ロイヤル・チトワン国立公園とは?

Weblio 辞書 > 文化 > 世界遺産 > ロイヤル・チトワン国立公園の意味・解説 

ロイヤル・チトワン国立公園(ネパール)

チトワン国立公園

ロイヤル・チトワン国立公園はヒマラヤ山脈の麓に広がるタライ平原あります希有野生生物を救うため、1973年ネパール初の国立公園指定され、さらに1984年ユネスコ世界遺産自然遺産)に登録されました。首都カトマンズから飛行機で約30分、バスなら8時間観光客許可がないと立ち入りできません。公園内には、インドサイベンガルトラヒョウクロコダイル等の絶滅恐れの高い動物500種類上の野鳥生息しています。象の背中に乗ってみるジャングルサファリや、ラフティングカヌーバードウォッチングなどのアクティビティを楽しむことができます


チトワン国立公園

(ロイヤル・チトワン国立公園 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/09/29 21:23 UTC 版)

チトワン国立公園(チトワンこくりつこうえん、ネパール語:चितवन राष्ट्रिय निकुञ्ज)は、中央ネパール南部のナラヤニ県チトワン郡、マハーバーラタ山脈とチューリア丘陵の間に開けたタライ平原の一角に位置する、ジャングルを保護する目的で設置された自然保護公園。2006年国王の権力停止にともない、旧名称ロイヤル・チトワン国立公園(ネパール語:शाही चितवन राष्ट्रिय निकुञ्ज)からロイヤル(शाही)の文字が削除された[1]。1973年にネパール初の国立公園に指定され、さらに1984年にユネスコの世界遺産に登録された[2]




  1. ^ a b c d e 地球の歩き方』ネパール’07-’08(ダイヤモンド社
  2. ^ a b c d e f g 地球の歩き方』ネパール’15-’16(ダイヤモンド社
  3. ^ 西日本新聞 2017年03月13日 14時59分


「チトワン国立公園」の続きの解説一覧


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「ロイヤル・チトワン国立公園」の関連用語

ロイヤル・チトワン国立公園のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



ロイヤル・チトワン国立公園のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
近畿日本ツーリスト近畿日本ツーリスト
Copyright(C) All rights reserved by Kinki Nippon Tourist.
近畿日本ツーリスト世界遺産
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのチトワン国立公園 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS