非政府組織とは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 方式・規則 > 主義・方式 > 学問 > 学問 > 非政府組織の意味・解説 

非政府組織

【英】:Non-governmental Organization

1945 年国際連合発足の後、国連憲章10章「経済社会理事会」・第71条において、政府異な立場国連との協議資格をもつ市民組織としてNGOという用語が使われはじめた。故・室靖教授によると、世界援助歴史を見ると、NGOによる援助政府開発援助ODA)よりずっと早くからおこなわれてきた。たとえば、セーブ・ザ・チルドレン・ファンド(SCF-UK)は第一次世界大戦末期援助活動始めたのに対し、ODA起源トルーマン大統領による1949年の「ポイント・フォア計画」が最初という。日本NGOの語が広く流通するようになったのは、インドシナ難民救援活動本格化した1980年代以降日本はその意味でNGO後進国だった。平成7年阪神淡路大震災での救援活動平成10年特定非営利活動促進法制定が、NGO認知活動弾みをつけた。
JANIC国際協力NGOセンター)によると、国際協力NGOとは、「海外国内を問わず、地球規模課題開発人権・平和・環境・緊急救援など)に取り組む非政府非営利市民組織」と定義される。JANICNGOダイレクトリー(2005年版)には、286団体紹介されているが、うち保健・医分野事業重複あり)は114団体と、教育分野についで多い。最近では、エイズMDG(ミレニアム開発目標)、地雷クラスター爆弾禁止女性人権地球温暖化対策など、いわゆるグローバル・イッシューに取り組む国境越え市民連携として、NGOよりも、Civil Society Organization(CSO市民社会組織)という用語がよく使われるようになってきた。NGOCSO構成する重要なアクターであることは間違いない。(本田徹)

参考URLロンドン大学 Centre for Civil Society ‘What is Civil Society?’
http://www.lse.ac.uk/collections/CCS/what_is_civil...

非政府組織

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/01/28 03:36 UTC 版)

1815年ウィーン会議で設立されたライン川航行中央委員会[1]は中央ヨーロッパ諸国に限定されるものであったが、1813年健康理事会[2]は欧州諸国に加えオスマン帝国も含むものだった。自国民の安全や利益だけでなく、諸国の共同の福祉を促進し、国際協調というものが、自国にも諸国にも得るものが多いということを人々に認識させてきたのである。







非政府組織と同じ種類の言葉


固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「非政府組織」の関連用語

非政府組織のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



非政府組織のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
日本国際保健医療学会日本国際保健医療学会
Copyright (C) by Japan Association for International Health. All rights reserved,2019.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの非政府組織 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2019 Weblio RSS