福岡市とは?

福岡市

読み方:フクオカシ(fukuokashi)

所在 福岡県

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

福岡市

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/09/12 06:22 UTC 版)

福岡市(ふくおかし)は、福岡県の西部に位置し、近畿地方以西の西日本では2番目、全国では5番目の人口(157万7973人、2018年8月1日現在)を擁する。福岡県の県庁所在地であり、政令指定都市である。




  1. ^ 世界の都市総合力ランキング(GPCI) 2016 森記念財団都市戦略研究所 2016年11月2日閲覧。
  2. ^ 福岡城の名称は、黒田氏の故地・備前福岡に由来する。
  3. ^ 都会生活研究プロジェクト『博多ルール』2010年2月24日発行
  4. ^ 福岡市史編集委員会 『新修福岡市史特別編自然と遺跡からみた福岡の歴史』 福岡市、2015年、17頁。ISBN 978-4-907395-06-3
  5. ^ 福岡人文社企画制作室 『グランドまちず』 福岡人文社、2003年、32頁。ISBN 4933139021218。
  6. ^ 平年値(年・月ごとの値)”. 気象庁. 2012年8月4日閲覧。
  7. ^ 観測史上1~10位の値(年間を通じての値)”. 気象庁. 2018年7月22日閲覧。
  8. ^ いずれも2018年4月1日時点の推計人口
  9. ^ 武野要子 『カラー版福岡アジアに開かれた交易のまちガイド』 岩波書店、2007年、p.138。ISBN 9784005005529
  10. ^ 平成17年度実績で政令都市(東京都区部を含む)のうち、東京都区部(47.9%)、広島市(23.1%)、大阪市(22.6%)に次ぐ第4位(20.4%)。出典:平成18年度達成度報告書・平成19年度業績計画書(2007.6.29) 【施策-13】無電柱化による都市景観向上
  11. ^ この他、福岡を称する駅として当市外では富山県高岡市(旧西礪波郡福岡町)にあいの風とやま鉄道線福岡駅がある
  12. ^ 小学館 『平成大合併日本新地図』 小学館、2005年、346頁。ISBN 4095260653
  13. ^ 学生数の多い大学 私立大 (PDF) 旺文社 2013年4月12日 2015年2月17日閲覧。
  14. ^ “あの『妖怪ウォッチ』も博多生まれ 福岡のコンテンツ企業が「強い」理由とは?(2/2)”. dot. (朝日新聞出版). (2014年9月25日). http://dot.asahi.com/dot/2014092500020.html?page=2 2015年2月17日閲覧。 
  15. ^ “北海道は東京・港区より出生率低?東京一極集中是正で出生率&一人当たりGDP上昇の嘘”. Business Journal. (2015年2月17日). http://biz-journal.jp/2015/02/post_8953.html 2015年2月17日閲覧。 
  16. ^ 大都市比較統計年表 > 人口(大阪市)
  17. ^ 平成27年国勢調査 調査の結果総務省統計局
  18. ^ 柳 猛直 『福岡歴史探訪東区編』 海鳥社、1995年、14-16頁。ISBN 4874150969
  19. ^ 柳猛直 『福岡歴史探訪』 海鳥社、1993.10-1996.4、194ページ。ISBN 4874150551
  20. ^ 宮崎克典・福岡アーカイブ研究会編 『古地図の中の福岡・博多』、2005年、150頁。ISBN 9784874145548
  21. ^ 福岡市議会史の編さん”. 福岡市議会. 2014年7月9日閲覧。
  22. ^ フランシスコ・ザビエルは平戸より山口に至る旅の途中、天文19年9月下旬(グレゴリオ暦1550年11月中旬)に、博多にある巨大な寺院を訪問した。 『フロイス日本史豊後篇1』50頁~59頁 (昭和53年(1978年)8月20日発行 訳者:松田毅一川崎桃太 発行所:中央公論社)
  23. ^ 『フロイス日本史 6 豊後篇1』209頁、219頁 (昭和53年(1978年)8月20日発行 訳者:松田毅一、川崎桃太 発行所:中央公論社)
  24. ^ 『フロイス日本史 10 西九州篇2』178頁、182頁 (昭和54年(1979年)9月20日発行 訳者:松田毅一、川崎桃太 発行所:中央公論社)
  25. ^ 図典 日本の市町村章 p205
  26. ^ 詳細は都道府県庁所在地と政令指定都市の人口順位#1920年(大正9年)の人口順位を参照。
  27. ^ ふくおか市政だよりWEB版(2016年2月15日号)
  28. ^ 博多駅前の道路30m陥没、大量の水流入 地下鉄工事中 朝日新聞(2016年11月8日)2016年11月15日閲覧
  29. ^ 博多駅前陥没、発生1週間で復旧 賠償金、年内にも仮払い 西日本新聞(2016年11月15日)2016年11月15日閲覧[リンク切れ]
  30. ^ アジア初開催!ルイ・ヴィトン・アメリカズカップ・ワールドシリーズ 11月18日~20日 福岡大会(福岡市中央区地行浜) 福岡市公式ホームページ(2016年11月11日)2016年11月18日閲覧
  31. ^ 「山・鉾・屋台」無形遺産に 博多山笠や戸畑祇園など九州5件も ユネスコが決定西日本新聞(2016年12月1日)2016年12月1日閲覧[リンク切れ]
  32. ^ a b 福岡高等裁判所「庁舎移転及び業務開始日のお知らせについて」(2018年6月6日)
  33. ^ 石滝豊美 『福岡県の歴史シリーズ 図説福岡・宗像・糸島の歴史』 郷土出版社、2008年3月、26頁。ISBN 9784876639465
  34. ^ 調 福男・渕 浩子 『博学博多200 増補改訂版』 西日本新聞社、2014年、376頁。ISBN 978-4-8167-0881-7
  35. ^ 鳥居達也 (2017年6月30日). “天然マダイ漁獲、5年連続日本一 糸島市、ブランド化向け課題も”. 朝日新聞 (朝日新聞社): p. 朝刊 福岡版 
  36. ^ 広島都市圏に必要なことを考える〜札幌・仙台・広島・福岡4つの中枢都市圏の比較から〜 (国土交通省中国地方整備局、2005年)(pdfファイル)より
  37. ^ 福岡市営地下鉄 / 西鉄バス バスターミナル併設の拠点駅を整備(産経新聞2013年3月11日)
  38. ^ (天神から薬院新川沿いに南下、平尾の小山および鴻巣山山地を2本のトンネルで抜け、寺塚・長住方面に出る)
  39. ^ JNTO(国際観光振興機構)訪日外客数・出国日本人数(2007年確定値)(pdfファイル)20p入国港 / 月別 外国人正規入国者数、21p出国港/月別 日本人出国者数より
  40. ^ 『橋本駅循環バス』を期間限定で運行します! (PDF) - 西日本鉄道、2011年10月19日
  41. ^ 地域と公共交通をつなぐ新たな循環バス「橋本駅循環ミニバス」平成25年12月1日(日)~平成26年5月31日(土) 期間限定運行 (PDF) - 西日本鉄道、2013年11月15日
  42. ^ 『美和台コミュニティバス』を期間限定で運行します! (PDF) - 西日本鉄道・美和台校区自治協議会、2012年2月22日
  43. ^ 『美和台コミュニティバス』 運行再開 (PDF) - 西日本鉄道・美和台校区自治協議会、2013年3月26日
  44. ^ 福岡市総務企画局企画調整部統計調査課 『福岡市統計書 第55回(平成28年版)』 福岡市総務企画局企画調整部統計調査課、2017年、147頁。ISBN ISBN番号。



福岡市

出典:『Wiktionary』 (2008/02/24 01:28 UTC 版)

固有名詞

ふくおかし)

  1. 福岡県県庁所在地政令指定都市

由来






固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「福岡市」の関連用語

1
98% |||||

2
98% |||||

3
98% |||||

4
98% |||||

5
98% |||||

6
98% |||||

7
98% |||||

8
98% |||||

9
98% |||||

10
98% |||||

福岡市のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



福岡市のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの福岡市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの福岡市 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2018 Weblio RSS