と言ってとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 連語 > 連語(論理) > と言っての意味・解説 

と‐いって【と言って】

連語

(「これ」「なに」「どこ」に付き、あとに打消しの語を伴って)特に…ない、という意を表す。「これと言って、楽しみはない」

(「…からといって」などの形で、あとに打消しの語を伴って前述事柄矛盾する内容を述べる意を表す。…という理由があっても…でない。「貧乏だからと言って、不幸だとは限らない

接続詞的に用いて逆接の意を表す。とはいっても。だけれど。「この仕事は単純だ。と言ってだれにでもできる仕事ではない」


と言って

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「と言って」の関連用語

と言ってのお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



と言ってのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2020 Weblio RSS