2019新型コロナウイルスとは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > ウィキペディア小見出し辞書 > 2019新型コロナウイルスの意味・解説 

SARSコロナウイルス2

(2019新型コロナウイルス から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2024/05/24 01:47 UTC 版)

SARSコロナウイルス2[注釈 1](サーズコロナウイルスツー、英語: severe acute respiratory syndrome coronavirus 2、略称: SARS-CoV-2)は、新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) [2]の原因となる、SARS関連コロナウイルス (SARSr-CoV) に属するコロナウイルスである[3]日本国家機関や主要な報道機関は「新型コロナウイルス」と呼称しており[4][5]、「新型コロナ」や単に「コロナ」と省略される場合もある[5][6][7][8]


注釈

  1. ^ 和名には表記ゆれがあり定まっていない。表記の例は#名称を参照。
  2. ^ 後述のとおり国際ウイルス分類委員会によって「SARS-CoV-2」と正式に命名されているが、混乱を避けるため、それ以前に公開されたWHOの資料は「2019-nCoV」のまま変更しないとしている。また、“SARS”という呼称はアジアなどで2003年に流行した重症急性呼吸器症候群をイメージさせるため、WHOは便宜的に「COVID-19の原因となるウイルス」または「COVID-19ウイルス(COVID-19 virus)」という呼称も使用している[1]
  3. ^ オルトコロナウイルス亜科#ベータコロナウイルス属を参照。
  4. ^ アミノ酸の略号はタンパク質を構成するアミノ酸#化学的性質を参照。

出典

  1. ^ a b c d Naming the Coronavirus Disease (COVID-19) and the Virus That Causes It”. 世界保健機構 (WHO). 2020年6月25日閲覧。/ WHO非公式日本語訳(2020年5月7日):新型コロナウイルス感染症(COVID-19)とその原因となるウイルスの命名について (PDF)
  2. ^ Coronavirus disease named Covid-19 BBC NEWS 2020年2月12日
  3. ^ a b c d Severe acute respiratory syndrome-related coronavirus: The species and its viruses - a statement of the Coronavirus Study Group (PDF) - ICTV (February 11, 20)
  4. ^ a b 新型コロナウイルスに関するQ&A(一般の方向け)”. 厚生労働省. 2020年4月24日閲覧。
  5. ^ a b c 特設サイト 新型コロナウイルス”. NHK. 2020年4月24日閲覧。
  6. ^ a b 新型コロナウイルス”. 日本経済新聞. 2020年4月24日閲覧。
  7. ^ 新型コロナウイルス情報”. 読売新聞. 2020年4月24日閲覧。[リンク切れ]
  8. ^ 新型コロナ”. 産経新聞 (産経ニュース). 2020年4月24日閲覧。
  9. ^ “A pneumonia outbreak associated with a new coronavirus of probable bat origin”. Nature: 1-4. (February 2020). doi:10.1038/s41586-020-2012-7. PMID 32015507. https://www.nature.com/articles/s41586-020-2012-7. 
  10. ^ 内村直之, 「「新型コロナウイルスを考える」を考える」『科学技術コミュニケーション』 27号 p.7-20(p.9) , 北海道大学 高等教育推進機構 オープンエデュケーションセンター 科学技術コミュニケーション教育研究部門(CoSTEP), doi:10.14943/93062, NAID 120006826269
  11. ^ 世界の新型コロナウイルス変異株流行状況 - 東京都健康安全研究センター 、2022年8月16日閲覧。
  12. ^ “Analysis of therapeutic targets for SARS-CoV-2 and discovery of potential drugs by computational methods”. Acta Pharmaceutica Sinica B. (February 2020). doi:10.1016/j.apsb.2020.02.008. 
  13. ^ a b c Coronavirus Study Group (11 February 2020) (PDF). Severe acute respiratory syndrome-related coronavirus: The species and its viruses. doi:10.1101/2020.02.07.937862. https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2020.02.07.937862v1.full.pdf 2020年2月12日閲覧。. 
  14. ^ Epidemiology of COVID-19 Among Children in China”. American Academy of Pediatrics. 2020年5月4日閲覧。
  15. ^ Surveillance case definitions for human infection with novel coronavirus (nCoV)” (英語). WHO/IRIS (apps.who.int/iris) (2020年1月10日). 2020年5月13日閲覧。
  16. ^ Kelly Young (2020年1月10日). “Novel coronavirus (2019-nCoV), Wuhan, China”. CDC (www.cdc.gov). 2020年1月16日閲覧。
  17. ^ a b Jasmine Taylor-Coleman (2020年2月5日). “新型コロナウイルス、正式名称はどうやって決まるのか”. 英国放送協会 (BBC) News Japan. https://www.bbc.com/japanese/features-and-analysis-51381734 2020年2月6日閲覧。 
  18. ^ About Coronavirus Disease 2019 (COVID-19)” (英語). 厚生労働省. 2020年5月4日閲覧。
  19. ^ 新型コロナウイルス感染症に関するレファレンス業務関連文書”. 国立感染症研究所. 2020年5月5日閲覧。
  20. ^ 2019-nCoV遺伝子検査方法について”. 国立感染症研究所. 2020年5月5日閲覧。
  21. ^ 新型コロナウイルス(2019-nCoV) IgG/IgM 迅速検査キット(コロナキット)試験研究用に販売開始”. アークエイム株式会社 (2020年3月23日). 2020年5月5日閲覧。
  22. ^ 2019-nCoV検出用 リアルタイムPCRキット”. 関東化学株式会社. 2020年5月5日閲覧。
  23. ^ 国内初、新型コロナウイルス検査キット(RT-PCR法)の薬事承認を取得”. シスメックス株式会社 (2020年3月27日). 2020年5月5日閲覧。
  24. ^ NEJM Journal Watch: Summaries of and commentary on original medical and scientific articles from key medical journals”. www.jwatch.org. NEJM Group (2020年2月12日). 2020年2月12日閲覧。
  25. ^ International Committee on Taxonomy of Viruses (ICTV)” (英語). International Committee on Taxonomy of Viruses (ICTV). 2020年2月12日閲覧。
  26. ^ COVID-19 | SARS-CoV-2 Coronavirus Portal” (英語). Global Biodefense. 2020年2月12日閲覧。
  27. ^ コロナウイルスと急性呼吸器症候群(COVID-19、MERS、SARS) - 16. 感染症”. MSDマニュアル家庭版. 2020年6月23日閲覧。
  28. ^ 「学校、幼稚園、保育所において予防すべき感染症の解説」(2020年5月改訂版)” (PDF). 日本小児科学会(予防接種・感染症対策委員会). 2020年6月23日閲覧。
  29. ^ 一ノ瀬 俊明他 (2020-05-07). “時空間ランダムウォークモデルによる感染対策の検証” (PDF). Discussion Paper Series (社会環境システム研究センター(国立研究開発法人国立環境研究所)): 2020-02. https://www.nies.go.jp/social/dp/pdf/jqjm1000000n00l8-att/2020_02.pdf. 
  30. ^ “アストラゼネカのアカラブルチニブ (Calquence)、新型コロナウイルス感染症19例の入院患者さんの大多数において有望な臨床効果を示す”. 時事通信. (2020年6月12日). https://web.archive.org/web/20200623151931/https://www.jiji.com/jc/article?k=000000210.000024308&g=prt 2020年6月23日閲覧。 
  31. ^ 神谷亘「コロナウイルスの基礎」『ウイルス』第70巻第1号、日本ウイルス学会、2020年、29-36頁。 
  32. ^ 氏家誠「新型コロナウイルスの特性と病原性──“正しく恐れる”ための四つのポイント」『化学』第75巻第4号、化学同人、2020年、43 - 47頁。 
  33. ^ 川名 明彦他 (2003-05-20). “重症急性呼吸器症候群 (SARS; Severe Acute Respiratory Syndrome) に関する知見”. 感染症学雑誌 77 (5): 303-309. https://doi.org/10.11150/kansenshogakuzasshi1970.77.303. 
  34. ^ 重症急性呼吸器症候群コロナウイルス2(SARS-CoV-2):最新情報 - Bibgraph(ビブグラフ)
  35. ^ 宮沢孝幸 (2020年5月14日). “すべての起源は動物だが…人間のウイルスはどこから来たか”. 日刊ゲンダイヘルスケア. 2020年8月3日閲覧。
  36. ^ 宮沢孝幸 (2020年6月12日). “比較コロナウイルス学からのアプローチ” (PDF). 大阪府コロナウイルス対策専門家会議. 2020年8月3日閲覧。
  37. ^ 新型コロナウイルス感染症について”. www.mhlw.go.jp. 厚生労働省 (日本). 2020年3月26日閲覧。
  38. ^ Novel Coronavirus (2019-nCoV), Situation Report -22” (pdf) (英語). World Health Organization (WHO) (2020年2月11日). 2020年2月12日閲覧。
  39. ^ Stop the Wuhan virus” (英語). Nature (2020年1月21日). 2020年1月22日閲覧。
  40. ^ 麻生財務相「武漢ウイルスというのが」「武漢ウイルスなるもの」「武漢ウイルスが...」国会、会見で連発”. J-CASTニュース (2020年3月10日). 2020年3月11日閲覧。
  41. ^ Trump Defends Using ‘Chinese Virus’ Label, Ignoring Growing Criticism” (英語). The New York Times (2020年3月19日). 2020年3月20日閲覧。
  42. ^ US push to include 'Wuhan virus' language in G7 joint statement fractures alliance” (英語). CNN (2020年3月26日). 2020年3月27日閲覧。
  43. ^ WHO issues best practices for naming new human infectious diseases” (英語). 世界保健機関 (2015年5月8日). 2024年5月24日閲覧。
  44. ^ Pneumonia of unknown cause - China. Disease outbreak news”. World Health Organization (2020年1月5日). 2020年1月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年1月6日閲覧。
  45. ^ 新型コロナウイルスや医学・生命科学全般に関する最新情報」『』東京都医学総合研究所、2023年3月14日。
  46. ^ “China confirms human-to-human transmission of new coronavirus”. CBC News. (2020年1月20日). https://www.cbc.ca/news/health/coronavirus-human-to-human-1.5433187 2020年1月21日閲覧。 
  47. ^ “WHO says new China coronavirus could spread, warns hospitals worldwide” (英語). Reuters. (2020年1月14日). https://www.reuters.com/article/us-china-health-pneumonia-who-idUSKBN1ZD16J 2020年1月21日閲覧。 
  48. ^ Landauro, Nathan Allen, Inti (2020年6月26日). “Coronavirus traces found in March 2019 sewage sample, Spanish study shows” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/article/us-health-coronavirus-spain-science-idUSKBN23X2HQ 2021年1月24日閲覧。 
  49. ^ Vagnoni, Giselda (2020年11月16日). “Researchers find coronavirus was circulating in Italy earlier than thought” (英語). Reuters. https://www.reuters.com/article/health-coronavirus-italy-timing-idUSKBN27W1J2 2021年1月24日閲覧。 
  50. ^ “Probable Pangolin Origin of SARS-CoV-2 Associated with the COVID-19 Outbreak”. Current Biology 30: 1-6. (19 March 2020). doi:10.1016/j.cub.2020.03.022. PMID 32197085. 
  51. ^ “A Novel Coronavirus from Patients with Pneumonia in China, 2019”. New England Journal of Medicine 382 (8): 727-733. (January 2020). doi:10.1056/NEJMoa2001017. PMID 31978945. 
  52. ^ doi: 10.1038/s41564-020-0771-4,Evolutionary origins of the SARS-CoV-2 sarbecovirus lineage responsible for the COVID-19 pandemic,Maciej F. Boni, Philippe Lemey, Xiaowei Jiang, Tommy Tsan-Yuk Lam, Blair W. Perry, Todd A. Castoe, Andrew Rambaut & David L. Robertson,Nature Microbiology volume 5, pages 1408–1417 (2020),ダイジェストNature Microbiology2020年7月28日
  53. ^ 袁國勇:武漢新冠狀病毒80%與沙士相似 疑源自蝙蝠” (中国語). on.cc東網 (2020年1月11日). 2020年1月16日閲覧。
  54. ^ Severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 isolate Wuhan-Hu-1, complete genome Nucleotide Database 2022年2月10日閲覧。
  55. ^ 中国疾病预防控制中心”. www.chinacdc.cn. 2020年1月9日閲覧。
  56. ^ “New-type coronavirus causes pneumonia in Wuhan: expert”. Xinhua. (2020年1月9日). http://www.xinhuanet.com/english/2020-01/09/c_138690570.htm 2020年1月9日閲覧。 
  57. ^ a b CoV2020”. platform.gisaid.org. 2020年1月12日閲覧。
  58. ^ Initial genome release of novel coronavirus”. Andrew Rambaut. 2020年1月16日閲覧。
  59. ^ Wuhan seafood market pneumonia virus isolate Wuhan-Hu-1, complete genome”. National Center for Biotechnology Information. 2020年1月16日閲覧。
  60. ^ Troy Day; Sylvain Gandon, Sébastien Lion, Sarah P. Otto (2020 Aug 3). On the evolutionary epidemiology of SARS-CoV-2. 30. Curr Biol.. pp. R849–R857. doi:10.1016/j.cub.2020.06.031. https://www.cell.com/current-biology/fulltext/S0960-9822(20)30847-2 2020年8月14日閲覧。. 
  61. ^ Chen N, Zhou M, Dong X, Qu J, Gong F, Han Y, Qiu Y, Wang J, Liu Y, Wei Y, Sia J, You T, Zhang X, Zhang L (2020-03-14). “Epidemiological and clinical characteristics of 99 cases of 2019 novel coronavirus pneumonia in Wuhan, China: a descriptive study”. Lancet 395 (10223): 507-513. doi:10.1016/S0140-6736(20)30211-7. 
  62. ^ a b c “Analysis of therapeutic targets for SARS-CoV-2 and discovery of potential drugs by computational methods”. Acta Pharmaceutica Sinica B. (February 2020). doi:10.1016/j.apsb.2020.02.008. 
  63. ^ “Coronaviruses: an overview of their replication and pathogenesis”. Methods in Molecular Biology (Springer) 1282: 1-23. (2015). doi:10.1007/978-1-4939-2438-7_1. ISBN 978-1-4939-2438-7. PMC 4369385. PMID 25720466. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC4369385/. "See Table 1." 
  64. ^ a b Ahmed SF, Quadeer AA, McKay MR (Feb. 2020). “Preliminary Identification of Potential Vaccine Targets for the COVID-19 Coronavirus (SARS-CoV-2) Based on SARS-CoV Immunological Studies.”. Viruses 12 (3). doi:10.3390/v12030254. 
  65. ^ Another Decade, Another Coronavirus Stanley Perlman (2020年2月20日)2022年2月10日閲覧。
  66. ^ a b c d 板倉龍「猛威を振るう「新型コロナウイルス」」ニュートン2020年4月号
  67. ^ “Correspondence: The proximal origin of SARS-CoV-2”. Nature Medicine: 1-3. (17 March 2020). doi:10.1038/s41591-020-0820-9. オリジナルの2020年3月18日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200318001738/https://www.nature.com/articles/s41591-020-0820-9 2020年4月8日閲覧。. 
  68. ^ Coutard, B., et a;. (2020). “The spike glycoprotein of the new coronavirus 2019-nCoV contains a furin-like cleavage site absent in CoV of the same clade.”. Antiviral Res. 176 (104742). doi:10.1016/j.antiviral.2020.104742. 
  69. ^ 新型コロナウイルスの感染を増強する抗体を発見 -COVID-19の重症化に関与する可能性-” (PDF). 大阪大学微生物病研究所 (2021年5月21日). 2021年8月16日閲覧。
  70. ^ 新型コロナウイルス抗原について”. 京都大学 ウイルス・再生医科学研究所 (2020年11月5日). 2021年8月16日閲覧。
  71. ^ 竹田 誠 (国立感染症研究所) (2021年8月16日). “新型コロナウイルスSARS-CoV-2の宿主プロテアーゼによる開裂活性化”. 日本病態プロテアーゼ学会. 2021年8月16日閲覧。
  72. ^ Markus Hoffmann,Hannah Kleine-Weber and Stefan Pohlmann (2020-05-21). “A Multibasic Cleavage Site in the Spike Protein of SARS-CoV-2 Is Essential for Infection of Human Lung Cells” (PDF). Molecular Cell,78 (Elsevier Inc.). doi:10.1016/j.molcel.2020.04.022. https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pmc/articles/PMC7194065/pdf/main.pdf 2021年8月16日閲覧。. 
  73. ^ Menachery et al. (2021年1月25日). “Loss of furin cleavage site attenuates SARS-CoV-2 pathogenesis”. Nature Research. 2021年8月20日閲覧。
  74. ^ McCaul et al. (2021年8月1日). “THE ORIGIN OF COVID-19: An Investigation of the Wuhan Institute of Virology”. United States House Foreign Affairs Committee Minority Staff. 2021年8月2日閲覧。
  75. ^ “Early Transmission Dynamics in Wuhan, China, of Novel Coronavirus-Infected Pneumonia”. New England Journal of Medicine. (January 2020). doi:10.1056/NEJMoa2001316. PMID 31995857. 
  76. ^ “Pattern of early human-to-human transmission of Wuhan 2019 novel coronavirus (2019-nCoV), December 2019 to January 2020”. Euro Surveill. 25 (4). (January 2020). doi:10.2807/1560-7917.ES.2020.25.4.2000058. PMID 32019669. 
  77. ^ Liu, Tao; Hu, Jianxiong; Kang, Min; Lin, Lifeng (25 January 2020). “Transmission dynamics of 2019 novel coronavirus (2019-nCoV)”. bioRxiv. doi:10.1101/2020.01.25.919787. 
  78. ^ Read, Jonathan M.; Bridgen, Jessica RE; Cummings, Derek AT; Ho, Antonia; Jewell, Chris P. (28 January 2020). “Novel coronavirus 2019-nCoV: early estimation of epidemiological parameters and epidemic predictions”. MedRxiv. doi:10.1101/2020.01.23.20018549. License:CC-BY-NC-ND 4.0. 
  79. ^ Zhao, Shi; Ran, Jinjun; Musa, Salihu Sabiu; Yang, Guangpu; Lou, Yijun; Gao, Daozhou; Yang, Lin; He, Daihai (2020-01-24). “Preliminary estimation of the basic reproduction number of novel coronavirus (2019-nCoV) in China, from 2019 to 2020: A data-driven analysis in the early phase of the outbreak” (英語). bioRxiv: 2020.01.23.916395. doi:10.1101/2020.01.23.916395. https://www.biorxiv.org/content/10.1101/2020.01.23.916395v1. 
  80. ^ Leung, Gabriel (2020年1月27日). “Real-time nowcast and forecast on the extent of the Wuhan CoV outbreak, domestic and international spread” (PDF). Wuhan-coronavirus-outbreak AN UPDATE. 2020年1月29日閲覧。
  81. ^ 中疾控分析九千新冠患者:老年男性风险大 R0为3.77”. news.163.com (2020年2月13日). 2020年3月2日閲覧。
  82. ^ Yang, Yang; Lu, Qingbin; Liu, Mingjin; Wang, Yixing; Zhang, Anran; Jalali, Neda; Dean, Natalie; Longini, Ira et al. (21 February 2020). “Epidemiological and clinical features of the 2019 novel coronavirus outbreak in China”. MedRxiv: 2020.02.10.20021675. doi:10.1101/2020.02.10.20021675. https://www.medrxiv.org/content/10.1101/2020.02.10.20021675v2. 
  83. ^ Michael C. McGee, Avery August, Weishan Huang (2020). “BTK/ITK dual inhibitors: Modulating immunopathology and lymphopenia for COVID‐19 therapy”. Journal of Leukocyte Biology (Society for Leukocyte Biology). doi:10.1002/JLB.5COVR0620-306R. 
  84. ^ “SARS-CoV-2 infects T lymphocytes through its spike protein-mediated membrane fusion, 2020”. Cellular & Molecular Immunology. (April 2020). doi:10.1038/s41423-020-0424-9. PMID 32265513. 
  85. ^ Miriam Merad, Jerome C. Martin (2020). “Pathological inflammation in patients with COVID-19: a key role for monocytes and macrophages”. Nature Reviews Immunology (Springer Nature) 20: 355-362. doi:10.1038/s41577-020-0331-4. 
  86. ^ “The pathogenicity of SARS-CoV-2 in hACE2 transgenic mice”. Nature. (7 May 2020). doi:10.1038/s41586-020-2312-y. 
  87. ^ “猫も新型コロナ感染 ベルギーで確認”. (2020年3月28日). https://www.afpbb.com/articles/-/3275735 2020年3月29日閲覧。 
  88. ^ 環境省_新型コロナウイルス関連情報 [動物の愛護と適切な管理]”. www.env.go.jp. 2020年4月4日閲覧。
  89. ^ トラが新型コロナウイルスに感染、ペット以外で初”. natgeo.nikkeibp.co.jp. 2022年5月21日閲覧。
  90. ^ Shi. J., et al. (2020). “Susceptibility of ferrets, cats, dogs, and other domesticated animals to SARS-coronavirus 2”. Science: eabb7015. doi:10.1126/science.abb7015. 
  91. ^ 「日本人は幻想を抱く」新型コロナと闘うウイルス学者の『情熱大陸』のドキュメントがすごい!(追記あり)”. Yahoo!ニュース 個人(水島宏明) (2020年4月13日). 2020年5月13日閲覧。
  92. ^ a b “新型コロナ わかった特徴は 2つの型存在 再感染の不安 期待がかかる薬と治療法”. FNN PRIME. (2020年3月6日). オリジナルの2020年3月12日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200312191158/https://www.fnn.jp/posts/00433424CX/202003062230_CX_CX 
  93. ^ “新型コロナ、2タイプか 感染力違う可能性―北京大”. 時事通信. (2020年3月6日). オリジナルの2020年3月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200307135148/https://www.jiji.com/jc/article?k=2020030601382&g=int 
  94. ^ a b “新型ウイルス 感染力に差がある2つの型に分類 中国研究チーム”. NHKニュース. (2020年3月6日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200306/k10012316341000.html 
  95. ^ “新型ウイルスは2種類か、中国専門家が「暫定見解」”. ロイター. (2020年3月5日). https://jp.reuters.com/article/health-coronavirus-china-toll-idJPKBN20S09S 
  96. ^ a b c 【COVID-19に関する一般的な質問に対する現時点での文献的考察】 v1.2” (PDF). 日本呼吸器学会感染症・結核学術部会. pp. 2-3. 2020-03-31日閲覧。[リンク切れ]
  97. ^ a b c Xiaolu Tang, et al. (February 2020). “On the origin and continuing evolution of SARS-CoV-2”. 国家科学評論. doi:10.1093/nsr/nwaa036. 
  98. ^ a b 白木公康. “緊急寄稿 (1) 新型コロナウイルス感染症 (COVID-19) のウイルス学的特徴と感染様式の考察”. 日本医事新報社. 2020年4月4日閲覧。
  99. ^ Response to “On the origin and continuing evolution of SARS-CoV-2”” (英語). Virological (2020年3月5日). 2020年3月17日閲覧。
  100. ^ "L type, which might be more aggressive and spread more quickly." doi:10.1093/nsr/nwaa036 の"ABSTRACT"より。
  101. ^ “「L型は感染力強い」との論文を修正…北京大など「誤解招く表現があった」”. 読売新聞. (2021年4月11日). https://www.yomiuri.co.jp/medical/20200411-OYT1T50232/ 
  102. ^ Forster, Peter; Forster, Lucy; Renfrew, Colin; Forster, Michael (2020-04-28). “Phylogenetic network analysis of SARS-CoV-2 genomes” (英語). Proceedings of the National Academy of Sciences 117 (17): 9241-9243. doi:10.1073/pnas.2004999117. ISSN 0027-8424. PMID 32269081. https://www.pnas.org/content/117/17/9241. 
  103. ^ 変異パターンは3種類 新型コロナウイルス―ワクチン開発に応用期待・英大学”. 時事ドットコム. 2020年4月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年4月29日閲覧。
  104. ^ Matsuda, Tomoko; Suzuki, Hikoyu; Ogata, Norichika (2020-02-28). “Phylogenetic analyses of the severe acute respiratory syndrome coronavirus 2 reflected the several routes of introduction to Taiwan, the United States, and Japan”. arXiv:2002.08802 [q-bio]. http://arxiv.org/abs/2002.08802. 


「SARSコロナウイルス2」の続きの解説一覧

2019新型コロナウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/28 05:58 UTC 版)

宮下宗一郎」の記事における「2019新型コロナウイルス」の解説

宮下市長2020年7月13日記者会見国内旅行割引する政府の「GoToキャンペーン」を新型コロナウイルスの感染拡大につながるとして批判した。「今まで天災と言っていられたが、人災というふうになります」と発言し海外メディアでも報道された。 市長発言があった直後市内宿泊施設では予約キャンセルがあったという。

※この「2019新型コロナウイルス」の解説は、「宮下宗一郎」の解説の一部です。
「2019新型コロナウイルス」を含む「宮下宗一郎」の記事については、「宮下宗一郎」の概要を参照ください。


2019新型コロナウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 01:58 UTC 版)

上昌広」の記事における「2019新型コロナウイルス」の解説

2019新型コロナウイルスによる急性呼吸器疾患流行にあたって日本医師会日本感染症学会日本環境感染学会日本国政府が、同ウイルスのPCR検査は、原因不明肺炎重症化疑われる事例主体とするとの方針示しているのに対して風邪クリニック外来受診する患者にも広く行えるようにすべきと主張し日本国政府の対応批判した2月にはスイス製薬会社エフ・ホフマン・ラ・ロシュ開発した簡易検査キット導入しない日本国政府姿勢批判した。これに対し立岩陽一郎は、自らが代表を務めるファクトチェックサイト「インファクト」において、厚生労働省取材行った結果公表し確かに当初ロシュ検査キット使用できなかったものの、その後使用できる状態になっているとして、上の主張誤り指摘した文春オンライン2月13日掲載された上による「新型肺炎174人の集団感染クルーズ船3700人隔離正しかったのか」――医師見解は?」の文中での日本政府イタリア政府との対応を「なぜ、イタリア日本こんなに違うのだろう。私は経験の差だと思う。」の一文知名度大きく上がりその後ワイドショー等にも出演するようになった。 上はNEWS23(TBSテレビ)2月25日放送において、PCR検査大韓民国比べて実施数が少ないことについて「何かウラがあるというのか。厚生労働省がよほど(検査を)やりたくないのだなあと。そういうニュアンス感じます。」、日本の民間検査会社の約100社は合計900ほどのラボ持っており、1日9検査可能だとし、国立感染症研究所は「『自分たちでやりたい』『自前やりたい』という意識が強いと思うんです。自分たちで検査開発する・・・その予算ついてました」「感染者多く見せたくないんじゃないかというウラあるような気がします。」と、日本検査をしない理由についてコメントした元日テレビNNNドキュメントディレクター水島宏明は「忖度しない。大勢流されない。…そんな覚悟のある専門家登場した覚悟感じさせる秀逸報道だ」と評したこのような上の発言に関して神戸大学教授岩田健太郎臨床遺伝専門医仲田弘美、アゴラ研究所所長池田信夫らは、PCR検査感度低く軽症患者検査陽性でも治療の対象とならないため、軽症患者でのPCR検査不要であるとともに軽症患者医療機関押しかける感染拡大し限られた医療資源の中で重症患者への対応ができなくなるなどと反論したまた、国立感染症研究所は、上らによる「PCR検査拡大感染研OB妨害している」「検査件数抑えることで感染者数少なく見せかけようとしている」「実態見えなくするために、検査拡大拒んでいる」といった趣旨主張に対して、これらの主張事実無根であり、新型コロナウイルス感染症対策への悪影響及ぼしていると反論した著作家山本一郎は、上が「コロナウイルス感染疑われる人への検査体制不備がある」とメディアで不安を煽っておいて、自らが関与するクリニック自費診療5分3000円の「新型コロナウイルス感染症オンライン相談」を行ったり、自費治療コロナウイルス検査するサービス始めるのは、見ようによっては非常に古典的なマッチポンプであると批判した2020年3月10日 参議院予算委員会での有識者の意見聞く公聴会自民党尾身茂推薦し招き立憲民主党上昌広推薦し国会招いた2020年7月17日、上はTwitterで「鹿児島知人から <鹿児島赤塚学園コロナに罹患した生徒自殺未遂お父さん自殺されたそうです生徒本人学校虚偽報告をして福岡行った挙句コロナに罹患したことを相当周りから責められとのことでした」とツイートしたが、鹿児島在住ユーザー等から真偽を問う声が複数寄せられツイート削除した2020年8月3日、上はTwitterで「真夏北半球コロナ急増している先進国は、トランプ支持する米国一部日本くらいです」とツイートし、各国日本の人口10万人あたりの新規感染者数の推移グラフ添付したが、縦軸日本のみ10数倍に引き伸ばされるという改竄が行われており、医師専門家から「ミスリードである」「科学者として絶対にやってはいけないこと」と批判された。 上記資料改竄虚偽情報の拡散批判受けたのち、日本国内では新型コロナウイルス関連分野では目立った活動行っていなかったが、2021年1月中国共産党機関紙人民日報傘下広報紙である環球時報記事掲載しファイザー製のワクチンには副反応などの不安要素がある」また「日本のワクチンデリバリーは遅い」とし「選択肢として西欧製のワクチンではなく中国製ワクチン輸入使用検討すべきである」と主張したまた、後日別記事では「中国不活化ワクチン研究開発において最大生産能力と最も成熟した技術備えた国の1つであり、ワクチン管理秩序正しく効率的に保証している」と中国ワクチンを非常に高く評価した

※この「2019新型コロナウイルス」の解説は、「上昌広」の解説の一部です。
「2019新型コロナウイルス」を含む「上昌広」の記事については、「上昌広」の概要を参照ください。


2019新型コロナウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/14 23:12 UTC 版)

ファビピラビル」の記事における「2019新型コロナウイルス」の解説

2020年2月以降COVID-19に対する薬剤転用研究対象となっている。

※この「2019新型コロナウイルス」の解説は、「ファビピラビル」の解説の一部です。
「2019新型コロナウイルス」を含む「ファビピラビル」の記事については、「ファビピラビル」の概要を参照ください。


2019新型コロナウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/04 04:34 UTC 版)

スーパー・スプレッダー」の記事における「2019新型コロナウイルス」の解説

2020年、2019新型コロナウイルスにシンガポール感染しその後多数の人にウイルス感染もたらしたイギリス人男性スーパースプレッダーとされた。 シーク教指導者バルデブ・シンはイタリアドイツからインド帰国したあと感染発覚し自主隔離指示されたが無視しパンジャブ州内の農村十数所を巡り説教行ったあと死亡した。すでに複数感染者発覚しており、シンスーパースプレッダーとなり、感染させられ可能性のある1万5000人が厳重な隔離下に置かれていると2020年3月29日報道された。

※この「2019新型コロナウイルス」の解説は、「スーパー・スプレッダー」の解説の一部です。
「2019新型コロナウイルス」を含む「スーパー・スプレッダー」の記事については、「スーパー・スプレッダー」の概要を参照ください。


2019新型コロナウイルス

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/20 22:12 UTC 版)

渋谷健司」の記事における「2019新型コロナウイルス」の解説

2019新型コロナウイルスによる急性呼吸器疾患流行にあたって2020年4月7日東京など7都府県に対して緊急事態宣言発令された後、ダイヤモンド・オンラインインタビュー2020年4月9日配信)において「東京手遅れ近く緊急事態宣言効果があるかどうか疑問」「80%の接触減は不可能であり、対策強化しなければ日本数十万人死者が出る可能性がある」などと発言した2020年4月16日放送TBSテレビNEWS23で「日本クラスター対策メインにしていたので検査数を絞っていた。非常に検査数が少ないので表れている数字氷山の一角に過ぎない」「おそらく(感染者が)10倍以上はいる」などと発言したまた、肺炎死者診断がついていなケースに、感染症による死者含まれている可能性があるとも指摘したこうした渋谷指摘対し一部から「感染者10倍いれば死亡者10倍いることになるが、日本の医療水準法体制下において、新型コロナウイルス見逃しのせいで、死亡者が今より10倍いるという理屈は無理がある」「万が一通常の肺炎死亡患者の中で新型コロナウイルス見逃しがあれば、高確率二次感染による大規模院内クラスター生み出し社会可視化されているはずである。仮にそのようなケースいくつかあったとしても、死亡者数が変わるほどの話にはならない」との批判がある。

※この「2019新型コロナウイルス」の解説は、「渋谷健司」の解説の一部です。
「2019新型コロナウイルス」を含む「渋谷健司」の記事については、「渋谷健司」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「2019新型コロナウイルス」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「2019新型コロナウイルス」の関連用語

2019新型コロナウイルスのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



2019新型コロナウイルスのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのSARSコロナウイルス2 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの宮下宗一郎 (改訂履歴)、上昌広 (改訂履歴)、ファビピラビル (改訂履歴)、スーパー・スプレッダー (改訂履歴)、渋谷健司 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2024 GRAS Group, Inc.RSS