象牙とは? わかりやすく解説

ぞう‐げ〔ザウ‐〕【象牙】

読み方:ぞうげ

の上あごにある長く伸びた一対門歯。細かい木目状の縞模様があり、適度の硬さなので細工物用いられた。


象牙

読み方:ゾウゲ(zouge)

の上顎の、牙のように伸びた一対門歯


象牙

印章材料に最も適した最高級印材位置が近いほど目が細かく高級。ワシントン条約輸入禁止されているため。現在では在庫品のみが取引許されている。

象牙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/23 06:45 UTC 版)

象牙(ぞうげ、英語:ivory、アイボリー)は、ゾウや歯から採取される硬くて白い物質で、歯や牙の物理構造の一つである象牙質を主成分としている。多くの哺乳類の「」と称される長く尖った犬歯が発達したものであるが、ゾウの牙は門歯が発達したものである点が異なる。ゾウの生活において象牙は鼻とともに採餌活動などに重要な役割を果たしている。





象牙

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/17 08:19 UTC 版)

ゾウ」の記事における「象牙」の解説

ゾウの持つ長い牙は象牙と呼ばれ、その美しい色合いなめらかさやわらかく加工しやすいことから古来より宝石工芸材料として珍重されてきた。象牙はアジアゾウ・アフリカゾウともに持つが、アフリカゾウの方大きくて品質良く評価が高い近代以前アフリカにおいては金と並ぶ重要な交易品であり、サハラ交易南端位置するトンブクトゥなどのサヘル交易都市や、インド洋交易東端位置するアフリカ東海岸諸都市は金と象牙を主な交易品とし繁栄大航海時代おいてもヨーロッパ人アフリカ求めたものは金と象牙であることには変わりなかった。19世紀に入ると、それまで象牙を沿岸港湾都市買い付けるけだったアラブ人隊商内陸部へと入り直接象牙や奴隷買い付けるようになったこのため内陸部交易ルート拡大スワヒリ語この地域の共通語として広ま契機となった20世紀に入るまで象牙はアフリカ重要な特産物一つとなっていた。一方で象牙の高価さはゾウ狩猟目的とするのに十分なものであり、とくに19世紀以降上記のとおり象牙を目的とした乱獲が行われ、ゾウ個体数急減する原因となった1989年にはワシントン条約によって象牙の国際取引がほぼ禁止され旧来象牙を使用分野では、代替品開発急速に進展一方で取引禁じられたため、象牙の価値はむしろ高騰し、この高い利益もとめて密猟を行うものが後を絶たず、問題となっている。

※この「象牙」の解説は、「ゾウ」の解説の一部です。
「象牙」を含む「ゾウ」の記事については、「ゾウ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「象牙」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

象牙

出典:『Wiktionary』 (2021/06/16 13:05 UTC 版)

名詞

(ぞうげ)

  1. ゾウ門歯で、発達口外突出したもの堅く淡い黄白色である。印材細工物などに珍重されるため、密猟による乱獲もたらしている。

発音

類義語

複合語

成句

翻訳

脚注

  1. 「ぞうげ【象牙】」『大辞林松村明 編、三省堂1988年 ISBN 4-385-14000-6

「象牙」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

象牙のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



象牙のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
銀座長州屋銀座長州屋
Copyright (c)1998-2022 Ginza Choshuya Co.Ltd. All rights reserved
東京印章協同組合東京印章協同組合
(C)2022 TOKYO SEAL ENGRAVERS CO-OPERATIVE ASSOCIATION. All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの象牙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのゾウ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの象牙 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS