美空ひばりとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 音楽家 > 歌手 > 日本の歌手 > 美空ひばりの意味・解説 

美空ひばり

作者マキノ雅裕

収載図書時代小説大全集 6 人物日本史 昭和
出版社新潮社
刊行年月1991.9
シリーズ名新潮文庫


美空ひばり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/15 15:41 UTC 版)

美空 ひばり(みそら ひばり、1937年昭和12年〉5月29日 - 1989年平成元年〉6月24日)は、日本歌手女優実業家神奈川県横浜市磯子区滝頭出身。横浜市立滝頭小学校、精華学園女子中学校・高等学校(現・東海大学付属市原望洋高等学校卒業


注釈

  1. ^ 磯子区杉田四丁目の横須賀街道に面した劇場で、日本飛行機の関連工場を改装したもの。建物の裏は海だった。なお2005年3月開館の区営ホール、横浜市磯子区民文化センター 杉田劇場とは別物であるが、ひばりデビュー公演のチラシなど旧劇場の関連資料を保存・展示している(杉田劇場の歴史)。
  2. ^ 戦後間もない当時は、警察の力が弱く、地回りへの挨拶は必要不可欠であった。
  3. ^ ひばり母子はこの記事を長く保存しハチローに敵愾心を持っていたと言われるが、後にハチローと和解している。
  4. ^ ただし、ひばりには既に1953年1月第3回の時点で、出演のオファーがかけられていたが、第3回は正月興行、その次の1953年12月第4回は年末の公演との兼ね合いから、ひばりサイドから出演を見送られた経緯があり、NHKにとっては3度目の「ラブコール」が実った形となった。
  5. ^ 当時、那覇を含む沖縄は日本本土から分離され、琉球政府を通じたアメリカ合衆国による沖縄統治が行われていた。
  6. ^ 元々はひばりのために書かれた曲ではなく、1960年に北見沢淳が歌った曲であった。
  7. ^ 岡田は1964年に東映京都撮影所所長に就任し、興行不振の続く時代劇から任侠映画に徐々に切り替えを行う(【訃報】“任きょう映画の父”が87歳で『私と東映』× 神先頌尚氏インタビュー(第3回 / 全4回)NBonlineプレミアム : 【岡田茂・東映相談役】テレビとXヤクザ、2つの映画で復活した)。ひばり主演の時代劇は安定した人気を保っていたが、1966年頃からひばり作品まで当たらなくなるほど深刻な状況に陥った(立松和平『映画主義者 深作欣二』文藝春秋、41頁)。やむを得ず、岡田がひばりに直接「ひばりちゃん、悪いがもう(ひばりちゃんの)映画は撮らんよ」と伝えた。ひばりは「これで私には映画の話は来なくなるわね」と寂しい顔をされ、岡田を困惑させた (『映画主義者 深作欣二』、41頁)。映画を通じての付き合いは無くなったが、岡田とひばりの交遊は生涯にわたって続き、ひばりは1989年に病状が悪化し、順天堂大学医学部附属順天堂医院に入院したが、これは岡田の広島高等学校時代からの親友で(サンケイスポーツ、1975年5月21日号、15頁、『沢島忠全仕事』、197、478–479頁)、同院の石井昌三(元順天堂堂主、理事長)の手引きによるもの(脇田巧彦著『特ダネ人脈 記者50年』2016年、埼玉新聞社、203頁)。岡田も系列の順天堂大学医学部附属練馬病院で亡くなっている。
  8. ^ 哲也は、1957年、小野透の芸名でひばりの全盛期には歌手デビューし、多くの東映映画に出演、主演を務めたこともあったが1962年に引退。元々ひばりの弟という売り込みでひばり関連の興行などで役者や間つなぎの歌手もこなしていたが、三代目山口組益田組(組長は益田佳於)の舎弟頭となっていた。翌1963年には賭博幇助容疑、賭博開帳図利等、1964年には拳銃不法所持、1966年には傷害、暴行、拳銃密輸、1972年には暴行で逮捕と刑事事件が続いていた。
  9. ^ 事実上は落選。この頃NHKには「ひばりを出すな」という苦情も多く来ており、また数年ヒット曲に乏しかったこともあって理事会ではほぼ満場一致で決まったという。
  10. ^ ただし、1979年の第30回には藤山一郎と特別出演、『ひばりのマドロスさん』、『リンゴ追分』、『人生一路』の3曲をメドレー形式で歌った。
  11. ^ 美空ひばりは当時12歳頃。主人公の男女がのど自慢大会を見物をしていたシーンでおよそ40秒出演していて、「涙の紅バラ」を歌っていた。映画会社が作品完成後倒産してしまい、行方不明であったが、神戸市にある神戸映画資料館が約40年前にフィルムを購入しており、文化庁の助成により内容を精査していたところ、2016年1月に出演が確認された。
  12. ^ 1974年第25回島倉千代子フランク永井がいずれも18回目の出場を果たし、更新。
  13. ^ ひばりのマドロスさん(2回目)・リンゴ追分人生一路のメドレー。

出典

  1. ^ 史上初の大調査 著名人100人が最後に頼った病院 あなたの病院選びは間違っていませんか”. 現代ビジネス (2011年8月17日). 2019年12月19日閲覧。
  2. ^ a b 全国歴史教育研究協議会 『日本史B用語集―A併記』(改訂版)山川出版社 (原著2009-3-30)。ISBN 9784634013025 
  3. ^ 新藤謙『美空ひばりとニッポン人』晩聲社、1998年、16-17頁
  4. ^ 美空ひばり公式完全データブック 角川書店 2011.6 ISBN 4-04-874203-5 p.16
  5. ^ 時事ドットコム
  6. ^ 想田正 『美空ひばりという生き方』青弓社、2009年、144頁。ISBN 978-4787272706 
  7. ^ 岡田茂〈ドキュメント東映全史〉 『多角化は進んでも東映の看板はやはり映画』 文・岡田茂」 『クロニクル東映 1947―1991』 2巻東映、1992年、2頁。 
  8. ^ a b c 岡田茂 『悔いなきわが映画人生 東映と、共に歩んだ50年』財界研究所、2001年、103-106頁。ISBN 4879320161 
  9. ^ a b 春日太一 『あかんやつら 東映京都撮影所血風録』文藝春秋、2013年、109-110頁。ISBN 4163768106 
  10. ^ a b 南部僑一郎「連載映画千一夜(8)新しい年のホープ」『キネマ旬報』1968年2月下旬号、キネマ旬報社、 68-69頁。
  11. ^ a b 東映株式会社映像事業部(企画・編集)「品田雄吉の東映映画史 第一期時代劇黄金時代 昭和29年~昭和31年 スター育成システムを確立した台頭期」 『東映映画三十年 あの日、あの時、あの映画』東映、1981年、58-59頁。 
  12. ^ a b c 脇田巧彦 (2011年11月2日). “最後の活動屋 岡田茂 映画こそ我が人生 実録!! 東映六十年(40) ひばり引き抜きに破格の条件”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社): p. 16 
  13. ^ 脇田巧彦 『特ダネ人脈 記者50年』埼玉新聞社、2016年、192-194頁。ISBN 9784878894503 
  14. ^ 高岩淡 『銀幕おもいで話』双葉社、2013年、47頁。 「本誌特別インタビュー 東映(株)高岩淡専務取締役 『ビデオやテレビも視野に入れ総合戦略で変革の時代に対応』」『映画時報』1993年3月号、映画時報社、 11頁。「東映(株)代表取締役社長・高岩淡 『映像3部門を映像本部に合体』...」『映画時報』1997年5月号、映画時報社、 5頁。山口組組長に一歩も引かず感心された東映「中興の祖」岡田茂
  15. ^ a b c 岡田茂〈ドキュメント東映全史〉 『多角化は進んでも東映の看板はやはり映画』 文・岡田茂 /ドキュメント東映全史1954(昭和29年)東映娯楽版スタート新スター錦之助・千代之介ブームに沸く」 『クロニクル東映 1947 - 1991』 2巻東映、1992年、1-4,18頁。 
  16. ^ a b c d 脇田巧彦 (2011年11月3日). “最後の活動屋 岡田茂 映画こそ我が人生 実録!! 東映六十年(41) ひばり結婚離婚、身内に不祥事”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社): p. 14 
  17. ^ a b ひばりと錦之助の恋の行方 | アサ芸プラス
  18. ^ 高岩淡 『銀幕おもいで話』双葉社、2013年、49-52頁。ISBN 4-5757-14-01-1 
  19. ^ a b 「一つの戦後風俗史 『落ちない太陽 美空ひばりの二十年』」『週刊朝日』1967年8月25日号、朝日新聞社、 111頁。
  20. ^ 岡田茂 『クロニクル東映 1947―1991』 1巻東映、1992年、97頁。 
  21. ^ 『高倉健 Ken Takakura 1956-2014』文藝春秋〈文春ムック〉、2015年、168-169頁。ISBN 978-4-16-008621-0 
  22. ^ 立松和平 『映画主義者 深作欣二』文藝春秋、2003年、41頁。ISBN 4-89036-181-2 
  23. ^ “高倉健「歌」と「旅」:言葉の本質を伝える低音の響き 「健さん」らしい、哀惜の情”. 毎日新聞. MANTANWEB (毎日新聞社). (2014年12月24日). オリジナルの2015年10月4日時点におけるアーカイブ。. https://megalodon.jp/2015-0818-1314-02/mainichi.jp/shimen/news/m20141224ddm010200038000c.html 2015年10月4日閲覧。 
  24. ^ 元最高幹部が明かす 「高倉健」と「山口組」の知られざる交流
  25. ^ a b c 笠原和夫「解題 『風流深川唄』 文・伊藤彰彦」 『笠原和夫傑作選 第一巻 博奕打ち 総長賭博―初期~任侠映画篇』国書刊行会、2018年、456-458頁。ISBN 978433606309-0 
  26. ^ 笠原和夫 『映画はやくざなり』新潮社、2003年、17頁。ISBN 978-4104609017 
  27. ^ a b c 小川順子「チャンバラ映画と大衆演劇の蜜月 : 美空ひばりが銀幕で果たした役割」『日本研究』33、国際日本文化研究センター、2006年10月31日、73-92頁
  28. ^ a b "LCBOX 「美空ひばり座」オープン!京都太秦に“引っ越し”"(アーカイブ〈ウェブ魚拓〉)2015年10月4日閲覧。)
  29. ^ a b 脇田巧彦 (2011年11月15日). “最後の活動屋 岡田茂 映画こそ我が人生 実録!! 東映六十年(48) 輝きの裏で悲しい出来事も”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社): p. 10 
  30. ^ 美空ひばりの主演作品 美空ひばり 思い出のあの曲を
  31. ^ a b c 山平重樹「第五章 落日の「栄光」」(日本語) 『実録 神戸芸能社 山口組・田岡一雄三代目と戦後芸能界』、取材・写真協力 田岡満(第1刷版)双葉社 (原著2009年11月22日)、260-262頁。ISBN 4575301728 
  32. ^ a b c 小林旭 『さすらい』 新潮社
  33. ^ a b c d e 実録 神戸芸能社 山口組・田岡一雄三代目と戦後芸能界、第五章 落日の「栄光」、267-271ページ。
  34. ^ a b c d e f g “【戦後史開封】(481) 美空ひばり(3)”. 産業経済新聞 (産業経済新聞社): p. 朝刊特集. (1995年12月21日) 
  35. ^ a b c d 大下英治 『美空ひばり 時代を歌う』新潮社、1989年、318-321頁。ISBN 4103654023 
  36. ^ a b c d e 東映黄金期時代劇 沢島忠の世界沢島忠インタビュー – CINEMATOPICS
  37. ^ a b c d 『沢島忠全仕事―ボンゆっくり落ちやいね』ワイズ出版、2001年、288-294,302-309頁。ISBN 978-4898300961 
  38. ^ 歴史|東映株式会社〔任侠・実録〕(Internet Archive)、『私と東映』 x 沢島忠&吉田達トークイベント(第1回 / 全2回)
  39. ^ 松島利行 『風雲映画城』 下巻講談社、1992年、107-108頁。ISBN 406206226-7 
  40. ^ BSジャパン「昭和は輝いていた~第1,2回美空ひばりがいた!」
  41. ^ 美空ひばり公式ウェブサイト » 1980年代” (日本語). 2020年1月25日閲覧。
  42. ^ 芸能生活40周年記念リサイタル そして、歌は、人生になった。 | ディスコグラフィ | 美空ひばり | 日本コロムビアオフィシャルサイト” (日本語). 日本コロムビア公式サイト. 2020年1月25日閲覧。
  43. ^ (日本語) 美空ひばり(1987), https://www.youtube.com/watch?v=v487m4PQE3w 2020年1月25日閲覧。 
  44. ^ 不死鳥 in TOKYO DOME(DVD)(2010年1月27日時点のアーカイブ) - コロムビアミュージックショップウェブサイト
  45. ^ プロジェクトX 挑戦者たち 美空ひばり 復活コンサート~伝説の東京ドーム・舞台裏の300人~(2011年9月24日時点のアーカイブ) - NHKアーカイブス
  46. ^ 毎日新聞』1989年12月9日付東京夕刊、1頁。
  47. ^ 松田聖子、オリコン史上最高額CDによるランクイン達成!!、ORICON NEWS、2006年7月27日 7:00。
  48. ^ 【オリコン】B’z、男性歌手史上最高額でアルバムTOP10、ORICON NEWS、2017年9月5日 4:00。
  49. ^ a b c 毎日新聞』1998年6月22日付大阪夕刊、1頁。
  50. ^ “「美空ひばり座」オープン!京都太秦に"引っ越し"”. SANSPO.COM(サンケイスポーツ. (2013年10月13日). オリジナルの2013年10月16日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20131016095822/http://www.sanspo.com/geino/news/20131013/oth13101305050016-n1.html 2013年10月13日閲覧。 
  51. ^ “美空ひばりさん記念館、目黒の自宅にオープン!”. SANSPO.COM(サンケイスポーツ. (2013年4月27日). オリジナルの2013年4月30日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20130430215003/http://www.sanspo.com/geino/news/20130427/oth13042705050009-n1.html 2013年5月30日閲覧。 
  52. ^ 美空ひばり記念館オープン 目黒の自宅を一部公開共同通信社
  53. ^ よみがえる“不死鳥”中日スポーツ、1999年2月9日。(インターネットアーカイブのキャッシュ)
  54. ^ “美空ひばり:「さくらの唄」の未発売音源シングル見つかる 誕生日の5月29日に発売”. MANTANWEB. (2016年5月21日). http://mantan-web.jp/2016/05/21/20160520dog00m200060000c.html 2016年5月23日閲覧。 
  55. ^ 美空ひばりさん、1億枚を突破 レコードなど累計出荷枚数、産経ニュース、2019年5月29日 18:15。
  56. ^ a b 美空ひばりさん、CDなど1億1700万枚売り上げ 平成経て大台超え、毎日新聞2019年5月29日 19時46分(最終更新 5月29日 19時53分)。
  57. ^ a b 美空ひばり生涯売上1億枚「うれしい限り」長男社長、日刊スポーツ、2019年5月29日17時30分。
  58. ^ 美空ひばりの新曲ライブの実現を支援 あの歌声を当社最新の歌声合成技術『VOCALOID:AI™』で再現 「NHKスペシャル AIでよみがえる美空ひばり(仮)」に技術協力
  59. ^ NHKスペシャル AIでよみがえる美空ひばり(仮)
  60. ^ 美空ひばり(AI歌唱)、MV公開。紅白使用の3Dひばり映像がいち早く登場
  61. ^ a b ソニー・マガジンズ刊 『WHAT's IN?』 1989年9月号91Pより。
  62. ^ 脇田巧彦 (2011年11月15日). “最後の活動屋 岡田茂 映画こそ我が人生 実録!! 東映六十年(48) 輝きの裏で悲しい出来事も”. 埼玉新聞 (埼玉新聞社): p. 10 
  63. ^ 脇田巧彦 『特ダネ人脈 記者50年』埼玉新聞社、2016年、197-199頁。ISBN 9784878894503 
  64. ^ 『俺のどうにか人生 美空ひばり秘話』嘉山登一郎 近代映画社 1990年
  65. ^ 新宿コマ劇場 公演年譜1970年(2007年10月25日時点のアーカイブ
  66. ^ ザ・スター リバイバル』 第4回(BSフジ 2013年11月9日)放送分 加藤和也コメントより
  67. ^ 『今だから話せる都営地下鉄の秘密』洋泉社、2011106、170頁。 
  68. ^ 宇野俊一ほか編 『日本全史(ジャパン・クロニック)』 講談社、1991年、1095頁。ISBN 4-06-203994-X
  69. ^ a b 美空ひばりさん 生涯売上枚数が1億枚を突破…1位は「川の流れのように」、デイリースポーツ、2019年5月29日。
  70. ^ 日本映画情報システム
  71. ^ 幻のひばり映画を発見 神戸、スター前夜の姿 産経フォト 2016年6月14日
  72. ^ 泣き笑いのマンボ 歌詞 参照。
  73. ^ ロマンチックなキューピット 歌詞 参照。
  74. ^ 田舎の子 歌詞 参照。
  75. ^ 花のいのち 歌詞 参照。
  76. ^ 木場の女 歌詞 参照。
  77. ^ 夢ひとり 歌詞 参照。
  78. ^ AI美空ひばり、新曲「あれから」CD&カセット&配信。「川の流れのように」以来30年ぶり
  79. ^ NHK紅白歌合戦に、AI技術で復活した美空ひばり出場。秋元康プロデュースの新曲披露,AV Watch,2019年11月14日
  80. ^ 合田道人『紅白歌合戦の舞台裏』、185頁。
  81. ^ 放送ライブラリー 番組ID:000396
  82. ^ 放送ライブラリー 番組ID:001486
  83. ^ 幾山河は越えたけど-昭和のこころ・古賀政男 - テレビドラマデータベース
  84. ^ 放送ライブラリー 番組ID:003515
  85. ^ 放送ライブラリー 番組ID:002412
  86. ^ 放送ライブラリー 番組ID:004477
  87. ^ 放送ライブラリー 番組ID:003208
  88. ^ 放送ライブラリー 番組ID:002010
  89. ^ 放送ライブラリー 番組ID:001986
  90. ^ 放送ライブラリー 番組ID:002111
  91. ^ 放送ライブラリー 番組ID:004043
  92. ^ 放送ライブラリー 番組ID:004044
  93. ^ 放送ライブラリー 番組ID:004045
  94. ^ 放送ライブラリー 番組ID:006213
  95. ^ 放送ライブラリー 番組ID:001997
  96. ^ 放送ライブラリー 番組ID:001998
  97. ^ 放送ライブラリー 番組ID:001999
  98. ^ 放送ライブラリー 番組ID:001093
  99. ^ 放送ライブラリー 番組ID:F23036
  100. ^ 美空ひばりトレジャーズ



美空ひばり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 23:52 UTC 版)

親しかった報知新聞社長から勧誘を受け、コンサート観ているその後清張はひばりに歌を作詞する約束をし、「雑草の歌」というタイトル資料集めを実施内容検討していたが、ひばりの死(1989年)により実現せず終わった

※この「美空ひばり」の解説は、「松本清張」の解説の一部です。» 「松本清張」の概要を見る


美空ひばり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 23:52 UTC 版)

親しかった報知新聞社長から勧誘を受け、コンサート観ているその後清張はひばりに歌を作詞する約束をし、「雑草の歌」というタイトル資料集めを実施内容検討していたが、ひばりの死(1989年)により実現せず終わった

※この「美空ひばり」の解説は、「松本清張」の解説の一部です。» 「松本清張」の概要を見る


美空ひばり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/05 23:52 UTC 版)

親しかった報知新聞社長から勧誘を受け、コンサート観ているその後清張はひばりに歌を作詞する約束をし、「雑草の歌」というタイトル資料集めを実施内容検討していたが、ひばりの死(1989年)により実現せず終わった

※この「美空ひばり」の解説は、「松本清張」の解説の一部です。» 「松本清張」の概要を見る


美空ひばり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 07:45 UTC 版)

とんねるずは美空ひばりとも生前親交が非常に深く、「お嬢」「タカ」「ノリ」と呼び合う間柄だった。 両者出会いきっかけは、とんねるず大ファンだったひばり息子加藤和也(現:ひばりプロ社長)の誕生会2人呼ばれたことである。その後も『とんねるずのオールナイトニッポン』にひばりが急遽飛び入り出演しとんねるず出演していた同番組の生放送中にひばり本人から電話が入るなどの過去もある。 彼らが出演していた番組見てたひばりから放送終了後に2人の元へ電話かかってきて、深夜にも拘らずひばりの自宅呼び出され11時頃から番組内での行き過ぎたパフォーマンスに対して説教受けたことがあるその際にはひばりのコンサートビデオを延々と見させられ、ひばりが席をはずすなり石橋ビデオ早送りして何とか見終わったと思いきや、そのビデオ上巻で、続けて下巻ビデオ結局翌朝5時頃まで見させられたというエピソードがある。 1988年東京ドーム単独コンサート第一号として、不死鳥コンサートが行われ、政界芸能界から沢山の有名人駆けつけていた中、とんねるず来ており石橋隣に居た木梨感動泣くところを見られくなかったので、必死に我慢していたがついに堪え切れず涙腺崩壊しかけ、「ヤバい」と隣の木梨見たところ木梨の方先に号泣していたという。石橋はひばりに『(芸歴は)売れてから数えなさい』と言われ以来、「雨の西麻布」がヒットした1985年から芸歴としてカウントすることがある

※この「美空ひばり」の解説は、「とんねるず」の解説の一部です。» 「とんねるず」の概要を見る


美空ひばり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 06:46 UTC 版)

川の流れのように」(1989年) - 本人の没後ランクインしている。1989年8月31日、「今週のスポットライトコーナーで、生前のひばり自身歌唱披露していた、1989年昭和64年1月4日TBS放映特別番組春一番!熱唱美空ひばり ~いま誓い新たに燃え不死鳥25!!~」からの映像流していた。また、初登場サイン上述石原裕次郎同じく生前宣材写真署名加えたものが提供された。それから2週間後の9月14日に第10位へ唯一のランクこの日にも上記特番動画再放送する。なお、没後ベストテン入りした歌手上述石原裕次郎以来2年振り2人目の出来事だった。

※この「美空ひばり」の解説は、「ザ・ベストテン」の解説の一部です。» 「ザ・ベストテン」の概要を見る


美空 ひばり

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 02:46 UTC 版)

詳細は「美空ひばり」を参照 愛称: 「お嬢」「歌謡界女王」「昭和の歌姫」など 本名加藤 和枝 生年月日1937年5月29日 没年月日1989年6月24日 配偶者: なし(1962年小林旭俳優・歌手)と結婚1964年離婚子供長男養子)・加藤和也実業家1949年に「河童ブギウギ」で歌手デビュー同年悲しき口笛」がヒットし一躍スターとなる。以後も、「東京キッド「リンゴ追分」お祭りマンボ」「港町十三番地」など立て続けブレイク1954年第5回NHK紅白歌合戦に「ひばりのマドロスさん」で初出場1972年までに通17出場しそのうち13トリ務める。1965年には、「柔」で第7回日本レコード大賞受賞その後も、「悲しい酒」真赤な太陽」とミリオンセラー記録する大ヒット曲を連発し、「歌謡界女王」の地位不動のものにした。しかし、1987年慢性肝炎特発性大腿骨頭壊死症により緊急入院。約3か月間療養後一旦退院するも、1989年再入院同年突発性間質性肺炎症状悪化による呼吸不全のため52歳没した死後女性としては初となる国民栄誉賞追贈された。

※この「美空 ひばり」の解説は、「三人娘 (1955-)」の解説の一部です。» 「三人娘 (1955-)」の概要を見る

ウィキペディア小見出し辞書はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



美空ひばりと同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

美空ひばりのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



美空ひばりのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの美空ひばり (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの松本清張 (改訂履歴)、松本清張 (改訂履歴)、松本清張 (改訂履歴)、とんねるず (改訂履歴)、ザ・ベストテン (改訂履歴)、三人娘 (1955-) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS