第三とは?

だい‐さん【第三】

3番目。3回目。

相対する関係にある二つ以外のもの。当事者以外のもの。「第三の人物

連歌連句で、発句(ほっく)・脇句次に付け第3句。脇句から場面一転させる句で、多く「て」で止める


だい‐さん【第三】

〔名〕

第一第二の次。三番目。三回目。

吾輩は猫である(1905‐06)〈夏目漱石〉二「所へ下女が又第三の端書持ってくる

相対する二つ以外のもの。当事者以外のもの。物事に関係していない他のもの。第三者第三国など。

連歌俳諧で、発句(ほっく)・脇句(わきく)の次にくる第三番目の一七字付句(つけく)。発句と同じ季節を守るが、主題趣向一転させる。

長短抄(1390)中「第三もわきの句程わなくとも、是も発句に遠からぬ時節をするべし。発句真名字留の時は、第三まな字留かしましき也」


第三

出典:『Wiktionary』 (2018/07/06 10:50 UTC 版)

名詞

だいさん

  1. 序列三番目であること。三番目の。

関連語

対立構造部外から影響を及ぼす意がある

翻訳

形容詞:第三の



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「第三」に関係したコラム

  • 株主優待銘柄とは

    株主優待銘柄とは、株主に対する還元策の1つとして商品券や割引券など配布している銘柄のことです。企業は、株主還元のため、また、株主の獲得のためにさまざまな株主優待を用意しています。株主優待は、1単元でも...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第三」の関連用語

第三のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第三のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの第三 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS