川とは? わかりやすく解説

かわ〔かは〕【川/河】

読み方:かわ

などの自然の集まり陸上のくぼみを傾斜に沿って流れ下る水路河川(かせん)。


せん【川】

読み方:せん

[音]セン(呉)(漢) [訓]かわ

学習漢字1年

[一]セン〉かわ。「河川山川大川名川

[二]〈かわ(がわ)〉「川上・川筋/小川


かわ 【川】

人間古来から河川深い関係をもち、文明の発祥地も、黄河インダス川ガンガーガンジス)川・ユーフラテス川ナイル川などの流域である。川は生命の根源として神聖視されるが(英雄誕生の話などが生まれた)、洪水のため畏怖対象でもあり、そこから種々の俗信生まれた。また清めてくれるところ、悪病悪霊流してくれるところ、として信仰の対象でもあった。インドイランでは川を女神と見、日本でも水神女神とする場合が多い。→ 水神

作者坂上弘

収載図書昭和文学全集 30
出版社小学館
刊行年月1988.5

収載図書百日の後坂上弘自選短篇集
出版社講談社
刊行年月1999.1
シリーズ名講談社文芸文庫


作者芦田晋作

収載図書江ノ島
出版社碧天舎
刊行年月2004.2


作者新美南吉

収載図書花をうめる
出版社小峰書店
刊行年月2004.7
シリーズ名新美南吉童話傑作選

収載図書おじいさんのランプ
出版社ポプラ社
刊行年月2005.10
シリーズ名ポプラポケット文庫

収載図書おじいさんのランプ
出版社日本図書センター
刊行年月2006.4
シリーズ名わくわく!名作童話館


作者新田潤

収載図書新田潤作品集 1
出版社一草舎出版
刊行年月2005.2


作者井伏鱒二

収載図書文士意地車谷長吉短編小説輯 上
出版社作品社
刊行年月2005.8


作者中野ユウキ

収載図書現在進行
出版社文芸社
刊行年月2008.10


作者椰月美智子

収載図書みきわめ検定―超短編を含む短編集
出版社講談社
刊行年月2008.10


作者岡本かの子

収載図書日本幻想文学集成 10 岡本かの子 過去世
出版社国書刊行会
刊行年月1992.1

収載図書いのちのかたち
出版社筑摩書房
刊行年月1995.2
シリーズ名新・ちくま文学

収載図書岡本かの子全集 第2巻 復刻
出版社日本図書センター
刊行年月2001.2

収載図書短篇礼讃忘れかけ名品
出版社筑摩書房
刊行年月2006.7
シリーズ名ちくま文庫


作者竹山敏子

収載図書さくら
出版社
刊行年月1992.6


作者皆川博子

収載図書現代小説 1997
出版社徳間書店
刊行年月1997.5

収載図書結ぶ
出版社文芸春秋
刊行年月1998.11


作者川上弘美

収載図書恋物語
出版社朝日新聞社
刊行年月1998.12

収載図書おめでと
出版社新潮社
刊行年月2000.11

収載図書おめでと
出版社新潮社
刊行年月2003.7
シリーズ名新潮文庫

収載図書おめでと
出版社文藝春秋
刊行年月2007.12
シリーズ名文春文庫


作者依田正夫

収載図書うさぎさんたちのおはなし
出版社東洋出版
刊行年月2000.5


作者島井遊

収載図書夏姫
出版社新風舎
刊行年月2003.1


作者無月ユウ

収載図書六人の女―“San Juan Suite”に寄せて
出版社新風舎
刊行年月2003.6
シリーズ名新風舎文庫



読み方:かわ

  1. 鰻屋魚屋川魚符牒にして三といふ数量を表す。通り符牒を参照せよ。(※巻末通り符牒参照)〔符牒
  2. 三。〔川魚商〕
  3. 三。〔魚屋
  4. 三。〔鰻屋

分類 川魚商、符牒魚屋鰻屋


読み方:かわ

  1. 呉服屋の通り符牒にして九といふ数量を表す。通り符牒を参照せよ。(※巻末通り符牒参照)〔符牒

分類 符牒


読み方:かわ

  1. 呉服店の太物及足袋屋の通り符牒にして、十といふ数量を表す。通り符牒の条を参照せよ。(※巻末通り符牒参照)〔符牒

分類 符牒


読み方:かわ

  1. 幼児。〔第二類 人物風俗
  2. 幼児を云ふ。
隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:カワkawa

所在 埼玉県上尾市


地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
かわ
かわさき
かわざき
かわたか
かわやなぎ
さきがわ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/08 10:02 UTC 版)

(かわ)は、絶えずが流れる細長い地形である。として落ちたり地下から湧いたりして地表に存在する水は、重力によってより低い場所へとたどって下っていく。それがつながって細い線状になったものが川である。河川(かせん)ともいう。時期により水の流れない場合があるものもあるが、それも含めて川と呼ばれる。


注釈

  1. ^ 区間によっては都道府県や政令市に管理を移譲している場合がある。一級水系を参照。

出典

  1. ^ 「流系の科学 山・川・海を貫く水の振る舞い」p156 宇野木早苗 築地書館 2010年9月10日初版発行
  2. ^ 青木ほか 1995, p. 4 表1-1.
  3. ^ 「流域学事典 人間による川と大地の変貌」p5 新谷融・黒木幹男編著 北海道大学出版会 2006年7月25日第1刷発行
  4. ^ 「川はどうしてできるのか」p135 藤岡換太郎 講談社ブルーバックス 2014年10月20日第1刷発行
  5. ^ 「川はどうしてできるのか」p139 藤岡換太郎 講談社ブルーバックス 2014年10月20日第1刷発行
  6. ^ 「流系の科学 山・川・海を貫く水の振る舞い」p181 宇野木早苗 築地書館 2010年9月10日初版発行
  7. ^ 「流系の科学 山・川・海を貫く水の振る舞い」p66 宇野木早苗 築地書館 2010年9月10日初版発行
  8. ^ 宇野木 2010, p. 145.
  9. ^ 「流系の科学 山・川・海を貫く水の振る舞い」p127 宇野木早苗 築地書館 2010年9月10日初版発行
  10. ^ 大矢 2006, pp. 77–78.
  11. ^ 「川はどうしてできるのか」p114 藤岡換太郎 講談社ブルーバックス 2014年10月20日第1刷発行
  12. ^ 「流系の科学 山・川・海を貫く水の振る舞い」p285 宇野木早苗 築地書館 2010年9月10日初版発行
  13. ^ 「流系の科学 山・川・海を貫く水の振る舞い」p129 宇野木早苗 築地書館 2010年9月10日初版発行
  14. ^ 「川はどうしてできるのか」p163 藤岡換太郎 講談社ブルーバックス 2014年10月20日第1刷発行
  15. ^ 「川はどうしてできるのか」p62-65 藤岡換太郎 講談社ブルーバックス 2014年10月20日第1刷発行
  16. ^ 「流域学事典 人間による川と大地の変貌」p109 新谷融・黒木幹男編著 北海道大学出版会 2006年7月25日第1刷発行
  17. ^ 「川はどうしてできるのか」p164-165 藤岡換太郎 講談社ブルーバックス 2014年10月20日第1刷発行
  18. ^ 「流系の科学 山・川・海を貫く水の振る舞い」p86 宇野木早苗 築地書館 2010年9月10日初版発行
  19. ^ 「流系の科学 山・川・海を貫く水の振る舞い」p89 宇野木早苗 築地書館 2010年9月10日初版発行
  20. ^ 「川はどうしてできるのか」p56-58 藤岡換太郎 講談社ブルーバックス 2014年10月20日第1刷発行
  21. ^ 「川はどうしてできるのか」p177 藤岡換太郎 講談社ブルーバックス 2014年10月20日第1刷発行
  22. ^ ピネ 2010, p. 410.
  23. ^ What Is A Stream In Geography?”. World Atlas (2018年3月19日). 2022年9月5日閲覧。
  24. ^ IMPORTANCE OF RIVERS AND STREAMS”. Basic Biology (2016年1月16日). 2022年9月5日閲覧。
  25. ^ a b 「河川工学の基礎と防災」p169-170 中尾忠彦 成山堂書店 平成26年9月28日初版発行
  26. ^ 「流系の科学 山・川・海を貫く水の振る舞い」p78 宇野木早苗 築地書館 2010年9月10日初版発行
  27. ^ 「流域学事典 人間による川と大地の変貌」p11 新谷融・黒木幹男編著 北海道大学出版会 2006年7月25日第1刷発行
  28. ^ 「流域学事典 人間による川と大地の変貌」p149-150 新谷融・黒木幹男編著 北海道大学出版会 2006年7月25日第1刷発行
  29. ^ 「流域学事典 人間による川と大地の変貌」p110-111 新谷融・黒木幹男編著 北海道大学出版会 2006年7月25日第1刷発行
  30. ^ 「流域学事典 人間による川と大地の変貌」p136 新谷融・黒木幹男編著 北海道大学出版会 2006年7月25日第1刷発行
  31. ^ a b 末次 2005 [要ページ番号]
  32. ^ 「流系の科学 山・川・海を貫く水の振る舞い」p111 宇野木早苗 築地書館 2010年9月10日初版発行
  33. ^ 「川と国土の危機 水害と社会」p26-27 高橋裕 岩波書店 2012年9月20日第1刷発行
  34. ^ ヴィクトルほか 2007, pp. 87–89.
  35. ^ a b ナイル川流域国間の水資源問題”. 公式ウェブサイト. 国際協力機構 (JICA) (2010年12月21日). 2015年7月8日閲覧。
  36. ^ 「流域学事典 人間による川と大地の変貌」p158-159 新谷融・黒木幹男編著 北海道大学出版会 2006年7月25日第1刷発行
  37. ^ 瀬川 1999, p. 76.
  38. ^ 三浦ほか 2008, p. 73.
  39. ^ 「流域学事典 人間による川と大地の変貌」p132 新谷融・黒木幹男編著 北海道大学出版会 2006年7月25日第1刷発行



川(地形効果0%)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/07 23:57 UTC 版)

キングオブキングス (ゲーム)」の記事における「川(地形効果0%)」の解説

海と違って多くの部隊入れるが、移動力がかかる。ここでもたもたしていると狙い打ちされやすい

※この「川(地形効果0%)」の解説は、「キングオブキングス (ゲーム)」の解説の一部です。
「川(地形効果0%)」を含む「キングオブキングス (ゲーム)」の記事については、「キングオブキングス (ゲーム)」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「川」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

出典:『Wiktionary』 (2021/08/24 14:18 UTC 版)

発音(?)

名詞

  1. かわ。高所から低所向かってがある道筋流れ地形

関連語

本流 , 支流 , 流域 , 水系

熟語

手書きの字形について


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

「川」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。

Weblioカテゴリー/辞書と一致するものが見つかりました。



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「川」に関係したコラム

  • 株式の株価水準による分類

    株式市場に上場している銘柄を分類する方法の1つに、株価水準が挙げられます。株価水準では、株価の高い、安いによって銘柄を分類します。一般的に株価水準では、次のように分類します。値がさ株(値嵩株)中位株低...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



川のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2022 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの川 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのキングオブキングス (ゲーム) (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS