大航海時代とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 学問 > 歴史 > 時代 > 大航海時代の意味・解説 

だいこうかい じだい だいかうかい- [7] 【大航海時代】

一五世紀から一七世紀前半にかけて、ポルトガル・スペインなどのヨーロッパ諸国が、航海探検により海外進出を行なった時代ディアス喜望峰回航ガマインド航路開拓コロンブスアメリカ到達マゼラン世界周航などが行われ、商業革命価格革命封建貴族没落などの影響が生じ、ヨーロッパによる世界支配契機となった。発見時代

大航海時代

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/11/12 07:47 UTC 版)

大航海時代(だいこうかいじだい)とは、ヨーロッパ人がアフリカアジアアメリカ大陸への大規模な航海を行い、"発見"した土地で略奪や搾取の限りを尽くした時代。15世紀半ばから17世紀半ばまで続き、主にポルトガルスペインにより行われた。




  1. ^ 増田義郎 『図説 大航海時代』(ふくろうの本) 河出書房新社、2008年、100-102頁
  2. ^ チンパンジーのシロアリつりやくるみ割り、オマキザルの木の実割り、エジプトハゲワシの卵割りetc。
  3. ^ 紙etc
  4. ^ 後漢書に太秦国皇帝安敦(ローマ帝国皇帝マルクス・アウレリウス・アントニヌス)から派遣された使節に関する記述がある。
  5. ^ パルチアグプタ朝etc
  6. ^ 当時のゲルマン人やノルマン人が分割相続をしていたことから、領土や富は代を重ねて細分化され、遺産相続を望めない子弟が増加していた。
  7. ^ イスラム勢力の聖地周辺の征服以後も、キリスト教徒の聖地巡礼は許されていたので、十字軍の遠征以前にヨーロッパ人とイスラム人の交渉がなかったわけではない。
  8. ^ メディチ家フッガー家の資本は影響を受けて破綻した。
  9. ^ ヨーロッパから喜望峰に至る航海は風向きの関係から大西洋をブラジル沿岸近海まで大きく西に迂回するのが効率的である。このことからポルトガルは1490年代までにブラジルを発見していた可能性が高いと推定されている。アメリカ大陸発見を公表しなかった理由について、他のライバル国に迂回航路の存在を悟られないよう国家機密にしていたとされる。


「大航海時代」の続きの解説一覧



大航海時代と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

カテゴリ一覧

全て

ビジネス

業界用語

コンピュータ

電車

自動車・バイク

工学

建築・不動産

学問

文化

生活

ヘルスケア

趣味

スポーツ

生物

食品

人名

方言

辞書・百科事典

すべての辞書の索引

「大航海時代」の関連用語

大航海時代のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



大航海時代のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2018 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの大航海時代 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2018 Weblio RSS