第三セクターとは?

Weblio 辞書 > ビジネス > 時事用語 > 第三セクターの意味・解説 

だいさん‐セクター【第三セクター】

国や地方公共団体第一セクター)と民間企業第二セクター)の共同出資によって設立される事業体。地域開発など本来は国や地方公共団体が行うべき事業を、民間資金能力導入によって官民共同で行おうとするもの。三セク


第三セクター(だいさんせくたー)

地方自治体民間共同出資による企業のこと

地方自治体民間企業共同出資して事業経営する。自治体経費負担軽減されるほか、民間効率性行政公共性に採り入れることができる。地域開発事業中心に住宅建設道路建設都市開発などの例がある。

第三セクターは、1980年代バブル景気時、「リゾート法」という法律施行機に、へき地を活性化するということ観光業などを中心に新設事業が相次いだ。

ところが最近経営悪化の例も多く表れている。というのは、当初流れていた豊富な補助金地方財政悪化とともになくなり、結果としてずさんな経営ぶりが表面化してきたためである。たとえば、宮崎県リゾート施設シーガイア」では、2001年2月19日負債総額3261億円を出して、宮崎地裁会社更生法適用申請した。シーガイア累積赤字は、1200億円を超えるのだった

その他、東京臨海副都心幕張メッセも第三セクターであるが、見込みよりも収益が上がらず、経営不振である。東京都の「多摩ニュータウン開発センター」では40億円もの債務超過にあるなど、巨額借金地方財政負担になっている例もある。

(2000.01.02更新


第三セクター

第三セクターは、元々は地域開発新し都市づくり推進のため、第一セクター(国や地方公共団体)と、第二セクター民間企業)が共同出資して設立された事業体をいいます。

鉄道でこの形態会社話題となり始めたのは、旧国鉄赤字廃止計画具体化したころで、赤字線の存続を図ろうとする地方関係者が、次々と第三セクター方式発表しました。

岩手県三陸地方を走る三陸鉄道域県・鹿島臨海鉄道石川県のと鉄道などは、旧国鉄線から第三セクターに転換した鉄道です。第三セクター方式転換後の経営は、比較的に好調会社経営難会社二分されます。


第三セクター

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/12/09 04:54 UTC 版)

第三セクター(だいさんセクター)は、第一セクターおよび地方公共団体が経営する公企業)や第二セクター私企業)とは異なる第三的方式による法人。略称は三セク(さんセク)。




  1. ^ 大阪府などが出資していたが2014年7月に保有株式すべてを南海電気鉄道および関連会社に売却し、純粋な民間企業となっている。
  2. ^ 総務省 第三セクター等の状況に関する調査結果 H27.1
  3. ^ 経営不振3セクの2割、395法人が清算も困難 読売新聞 2014年2月10日


「第三セクター」の続きの解説一覧

第三セクター

出典:『Wiktionary』 (2009/02/19 12:40 UTC 版)

名詞

第三 セクターだいさんせくたー

  1. 地方自治体第一セクター)と民間企業第二セクター)が共同経営する事業体。

翻訳



英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「第三セクター」の関連用語

第三セクターのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



第三セクターのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
時事用語のABC時事用語のABC
Copyright©2021 時事用語のABC All Rights Reserved.
日本民営鉄道協会日本民営鉄道協会
(C) 2021 (社)日本民営鉄道協会
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの第三セクター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの第三セクター (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS