中央情報局とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 百科事典 > 中央情報局の意味・解説 

中央情報局

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/17 09:33 UTC 版)

中央情報局(ちゅうおうじょうほうきょく、英語: Central Intelligence Agency, 略称:CIA)は、アメリカ合衆国の対外情報機関。主に人的情報(HUMINT)を利用して世界中から国家安全保障に関する情報を収集・処理・分析することを公式任務としている。アメリカの情報コミュニティ(IC)の主要メンバーであるCIAは国家情報長官の直属であり、主に大統領と内閣に情報を提供することを目的としている。


注釈

  1. ^ Chief,Physical Security Division,Office of Security
  2. ^ 一部を削除したがあまりにも詳細なので問題になり、一旦出版停止になった[67]
  3. ^ CIAの違法活動を調査した「上院情報活動調査特別委員会United States Senate Select Committee
  4. ^ 『臨時増刊 CIAの外国指導者暗殺計画 全訳 米上院調査特別委員会レポート』(注 :コンゴ=ルムンバ、キューバ=カストロ、ドミニカ=トルヒーヨ、南ベトナム=ゴ・ジン・ジエム、チリ=ルネ・シュナイダー)「朝日ジャーナル」1975・12・25、Vol.17、No.55、通巻880号
  5. ^ Inspector General。
  6. ^ Assistant Deputy Director for Operations
  7. ^ The Crowley FilesCRYPTOME 2001

出典

  1. ^ History of the CIA”. Central Intelligence Agency. 2014年3月28日閲覧。
  2. ^ CIA Observes 50th Anniversary of Original Headquarters Building Cornerstone Laying”. Central Intelligence Agency. 2012年9月18日閲覧。
  3. ^ a b Gellman, Barton; Miller, Greg (2013年8月29日). “U.S. spy network's successes, failures and objectives detailed in 'black budget' summary”. The Washington Post. https://www.washingtonpost.com/world/national-security/black-budget-summary-details-us-spy-networks-successes-failures-and-objectives/2013/08/29/7e57bb78-10ab-11e3-8cdd-bcdc09410972_story.html 2013年8月29日閲覧。 
  4. ^ Kopel, Dave (1997年7月28日). “CIA Budget: An Unnecessary Secret”. Cato Institute. 2007年4月15日閲覧。
  5. ^ “Cloak Over the CIA Budget”. The Washington Post. (1999年11月29日). https://fas.org/sgp/news/1999/11/wp112999.html 2008年7月4日閲覧。 
  6. ^ http://www.huffingtonpost.com/.../president-harry-truman-an...
  7. ^ http://espionagehistoryarchive.com/.../malta-masonry-the-cia/
  8. ^ http://foreignpolicy.com/.../mapped-the-7-governments-the-u-s-has-...
  9. ^ CIAがひた隠す秘密暗殺部隊 ニューズウィーク 2009年7月15日
  10. ^ The World Factbook
  11. ^ Studies in Intelligence
  12. ^ 『米国 国家情報会議 「グローバル・トレンド2030:未来の姿」(2012年12月版)の要旨(全訳) 2012年12月21日 海上自衛隊幹部学校』
  13. ^ Global Trends 2030: Alternative Worlds
  14. ^ ウィリアム・E.コルビー著、大前 正臣、山岡 清二訳『栄光の男たち―コルビー元CIA長官回顧録』日本語版に寄せて、政治広報センター、1980年1月第1刷発行 ISBN B000J742DU、PP.1-5。
  15. ^ a b ティム・ワイナー「CIA秘録」文藝春秋
  16. ^ 角間隆 (1979). ドキュメント日商岩井. 徳間書店 
  17. ^ 川端治 (1963). 自民党 その表と裹. 新日本出版社 
  18. ^ CIA Records - Name Files
  19. ^ Research Aid: Cryptonyms and Terms in Declassified CIA Files Nazi War Crimes and Japanese Imperial Government Records Disclosure Acts
  20. ^ Truman Library - Truman Papers: Psychological Strategy Board Files
  21. ^ Foreign Relations of the United States, 1964-1968, Vol. XXIX, Part 2, Japan(英語)
  22. ^ C.I.A. Spent Millions to Support Japanese Right in 50's and 60's New York Times, October 9, 1994(英語)
  23. ^ 左派弱体化狙い、秘密資金提供~CIAが50年前、日本の保革両勢力に U.S. FrontLine, 2006年7月19日
  24. ^ 松浦総三 (1977). 現代ジャーナリズム事件誌. 白川書院 
  25. ^ 日本共産党 (1978). 韓国の謀略機関―国際勝共連合=統一協会. 日本共産党中央委員会出版局 
  26. ^ 田岡俊次著『日本を囲む軍事力の構図』 中経出版 2003年9月18日第1刷発行 ISBN 4-8061-1872-9
  27. ^ 2,619 CIA Sources: The Crowley Files
  28. ^ 有馬哲夫 (2015). 「スイス諜報網」の日米終戦工作-ポツダム宣言はなぜ受けいれられたか. 新潮社 
  29. ^ 吉田則昭 (2012). 緒方竹虎とCIA アメリカ公文書が語る保守政治家の実像. 平凡社 
  30. ^ 有馬哲夫 (2006). 日本テレビとCIA 発掘された「正力ファイル」. 新潮社 
  31. ^ 有馬哲夫 (2008). 原発・正力・CIA 機密文書で読む昭和裏面史. 新潮新書 
  32. ^ 100,000 Pages Declassified in Search for Japanese War Crimes Records
  33. ^ Japanese War Crimes
  34. ^ Records of the Central Intelligence Agency (RG 263
  35. ^ 20世紀メディア研究所
  36. ^ 研究所活動
  37. ^ 20世紀メディア研究所・特別研究会―CIA と緒方竹虎
  38. ^ Courson, Paul (1999年4月26日). “Former President Bush honored at emotional ceremony renaming CIA headquarters”. CNN. 2019年1月20日閲覧。
  39. ^ 『米国が12月に公開した国家文書に注目せよ 2008年米国の対外政策を読む』2008年1月21日付配信 日経ビジネスオンライン
  40. ^ "Bush: Top terror suspects to face tribunals". CNN. Associated Press. September 6, 2006.
  41. ^ "Bush admits to CIA secret prisons". BBC News. September 7, 2006.
  42. ^ 無人機攻撃作戦、CIAから米軍に移管へ”. ウォール・ストリート・ジャーナル (2013年3月21日). 2019年7月7日閲覧。
  43. ^ CIAに初の女性長官 米上院議会がジーナ・ハスペル氏を承認”. ハフィントンポスト (2018年5月18日). 2018年5月20日閲覧。
  44. ^ https://www.cia.gov/news-information/press-releases-statements/2015-press-releases-statements/message-to-workforce-agencys-blueprint-for-the-future.html Central Intelligence Agency 6 March 2015.
  45. ^ http://www.coldwar.org/articles/50s/guatemala.asp
  46. ^ アメリカ合衆国国務省発行『米国の外交』第29巻第2部 2006年7月18日(Foreign Relations of the United States, 1964-1968, Vol. XXIX, Part 2, Japan, Document 1
  47. ^ 春名幹男『秘密のファイル(下)CIAの対日工作』 共同通信社 2000年3月、ティム・ワイナー『CIA秘録』 文藝春秋社
  48. ^ “U.S. admits CIA gave LDP money in 1950s, 1960s”. The Japan Times. (2006年7月20日). http://www.japantimes.co.jp/news/2006/07/20/national/u-s-admits-cia-gave-ldp-money-in-1950s-1960s/#.V5Gn4JOyOko 2016年7月22日閲覧。 
  49. ^ CIAの雇い兵三百人 アンゴラに派遣 政府は否定『朝日新聞』1976年1月3日朝刊、13版、4面
  50. ^ ウィリアム・ブルム「アメリカの国家犯罪全書」
  51. ^ ジョビー・ウォリック『三重スパイ――CIAを震撼させたアルカイダの「モグラ」』太田出版, 2012年
  52. ^ “中国でCIA要員12人殺害 中国の米スパイ網壊滅、と米紙”. 産経ニュース. (2017年5月21日). https://www.sankei.com/world/news/170521/wor1705210015-n1.html 2019年1月15日閲覧。 
  53. ^ “中国とロシア、CIAスパイ情報を共有か”. サンケイスポーツ. (2019年1月21日). https://www.sanspo.com/geino/news/20180121/sot18012108340004-n1.html 2019年6月19日閲覧。 
  54. ^ “北朝鮮「韓米情報機関、北首脳部のテロ企図」主張…労働新聞の報道”. 中央日報. (2017年5月12日). http://japanese.joins.com/article/016/229016.html 2017年5月12日閲覧。 
  55. ^ “North Korea calls US-South Korea plot a 'declaration of war'”. FOXニュース. (2017年5月11日). http://www.foxnews.com/world/2017/05/11/north-korea-calls-us-south-korea-plot-declaration-war.html 2017年5月12日閲覧。 
  56. ^ “北朝鮮 米韓がキム委員長暗殺狙い派遣のグループ摘発と発表”. NHK. (2017年5月5日). http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170505/k10010971691000.html 2017年5月12日閲覧。 
  57. ^ “北朝鮮、金正恩氏の暗殺企んだとしてCIAを非難 スパイの存在に言及”. AFP. (2017年5月5日). http://www.afpbb.com/articles/-/3127321 2017年5月12日閲覧。 
  58. ^ “「正恩氏狙った米韓テロ計画摘発」…北秘密警察”. 読売新聞. (2017年5月6日). http://www.yomiuri.co.jp/world/20170506-OYT1T50004.html 2017年5月10日閲覧。 
  59. ^ “北朝鮮、韓国情報機関トップの引き渡し要求 「正恩氏暗殺計画」で”. CNN. (2017年5月13日). https://www.cnn.co.jp/world/35101105.html 2017年5月13日閲覧。 
  60. ^ “北朝鮮が米国に「正式な謝罪」要求、金正恩氏暗殺計画で―米メディア”. Record China. (2017年5月8日). http://www.recordchina.co.jp/b177439-s0-c10.html 2017年5月12日閲覧。 
  61. ^ “「金正男氏はCIAの情報提供者」 米紙報道”. 日本経済新聞. (2019年6月11日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO45931320R10C19A6000000/?n_cid=TPRN0026 2019年6月11日閲覧。 
  62. ^ “イラン、米CIAのスパイネットワーク解体と発表”. AFPBB. (2019年6月19日). https://www.afpbb.com/articles/-/3230815 2019年6月19日閲覧。 
  63. ^ “米、元CIA職員逮捕 中国に最高機密漏えい疑い”. 日本経済新聞. (2020年8月18日). https://www.nikkei.com/article/DGXMZO62741280Y0A810C2000000 2020年8月18日閲覧。 
  64. ^ “米 CIA元工作員を逮捕 中国に機密情報を売り渡した疑い”. NHK. (2020年8月18日). https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200818/k10012571571000.html 2020年8月18日閲覧。 
  65. ^ 『ケネディ――栄光と苦悩の一千日(上・下)』(河出書房, 1966年)
  66. ^ http://harvardmagazine.com/2011/01/kermit-roosevelt
  67. ^ 『CIAの逆襲―ドキュメント「パーレビ復権」 イラン1953年』小西昭之訳 1980年12月。"Countercoup"1980年
  68. ^ E.H. Cookridge『ゲーレン 世紀の大スパイ』向後英一訳、角川書店、1974年
  69. ^ Antn.tervlew W1t11 Fo~er DOCI John N. McMahon
  70. ^ William Broe, former high-level CIA official, dies at 97Washington Post,October 26, 2010
  71. ^ "Inside the Company: CIA Diary". Penguin. ISBN 0-14-004007-2。「CIA日記」1975年、青木栄一 訳
  72. ^ OSS Catalogue2015
  73. ^ 「ヴェール(上)」p263





英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「中央情報局」の関連用語

中央情報局のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



中央情報局のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの中央情報局 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS