促音便とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 文法 > 音便 > 促音便の意味・解説 

そく‐おんびん【促音便】

読み方:そくおんびん

音便の一。主に活用語連用形語尾の「ち」「ひ」「り」が「て」「た」「たり」などの語に連なるとき、促音「っ」となること。「待って(←待ちて)」「歌った(←歌ひた)」「売ったり(←売りたり)」の類。広義には名詞などの語中みられる現象についてもいう。「追手(おひて→おって)」「真白(ましろ→まっしろ)」の類。→イ音便ウ音便撥音便(はつおんびん)


促音便

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/17 06:04 UTC 版)

音便」の記事における「促音便」の解説

詳細は「促音を参照 イ段の音が「ッ」音(つまる音)に変化する音便を促音便(そくおんびん)という。 促音便はカ行タ行ラ行ハ行の音(つまり「キ」 「チ」 「リ」 および 「ヒ」(現代の「イ」))生じ現象であり、またその性質上、語末には立たず後続の音はカ行サ行タ行ハ行いずれかである必要があるタ行ラ行ハ行五段動詞四段動詞ラ変動詞)のテ・タ形に見られる。 「打ち-て」 ウチテウッテ打って」 「言ひ-て」 イヒテ → イッテ言って」 「散り-て」 チリテ → チッテ 「散って」 「あり-て」 アリテ → アッテ 「あって」 また、カ行五段動詞四段動詞)のテ・タ形は通常イ音便化するのだが、例外的に「行く」だけは促音便の形をとる。 「行き-て」 イキテ → イッテ行ってラ変動詞の例「あって」 「あった」に類縁のものとして、形容詞の過去表現高かった」などの形は、「あり」に由来するカリ活用」(ただし、古語の「あり」は「たり」を接続することは出来ない。なぜなら、「あり」はラ行変格活用だから。現代語の「ある」は「たり」を接続することはできる)に、さらに「タリ (< て-あり)」の連体形タル」が付いて促音便化し、更に語尾の「る」を落としたものである。 すなわち、「タカカリタル→ タカカッタル → タカカッタ」のごとき変化経ていると考えられるまた、静かだったのような形容動詞過去表現類例である。 ただしこちらはより時代下って以降、「静かで+あった」あるいは「静か+だった」のごとき一種の再構成経ている。つまり、静かにてありたる→静かにてあったる→静かにてあった→静かであった→静かだった ほかの典型例として、動詞動詞合成語中に見られることがある。 このタイプでは「シ」が促音便化した例も見られる。この形のものには中世以降生まれた比較新しいものが多い。 「衝き-立てる」 ツキタテルツッタテル突っ立てる」 「掻き-攫ふ」 カキサラフ → カッサラウかっさらう」 「とり-かへる」 トリカヘル → トッカエル 「とっかえる」 「追ひ-払ふ」 オヒハラフ → オッパラウ追っぱらう」 「差し-引く」 サシヒクサッピクさっ引く

※この「促音便」の解説は、「音便」の解説の一部です。
「促音便」を含む「音便」の記事については、「音便」の概要を参照ください。


促音便

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/18 23:39 UTC 版)

ケセン語」の記事における「促音便」の解説

音便化した語末の子音の直後に無声子音から始ま単語が続く場合無声子音長子音として発音する

※この「促音便」の解説は、「ケセン語」の解説の一部です。
「促音便」を含む「ケセン語」の記事については、「ケセン語」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「促音便」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



促音便と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

促音便のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



促音便のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの音便 (改訂履歴)、ケセン語 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS