アドルフ・ヒトラーとは?

Weblio 辞書 > 固有名詞の種類 > 人名 > 政治家 > 海外の政治家 > ナチ党員 > アドルフ・ヒトラーの意味・解説 

アドルフ・ヒトラー

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/06 08:23 UTC 版)

アドルフ・ヒトラードイツ語: Adolf Hitler ドイツ語: [ˈaːdɔlf ˈhɪtlɐ] ( 音声ファイル)[1]アードルフ・ヒトゥラ), 1889年4月20日 - 1945年4月30日)は、ドイツ政治家[2]ドイツ国首相、および国家元首総統)であり、国家と一体であるとされた国家社会主義ドイツ労働者党(ナチス)の指導者[2]


注釈

  1. ^ 国家元首の権能を掌握した日。
  2. ^ 例としては、『広辞苑』第三版、『大辞林』第二版では「ナチズム」を古代ローマコンスルによる執政、ファシズムと並ぶ独裁政治の典型としている。また、平凡社世界大百科事典』第二版の「独裁」(加藤哲郎執筆)の項には「歴史上の独裁は、個人の名前と結びつけられることが多く、古代ローマのカエサル始皇帝、イギリス清教徒革命期(イングランド共和国時代)のオリバー・クロムウェル、フランスのナポレオン・ボナパルト、ナチスドイツのヒトラー、ソ連のヨシフ・スターリンなどがその例である。」と代表的な独裁者として彼の名を挙げている。
  3. ^ 全権委任法の成立を、カール・シュミットは政府に無制限の権力が与えられたと評している[4]。また伝統的に小邦が分立していたドイツでは、ドイツ統一以降もバイエルン王国など州邦の自治権力は強く、1933年のナチ党による各州政府のクーデターまでその状態が続いていた。ナチ党自身もその権力の大きさを認識しており、1934年8月の国家元首就任後に行われたヒトラーの布告では「ライヒの最高権力から全行政機構を経て末端の地区の指導に至るまで、ドイツライヒはナチス党の手の中にある」と言明し、その年の党大会では「民族の指導部が今日ドイツにおいてあらゆる権力を掌握している」と宣言されている[5]
  4. ^ 他に名前の研究家ユルゲン・ウードルフはヒトラー姓はバイエルンやオーストリア各地に伝わる「地下水脈」と「泉」などを表す方言を語源とする説を主張している
  5. ^ 『我が闘争』には「役所から私のために扶助料のやうなものが下がるけれど、それでは水も飲めない程僅」「父の遺産は多少あつたけれども、母の病気で殆ど消えてしまった」[69]と述べている。当時、若い教師の月給が66クローネ、ウィーン実科学校の高級事務官の月給が82クローネであった(村瀬 1977, p. 116-117)。
  6. ^ 上等兵伍長勤務上等兵とも邦訳されるが、確定的な訳はない。現代においてもこの階級はドイツ連邦軍オーストリア軍スイス軍等のドイツ語圏に存在しており、NATO軍の階級一覧表英語版では、OR-2(一等兵)に相当する分類になっている。しばしばヒトラーの最終階級の低さを揶揄して「ボヘミアの伍長」などと呼称する例も多いが、ゲフライターは下士官(伍長)ではないため、正確な表現とは言えない。
  7. ^ 4月24日に陸軍総司令部の統帥権はノイルーフェン基地に脱出した国防軍最高司令部に委譲され、南部の指揮権は国防軍総司令部次長ヴィンター中将、中央軍集団司令官シェルナー元帥、南部方面軍集団レンデュリック大将が分担することになった。
  8. ^ 4月22日、ゴットロープ・ベルガー親衛隊大将との会話[214]
  9. ^ ただしジョン・トーランドは、結婚証明書の日付が書き直されていることから、4月28日中に結婚が行われたものと見ている。
  10. ^ フランツ・イェツィンガー、村瀬興雄ら[221]
  11. ^ 1941年7月21日から22日のヒトラー談話[230]
  12. ^ その後「別の味方(イタリア)も結局は正しい側について戦争を終える国だ」と付け加えている。これはナポレオン・ボナパルトの「イタリアは決して開戦時の味方国と最後まで行を共にしたことはない。二度味方を変えた場合は別だが」をもじったものである[233]
  13. ^ 『我が闘争』では、「日露戦争では私は始から日本に味方した」と書かれているが、これはロシアの敗北がオーストリア国内にいるスラブ民族の敗北につながるという理屈からである[238]
  14. ^ 改造」号の児島喜久雄の記事では、風濤図のほか六波羅蜜寺の平清盛坐像、俵屋宗達の扇面散図、尾形光琳の鳥類写生帳が挙げられている。またほかの記事ではいくつかの美術品がヒトラーの目に留まったと書かれている(安松みゆき 2000, p. 145)。
  15. ^ 1942年2月17日のヒトラー談話[240]
  16. ^ 1942年1月7日のヒトラー談話[242]
  17. ^ 1941年11月5日のヒトラー談話[245]
  18. ^ 作家カール・ツックマイヤーの回想[253]
  19. ^ ヴィルヘルム・モーンケ親衛隊少将との会話[269]
  20. ^ 1944年10月1日には総統医師団の一人、軍医ギーシングがモレルの解任を求めた。しかしヒトラーは承諾しなかった。その後、ヒトラーの指示を受けたヒムラーによってモレル以外の総統専属医師は解任された。ただしモレルの治療と投薬は中止され、以降ヒトラーの治療はシュトゥンプフエッガーSS少佐が担当することになる。
  21. ^ 1945年10月17日、ニュルンベルクにおけるハウスホーファーの証言[283]
  22. ^ bastarden (bastard) とは品のない言葉で「野郎」の他、雑種(犬)、結婚していない男女の子ども、ということにもなる。

出典

  1. ^ Duden Das Aussprachewörterbuch (6 ed.). Dudenverlag. (2005). p. 135, 405. ISBN 978-3-411-04066-7 
  2. ^ a b c 興雄, 村瀬日本大百科全書(ニッポニカ) コトバンク. 2019年1月9日閲覧
  3. ^ エバーハルト・イェッケルドイツ語版などが唱えるヒトラーがホロコーストの中心的推進者であったという考えは「意図説」と呼ばれ、マルティン・ブロシャートが提唱したナチス・ドイツの機構自体が即興的に行った政策の積み重ねが大量虐殺につながったという考えは「構造派・機能派」と呼ばれる。構造派の中にもその構造の中心にいたのはヒトラーであると解釈する研究者もいる。 芝健介 『ホロコースト』 中央公論新社〈中公新書〉、2008年。ISBN 9784121019431 、243-248p
  4. ^ 南利明「民族共同体と法(二) : NATIONALSOZIALISMUSあるいは「法」なき支配体制」『静岡大学法経研究』第24巻第2号、静岡大学法経学会、1988年、 199-223頁、 doi:10.14945/00003567NAID 110007616176
  5. ^ 南 2003a, pp. 23–24.
  6. ^ a b 南 2003b, pp. 69–70.
  7. ^ 南 2003a, p. 20.
  8. ^ 南利明「民族共同体と法(1) : NATIONALSOZIALISMUSあるいは「法」なき支配体制」『静岡大学法経研究』第37巻第3号、静岡大学法経学会、1988年1月、 3-4頁、 doi:10.14945/00003568NAID 110007653230
  9. ^ 南利明「民族共同体と法(6) : NATIONALSOZIALISMUSあるいは「法」なき支配体制」『静岡大学法経研究』第39巻第3号、静岡大学法経学会、1990年12月、 147-158頁。
  10. ^ 南利明「民族共同体と法(12) : NATIONALSOZIALISMUSあるいは「法」なき支配体制」『静岡大学法経研究』第41巻第2号、静岡大学法経研学会、1992年8月、 48-58頁。
  11. ^ 堀内直哉「1937年11月5日の「総統官邸」における秘密会議 : ヒトラー政権下の軍備問題をめぐって」 『目白大学人文学研究』第3号、目白大学、2006年、 pp.47-63、 NAID 110007000946
  12. ^ a b シュトラール 2006, p. 82.
  13. ^ Shirer, W. L. (1960), The Rise and Fall of the Third Reich, New York: Simon and Schuster
  14. ^ Rosenbaum, R. (1999). Explaining Hitler: The Search for the Origins of His Evil. Harper Perennial. ISBN 0-06-095339-X
  15. ^ a b c d e シュトラール 2006, p. 12-13.
  16. ^ Shirer (1990-11-15), The Rise and Fall of the Third Reich, p.7.
  17. ^ a b c シュトラール 2006, p. 18-19.
  18. ^ a b c d シュトラール 2006, p. 16-17.
  19. ^ クビツェク『アドルフ・ヒトラーの青春』p.392、三交社、2005年
  20. ^ シュトラール 2006, p. 15.
  21. ^ 1920年(大正9年)11月10日、ミュンヘン一揆の情報を大野代理大使が外務省に打電したが、その電文では『情報ニ依レハKabr Losoaw革命政府ノ任命ヲ諾セルハHither 一派ノ脅迫ニ基キタルモノナル由ニテ「カール」ハ其及官内ニ革命派ノ逮捕ヲ命シRachnerハ己ニ逮捕セラレ「ヒットレル」「ルーデンドルフ」ハ「ミューンヘン」陸軍省内ニ押込ラレ戻レリト』とある(JACAR(アジア歴史資料センター)、Ref.B03050996700、第6画像目)。また、合同通信が配信した記事にも「復辟派首領ヒットレル」と記載されている(児島 第1巻、67頁)。
  22. ^ a b c シュトラール 2006, p. 14.
  23. ^ a b c d シュトラール 2006, p. 22-23.
  24. ^ a b c シュトラール 2006, p. 24-25.
  25. ^ 増谷英樹、古田善文『図説オーストリアの歴史』河出書房新社〈ふくろうの本〉、2011年9月、64頁。ISBN 9784309761756
  26. ^ a b シュトラール 2006, p. 32.
  27. ^ Rosmus 2004, p. 33.
  28. ^ Keller 2010, p. 15.
  29. ^ Hamann 2010, pp. 7–8.
  30. ^ Kubizek 2006, p. 37.
  31. ^ a b Payne 1990[要文献特定詳細情報]
  32. ^ a b シュトラール 2006, p. 159.
  33. ^ Kubizek 2006, p. 92.
  34. ^ Hitler 1999, p. 6.
  35. ^ Fromm 1977, pp. 493–498.
  36. ^ Shirer, p.27[要文献特定詳細情報]
  37. ^ Rosmus, op cit, p. 35
  38. ^ a b 村瀬 1977, p. 102-103.
  39. ^ Payne 1990, p. 22.
  40. ^ "Adolf Hitler Video ?". History.com. Retrieved 2010-04-28.
  41. ^ Kershaw 2008, p. 9.
  42. ^ Hitler 1999, p. 8.
  43. ^ Keller 2010, pp. 33–34.
  44. ^ Fest 1977, p. 32.
  45. ^ Kershaw 2008, p. 8.
  46. ^ Hitler 1999, p. 10.
  47. ^ Evans 2003, pp. 163–164.
  48. ^ a b 村瀬 1977, p. 90-91.
  49. ^ Bendersky 2000, p. 26.
  50. ^ Ryschka 2008, p. 35.
  51. ^ Hamann 2010, p. 13.
  52. ^ a b c d e 村瀬 1977, p. 104-105.
  53. ^ Kershaw 1999, p. 20.
  54. ^ トーランド 1990a, p. 55.
  55. ^ シュトラール 2006, p. 244-245.
  56. ^ a b 村瀬 1977, p. 108-109.
  57. ^ a b c d e f g h 村瀬 1977, p. 112-113.
  58. ^ a b c d シュトラール 2006, p. 51-52.
  59. ^ a b シュトラール 2006, p. 52-53.
  60. ^ Bullock 1962, pp. 30–31
  61. ^ Bullock 1962, pp. 30–31.
  62. ^ a b ズビニェク・ゼーマン『ヒトラーをやじり倒せ― 第三帝国のカリカチュア』山田義顕訳、平凡社、1990年8月。ISBN 4582286046[要ページ番号]
  63. ^ a b c d 村瀬 1977, p. 116-117.
  64. ^ a b c d シュトラール 2006, p. 54-55.
  65. ^ トーランド 1990a, p. 71.
  66. ^ a b 村瀬 1977, p. 117-118.
  67. ^ 村瀬 1977, p. 116.
  68. ^ 村瀬 1977, p. 117.
  69. ^ ヒトラー総統著 マイン・カムプの内政篇 (其の一)/1939年(情_127)(外務省外交史料館)」 アジア歴史資料センター Ref.B10070249400  31-32頁。
  70. ^ シュトラール 2006, p. 250-251.
  71. ^ シュトラール 2006, p. 248-249.
  72. ^ a b 村瀬 1977, p. 119-120.
  73. ^ 村瀬 1977, p. 121-122.
  74. ^ 村瀬 1977, p. 122.
  75. ^ 村瀬 1977, p. 134-135.
  76. ^ 村瀬 1977, p. 137.
  77. ^ a b c d 村瀬 1977, p. 144-145.
  78. ^ 村瀬 1977, p. 137-138.
  79. ^ a b c カーショー上巻,pp.60-96.
  80. ^ Hamann & Thornton 1999
  81. ^ Hitler 1998, §2
  82. ^ a b 村瀬 1977, p. 146.
  83. ^ a b c 村瀬 1977, p. 146-147.
  84. ^ 村瀬 1977, p. 148.
  85. ^ a b 村瀬 1977, p. 152.
  86. ^ 村瀬 1977, p. 153.
  87. ^ 村瀬 1977, p. 151.
  88. ^ Shirer 1990, p. 53
  89. ^ Bullock 1962, p. 52
  90. ^ “Adolf Hitler a war hero? Anything but, said first world war comrades”. The Guardian. (2010年8月16日). https://www.theguardian.com/world/2010/aug/16/new-evidence-adolf-hitler 2019年2月8日閲覧。 
  91. ^ 児島襄『第二次世界大戦 ヒトラーの戦い』[要文献特定詳細情報]
  92. ^ Rosenbaum, Ron, "Everything You Need To Know About Hitler's "Missing" Testicle", Slate, 28 Nov. 2008
  93. ^ Alastair Jamieson (2008年11月19日). “Nazi leader Hitler really did have only one ball - Telegraph”. The Telegraph. https://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/howaboutthat/3481932/Nazi-leader-Hitler-really-did-have-only-one-ball.html 2019年2月8日閲覧。 
  94. ^ Keegan 1987, pp. 238–240
  95. ^ Lewis 2003
  96. ^ Dawidowicz 1986
  97. ^ Bullock 1962, p. 60
  98. ^ トーランド 1990a, p. 23.
  99. ^ a b c d e 高田博行 2014, p. 20.
  100. ^ 1919 Picture of Hitler, Historisches Lexikon Bayerns, オリジナルの2015-11-07時点におけるアーカイブ。, https://www.telegraph.co.uk/news/newstopics/howaboutthat/3481932/Nazi-leader-Hitler-really-did-have-only-one-ball.html 2008年5月22日閲覧。 
  101. ^ Josef Schüßlburner (2009年5月1日). “Vergangenheitsbewältigung am Ersten Mai: Sozialdemokrat Adolf Hitler”. Lichtschlag Medien und Werbung KG. 2019年2月8日閲覧。
  102. ^ 1922年3月24日付ミュンヒナー・ポスト
  103. ^ a b Ian Kershaw: Hitler. 1889–1936. Stuttgart 1998, S. 164; David Clay Large: Hitlers München – Aufstieg und Fall der Hauptstadt der Bewegung, München 2001, S. 159.
  104. ^ Josef Schüßlburner (2013年5月23日). “Sozialdemokratie und Nationalsozialismus: Heil Dir, Lassalle!”. eigentümlich frei. Lichtschlag Medien und Werbung KG. 2019年2月11日閲覧。
  105. ^ 村瀬 1977, p. 164.
  106. ^ a b c d e f 高田博行 2014, p. 22.
  107. ^ Stackelberg, Roderick (2007), The Routledge Companion to Nazi Germany, New York, NY: Routledge, p. 9, ISBN 0-415-30860-7 
  108. ^ Samuel W. Mitcham, Why Hitler?: the genesis of the Nazi Reich. Praeger, 1996, p.67
  109. ^ Fest 1970, p. 21
  110. ^ Ewing, Jack (2011年6月3日). “Letter of Hitler’s First Anti-Semitic Writing May Be the Original”. The New York Times. http://www.nytimes.com/2011/06/03/world/europe/03iht-hitler03.html 2011年6月12日閲覧。 
  111. ^ Rawlings, Nate (2011-06-08). “The Seeds of Hitler's Hatred: Infamous 1919 Genocide Letter Unveiled to the Public”. Time. http://www.time.com/time/nation/article/0,8599,2076346,00.html 2011年6月12日閲覧。. 
  112. ^ Konrad Heiden, "Les débuts du national-socialisme", Revue d'Allemagne, VII, No. 71 (Sept. 15, 1933), p. 821
  113. ^ 村瀬、208p[要文献特定詳細情報]
  114. ^ 小松 2001, pp. 124–125.
  115. ^ トーランド 1990a, p. 352.
  116. ^ トーランド 1990a, p. 362.
  117. ^ 村瀬、ナチズム、183-186p[要文献特定詳細情報]
  118. ^ トーランド 1990a, p. 380.
  119. ^ 高田博行 2014, p. 45-46.
  120. ^ 高田博行 2014, p. 43.
  121. ^ 高田博行 2014, p. 46.
  122. ^ トーランド 1990a, p. 386.
  123. ^ トーランド 1990a, p. 388.
  124. ^ トーランド 1990a, p. 399.
  125. ^ トーランド 1990a, p. 415.
  126. ^ 児島 第1巻、177-178p
  127. ^ 阿部 2001, p. 191.
  128. ^ Wahlen in der Weimarer Republik website”. Gonschior.de. 2019年10月16日閲覧。
  129. ^ トーランド 1990b, p. 95.
  130. ^ 『朝日新聞』1933年2月1日第1面
  131. ^ a b c 斉藤 1990, p. 40.
  132. ^ 南 2003a, p. 19.
  133. ^ 南 2003b, p. 115.
  134. ^ 南 2003c, p. 162.
  135. ^ 田中 2009, p. 216.
  136. ^ 田中 2009, pp. 220–222.
  137. ^ 柳川創造、古城武司『集英社版・学習漫画 世界の歴史 15 ヒトラーと大二次世界大戦 -大二次世界大戦-』集英社、1987年5月、164頁。
  138. ^ a b c 芝健介 1992, p. 27.
  139. ^ 芝健介 1992, pp. 24–25.
  140. ^ a b 芝健介 1992, p. 26.
  141. ^ 児島 第1巻 392-396P
  142. ^ Alan Bullock, Hitler: A Study in Tyranny (London: Odhams, 1952), p. 135.
  143. ^ レニ・リーフェンシュタールが語る”政治とオリンピック””. 岩上安身. 2016年3月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月9日閲覧。
  144. ^ 児島 第1巻 474-485
  145. ^ 田島 1981, p. 275.
  146. ^ 田島 1981, pp. 275–277.
  147. ^ 堀内 2006, pp. 56–57.
  148. ^ ハーバート・フーバー『裏切られた自由』ジョージ・H・ナッシュ、草思社、2017年。[要文献特定詳細情報]
  149. ^ 渡辺 2017, pp. 175–176.
  150. ^ 渡辺 2017, pp. 177–178.
  151. ^ タンシル 2018a, p. 496.
  152. ^ タンシル 2018a, pp. 501–510.
  153. ^ 福井義高『日本人が知らない最先端の世界史2』PHP研究所2017年、pp.74-75
  154. ^ 福井義高『日本人が知らない最先端の世界史2』PHP研究所2017年、pp.112-113
  155. ^ タンシル 2018a, p. 518.
  156. ^ 渡辺惣樹『誰が第二次世界大戦を起こしたのか フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く』草思社、2017年7月、62頁。ISBN 9784794222770
  157. ^ タンシル 2018b, pp. 75–79.
  158. ^ 渡辺 2017, pp. 249–251.
  159. ^ 渡辺惣樹『誰が第二次世界大戦を起こしたのか フーバー大統領『裏切られた自由』を読み解く』草思社、2017年7月、79-80頁。ISBN 9784794222770
  160. ^ Mark Weber. “How Hitler Tackled Unemployment”. INSTITUTE FOR HISTORICAL REVIEW. 2019年2月11日閲覧。
  161. ^ 渡辺 2017, pp. 262–263.
  162. ^ タンシル 2018b, pp. 110–140.
  163. ^ 渡辺 2017, pp. 264–269.
  164. ^ BBC - GCSE Bitesize: Reasons for appeasement”. 2018年4月16日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月8日閲覧。
  165. ^ 渡辺 2017, pp. 273–275.
  166. ^ 『裏口からの参戦』下、p.177-181
  167. ^ 『裏口からの参戦』下、p.189
  168. ^ 渡辺 2017, pp. 276–277.
  169. ^ 『裏口からの参戦』下、p.282-284
  170. ^ 『裏口からの参戦』下、p.196
  171. ^ 渡辺 2017, pp. 280–281.
  172. ^ 渡辺 2017, pp. 295–299.
  173. ^ 三宅正樹『スターリン、ヒトラーと日ソ独伊連合構想』朝日選書、p.29
  174. ^ 渡辺 2017, pp. 299–302.
  175. ^ 渡辺 2017, pp. 303–304.
  176. ^ 山崎雅弘『新版 独ソ戦史』朝日文庫2016年
  177. ^ 児島襄 & 第二巻, pp. 274–275.
  178. ^ 山崎雅弘『新版 独ソ戦史』朝日文庫2016年
  179. ^ 渡辺 2017, pp. 306–307.
  180. ^ 三宅正樹『スターリン、ヒトラーと日ソ独伊連合構想』朝日選書、p.66
  181. ^ 渡辺 2017, p. 308-311.
  182. ^ 三宅正樹『ヒトラーと第二次世界大戦』新訂版 清水書院 2017年、p.139-142
  183. ^ 菅原 2002, p. 63-65.
  184. ^ 三宅正樹『スターリン、ヒトラーと日ソ独伊連合構想』朝日選書、p.107-110
  185. ^ 『裏口からの参戦』下、p.394-397
  186. ^ 三宅正樹『スターリン、ヒトラーと日ソ独伊連合構想』朝日選書、p.111
  187. ^ 児島 第3巻、247-251p
  188. ^ 菅原 2002, p. 88.
  189. ^ 菅原 2002, p. 88-89.
  190. ^ 三宅正樹『ヒトラーと第二次世界大戦』新訂版 清水書院 2017年、p.149-150
  191. ^ a b 児島 第3巻、333-336p。
  192. ^ 児島 第3巻、365p
  193. ^ 三宅正樹『スターリン、ヒトラーと日ソ独伊連合構想』p.128-129
  194. ^ 三宅正樹『ヒトラーと第二次世界大戦』新訂版 清水書院 2017年、p.179-180
  195. ^ 三宅正樹『ヒトラーと第二次世界大戦』新訂版 清水書院 2017年、p.185-190
  196. ^ 三宅正樹『ヒトラーと第二次世界大戦』新訂版 清水書院 2017年、p.204-222
  197. ^ 三宅正樹『ヒトラーと第二次世界大戦』新訂版 清水書院 2017年、p.222-228
  198. ^ 『裏口からの参戦』下、p.475-477
  199. ^ 児島 第4巻、56p
  200. ^ 児島 第4巻、115-116p
  201. ^ 児島 第4巻、161p
  202. ^ 児島 第4巻、151p
  203. ^ ヒトラー『一千年の歴史を作らん : ヒトラー総統の対米宣戦布告の大演説』日独旬刊社出版局 訳・編、日独旬刊社出版局、1941年。NDLJP:1438837
  204. ^ 児島 第4巻、441-445p
  205. ^ 児島 第4巻、454-455p
  206. ^ 児島 第5巻、241p
  207. ^ a b 田中 2009, pp. 225–227.
  208. ^ 児島 第5巻、450-452p
  209. ^ トーランド 1990d, p. 75.
  210. ^ 児島 第7巻、287-288p
  211. ^ 児島 第7巻、508-509p
  212. ^ 児島 第9巻、450頁。
  213. ^ トーランド 1990d, p. 312.
  214. ^ a b 児島 第10巻、241p
  215. ^ 児島 第10巻、213p
  216. ^ 児島 第10巻、275-276p
  217. ^ 児島 第10巻、412p
  218. ^ 児島 第10巻。
  219. ^ ヒトラーは1945年に死亡、歯と頭蓋骨の分析 研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News”. AFPBB News. 2019年2月9日閲覧。
  220. ^ ヒトラー、元上官のユダヤ人保護=側近の書簡発見-ドイツ[リンク切れ]
  221. ^ 村瀬 1977, p. 138.
  222. ^ 村瀬、『ナチズム』16p[要文献特定詳細情報]
  223. ^ 村瀬興雄『アドルフ・ヒトラー 「独裁者」出現の歴史的背景』中央公論社〈中公新書〉。ISBN 978-4121004789[要文献特定詳細情報]
  224. ^ “【音楽の政治学】ヒトラーの偽善 「劣等」と呼んだ人種のレコードを隠し持つ (1/2ページ) - MSN産経ニュース”. 産経ニュース (Microsoft). (2009年3月14日). オリジナルの2010年1月11日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20101116022739/http://sankei.jp.msn.com/world/europe/090314/erp0903141301002-n1.htm 2019年2月9日閲覧。 
  225. ^ 渡辺 2017, p. 不明.
  226. ^ アルベルト・シュペーアの回顧録[要文献特定詳細情報]
  227. ^ トーランド 1990a, pp. 438–439.
  228. ^ トーランド 1990a, p. 439.
  229. ^ 藤井耕一 1958, pp. 71–72.
  230. ^ a b ヒトラー 1994, p. 44.
  231. ^ a b 安松みゆき 2000, p. 145.
  232. ^ 阿川弘之 『米内光政』 新潮社〈新潮文庫〉、2002年、214頁。
  233. ^ (児島襄 & 第四巻, p. 375)
  234. ^ 児島襄 & 第四巻, pp. 421–422.
  235. ^ a b (ロマノ・ヴルピッタ 2000, pp. 238–246)[要文献特定詳細情報]
  236. ^ 児島襄 & 第二巻, p. 385.
  237. ^ 岩村正史 2000, p. 214.
  238. ^ ヒトラー総統著 マイン・カムプの内政篇 (其の一)/1939年(情_127)(外務省外交史料館)」 アジア歴史資料センター Ref.B10070249400  133頁。
  239. ^ 安松みゆき 2008, p. 79.
  240. ^ a b ヒトラー 1994, p. 430.
  241. ^ “アジア系アメリカ人と交際するオルタナ右翼たち なぜアジア系女性は、白人至上主義者に好かれてしまうのか?”. クーリエ・ジャポン (講談社). (2020年6月19日). オリジナルの2020年6月21日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20200621091213/https://courrier.jp/news/archives/202382/?ate_cookie=1592730731 
  242. ^ a b ヒトラー 1994, p. 275.
  243. ^ 村瀬、283-284p(16版後書き)[要文献特定詳細情報]
  244. ^ ゲッベルス日記(41年12月13日)”. 永岑三千輝. 2019年2月9日閲覧。
  245. ^ ヒトラー 1994, p. 181.
  246. ^ トーランド 1990d, p. 92.
  247. ^ ロバート・N.プロクター『健康帝国ナチス』宮崎尊訳、草思社ISBN 978-4794212269[要ページ番号]
  248. ^ 産経新聞 2006年12月5日
  249. ^ Berlin Smoking Ban Hoped to Set Example for Rest of Germany”. DW.com (2006年1月11日). 2019年2月9日閲覧。
  250. ^ German Government Agrees on Smoking Ban Details”. DW.com (2006年2月12日). 2019年2月9日閲覧。
  251. ^ 高田博行 2014, p. 68.
  252. ^ 高田博行 2014, p. 14.
  253. ^ (高田博行 2014, p. 36)
  254. ^ 高田博行 2014, p. 68-69.
  255. ^ 高田博行 2014, p. 39-40.
  256. ^ 高田博行 2014, p. 53.
  257. ^ 高田博行 2014, p. 259.
  258. ^ 高田博行 2014, p. 125-131.
  259. ^ 高田博行 2014, p. 132.
  260. ^ 高田博行 2014, p. 154.
  261. ^ 高田博行 2014, p. 182-184.
  262. ^ 高田博行 2014, p. 233.
  263. ^ 高田博行 2014, p. 242.
  264. ^ 高田博行 2014, p. 255.
  265. ^ 芝健介 1992, p. 29.
  266. ^ ヒトラー総統著 マイン・カムプの外交篇/1939年」 アジア歴史資料センター Ref.B10070248800  31-32p
  267. ^ ユーバーシェア & フォーゲル 2010, p. 70.
  268. ^ ユーバーシェア & フォーゲル 2010, pp. 66–72.
  269. ^ a b 児島 第10巻
  270. ^ 児島 第6巻228頁。
  271. ^ トーランド 1990a, p. 458.
  272. ^ イアン・カーショー『ヒトラー権力の本質』[要文献特定詳細情報]
  273. ^ I was Hitler's secretary”. The Telegraph (2009年4月26日). 2018年9月7日閲覧。
  274. ^ Hitler's teeth analysis dispels myths of Nazi leader's survival”. USA Today (2018年5月21日). 2018年9月7日閲覧。
  275. ^ A fresh light on the Nazis′ wartime drug addiction”. ドイチェ・ヴェレ (2016年10月19日). 2019年6月9日閲覧。
  276. ^ Was Hitler a junkie? - Holocaust Remembrance Day”. ハアレツ (2018年11月1日). 2019年6月9日閲覧。
  277. ^ Blitzed: Drugs in Nazi Germany by Norman Ohler review – a crass and dangerously inaccurate account”. ザ・ガーディアン (2016年11月16日). 2019年6月9日閲覧。
  278. ^ シュピッツナーゲル典子. “ヒトラーの毒味役だった独女性の証言・ 死と背中合わせの料理に震えた!”. 2019年2月9日閲覧。
  279. ^ Payne 1990, p. 不明.
  280. ^ Rynn Berry著『Hitler: Neither Vegetarian Nor Animal Lover』ISBN 978-0962616969
  281. ^ トーランド 1990b, p. 159.
  282. ^ ユーバーシェア & フォーゲル 2010, p. 90.
  283. ^ a b トーランド 1990a, pp. 393–394.
  284. ^ a b ニコラス・ファレル & 下巻(2011), p. 89.
  285. ^ ニコラス・ファレル & 下巻(2011), p. 348.
  286. ^ Adolf Hitler (1928). Zweites Buch. "Dieses Paneuropa nach Auffassung des Allerweltsbastarden Coudenhove würde der amerikanischen Union oder einem national erwachten China gegenüber einst dieselbe Rolle spielen wie der altösterreichische Staat gegenüber Deutschland oder Rußland." 
  287. ^ Mark Mazower (2013). “We Europeans”. Hitler's Empire: Nazi Rule in Occupied Europe. Penguin UK. p. 691. ISBN 9780141917504. http://books.google.com/books?id=opefF4rAL6YC&pg=PR691 
  288. ^ a b トーランド 1990b, p. 257.
  289. ^ 小松 2001, p. 129.
  290. ^ 小松 2001, p. 121.
  291. ^ Alastair Jamieson, ヒトラーが失った片方の睾丸, デイリー・テレグラフ, retrieved on 20 November 2008
  292. ^ イアン・カーショー『ヒトラー権力の本質』[要文献特定詳細情報]
  293. ^ ネリン・E・グーン 『エヴァ・ブラウン ヒトラーの愛人』日本リーダーズ ダイジェスト社 1973年、p. 212.
  294. ^ ネリン・E・グーン 『エヴァ・ブラウン ヒトラーの愛人』日本リーダーズ ダイジェスト社 1973年、p. 275.
  295. ^ ネリン・E・グーン 『エヴァ・ブラウン ヒトラーの愛人』日本リーダーズ ダイジェスト社 1973年、p. 289.
  296. ^ ネリン・E・グーン 『エヴァ・ブラウン ヒトラーの愛人』日本リーダーズ ダイジェスト社 1973年、p. 190.
  297. ^ ネリン・E・グーン 『エヴァ・ブラウン ヒトラーの愛人』日本リーダーズ ダイジェスト社 1973年、p. 296.
  298. ^ 武田知弘『ナチスの発明』彩図社。[要ページ番号]
  299. ^ 渡辺敬一郎、サラブレッドインフォメーションシステム『海外競馬に行こう!』東邦出版〈海外競馬完全読本〉、2002年9月、139頁。ISBN 4809402851
  300. ^ ケルンにある、ドイツ競馬生産管理委員会1996年度資料[要文献特定詳細情報]
  301. ^ 『ヒトラー直筆の水彩画か?ディズニー・キャラクターの絵見つかる』https://www.afpbb.com/articles/modepress/2355191
  302. ^ ユーバーシェア & フォーゲル 2010, pp. 95–96.
  303. ^ ユーバーシェア & フォーゲル 2010, p. 96.
  304. ^ a b Die Akte Hitler: "Der Führer ist damit steuerfrei!" - SPIEGEL ONLINE” (2004年12月16日). 2019年2月11日閲覧。
  305. ^ a b c d Nationalsozialismus: Hitler zahlte keine Steuern und war Multimillionär - WELT” (2008年11月11日). 2019年2月11日閲覧。
  306. ^ a b ユーバーシェア & フォーゲル 2010, p. 97.
  307. ^ a b ZEITGESCHICHTE / HITLER: Von Steuern befreit - DER SPIEGEL 15/1970” (1970年6月4日). 2019年2月11日閲覧。
  308. ^ a b Hitler zahlte keine Einkommensteuer - WELT” (2004年12月17日). 2019年2月11日閲覧。
  309. ^ a b Hitler und das Geld - ZDF.de”. ZDF HISTORY (2012年9月7日). 2016年10月9日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月11日閲覧。
  310. ^ a b ユーバーシェア & フォーゲル 2010, pp. 97–98.
  311. ^ ZEITGESCHICHTE: Hitlers Nachlass - DER SPIEGEL 52/2001” (2001-12 -22). 2019年2月11日閲覧。
  312. ^ ユーバーシェア & フォーゲル 2010, pp. 40–41.
  313. ^ ユーバーシェア & フォーゲル 2010, p. 98.
  314. ^ トーランド 1990b, p. 36.
  315. ^ トーランド 1990b, pp. 36–37.
  316. ^ a b Dieter Schenk, Frank: Hitlers Kronjurist und General-Gouverneur, 2006, p.65
  317. ^ Toland 1991, pp.246–47
  318. ^ a b Kershaw, Ian (1998), Hitler: 1889–1936: Hubris, City of Westminster, London, England: Penguin Books, pp.8–9
  319. ^ トーランド 1990b, pp. 76–77.
  320. ^ トーランド 1990b, p. 37.
  321. ^ ヒトラーの祖先、ユダヤ人の可能性も-DNA検査で発覚”. IBTimes(アイビータイムズ). 株式会社アフィリティー. 2013年5月10日時点のオリジナルよりアーカイブ。2019年2月8日閲覧。
  322. ^ Family Tree DNA questions reporting about Hitler’s origins (PDF)”. Familytreedna.com. 2016年3月6日時点のオリジナルよりアーカイブ。2015年7月3日閲覧。
  323. ^ a b c d シュトラール 2006, p. 34-35.
  324. ^ シュトラール 2006, p. 288.
  325. ^ 『ニューヨークタイムズ』1945年9月9日付
  326. ^ “Tests on skull fragment cast doubt on Adolf Hitler suicide story”. The Guardian. (2009年9月27日). https://www.theguardian.com/world/2009/sep/27/adolf-hitler-suicide-skull-fragment 2019年2月11日閲覧。 
  327. ^ 「ヒトラーの頭がい骨」、実は女性のものだった 米研究で明るみに 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News”. 2019年2月9日閲覧。
  328. ^ YouTube nZXktcjY6PA(タイトル)に関連動画あり。
  329. ^ Russia casts doubt on Hitler skull theory - Telegraph”. Telegraph Media Group Limited. 2019年2月11日閲覧。
  330. ^ 「ヒトラーの頭蓋骨は女性のもの」にロシア側が反論 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News”. 2019年2月11日閲覧。
  331. ^ 【ガチ】ヒトラーがコロンビアで生きていた証拠写真がCIA公式文書で発覚! ナチ残党と「ナチス村」を築き、長老総統と呼ばれていた!?”. CYZO. 2019年2月11日閲覧。
  332. ^ (2ページ目)【ガチ】ヒトラーがコロンビアで生きていた証拠写真がCIA公式文書で発覚! ナチ残党と「ナチス村」を築き、長老総統と呼ばれていた!?”. CYZO. 2019年2月11日閲覧。
  333. ^ アラン・バートレット『エヴァ・ブラウンの日記 ヒトラーとの8年の記録』深井照一訳、学研M文庫、2002年2月15日、62頁。ISBN 4-05-901116-9
  334. ^ 海外トピック『朝日新聞』1976年(昭和51年)1月3日、13版、4面





固有名詞の分類

ナチ党員 ゴットフリート・フォン・ビスマルク=シェーンハウゼン  ディーター・ヴィスリツェニー  アドルフ・ヒトラー  ヘルマン・エッサー  アロイス・ブルンナー
ナチ党員 ゴットフリート・フォン・ビスマルク=シェーンハウゼン  ディーター・ヴィスリツェニー  アドルフ・ヒトラー  ヘルマン・エッサー  アロイス・ブルンナー
ヴァイマル共和国の政治家 ヘルベルト・ヴェーナー  ハンス・ルター  アドルフ・ヒトラー  ヴォルフガング・カップ  アルフレート・フーゲンベルク
ドイツの首相 コンスタンティン・フェーレンバッハ  ハンス・ルター  アドルフ・ヒトラー  ヴィルヘルム・クーノ  クロートヴィヒ・ツー・ホーエンローエ=シリングスフュルスト
第一次世界大戦期ドイツの軍人 カール=ハインリヒ・フォン・シュテュルプナーゲル  アルフレート・ザールヴェヒター  アドルフ・ヒトラー  ヘルマン・エッサー  ゲオルク=ハンス・ラインハルト
ドイツの画家 パウラ・モーダーゾーン=ベッカー  フリードリヒ・シュレーダー・ゾンネンシュターン  アドルフ・ヒトラー  ハンス・ホフマン  アルブレヒト・デューラー
バイエルンの軍人 コンラート・フォン・バイエルン  アントン・グラーフ・フォン・アルコ・アオフ・ファーライ  アドルフ・ヒトラー  ヴィルヘルム・フォン・レープ  エドゥアルト・フォン・シュライヒ

英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「アドルフ・ヒトラー」の関連用語

アドルフ・ヒトラーのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



アドルフ・ヒトラーのページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
航空軍事用語辞典++航空軍事用語辞典++
この記事はMASDF 航空軍事用語辞典++の記事を転載しております。
MASDFでは航空及び軍事についての様々なコンテンツをご覧頂けます。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのアドルフ・ヒトラー (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2022 GRAS Group, Inc.RSS