馬車とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 交通 > > > 馬車の意味・解説 

ば‐しゃ【馬車】

読み方:ばしゃ

馬にひかせて、人や荷物を運ぶ車。「荷―」「鉄道―」


マーチョ【馬車】

読み方:まーちょ

《(中国語)》馬車。


馬車

読み方:バシャ(basha)

乗用運搬用に、馬にひかせる車。


馬車

作者横光利一

収載図書愛の挨拶・馬車・純粋小説論
出版社講談社
刊行年月1993.5
シリーズ名講談社文芸文庫


馬車

作者ヴァイオレット・ハント

収載図書世界100物語 3 巧みな語り
出版社河出書房新社
刊行年月1996.12


馬車

作者舟木重男

収載図書編年体大正文学全集 第1巻 大正元年
出版社ゆまに書房
刊行年月2000.5


馬車

作者三島由紀夫

収載図書決定版 三島由紀夫全集 20 短編小説
出版社新潮社
刊行年月2002.7


馬車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/11/08 08:18 UTC 版)

馬車(ばしゃ)とは、人を乗せたり、荷物を運搬したりする、などに引かせるである[1]。ウマだけでなく、ロバラバなどに引かせることもある。


  1. ^ 馬車(ばしゃ)の意味”. goo国語辞書. 2020年11月6日閲覧。
  2. ^ 自動車前史 1.自動車の起源は馬車に始まる 独立行政法人環境再生保全機構[リンク切れ]
  3. ^ a b c 金山弘昌、「馬車と宮殿 : 17世紀のピッティ宮諸計画案における馬車の影響」『日本橋学館大学紀要』 2巻 2003年 p.39-52, doi:10.24581/nihonbashi.2.0_39, 日本橋学館大学
  4. ^ 馬車の時代市川市文化振興財団音楽総合プロデューサー 小坂裕子、てこな・ミューズ・ジャーナル[リンク切れ]
  5. ^ 斎藤和夫, 「VANITY FAIR<虚栄の市>を馬車が行く : Thackerayが描くsnobberyの一側面」『札幌大学女子短期大学部紀要』 38巻 2001年 p.33-86, NCID AN00074536
  6. ^ 福翁自伝によると、万延元年遣米使節団に参加した福沢諭吉はアメリカで馬車を見たが、最初何かわからず、はじめて馬が引く車があることを知ったという
  7. ^ 維新史料綱要 東京大学史料編纂所
  8. ^ 法令類纂
  9. ^ 岡田清、交通法規制の変遷-明治時代期以後の交通法規 公益財団法人国際交通安全学会
  10. ^ a b 社史 日本通運(株)
  11. ^ 山崎幹泰、「山中馬車鉄道株式会社と その客車の遺構について」 『北陸都市史学会誌』 15号、2009年7月
  12. ^ 信任状捧呈式の際の馬車列(宮内庁HP)


「馬車」の続きの解説一覧

馬車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/05 09:30 UTC 版)

乗り物をあらわす記号と絵文字」の記事における「馬車」の解説

馬車を記した標識使用される

※この「馬車」の解説は、「乗り物をあらわす記号と絵文字」の解説の一部です。
「馬車」を含む「乗り物をあらわす記号と絵文字」の記事については、「乗り物をあらわす記号と絵文字」の概要を参照ください。


馬車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/12/05 04:23 UTC 版)

トルネコ一家の冒険記」の記事における「馬車」の解説

ジーノの町で開催されたスライムレースの一位景品本来なら町で20000ゴールド販売されているものである(しかしネネカジノスッたせいで買えなかった)。出場したスライムくん一位をとったため、トルネコ達のものになる

※この「馬車」の解説は、「トルネコ一家の冒険記」の解説の一部です。
「馬車」を含む「トルネコ一家の冒険記」の記事については、「トルネコ一家の冒険記」の概要を参照ください。


馬車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/28 06:07 UTC 版)

ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」の記事における「馬車」の解説

ある場所で入手し入手するパーティーとともに移動することができる。パーティーのうち1~4人までを車外に出すことができ、残りメンバー車中待機することとなる。戦闘車外にいるメンバーのみが関わり車中にいるキャラクター戦闘加わることができない反面、敵からのダメージ悪影響を受けることがない戦闘終了後与えられる経験値車中メンバーにも与えられる戦闘により車外メンバー全滅した場合自動的に中のメンバー入れ替わる本作ではこの馬車システム導入により、最大10人のパーティーが可能となっている。 馬車があるときは、移動中戦闘中に関わらずメンバー入れ替えができる。フィールド上や入口の広い洞窟の中で自由に入れ替え可能であるが、それ以外ダンジョンや町・城・ほこらは馬車が入れず入口待機することになるため、入れ替えできない。ただし町・城・ほこらや一ダンジョンでは馬車が入口待機している場合でも馬車の中にいるメンバーアイテム呪文を使うことは可能である。 馬車が入口待機した態で施設内の旅の扉使用したり、ダンジョンの別出口から出たりした場合、馬車はそのままパーティ切り離されることになり、入れ替えも馬車の中のメンバーアイテム呪文を使うこともできなくなる。この場合は、ルーラキメラの翼移動するか、または終盤入手できるアイテムを使うことで馬車を呼び寄せることができる。 これまで5人以上のパーティー避けられてきた理由一つに、FCスプライト表示制限があったが、車外出せるメンバー最大4人にすることによってチラツキ使用極力防ぎ合計最大10人におよぶ多人数パーティー実現させた。

※この「馬車」の解説は、「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」の解説の一部です。
「馬車」を含む「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」の記事については、「ドラゴンクエストIV 導かれし者たち」の概要を参照ください。


馬車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/02 22:31 UTC 版)

ルパン三世 カリオストロの城」の記事における「馬車」の解説

干し草満載した農家大型の荷馬車。五ェ門が公国入りする際に乗せてもらっていた。

※この「馬車」の解説は、「ルパン三世 カリオストロの城」の解説の一部です。
「馬車」を含む「ルパン三世 カリオストロの城」の記事については、「ルパン三世 カリオストロの城」の概要を参照ください。


馬車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/28 08:29 UTC 版)

ギリシャ物語」の記事における「馬車」の解説

ジェリートム追い出すために走らせ、3頭の馬が牽引トム飛び乗った座席ジェリー先頭部より切り離したため、トム座席ごと外階段より転落しアクロポリス追い出された。

※この「馬車」の解説は、「ギリシャ物語」の解説の一部です。
「馬車」を含む「ギリシャ物語」の記事については、「ギリシャ物語」の概要を参照ください。


馬車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/20 20:39 UTC 版)

フェートン (車両)」の記事における「馬車」の解説

最初にキャリッジ(馬で引く車両一種)の分類フェートン用いた16世紀フランスでは古いものにちなん名づけることが流行していた。この言葉はすぐにイギリスアメリカ広まりその後18世紀から19世紀にかけて流行した。 この用語法には厳密な定義はなく、決まりといえばオーナードライバー(馬車でもドライバーである)用車両であること、なんらかのカバー少なくともドライバーあることぐらいである。大型車両から小型車両まで、また一頭立てでもそれ以上でも、広く使われた。製造業者のほうでもこの名前を大まかに使っていた。 より一般的優雅なフェートンはメール・フェートン (Mail Phaeton) とスパイダー・フェートン (Spider Phaeton) である。メール・フェートンは、人と荷物同時に乗せることができ、旅行など使用された。郵便配達コーチ1805年から使われサスペンション装備した車両由来する。スパイダー・フェートンは米国発祥で、オーナードライバー運転する軽量車両のこと。非常に繊細なボディライン手抜きのない作りからそう名づけられた。米国1860年代作られたが、1890年代になって米国欧州人気が出る多くの会社同様のデザイン作成した。 最も豪華なものとしては英国ハイフライヤー呼ばれた四輪馬車が有名。ボディにはスプリング使用されはしごを使って乗り降りをした。 シート遊戯用では1列、ツーリング用途では2列以上のシートをもつものが一般的で、2列はダブルフェートン、3列となるとトリプルフェートンと呼ばれた

※この「馬車」の解説は、「フェートン (車両)」の解説の一部です。
「馬車」を含む「フェートン (車両)」の記事については、「フェートン (車両)」の概要を参照ください。


馬車

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/16 08:10 UTC 版)

バーゼル歴史博物館」の記事における「馬車」の解説

バーゼル裕福な家庭持っていた、19世紀からの馬車とソリ展示されている。場所はバーゼルの町の南東部にあるメリアン公園 Merian Gärten 内。

※この「馬車」の解説は、「バーゼル歴史博物館」の解説の一部です。
「馬車」を含む「バーゼル歴史博物館」の記事については、「バーゼル歴史博物館」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「馬車」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

馬車

出典:『Wiktionary』 (2021/08/28 04:22 UTC 版)

名詞

 (ばしゃ)

  1. 人や荷物乗せて馬に牽かせる

発音(?)

ば↘しゃ

「馬車」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



馬車と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「馬車」の関連用語

馬車のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



馬車のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの馬車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの乗り物をあらわす記号と絵文字 (改訂履歴)、トルネコ一家の冒険記 (改訂履歴)、ドラゴンクエストIV 導かれし者たち (改訂履歴)、ルパン三世 カリオストロの城 (改訂履歴)、ギリシャ物語 (改訂履歴)、フェートン (車両) (改訂履歴)、バーゼル歴史博物館 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの馬車 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS