく解説

東映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/26 23:34 UTC 版)

東映株式会社(とうえい、: TOEI COMPANY,LTD.[4])は、日本映画の製作、配給、興行会社。1951年に東京映画配給株式会社東横映画株式会社太泉映画株式会社と合併して設立した[5][6]。直営の映画館2館、2つの撮影所東映東京撮影所東映京都撮影所)を保有し、戦後の日本映画史を綴るにあたって欠かすことのできない数々の名作、話題作を世に送り出してきた[6]東宝松竹と共に日本のメジャー映画会社「御三家[7]三大メジャー[8]のひとつとなっている。


注釈

  1. ^ 2021年現在、東映は朝日新聞社に次いで第2位のテレビ朝日HD株の18.8%を保有し[10]テレビ朝日は東映株の11%を保有。また系列局の朝日放送(現在の朝日放送グループホールディングス)も2006年に東映が売却した自社保有株を0.5%取得している。
  2. ^ 東急電鉄と阪急電鉄はお互いの子会社がライバルであり、特に百貨店やプロ野球球団では長年のライバル関係にあった。
  3. ^ 千葉県流山市八千代市にある「東映団地」は当時開発された団地
  4. ^ 1975年9月~1976年8月期売上高390億4367万円(映画製作配給126億3300万円、興行114億5100万円、テレビ90億1000万円、教育15億6300万円、観光不動産43億8300万円)[104]。1980年9月~1981年8月期売上高596億円(映画製作配給162億円、興行127億円、テレビ147億円、教育24億円、観光不動産139億円)[105]。1988年4月~1989年3月期売上高960億円(映画製作配給226億円、興行127億円、テレビ147億円、ビデオ195億円、教育27億円、観光不動産238億円)[106]。1960年代まで収益の柱だったボウリング事業は1972年を境に急激に衰退したが、ボウリング場は立地条件がよいため、この転換事業に手掛けたマンション販売や建売りがよく売れ、観光不動産部は他に全国の劇場再開発やホテル建設を推進し大きな収益の柱になった[107][108][109]。1991年4月~1992年3月期売上高1022億円(映画製作配給258億円、興行106億円、テレビ184億円、ビデオ249億円、教育29億円、観光不動産293億円)[110]。1995年4月~1996年3月期売上高899億円(映画製作配給222億円、興行94億円、テレビ169億円、ビデオ180億円、教育24億円、観光不動産207億円)[111]
  5. ^ ダルタニアスを除き東北新社とともに制作協力。

出典

  1. ^ 有価証券報告書内2021年3月期有価証券報告書 東映株式会社 2021年6月30日
  2. ^ a b “東映の多田相談役が会長就任、手塚治社長の病気療養に伴い”. nikkansports.com. 日刊スポーツNEWS. (2021年6月16日). https://www.nikkansports.com/entertainment/news/202106160000758.html 2021年6月17日閲覧。 
  3. ^ a b c d e f g h i j k 東映株式会社 (2021-06-30). 第98期(2020年4月1日 - 2021年3月31日)有価証券報告書 (Report). 
  4. ^ 東映株式会社 定款 第1章第1条
  5. ^ a b c d e f 沿革”. 東映. 2019年1月18日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月18日閲覧。数字で見る東映”. 東映. 2019年2月18日閲覧。)。History of TOEI - Facebook
  6. ^ a b c d e 日本映画史研究(1)- - 東映映画30年の歩み(1) - 東京国立近代美術館フィルムセンター
  7. ^ コンテンツ産業の展望 第2章 映画産業 第2章 映画産業」 みずほ銀行 産業調査部、p.45 黒川文雄 (2021年7月17日). “バンダイ・山科 誠伝 中編 “世界のキタノ”や数々の名作映画を生んだのは“メジャー”への思い ビデオゲームの語り部たち:第23部”. 4Gamer.net (デジタルハーツホールディングス). オリジナルの2021年7月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210716150208/https://www.4gamer.net/games/999/G999905/20210508015/ 2022年3月11日閲覧。 
  8. ^ “制作基礎知識シリーズVol.1 映画上映会を実施する③ 映画業界の仕組み”. 地域創造レター (地域創造). (1997年8月). オリジナルの2022年3月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220311041639/https://www.jafra.or.jp/library/letter/backnumber/1997/28/4/1.html 2022年3月11日閲覧。 
  9. ^ 「株式の取得(持分法適用関連会社化)に関するお知らせ」 https://www.tv-asahihd.co.jp/pdf/ir_news/pdf/20191209_kabushikitsuikashutoku.pdf テレビ朝日ホールディングスIRニュース2019年12月9日
  10. ^ 【5%】テレ朝HDについて、東映は保有割合が増加したと報告 「変更報告書No.6」
  11. ^ a b c d e f g h i j 東映の軌跡 2016, pp. 560–565.
  12. ^ a b c d e f g h i j k 中川涼司「映像化する京都、映像化される京都 : 京都イメージの転換と映像産業における京都の意味の変化」『立命館国際研究』第32巻第3号、立命館大学国際関係学会、2020年2月、 (428)8、(431)11-(431)12、(435)15(435)-18、 doi:10.34382/00012895ISSN 0915-2008NAID 120006801930
  13. ^ a b c d e f 楊紅雲「「斜陽化」に生きる東映--テレビに対抗した実録映画路線(1973-1975年)を中心に」『多元文化』第5巻、名古屋大学国際言語文化研究科国際多元文化専攻、2005年3月、 115-226頁、2022年4月9日閲覧。
  14. ^ a b c d e f g h i j 岡田茂(映画界の巨人)インタビュー 映画界へ 聞き手・福田和也 (PDF)”. メッセージ.jp. BSフジ (2005年5月15日). 2018年9月28日閲覧。(archive)金田信一郎「岡田茂・東映相談役インタビュー」 『テレビはなぜ、つまらなくなったのか スターで綴るメディア興亡史』日経BP社、2006年、211-215頁。ISBN 4-8222-0158-9 NBonlineプレミアム : 【岡田茂・東映相談役】テレビとXヤクザ、2つの映画で復活した(Internet Archive)
  15. ^ a b c d e f 早見俊 (2021年1月23日). “「ヤクザ映画」抜きに東映の成功は語れない理由「仁義なき戦い」を世に出した岡田茂の慧眼”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2021年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月11日閲覧。
  16. ^ 竹入栄二郎「映画40年全記録」『キネマ旬報増刊』1986年2月13日号、キネマ旬報社、 15頁。
  17. ^ 「儲かるものなら何でもやる!! 岡田社長、東映の企業体系を語る」『映画時報』1972年10月号、映画時報社、 19頁。「匿名座談会 ヘンシンを余儀なくされる映画産業の構造 ゴルフ場経営まで 総合レジャー産業に発展 儲かるものなら何でもの岡田方式 映像中心にあらゆる職種に進出」『映画時報』1972年11月号、映画時報社、 7 - 9頁。
  18. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q “第3回〝不良性感度〟という二代目社長岡田茂のビジョン 映画は死なず 実録的東映残俠伝― 五代目社長 多田憲之が見た東映半世紀 1972~2021― 文=多田憲之(東映株式会社代表取締役会長)p.1-2”. コモ・レ・バ? (CONEX ECO-Friends). (2022年). オリジナルの2022年1月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220127101615/https://conex-eco.co.jp/column/%E6%9D%B1%E6%98%A0/64647/ 2022年3月11日閲覧。 
  19. ^ a b c d e 吉佐美洋行 (2022年3月31日). “会社員は「仁義なき戦い」「日本沈没」に学べ 『仁義なき日本沈没――東宝 vs. 東映の戦後サバイバル』著者 春日太一さんに聞く”. 日経ビジネス. 日経BP. p. 3. 2022年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月9日閲覧。
  20. ^ a b c d e f g h 教科書 2016, pp. 179–189.
  21. ^ a b c d e あかんやつら――東映京都撮影所血風録 | 春日太一 | 評者 鈴木毅鈴木毅(進駸堂書店中久喜本店)
  22. ^ 「トップインタビュー/岡田裕介 東映(株)代表取締役社長 /東映60年史」『月刊文化通信ジャーナル』2011年3月号、文化通信社、 24頁。
  23. ^ a b 田中純一郎 『映画なんでも小事典』社会思想社現代教養文庫 1015〉、1980年、48-51頁。 
  24. ^ 【東宝】会社分割が「世界の三船」を生んだ-M&Aシネマ繁盛記
  25. ^ 河合基吉「五島東急軍団、岡田東映が16年振りに復縁 実力社長同士の『信頼』から生まれた『兄弟仁義』の一部始終」『経済界』1980年3月21日号、経済界、 18 - 21頁。
  26. ^ 岡田茂 『クロニクル東映 1947-1991』 2巻、東映、1992年、1-8頁。 
  27. ^ a b 三鬼陽之助 『日本財界人物伝全集五島慶太伝』 第十五巻第八回、東洋書館、1954年、166-170頁。 
  28. ^ a b c d e f g h i “日本商工会議所名誉会頭五島昇氏(9)東映再建―父に事業のオニ見る(私の履歴書)”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): pp. 32. (1989年3月9日) 
  29. ^ a b c 塩沢一彦 (1995年8月14日). “〔映画百年〕(32)東映の設立 時代劇解禁が恵の風に(連載)”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 7 
  30. ^ a b c 「会社の履歴書 東映」『実業之日本』1962年12月1日号、実業之日本社、 154頁。
  31. ^ 田中純一郎他 (1972年1月1日). “71年度協会扱いの諸問題72年度への対処について”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 6 
  32. ^ a b c d e 悔いなきわが映画人生東映と、共に歩んだ50年. 財界研究所. (2001). pp. 171-175,238. ISBN 4879320161 
  33. ^ a b c d e 第40回 五島慶太(その三)稼いだカネは「映画」に投入---時代劇によって東映を復活させた
  34. ^ a b c 杉作J太郎、植地 編「吉田達インタビュー」 『不良番長 浪漫アルバム』徳間書店、2017年、251頁。ISBN 9784198643546 
  35. ^ a b 野武士集団の撮影所
  36. ^ 岡田茂追悼上映『あゝ同期の桜』中島貞夫トークショー(第1回 / 全3回)『私と東映』 x 中島貞夫監督 (第2回 / 全5回)
  37. ^ a b c d e f g 東映昭和映画傑作選 - U-NEXT
  38. ^ a b “太秦最後のカツドウ屋(中)東映、反骨のエネルギーを語る(ひと脈々)怪獣だけが映画じゃない、時代劇が銀幕の黄金時代を築いた (戦後の履歴書)”. 日本経済新聞夕刊 (大阪: 日本経済新聞社): p. オムニバス関西29頁. (2010年9月9日) 
  39. ^ 「しのぎに来たヤクザさえも撃退」伝説のアウトロー映画集団東映の血風録
  40. ^ a b c d e f クロニクル東映2 1992, pp. 1–8.
  41. ^ 南部僑一郎「連載映画千一夜(8) 新しい年ホープ」『キネマ旬報』1968年2月下旬号、キネマ旬報社、 68-69頁。
  42. ^ あかんやつら 2013, pp. 107–110.
  43. ^ 山口組組長に一歩も引かず感心された東映「中興の祖」岡田茂高岩淡 『銀幕おもいで話』双葉社、2013年、47-49頁。ISBN 978-4-5757-14-01-2 
  44. ^ チャンバラ映画と大衆演劇の蜜月--美空ひばりが銀幕で果たした役割」『日本研究』第33巻、国際日本文化研究センター、2006年10月31日、 75頁、 doi:10.15055/00000594ISSN 09150900NAID 120005681549
  45. ^ 前田耕作, 細井浩一、「映画産業における寡占の形成と衰退 ―日米における「撮影所システムの黄金時代」の比較を通じて―」『アート・リサーチ』 2012年3月 12巻 p.3-15(p.9-11), 立命館大学アート・リサーチセンター, hdl:10367/5467
  46. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p 「トップインタビュー/岡田裕介 東映(株)代表取締役社長 /東映60年史」『月刊文化通信ジャーナル』2011年3月号、文化通信社、 30頁。
  47. ^ クロニクル東映2 1992, pp. 1-8、18.
  48. ^ a b c d e f g h i j k l m n 堀江毅「東映労働者が語る東映映画の歴史と現状『いま必要なのは『網走番外地』『緋牡丹博徒』『仁義なき戦い』の厳密な総括だ』」『シネ・フロント』、シネ・フロント社、1978年6月号No.23、 14頁。
  49. ^ a b “第1回 プロローグとしての私小説的映画体験 映画は死なず 実録的東映残俠伝― 五代目社長 多田憲之が見た東映半世紀 1972~2021― 文=多田憲之(東映株式会社代表取締役会長)p2”. コモ・レ・バ? (CONEX ECO-Friends). (2021年6月30日). オリジナルの2022年1月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220127102706/https://conex-eco.co.jp/series/62773/2/ 2022年3月11日閲覧。 
  50. ^ a b c d e f g 「東映・高岩淡社長インタビュー 『総合戦略目指し上も動く下も動く』」『AVジャーナル』、文化通信社、1994年12月、 27頁。
  51. ^ 「巻返しを計る各社の表情を探る 洋高邦低の声に必死の努力を続ける 岡田社長を頂点にますます業績増大の東映」『映画時報』1976年4月号、映画時報社、 12頁。
  52. ^ a b c 「特集東映動画まつり『いま光り輝く、東映動画}文・山下彗」『東映キネマ旬報 2008年冬号 vol.8』2008年8月1日、東映ビデオ、 2-5頁。
  53. ^ 吉佐美洋行 (2022年3月31日). “会社員は「仁義なき戦い」「日本沈没」に学べ 『仁義なき日本沈没――東宝 vs. 東映の戦後サバイバル』著者 春日太一さんに聞く”. 日経ビジネス. 日経BP. pp. 2. 2022年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月9日閲覧。
  54. ^ a b c 吉佐美洋行 (2022年3月31日). “会社員は「仁義なき戦い」「日本沈没」に学べ 『仁義なき日本沈没――東宝 vs. 東映の戦後サバイバル』著者 春日太一さんに聞く”. 日経ビジネス. 日経BP. p. 3. 2022年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月9日閲覧。
  55. ^ a b c d e 『私と東映』× 神先頌尚氏インタビュー(第3回 / 全4回)
  56. ^ 吉佐美洋行 (2022年3月31日). “会社員は「仁義なき戦い」「日本沈没」に学べ 『仁義なき日本沈没――東宝 vs. 東映の戦後サバイバル』著者 春日太一さんに聞く”. 日経ビジネス. 日経BP. p. 3. 2022年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月9日閲覧。
  57. ^ 鈴木義昭『新東宝秘話 泉田洋志の世界』プラザ、2001年、pp.234-235
  58. ^ 竹中労「連載・日本映画横断 その10 『大川社長の死と東映任侠路線(中) 岡田新社長の実現〈邦画五社どこへ行く・5〉』」『キネマ旬報』1971年10月下旬号、キネマ旬報社、 97頁。
  59. ^ 井沢淳・瓜生忠夫大黒東洋士・高橋英一・大橋重勇・嶋地孝麿「〈特別座談会〉 日本映画製作批判 ーこれからの企画製作はいかに進めるべきか」『キネマ旬報』1965年7月上旬号、キネマ旬報社、 16頁。
  60. ^ 関根忠郎、山田宏一、山根貞男『惹句術 映画のこころ 増補版』ワイズ出版、1995年、p.70.
  61. ^ 山根貞男、米原尚志『仁義なき戦いをつくった男たち 深作欣二と笠原和夫』NHK出版、2005年、p.71
  62. ^ a b c d 泊 懋氏(元東映アニメーション会長)が語る映画の時代とテレビの時代
  63. ^ 八田伸拓 (2000年12月18日). “俳優・東千代之介さん(惜別)”. 朝日新聞夕刊 (朝日新聞社): p. 5 
  64. ^ 由原木七朗「由原木七朗の日本映画スケッチ(82) (秘)エピソードでつづるあの男優この女優 萬屋錦之介 その四 東映"城"との対決」『週刊明星』、集英社、1979年5月13日号、 168-169頁。
  65. ^ a b 日本映画は生きている4 2010, pp. 268–276.
  66. ^ a b c “第2回 仁義ある男たちが去り、仁義なき男たちが登場 映画は死なず 実録的東映残俠伝― 五代目社長 多田憲之が見た東映半世紀 1972~2021― 文=多田憲之(東映株式会社代表取締役会長)p2”. コモ・レ・バ? (CONEX ECO-Friends). (2022年). オリジナルの2022年1月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220127102300/https://conex-eco.co.jp/series/63300/ 2022年3月11日閲覧。 
  67. ^ a b c d 歴史|東映株式会社〔任侠・実録〕(Internet Archive)
  68. ^ “ヤクザ映画黄金期を支えた鶴田浩二の「芸」と「色」 山口組組員に襲われ頭と手に11針縫う大けがも”. デイリー新潮 (新潮社). (2021年8月13日). オリジナルの2021年8月13日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20210813034423/https://www.dailyshincho.jp/article/2021/08131100/?all=1 2022年3月13日閲覧。 東映任俠映画を生み出した名監督・名プロデューサーたち - 隔週刊 東映任侠映画傑作DVDコレクション - DeAGOSTINIコラム|東映京撮・盟友対談②高倉健、菅原文太と付き合った暴力団幹部は「逃げ切り世代」。それより若い「反社」の今後、どうなる?、山根貞男、米原尚志『仁義なき戦いをつくった男たち 深作欣二と笠原和夫』NHK出版、2005年、p.154
  69. ^ a b 「高倉健」のお骨を口に入れ“アチチ”と火傷した「東映会長」
  70. ^ “私の履歴書 松岡功(20)外部の力 百恵・友和コンビ誕生 ホリプロと組み「伊豆の踊子」”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社). (2016年6月21日). https://www.nikkei.com/article/DGKKZO03821270Q6A620C1BC8000/ 2018年12月30日閲覧。 
  71. ^ a b c d 「東宝・松岡功インタビュー 『東宝の映画基本戦略は揺がない』」『AVジャーナル』、文化通信社、1992年12月、 26頁。「自由化目前で"末期症状"の映画界」『経済展望』1964年3月15日号、経済展望社、 31頁。
  72. ^ a b c 楊紅雲「任侠映画路線における東映の成功 : テレビに対抗した映画製作 (1963-1972年) を中心に」『多元文化』第4巻、名古屋大学国際言語文化研究科国際多元文化専攻、2004年3月、 191-202頁、2020年6月10日閲覧。
  73. ^ 菅原文太さん死去で思い出す東映フライヤーズ身売り話 岡田社長の懐深さが染みた夜
  74. ^ a b 〝画になる〟北海道は映画人を刺激する|財界さっぽろ
  75. ^ a b 「森川宗弘インタビュー ボウリング場始末記 ゲスト 東映(株)代表取締役社長岡田茂」『月刊レジャー産業資料』1974年10月号、エコセン、 160 - 166頁。
  76. ^ “東映機構改革と大巾人事異動 本部制から事業部制への移行”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 4. (1972年6月17日) 
  77. ^ a b “東映傍系に東盛商事を設立 定款変更の現れ 既に積極化”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 4. (1972年11月11日) 
  78. ^ 岡田茂(代表取締役社長)・福中脩(国際部長代理)・布施建(教育映画部企画部長)・矢沢昭夫(人事部次長)・今井均(宣伝部宣伝課長代理)・青木洋一(コンピューター部課長代理)「―今月のことば― "東映NN計画"(東映全国事業網拡大計画)/東映NN計画 "おはようございます"社長」『社内報とうえい』1973年2月号 No.172、東映株式会社、 2-11頁。渡邊亮徳 (取締役テレビ事業部兼テレビ企画営業部長、テレビ関連事業室長)・飯島敬(テレビ関連事業室課長)・泊懋(テレビ企画営業部次長)・渡辺洋一(テレビ企画営業部次長兼テレビ関連事業室次長)「テレビ事業部" もーれつでいこう"」『社内報とうえい』1973年2月号 No.172、東映株式会社、 12-16頁。「《東映グループの動き》 五月三〇日に創刊した劇画雑誌『コミック&コミック』(前号既報)の売れ行きについて―」『社内報とうえい』1973年6月号 No.176、東映株式会社、 12頁。
  79. ^ a b 文化通信社 編 『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』ヤマハミュージックメディア、2012年、12-36,74-81頁。ISBN 978-4-636-88519-4 
  80. ^ クロニクル東映 1991, pp. 52–59.
  81. ^ 「警戒警報の諸問題 安定ムードのなかの危機 邦画界の最新情報 岡田社長を先頭に年々業績が向上の"映画"の東映」『映画時報』1973年10月号、映画時報社、 16頁。
  82. ^ 東映の軌跡 2016, pp. 288.
  83. ^ “〈脱映画へまっしぐら〉上〈映画各社の現状まずボウリング資産を生かし多角経営”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 8. (1971年11月8日) 「映画街」『シナリオ』1973年4月号、日本シナリオ作家協会、 86頁。「東映・岡田茂会長インタビュー 『儂に残された仕事はこれなんだよ』」『映画時報』1994年7月号、映画時報社、 27頁。朝日新聞「ウイークエンド経済」編集部 編「時代の流れについていく感覚とは義理と人情東映会長岡田茂」 『私の「経営」説法 ―ビジネス戦記 8人のトップが語る「マネジメントの要諦」』プレジデント社、1995年、47-48頁。ISBN 4833415917 
  84. ^ a b c スケバン、ハレンチ!「東映不良性感度映画」を特集-映画秘宝 - シネマトゥデイ大高宏雄の興行戦線異状なし Vol.29孤狼の血 : 映画評論・批評 - 映画.com東映不良性感度路線の父 岡田茂逝去」『映画秘宝』、洋泉社、2011年7月、 52頁。
  85. ^ 「高倉健」のお骨を口に入れ“アチチ”と火傷した「東映会長」
  86. ^ 吉佐美洋行 (2022年3月31日). “会社員は「仁義なき戦い」「日本沈没」に学べ 『仁義なき日本沈没――東宝 vs. 東映の戦後サバイバル』著者 春日太一さんに聞く”. 日経ビジネス. 日経BP. p. 6. 2022年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月9日閲覧。「この最大の危機をどう切り抜けるのか?映画経営者の英断の年がきた。」『映画時報』1966年1月号、映画時報社、 19-20頁。“ JUNK FILM by TOEI ” が、8月23日(木)より「Amazon Prime Videoチャンネル」にてサービス開始!!【今だから明かす あの映画のウラ舞台】偉人編(上)“経済界のフィクサー”暗躍で柴田恭兵主演「福沢諭吉」実現へ (1/2ページ)Californian Grave Digger ~極私的ロック映画セレクション(日本映画編)~
  87. ^ 王温懿「東映ポルノのジェンダー・ポリティクス : 1970年代の日本映画と女性」『Juncture : 超域的日本文化研究』第8号、名古屋大学大学院文学研究科附属「アジアの中の日本文化」研究センター、2017年3月、 150-166頁、 doi:10.18999/juncture.8.150ISSN 1884-4766NAID 1200067789612022年4月9日閲覧。
  88. ^ a b 「映画界東西南北談議 企業防衛を運営方針の基本に各社、合理化と収益部門の拡大を意図」『映画時報』1975年3月号、映画時報社、 36-37頁。
  89. ^ a b c d e 岡田茂 (東映・常務取締役映画本部長)・渡辺亮徳 (東映・テレビ企画営業部長)・神英彦 (東映・教育映画営業部長)・小林秀次(東映ビデオ・取締役営業部長)、司会・北浦馨「多面的活躍を続ける東映映像産業の現況と新路線」『映画時報』1970年7月号、映画時報社、 19頁。
  90. ^ 早見俊 (2021年1月23日). “「ヤクザ映画」抜きに東映の成功は語れない理由「仁義なき戦い」を世に出した岡田茂の慧眼”. 東洋経済オンライン. 東洋経済新報社. 2021年1月23日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年3月11日閲覧。
  91. ^ 『私と東映』 x 沢島忠&吉田達トークイベント(第2回 / 全2回)岡田茂追悼上映『あゝ同期の桜』中島貞夫トークショー(第2回 / 全3回)『私と東映』× 神先 頌尚氏インタビュー(第3回 / 全4回)佐藤忠男 編 『日本の映画人 -日本映画の創造者たち-』日外アソシエーツ、2007年、122頁。ISBN 978-4-8169-2035-6 中原早苗 『女優魂 中原早苗』ワイズ出版、2009年、176頁。ISBN 9784898302354 
  92. ^ Variety、1974年12月18日付。
  93. ^ 「本家ブルース・リーをしのぐ千葉真一報知新聞、1974年12月27日付朝刊。
  94. ^ 『SPORTS CITY』第1巻第2号、鎌倉書房、1981年8月、 32頁。
  95. ^ 中村カタブツ 『極真外伝 〜極真空手もう一つの闘い〜』ぴいぷる社、1999年、172-186頁。ISBN 4893741373 
  96. ^ 大高宏雄『仁義なき映画列伝』鹿砦社、2002年、p.217.
  97. ^ 岡田茂『悔いなきわが映画人生 東映と、共に歩んだ50年』財界研究所、2001年、p.178.
  98. ^ a b 中条省平 (2011年3月6日). “BOOK ナビ フィクション”. 東京新聞朝刊読書3面 (中日新聞東京本社): p. 9 
  99. ^ “アプローチ'69読者とともに”. スポーツニッポン (東京: スポーツニッポン新聞社): p. 10. (1969年11月23日) 
  100. ^ 浅野潜 『吶喊 映画記者―持続と信義』ブレーンセンター、2002年、17頁。ISBN 4-8339-0420-9 
  101. ^ a b 「『鉄道員』は日本映画界を蘇らせるか、岡田茂・東映会長が吠える!」『経済界』1999年8月17日号、経済界、 42頁。
  102. ^ a b c 「撮影所は今 『映画界の疲弊が撮影所をおおう』文・浜田佳代子」『シネ・フロント』、シネ・フロント社、1986年8月号 No.118、 39頁。“大手三社の最近の業績をみると、東宝は今年8月中間期の見通しを映画の好調、ビル賃貸の増収で経常利益が30億円と予想し、通期でも過去最高を更新すると見ています。東映は映画の低迷をビデオと不動産部門の伸びで補い、経常利益は30%増の30億円と予想し、松竹も演劇部門の伸びで経常利益は20%増の4億5千万円になり、通期で20%近い経常利益増の見通しを立てています。映画状況の深刻さとは裏腹に企業業績は一定の数字を挙げ、内容的にもビデオ、ディスク、不動産等の多角化効果を示しています。会社側にしてみれば、何も映画づくりでリスクを負わなくても、配給、興行、さらには不動産ででも"もうけ"られればいいということになるのでしょう。”
  103. ^ a b c 水野 (1989年6月29日). “企業業績この業界(9)映画―不動産事業展開に活路、ニューメディア進出”. 日経金融新聞 (日本経済新聞社): p. 19 
  104. ^ 「映画界東西南北談 正月興行に大きな期待をかける邦洋各社とも来年は飛躍の年に……」『映画時報』1976年11月号、映画時報社、 34-35頁。
  105. ^ 「東映58期決算売上高596億円3千万円で12%減」『映画時報』1981年9月号、映画時報社、 15頁。
  106. ^ 「フラッシュ映画 東宝、東映が増収増益」『AVジャーナル』、文化通信社、1989年11月、 22頁。
  107. ^ 「映画界東西南北談議必死の巻返し計る映画界決算・人事と話題の豊富な各社」『映画時報』1979年4月号、映画時報社、 8頁。
  108. ^ 「東映、福岡みなと東映跡に『福岡東映ホテル』建設」『映画時報』1979年12月号、映画時報社、 19頁。「東映5番目の『広島東映プラザ』がオープン邦洋2劇場と東急ハンズ、プローバが出店」『AVジャーナル』、文化通信社、1995年9月、 106頁。
  109. ^ 「映画界前進態勢へ布石各社の個性的な刷新人事の全貌」『映画時報』1980年5月号、映画時報社、 12-13頁。
  110. ^ 「東映69期1022億円」『AVジャーナル』、文化通信社、1992年9月、 24-25頁。
  111. ^ 「決算東映(第73期)」『映画時報』1980年5月号、映画時報社、 35-38頁。
  112. ^ a b c d e 脇田巧彦・川端靖男・斎藤明・黒井和男「映画・トピック・ジャーナル東映が映画会社単独として初の年間売上げ1000億円を達成/東宝も好決算をまとめ、松竹はまずまずの決算に。」『キネマ旬報』1989年7月上旬号、キネマ旬報社、 148-149頁。
  113. ^ 脇田巧彦・川端靖男・斎藤明・黒井和男「映画・トピック・ジャーナル」『キネマ旬報』1992年6月下旬号、キネマ旬報社、 167頁。
  114. ^ 文化通信社編著『映画界のドン 岡田茂の活動屋人生』ヤマハミュージックメディア、2012年、p.144
  115. ^ a b c 「東映が新レーベル発足 外国映画の配給を復活」『キネマ旬報』2011年9月上旬号、p.135
  116. ^ 岡田茂『悔いなきわが映画人生 東映と、共に歩んだ50年 東映会長・岡田茂』財界研究所、2001年、p.183
  117. ^ a b “第6回 1977年『宇宙戦艦ヤマト』大ヒットの舞台裏を語った東映会長・多田憲之 映画は死なず 実録的東映残俠伝― 五代目社長 多田憲之が見た東映半世紀 1972~2021― 文=多田憲之(東映株式会社代表取締役会長)”. コモ・レ・バ? (CONEX ECO-Friends). (2022年3月4日). オリジナルの2022年3月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220311075542/https://conex-eco.co.jp/column/%E6%9D%B1%E6%98%A0/71698/2/ 2022年3月11日閲覧。 
  118. ^ 竹田聡 (2003年7月3日). “ぴあフィルムフェス25周年―映画界の人材バンクに(感動を創る)”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): p. 21 
  119. ^ “第1回ぴあ展1977”. https://pff.jp/jp/festival/archives/#1977 
  120. ^ “第4回 北海道支社でのセールス四方山話 映画は死なず 実録的東映残俠伝― 五代目社長 多田憲之が見た東映半世紀 1972~2021― 文=多田憲之(東映株式会社代表取締役会長)p2”. コモ・レ・バ? (CONEX ECO-Friends). (2022年). オリジナルの2022年1月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220127101258/https://conex-eco.co.jp/column/%E6%9D%B1%E6%98%A0/69183/2/ 2022年3月11日閲覧。 
  121. ^ セントラル・アーツ 起動40周年記念!【初回生産限定】 遊戯シリーズ - 東映
  122. ^ 梅林敏彦『シネマドランカー 荒野を走る監督たち』仮縫室、1978年、p.31、p.131
  123. ^ 岡田茂『悔いなきわが映画人生 東映と、共に歩んだ50年』財界研究所、2001年、p.184、p.357
  124. ^ 高部務、若月祐二『もうひとつの「おくりびと」 滝田洋二郎監督の原光景』東邦出版、2009年、p.95
  125. ^ a b “第4回 北海道支社でのセールス四方山話 映画は死なず 実録的東映残俠伝― 五代目社長 多田憲之が見た東映半世紀 1972~2021― 文=多田憲之(東映株式会社代表取締役会長)”. コモ・レ・バ? (CONEX ECO-Friends). (2022年). オリジナルの2022年1月27日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20220127101203/https://conex-eco.co.jp/column/%E6%9D%B1%E6%98%A0/69183/ 2022年3月11日閲覧。 
  126. ^ 「あなたは魔界を信じますか? 角川春樹 山田風太郎 特別対談」『パンフレット魔界転生』、角川春樹事務所 / 東映、1981年6月6日、 21頁。
  127. ^ 『シネアルバム 日本映画1982 1981年公開日本映画全集』佐藤忠男山根貞男責任編集、芳賀書店、1982年、ISBN 4-8261-0088-4 pp.62-64
  128. ^ a b c 『シネアルバム 日本映画1982 1981年公開日本映画全集』佐藤忠男、山根貞男責任編集、芳賀書店、1982年、ISBN 4-8261-0088-4 p.88
  129. ^ 大高宏雄『日本映画逆転のシナリオ』WAVE出版、2000年、pp.74-75
  130. ^ a b c 1980年代の映画 2016, pp. 175–176.
  131. ^ a b c 脇田巧彦・川端靖男・斎藤明・黒井和男「映画・トピック・ジャーナルビデオの大幅増収がひと際目立った東映の第64期決算案」『キネマ旬報』1987年12月上旬号、キネマ旬報社、 166-167頁。
  132. ^ “ビデオソフト―ポニーキャニオン安定(点検シェア攻防本社100品目調査)”. 日経産業新聞 (日本経済新聞社): p. 9. (1995年7月5日) 
  133. ^ 『日本映画逆転のシナリオ』p.200-201.
  134. ^ 「コナン」の東宝vs「相棒」の東映 2大映画会社の給与は?|日刊ゲンダイ
  135. ^ 「東映・日下部プロデューサー『激突』を語る時代劇アクションの原点返えり」『AVジャーナル』、文化通信社、1988年12月、 26頁。
  136. ^ 脇田巧彦・川端靖男・斎藤明・黒井和男「映画・トピック・ジャーナル 印象としては本格的なビデオ時代到来などでますます厳しさが増した61年の映画界。邦画は2強2弱で浮沈がはっきりと。」『キネマ旬報』1987年1月上旬号、キネマ旬報社、 179頁。
  137. ^ 松原信吾佐伯俊道荒井晴彦・満友敬司・岡田裕・山下賢章「撮影所は戦場だった」『映画芸術 2014年夏 No.448』、編集プロダクション映芸、 67-68頁。
  138. ^ a b c d e 遠藤繁 (1998年6月2日). “迷走松竹(下) 外部制作路線に転換―『ジブリ』獲得、復活のカギ。”. 日本経済新聞 (日本経済新聞社): p. 3 
  139. ^ a b 「映画界東西南北談議人材の話題も豊富だった映画界今後も一層の活躍が期待される人々」『映画時報』1977年12月号、映画時報社、 36頁。
  140. ^ “加速する『国際化』 (89映画展望・ここがポイント下)”. 朝日新聞夕刊 (朝日新聞社): p. 9. (1989年1月4日) 
  141. ^ a b c d “美学捨てた東宝笑う、映画、一強二弱鮮明に―外部と組みヒット連発。”. 日経産業新聞 (日本経済新聞社): p. 16. (1999年2月14日) 
  142. ^ 「東宝・石田敏彦社長インタビュー『それは組織崩壊に繋がりますから』」『映画時報』1996年1月号、映画時報社、 26頁。
  143. ^ 「文化通信情報 『利休』『ガンヘッド』など来年邦画の作品群」『AVジャーナル』、文化通信社、1988年11月、 6頁。
  144. ^ 「特別対談 李鳳宇 大高宏雄 日本映画は本当に元気か?」『キネマ旬報』2017年1月上旬号、pp.52-53
  145. ^ a b c d e 「警戒警報の諸問題安定ムードのなかの危機邦画界の最新情報岡田社長を先頭に年々業績が向上の"映画"の東映」『映画時報』1973年10月号、映画時報社、 16頁。
  146. ^ 「日本映画界の大転換期重役とMSの若返り人事と企画製作派大作主義に重点」『映画時報』1977年5月号、映画時報社、 9頁。
  147. ^ a b 「映画界前進態勢へ布石各社の個性的な刷新人事の全貌」『映画時報』1980年5月号、映画時報社、 10-11頁。
  148. ^ 大谷隆三「大谷社長大いに語る『桜の花は散ったけど松竹大船は花ざかり』」『映画時報』1982年5月号、映画時報社、 10頁。
  149. ^ a b c 「『渋谷東映プラザ』を第一弾に列島改造計画」『AVジャーナル』1993年3月号、文化通信社、 95頁。
  150. ^ a b “脱映画へまっしぐら〉上〈映画各社の現状まずボウリング資産を生かし多角経営”. 読売新聞夕刊 (読売新聞社): p. 8. (1971年11月8日) 
  151. ^ a b c 「日本映画界の巻返しと前進各社各社各様の経営戦略を探る」『映画時報』1973年4月号、映画時報社、 12頁。
  152. ^ 【東宝】会社分割が「世界の三船」を生んだ-M&Aシネマ繁盛記
  153. ^ a b 「タウン 映画会社が主役で『東京再開発物語』」『週刊新潮』1988年3月24日号、新潮社、 15頁。
  154. ^ a b 脇田巧彦・川端靖男・斎藤明・黒井和男「映画・トピック・ジャーナル東映の岡田社長が3年後をメドに本社ビルの再開発構想を打ち出す。完成時には超近代的な映画館3館も同時オープン」『キネマ旬報』1987年11月上旬号、キネマ旬報社、 162-163頁。
  155. ^ 脇田巧彦・川端靖男・斎藤明・黒井和男「映画・トピック・ジャーナル東映の本社ビル再開発に伴う新社屋建設予定地に茗荷谷が決まる」『キネマ旬報』1987年12月上旬号、キネマ旬報社、 166-167頁。
  156. ^ “東映:新レーベル「東映トライアングル」発足 ジャッキーの大作など30年ぶりに外国映画配給へ”. 毎日新聞デジタル. (2011年8月11日). オリジナルの2011年8月14日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20110814081247/http://mantan-web.jp/2011/08/11/20110811dog00m200027000c.html 2011年8月12日閲覧。 
  157. ^ 星野直樹「映画に賭ける男」『真剣勝負に生きる』大川博士、ダイヤモンド社、1967年、pp.153-156.
  158. ^ 山根貞男、米原尚志『仁義なき戦いをつくった男たち 深作欣二と笠原和夫』NHK出版、2005年、p.102
  159. ^ 『キネマ旬報ベスト・テン全史1946-1996』キネマ旬報社、1984年初版、1997年4版、p.70
  160. ^ 岡田茂『悔いなきわが映画人生 東映と、共に歩んだ50年』財界研究所、2001年、p.84.
  161. ^ 吉佐美洋行 (2022年3月31日). “会社員は「仁義なき戦い」「日本沈没」に学べ 『仁義なき日本沈没――東宝 vs. 東映の戦後サバイバル』著者 春日太一さんに聞く”. 日経ビジネス. 日経BP. p. 1. 2022年4月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年4月9日閲覧。
  162. ^ 工藤栄一、ダーティ工藤『光と影 映画監督工藤栄一』ワイズ出版、2002年、p.108
  163. ^ a b 中島貞夫『遊撃の美学 映画監督中島貞夫』河野真悟編、ワイズ出版、2004年、p.153
  164. ^ 岡田茂『悔いなきわが映画人生 東映と、共に歩んだ50年』財界研究所、2001年、p.291.
  165. ^ 『別冊映画秘宝VOL.2 アイドル映画30年史』洋泉社、2003年、p.72
  166. ^ “手塚治新社長インタビュー「東映全社員が企画者」コロナ禍で映画業界大打撃も「映画とは何か、映画館に行くことの意味を再考するタイミングです」”. スポーツ報知. (2020年7月10日). オリジナルの2021年11月10日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20211110123435/https://hochi.news/articles/20200710-OHT1T50313.html?page=1 2022年4月9日閲覧。 
  167. ^ 日本映画発達史Ⅳ 1968, p. 265.
  168. ^ テレビ成長期の日本映画 2018, pp. 134–153.
  169. ^ 東映の軌跡 2016, p. 564.
  170. ^ 川崎宏 『狂おしい夢 不良性感度の日本映画 東映三角マークになぜ惚れた!? 青心社、2003年、3-7頁。ISBN 978-4-87892-266-4 
  171. ^ 高橋惠子 (2012年12月7日). “引退撤回、そして大映が倒産”. 東スポWeb (東京スポーツ). https://www.tokyo-sports.co.jp/entame/59663/ 2013年4月6日閲覧。 
  172. ^ 山根貞男『日本映画の現場へ』筑摩書房、1989年、p.17.
  173. ^ 佐藤忠男、山根貞男責任編集『シネアルバム 日本映画1983 1982年公開映画全集』芳賀書店、1983年、p.85
  174. ^ 大高宏雄『興行価値』鹿砦社、1996年、p.159.
  175. ^ 日本雑学研究会『誰かについしゃべりたくなる話のネタ・雑学の本』幻冬舎、2000年、p.53
  176. ^ a b c d e 「トップインタビュー/岡田裕介 東映(株)代表取締役社長」『月刊文化通信ジャーナル』2011年3月号、文化通信社、 27–28頁。
  177. ^ 木村大作、金澤誠『誰かが行かねば、道はできない 木村大作と映画の映像』キネマ旬報社、2009年、p.158
  178. ^ 中島貞夫『遊撃の美学 映画監督中島貞夫』ワイズ出版、2004年、p.130
  179. ^ “東映・三越提携公演から”. 週刊映画ニュース (全国映画館新聞社): p. 1. (1972年12月2日) 
  180. ^ 古田尚輝『鉄腕アトムの時代 映像産業の攻防』世界思想社、2009年、pp.82-84.
  181. ^ 田中純一郎『日本映画発達史IV 史上最高の映画時代』中央公論社、1980年、pp.272-273.
  182. ^ 『東映十年史』東映株式会社、1962年、pp.254-261.
  183. ^ 岡田茂『悔いなきわが映画人生 東映と、共に歩んだ50年』財界研究所、2001年、p.148.
  184. ^ 能村庸一『テレビ時代劇史 ちゃんばらクロニクル1953-1998』東京新聞出版局、1999年、p.194.
  185. ^ 『テレビ時代劇史』p.148
  186. ^ 「女優さんは近頃おひまヤクザとエロに締出させた清純派」『週刊朝日』1965年9月24日号、朝日新聞社、 122頁。
  187. ^ 新宿書房 俎板橋だより (7)村山新治と佐伯孚治日本のドキュメンタリー作家インタビュー No. 24 呉徳洙(オ・ドクス)聞き手:門間貴志 - 山形国際ドキュメンタリー映画祭公式サイト、評者◆凪一木 その59 小平裕、本年八二歳No.3460 ・ 2020年08月15日
  188. ^ 『テレビ時代劇史』p.106
  189. ^ 『テレビ時代劇史』p.324
  190. ^ テレビ朝日 火曜時代劇を9月で打ち切り J-CASTニュース 2007年2月2日
  191. ^ 沿革”. 東映. 2019年7月4日閲覧。
  192. ^ “第97期定時株主総会決議等のお知らせ” (日本語) (PDF) (プレスリリース), 東映株式会社, (2020年6月26日), https://www.toei.co.jp/company/ir/meeting/03/__icsFiles/afieldfile/2020/06/26/20200626_2.pdf 2020年6月26日閲覧。 
  193. ^ フィッシャーズ (2021年9月29日). 【ドッキリ】自宅でプリキュアショーがいきなり始まったら大興奮したwww (インターネット番組). UUUM. https://www.youtube.com/watch?v=Y8CqyLyyrEs 2022年9月13日閲覧。 
  194. ^ フィッシャーズ (2022年8月21日). 【新曲】大漁戦団サカナンジャー /Fischer’s (インターネット番組). UUUM. https://www.youtube.com/watch?app=desktop&v=vyh3Vpf5M-I 2022年9月13日閲覧。 
  195. ^ 会社解散のお知らせ”. コヨーテ. 2021年7月13日閲覧。



東映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 15:04 UTC 版)

日本映画」の記事における「東映」の解説

新作2本立て量産体制強行するために子供向け連続活劇形式短編長編併映する中村錦之助東千代之介出演の『新諸国物語 笛吹童子シリーズ1954年三部作)、『新諸国物語 紅孔雀シリーズ1954年 - 1955年五部作)が子供達圧倒的に受ける。また、市川右太衛門片岡千恵蔵月形龍之介大友柳太朗出演の、大人向け時代劇活性化中村錦之助大川橋蔵主演作とともに、東映は時代劇王国としての地位を築く。現代劇でも東映ニューフェイスから、中原ひとみ高倉健水木襄佐久間良子梅宮辰夫千葉真一などの主演スター輩出した今井正監督『米』(1957年)、『純愛物語』(同)などの現代劇秀作ヒット作残した。また1958年10月日本初長編カラーアニメ映画白蛇伝』を公開するなど、日本アニメ映画中興の祖としての役割、東映シネマスコープ導入日本映画ワイド時代招聘した役割なども特筆的である

※この「東映」の解説は、「日本映画」の解説の一部です。
「東映」を含む「日本映画」の記事については、「日本映画」の概要を参照ください。


東映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 15:04 UTC 版)

日本映画」の記事における「東映」の解説

観客動員No.1となった東映は、1960年第二東映1年後ニュー東映改称)を設立し、製作本数倍増して日本映画界売上50%のシェア目指したうまくいかず、2年解散映画不況始まった1960年代から1970年代初めは鶴田浩二高倉健藤純子らを擁して仁侠ブーム作った。このジャンル開祖沢島忠の『人生劇場 飛車角』(1963年)といわれ、義理人情板挟みにあいながら自己犠牲を貫く内容だった。以降、『博徒』、『日本侠客伝』、『網走番外地』、『昭和残侠伝』、『緋牡丹博徒』といった任侠シリーズ人気を博し、1972年頃まで製作され内藤誠の『不良番長シリーズ』もヒットした一方で1969年にはオールスターキャストの『日本暗殺秘録』(主演千葉真一監督中島貞夫)を封切り公開し東大紛争安保闘争など騒然とした当時の世相反映させている。

※この「東映」の解説は、「日本映画」の解説の一部です。
「東映」を含む「日本映画」の記事については、「日本映画」の概要を参照ください。


東映(70年代)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/04 15:04 UTC 版)

日本映画」の記事における「東映(70年代)」の解説

学生運動衰退に伴い、東映の任侠モノ色あせた映画評されるようになった伊藤俊也の『女囚さそりシリーズ』の公開後1973年には実録路線の『仁義なき戦いシリーズや、格闘映画の『ボディガード牙シリーズなどが大ヒットし、以降次々とシリーズ化され、実録格闘路線経営支え二本となった。特に千葉真一格闘映画欧米東南アジアでも大ヒットした。1975年には日本国内では初めてのパニック映画である『新幹線大爆破』を公開したが、日本ではヒットしなかったものの、海外では高い評価をされて大ヒットした。同年には松竹の『男はつらいよシリーズ対抗したトラック野郎』が、『新幹線大爆破』より日本での興行収入上回ったことからシリーズ化され、菅原文太ヤクザ映画から脱却するきっかけとなった1978年には『柳生一族の陰謀』が大ヒットし、『赤穂城断絶』など次々と時代劇復興を掲げ作品製作された。1970年代後半からは角川映画オフィス・アカデミーなどの独立プロ盛んに取り込んだ

※この「東映(70年代)」の解説は、「日本映画」の解説の一部です。
「東映(70年代)」を含む「日本映画」の記事については、「日本映画」の概要を参照ください。


東映

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/14 09:27 UTC 版)

時代劇」の記事における「東映」の解説

東横映画大映との提携解消する頃に、当時大映所属していて永田雅一社長衝突していた片岡千恵蔵市川右太衛門引き抜き、やがて千恵蔵と右太衛門は東映となった後に取締役に就任した。全くスターがいなかった東横映画にとってはそれこそ観客呼べる看板スター持ったことになり、その後の東映においてスター中心システム作るきっかけとなった戦後それまで千恵蔵は『多羅尾伴内』や『金田一耕助』などの現代劇シリーズ出演し、右太衛門時代劇だが『お夏清十郎』『お艶殺し』などのいわゆる艶ものに出演していた。1950年千恵蔵いち早く従来時代劇復活させて渡辺邦男監督初めて『いれずみ判官』の『桜花乱舞の巻』『落花対決の巻』を出し、翌1951年にはマキノ雅弘監督で『女賊と判官』を出した。右太衛門松田定次萩原遼監督で『旗本退屈男』の『旗本退屈男捕物七人の花嫁』『旗本退屈男捕物毒殺魔殿』を出しそれぞれ後の東映のドル箱シリーズとなった1954年二本立て興行移り毎週新作二本製作体制になり、長編と東映娯楽と言われる中編連続物組み合わせて、それに日舞出身東千代之介歌舞伎出身中村錦之助デビューさせて『笛吹童子』が大ヒットし、翌年には同じ歌舞伎から大川橋蔵デビューした。 そして1956年(昭和31年)に松田定次監督赤穂浪士』が大ヒットして、この年から業界トップ躍り出た東映は、マキノ雅弘監督が『次郎長三国志』『仇討崇禅寺馬場』、伊藤大輔監督中村錦之助主演反逆児』および『源氏九郎颯爽記 秘剣揚羽の蝶』、内田吐夢監督片岡千恵蔵主演血槍富士』および『大菩薩峠三部作、そして中村錦之助主演『宮本武蔵』五部作松田定次監督オールスターで『忠臣蔵 櫻花の巻・菊花の巻』などが製作されて、時代劇スター中心プログラム組んで多数時代劇映画量産した。 東映は片岡千恵蔵市川右太衛門両者重役にして、ベテラン月形龍之介大友柳太朗、そして若手中村錦之助(のち萬屋錦之介)、東千代之介大川橋蔵らが育ちきらびやかで豪快な東映時代劇を築いていく。片岡千恵蔵市川右太衛門御大呼ばれ千恵蔵が『いれずみ判官』(遠山の金さん)を、右太衛門が『旗本退屈男』といったそれぞれシリーズ持ち月形龍之介『水戸黄門』大友柳太朗は『快傑黒頭巾』『丹下左膳』『右門捕物帖』、中村錦之助は『一心太助』『殿様弥次喜多『宮本武蔵』東千代之介は『鞍馬天狗』『雪之丞変化』、大川橋蔵『若さま侍捕物手帖』新吾十番勝負』の各シリーズ持ち加えて正月には『忠臣蔵』や『任侠清水港』『任侠東海道』『任侠中仙道』、お盆には『旗本退屈男』(1958年)『水戸黄門』(1960年)など歌舞伎顔見世のようにオールスターキャスト時代劇製作して1950年代後半(昭和30年代前半)は東映時代劇の黄金期であった。そしてこの量産時代の東映にあって作品作り続けた監督には伊藤大輔マキノ雅弘松田定次内田吐夢以外に田坂具隆佐々木康沢島忠加藤泰河野寿一工藤栄一、などがいた。

※この「東映」の解説は、「時代劇」の解説の一部です。
「東映」を含む「時代劇」の記事については、「時代劇」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「東映」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「東映」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「東映」の関連用語

東映のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



東映のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ZDNetZDNet
Copyright ASAHI INTERACTIVE, Inc. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの東映 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの日本映画 (改訂履歴)、時代劇 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS