石版とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 建設 > 建材 > > 石版の意味・解説 

せき‐ばん【石版】

《「せきはん」とも》平版印刷の一。石版石表面脂肪インク文字や絵などをかき、脂肪反発性を利用して印刷する。1798年ドイツゼーネフェルダー発明


せき‐ばん【石版】

〔名〕 (「せきはん」とも) 石版石表面脂肪性の材料で図を描き、脂肪反発性を利用して、油性インクで刷る印刷法。一七九八年ドイツゼーネフェルダー発明平版印刷代表的なもの。広義には、石版石かわりに金属板用い印刷法(金属平版)をも含む。リトグラフ。〔和蘭字彙(1855‐58)〕

明暗(1916)〈夏目漱石八九「石版(セキバン)で印刷されている広告用の小冊子いたもの

[語誌]近世後期日本紹介され、川原慶賀歌川国芳らがヨーロッパ石版画模写したことが知られている。一八六〇年にプロシア使節石版印刷機を幕府献上した。


リトグラフ

(石版 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/22 02:36 UTC 版)

リトグラフ (lithograph)とは版画の一種たる平版画の反発作用を利用した版種で、製作過程は大きく「描画」「製版」「刷り」の3工程にわかれる。ほかの孔版画凹版画凸版画などに比べると複雑で時間も多く要するが、クレヨンの独特のテクスチャや、強い線、きめ細かい線、の効果、インクを飛ばした効果など、描写したものをそのまま紙に刷ることができ、多色刷りも可能で、版を重ねるにつれて艶を有した独特の質感が出てくる。




「リトグラフ」の続きの解説一覧



石版と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「石版」の関連用語

石版のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



石版のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのリトグラフ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS