立てとは?

Weblio 辞書 > 品詞の分類 > 修飾語 > 接辞 > 接尾語 > 立ての意味・解説 

だて【立て】

接尾

名詞動詞連用形形容詞語幹などに付いて、取り立ててそのようなようすをする、実際以上にそれを誇示してみせようとする、などの意を表す。「かばい立て」「賢(かしこ)立て」「心安立て

につける牛馬の数や船の艪(ろ)の数などに付けてそれだけの数で成り立っていることを表す。「二頭立て馬車」「八挺(ちょう)立ての船」

作品や項目・種類などの数を表す。「三本立ての興行


たて【立て】

【一】[名]

立ててあること。「立て看板

酒宴遊興

「こりゃ—に行く大尽衣装ぢゃ」〈浄・歌祭文

他人分の遊興費も払ってやること。おごり。

「わたしが—でござります」〈伎・韓人漢文

筋。筋道

「なあに、そりゃあ軍書講釈だ。あっちのは—が違はあ」〈滑・浮世床・初〉

おきて。とりきめ

「この廓の—だといっても」〈人・娘節用・前〉

【二】[接頭]人・役目などを表す名詞に付いて、その役目中心であること、首位であることを表す。「立て女形(おやま)」「立て行司」「立て三味線」「立て役者

【三】接尾

動詞連用形に付いて、その動作が終わったばかりであることを表す。「炊き立て御飯」「でき立てのビル

助数詞

連続しての負け数えるのに用いる。「下位チーム三立てをくう

勝負事などの回数数えるのに用いる。

博奕をして遊びけるに、一—に五貫十貫立てければ」〈太平記三三


立て


立て

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ



品詞の分類

接尾語    立て  竿  

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「立て」の関連用語

立てのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



立てのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館

©2021 GRAS Group, Inc.RSS