石とは?

いし【石】

岩石小片。岩よりも小さく、砂よりも大きなもの。

広く岩石鉱石のこと。「石の置物」「石の橋

土木工事建築などに使う石材。「山から石を切り出す

宝石や、時計部品用い鉱石ライター発火合金などの俗な言い方

碁石。「石を打つ

胆石結石

硯(すずり)石。

墓石

じゃんけんで、握りこぶしで示す形。ぐう。→じゃんけん

10 紋所の名。四つ石、丸に一つ石、石畳車(いしだたみぐるま)などがある。

11 かたい、冷たい、無情もののたとえ。「石のように黙りこむ」「石のように動かない

12 劣ったもののたとえ。「数が多ければ玉もあるし石もある」

13 石だたみ敷石

「ひとりなるわが身の影をあゆまする—のうえ」〈達治・甃のうへ

14 石御器(いしごき)のこと。茶碗

此の—できゅっとやらんせ」〈浄・妹背山

石の画像
石の紋所一つ「丸に三つ石」

せき【石】

接尾助数詞

腕時計などの軸受けにする宝石数えるのに用いる。「二七石の時計

電気製品でトランジスター・ダイオードなどを数えるのに用いる。


こく【石】

⇒せき


せき【石】

[音]セキ(漢) シャク(慣) コク(慣) [訓]いし いわ

学習漢字1年

[一]セキ

いし。「石器石材石炭石碑隕石(いんせき)・化石岩石巨石結石鉱石泉石礎石投石宝石落石

医療用の石針。「薬石

碁石(ごいし)。「定石(じょうせき)・布石

堅固なもの、無価値なものなどのたとえ。「玉石鉄石木石

石見(いわみ)国。「石州

[二]シャク〉いし。「温石(おんじゃく)・磁石磐石(ばんじゃく)」

[三]コク体積容積などの単位。「石高千石船

[四]〈いし〉「石頭石工(いしく)・石畳軽石庭石

名のり]あつ・いそ・かた・し

難読石蓴(あおさ)・明石(あかし)・石投(いしなぎ)・石首魚(いしもち)・石女(うまずめ)・重石(おもし)・石榴(ざくろ)・流石(さすが)・石楠花(しゃくなげ)・石蕗(つわぶき)


しゃく【石/赤/昔/×迹/惜/責】

〈石〉⇒せき

〈赤〉⇒せき

〈昔〉⇒せき

〈迹〉⇒せき

〈惜〉⇒せき

〈責〉⇒せき


こく【石/×斛】

尺貫法で、体積の単位。主に穀物量るのに用いる。1石は10斗で、180.39リットル。魁(さか)。

和船積載量単位。1石は10立方尺。

木材容積量の単位。1石は10立方尺で、約0.278立方メートル

大名武家知行高を表す語。玄米量り、1石の内容1に同じ。


いし【石】

〔名〕

鉱物質のかけら、かたまり。普通、岩より小さくて、砂より大きいものをいう広くは、岩石鉱物総称する。装飾的庭石置き石などにもいう。

万葉(8C後)五・八六九「帯日売(たらしひめ)神のみこと(な)釣らすとみ立たしせりし伊志(イシ)を誰見き」〔十巻本和名抄(934頃)〕

② (①の一般的性質、状態から) 堅いもの、冷たいもの、無情なもの、つまらないもの、困難なこと堅固なことなどのたとえに用いる。

東大寺諷誦文平安初期点(830頃)「黄金白玉をば瓦(かはら)石(イシ)と同じくせり 青(あをき)珠、赤(あかたま)をば沙(いさご)土(つち)と斉しくせり」

浮世草子立身大福帳(1703)四「別れし人の為に永く一代身を石にするがってん

建造物石材、または土台などの石。〔日本国考略(1523)〕

④ ①のうち、特定のものをさす。

(イ) めずらしい石。宝石

宇津保(970‐999頃)蔵開中「未(ま)だ革もつけでいしにて侍り

兵隊の宿(1915)〈上司小剣〉六「指輪よそいきの石の入ったのを一つ

(ロ) 時計歯車の軸に用い宝石

(ハ) 火打ち石

長秋詠藻(1178)上「いしをうつ光のうちによそふなるこの身の程をなに歎くらむ」

(ニ) ライター発火用の合金ライターいし。

(5) 胆汁(たんじゅう)の成分などからできる、かたい物質たん石結石(けっせき)。〔医語類聚(1872)〕

(6) 囲碁や昔の双六(すごろく)などに用い白と黒の石。碁石

徒然草1331頃)一三七「継子立(ままこだて)といふものを双六(すごろく)の石にて作りて」

(7) 墓石(はかいし)、石碑(いしぶみ)のこと。

謡曲定家(1470頃)「まことの姿はかげろふの、石に残す形だに、それとも見えぬ蔦葛

(8) 石炭泥炭などのこと。

浮世草子好色万金丹(1694)五「石(イシ)をにする在所を餠にする国もあり」

(9) じゃんけん石拳(いしけん))の手一つ。ぐう。にぎりこぶしであらわす。

明治大正見聞史(1926)〈生方敏郎憲法発布日清戦争「鋏や石や風呂敷東京児童のいふ紙)の形を出し決める」

(10) 石御器(いしごき)のこと。茶わん。まれに杯のこと。

浄瑠璃妹背山婦女庭訓(1771)四「これから嘉例騒ぎぢゃ、調子が合はいで面白ない。この石(イシ)できゅうっとやらんせ」

(11) 道しるべのために置く石。道石(みちいし)。

雑俳柳多留‐九八(1828)「不案内石に聞いてはまがって行」

(12) 石だたみ、石がわらのこと。

馬鈴薯の花(1913)〈中村憲吉大正元年舗石(イシ)の上に曇影(くもり)ふみつつたまたまに己(おの)が足(あ)の音(と)にさめ返るかな」

(13) 陰毛を切るために、湯屋(ゆや)の流し場などにある石。湯屋の石。毛切り石

雑俳柳多留‐七(1772)「石で切るのをあぶながる女の気」

(14) 能楽用い舞台道具一つ。①の形に作り中央から二つ割れるもの。「殺生石」「一角仙人」などに用いる。

(15) 「石(こく)」を訓よみにしたもの。米一石(こく)。

咄本醒睡笑(1628)五「教月坊、例の狂歌持たせ定家のもとへ、『教月がしはすのはてのそら印地(いんじ)としうち越さん石一つたべ』よねを五斗参らせられし」

(16) 紋所(もんどころ)の名。石畳車、丸に一つ石、三つ石、四つ石などがある。

三つ石@四つ石の画像

こく【石・斛】

〔名〕

尺貫法で、容積単位わが国場合、斗の十倍。升の百倍曲尺(かねじゃく)の六・四二七立方尺で、約一八リットルにあたる。〔続日本紀和銅七年714)〕

小学教授書(1873)〈文部省〉「十斗を、一石と、いふなり」〔漢書食貨志・上〕

和船積載量を示す語で、一〇立方尺をいう。約〇・二七立方メートルにあたる。

船舶積量測度規則明治七年)(1884)三条日本形船の積量は十立方を以て一石とす」

材木などの容積量で、一〇立方尺を一石とする。〔合類定記(江戸か)〕

大名武家知行高所領高)を表わす語。玄米一石内容は①に準ずる

勘定所条例‐二「一知行割之節、関東米方・永方割合之儀、大概百石に付、米方拾六七石より弐拾石位迠割合相渡候分は永方相渡候事」

(5) などを数えるのに用いる語。は四〇尾、は六〇尾を一石とする。


し【石】

語素〕 いし。他の語の下に付いて熟語をつくるときに用いる。

古事記(712)中・歌謡「神風の 伊勢の海の 意斐志(おひシ)に 這ひ廻(もとほ)ろふ」


せき【石】

1⃣ 〔名〕

尺貫法容積単位。斗の一〇倍。約〇・一八キロリットル。こく。〔伊呂波字類抄鎌倉)〕

*虎明本狂言泣尼室町末‐近世初)「ふせにこめ十せき出すと、だんながいふてざしきをたってかへる時」

② 弓の十人張りをいう称。

読本椿説弓張月(1807‐11)前「五石(セキ)の弓の長さ七尺五寸ありて、つく打ちたるに、三十六指たる黒羽の矢を負ひ」〔新唐書‐張弘靖伝〕

2⃣ 〔接尾

腕時計などの軸受けにする、ルビーサファイアなどの宝石をかぞえる語。

電気製品で、トランジスタダイオードなどをかぞえる語。


いそ【磯・礒・石】

1⃣ 〔名〕

① 石。岩。巖(いわお)。

万葉(8C後)一五・三六一九「伊(イソ)の間(ま)ゆたぎつ山川絶えずあらば又もあひ見む秋かたまけて

岩石の多い波打ちぎわ。湖、池、浜、海、川などに用いる。

古事記(712)中・歌謡「浜つ千鳥浜よは行かず(イソ)伝ふ」

③ 特に海岸波打ちぎわやその近く海中で、岩塊岩礁の多い所。「磯遊び」「磯釣り

④ 冠の縁(へり)の名。〔元和下学集(1617)〕

(5) 琵琶和琴(わごん)、箏の胴の側面の名。

楽家録(1690)七「磯、是左右腋之総名也」

(6) 鞍の前輪後輪の海に添う高いところ。

(7) 官許を受けていない色里町家官許遊里京都島原大坂新町)を「沖」と呼ぶのに対していう。

浮世草子好色盛衰記(1688)五「身躰(しんだい)をおもひの外なる磯にて舟をそこなひ」

2⃣ 〔形動〕 (「富士は磯」の略)

はるかに及ばないさま。

評判記色道大鏡(1678)一「磯(イソ)。富士は磯といふ上略なり」

浮世草子武道伝来記(1687)七「古の田原藤太勢田は磯なり」

浅薄であるさま。未熟であるさま。下賤なさま。

浮世草子男色大鑑(1687)六「礒(イソ)なる色遊びは目緩(めまたるく)て」


栗(石)ぐりいし

裏込め等に用いられる砂利より大きな10~30cm程度岩石の小塊。



読み方:サカsaka

容積単位

別名 斛、こく


作者駒田信二

収載図書中国怪異小説
出版社旺文社
刊行年月1986.6
シリーズ名旺文社文庫


作者青来有一

収載図書爆心
出版社文藝春秋
刊行年月2006.11


作者福澤徹三

収載図書黒本平成怪談実録
出版社新潮社
刊行年月2007.8
シリーズ名新潮文庫


作者瀬高

収載図書ふたり心地
出版社東京図書出版会
刊行年月2008.2


作者井上荒野

収載図書あなたの
出版社角川書店
刊行年月2008.11


作者辻田新

収載図書辻田新・作品集 2 尾瀬へ
出版社清水弘文堂
刊行年月1990.3


作者小松左京

収載図書
出版社出版芸術社
刊行年月1993.2
シリーズ名ふしぎ文学館

収載図書物体O
出版社角川春樹事務所
刊行年月1999.1
シリーズ名ハルキ文庫

収載図書御先祖様万歳短編小説集 日本売ります短編小説集
出版社城西国際大学出版
刊行年月2007.7
シリーズ名小松左京全集 完全版


作者白井愛

収載図書
出版社れんが書房新社
刊行年月1993.10


作者邱永漢

収載図書邱永漢 短篇小説傑作選―見えない国境線
出版社新潮社
刊行年月1994.1


作者一原有徳

収載図書クライン・ブルーの石一原有徳山行小説集」
出版社現代企画室
刊行年月2001.6


作者庄司肇

収載図書わが弾片
出版社沖積舎
刊行年月2002.2
シリーズ名庄司肇コレクション


作者瀬戸内寂聴

収載図書山形県文学全集1期(小説編) 第6巻
出版社郷土出版社
刊行年月2004.11


作者浜里二郎

収載図書白梅
出版社新風舎
刊行年月2005.12
シリーズ名新風舎文庫


読み方:いし

  1. 歯牙、又は白米のことをいう。

読み方:いし

  1. 同上(※「いわ」参照)。〔第六類 器具食物
  2. 白米を云ふ。

読み方:いし

  1. 頭(アタマ)。
  2. 〔的〕頭のことに云ふ。「ペテン」「ヒテン(※参照箇所不明)」の条参照
  3. 頭を云ふ。
  4. 〔不〕頭のこと、あたまの堅いことを石にたとえた語。
  5. 頭のこと。堅いところから連想。〔不〕

分類 不、不良不良少年不良青少年軟派)、的


読み方:いし

  1. 歯ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・三重県
  2. 歯ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・静岡県
  3. 歯ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・島根県
  4. 歯ノコトヲ云フ。〔第六類 人身之部・福岡県
  5. 歯牙。〔第二類 人物風俗
  6. 歯牙を云ふ。

分類 三重県島根県福岡県静岡県


読み方:いし

  1. ノコトヲ云フ。〔第三類 飲食物之部・石川県

分類 石川県

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

読み方:イシishi

所在 岡山県赤磐市


読み方:イシishi

所在 熊本県山鹿市

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

読み方
いし
いしさき
いしざき
いしはま
いそ
かず
せき
そく
つるいし

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/19 04:04 UTC 版)

(いし)は、(いわ)より小さく、(すな)よりも大きい、鉱物質のかたまり[1]


  1. ^ a b c d e f g h i 広辞苑第六版【いし 石】
  2. ^ a b c d 山口裕之『ヒトは生命をどのように理解してきたか』講談社、2011年
  3. ^ a b c 小山田了三、小山田隆信『材料技術史概論 第3版』東京電機大学、2001年、9頁。
  4. ^ a b c コトバンク 石器
  5. ^ a b c d コトバンク 石器時代
  6. ^ 『腕時計大百科』グリーンアロー出版社 ISBN 4-7663-3146-X
  7. ^ 囲碁の道具 日本棋院
  8. ^ オセロってなに? オセロ公式サイト
  9. ^ Why Kenyan women crave stones(BBC 参照日:2018.5,15)
  10. ^ 学芸の小部屋「渦巻きと太湖石」”. www.toguri-museum.or.jp. 戸栗美術館. 2021年3月2日閲覧。
  11. ^ 平野恵. “好古から考古へ —近世から近代へ継承された学問の形態—”. umdb.um.u-tokyo.ac.jp. 東京大学総合研究博物館. 2020年9月14日閲覧。
  12. ^ 荻野, 慎諧『古生物学者、妖怪を掘る』NHK出版NHK出版新書〉、2018年。ISBN 978-4140885567(第二章四節「奇石考『雲根志』『怪石志』を読む」)


「石」の続きの解説一覧

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 09:15 UTC 版)

発音

名詞

  1. (いし) 岩石鉱物の塊。より小さくより大きい
  2. (いし) 語義1に限らず岩石鉱物一般

接尾辞

  1. (コク) 尺貫法における容積単位(=「斛‎」)。
    1. 一般的なもの。1石=10100180リットル
    2. 船・材木の容量。1石=10立方278リットル

熟語


※ご利用のPCやブラウザにより、漢字が正常に表示されない場合がございます。
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence. Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.



石と同じ種類の言葉


品詞の分類

接尾語    石    立て

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「石」に関係したコラム

  • 株式の投資基準とされるROAとは

    株式の投資基準とされるROAとは、総資本の経常利益の割合をパーセンテージで表したものです。ROAは、Return on Assetの略で、総資本経常利益率といいます。ROAは次の計算式で求めることがで...

  • 株式の投資判断とされる自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる自己資本比率とは、資本の総資産の割合をパーセンテージで表したものです。自己資本比率は、株主資本比率、株主持分比率などとも呼びます。自己資本比率は、次の計算式で求めることができます...

  • 株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは

    株式の投資判断とされる有利子負債自己資本比率とは、自己資本と有利子負債との比率を表したものです。D/Eレシオともいいます。有利子負債自己資本比率の有利子負債には、長期借入金、短期借入金、普通社債、転換...

  • 株式の大型株とは

    東京証券取引所(東証)では、規模別株価指数の算出のために一部上場銘柄を大型株、中型株、小型株の3つに分類しています。その基準は、時価総額や株式の流動性などによって順位づけしたものになっています。大型株...

  • 株式の投資基準とされる売上高伸び率とは

    株式の投資基準とされる売上高伸び率とは、企業の予想売上高が最新の売上高の何パーセント増加しているかを表したものです。予想売上高が伸びればその分、株価も上昇するのが一般的とされています。売上高伸び率は、...

  • 株365の株価指数に採用されている銘柄

    株365の銘柄の価格は、株価指数に採用されている銘柄の価格をもとにして算出されます。株価指数に採用されている銘柄はその国を代表するような優良企業であることが多く、また、取引高も多く市場から注目されてい...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石」の関連用語


2
94% |||||

3
94% |||||

4
94% |||||

5
94% |||||

6
94% |||||

7
94% |||||

8
94% |||||

9
94% |||||

10
94% |||||

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
建機プロ建機プロ
Copyright (c) 2021 SHIN CATERPILLAR MITSUBISHI LTD.All rights reserved.
キャタピラージャパン建機プロ -次世代の砕石業研究会-
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
皓星社皓星社
Copyright (C) 2021 株式会社皓星社 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
EDRDGEDRDG
This page uses the JMnedict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
漢字辞典
Copyright © KANJIDIC2 - the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group(EDRDG), used in conformance with the Group's licence.
Copyright © 1991-2010 Unicode, Inc. All rights reserved. Distributed under the Terms of Use in http://www.unicode.org/copyright.html.
Stroke Order Diagrams(SODs) licensed from © Kanji Cafe.

©2021 GRAS Group, Inc.RSS