遭難とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 文化 > 旅行 > 遭難 > 遭難の意味・解説 

そう‐なん〔サウ‐〕【遭難】

[名](スル)災難に出あうこと。特に、登山航海などで命を失うような危険にあうこと。「冬山で遭難する」


遭難

作者西村寿行

収載図書魔の山
出版社徳間書店
刊行年月1989.11
シリーズ名西村寿行選集

収載図書魔の山
出版社徳間書店
刊行年月1991.8
シリーズ名徳間文庫


遭難

作者アン・ブリッジ

収載図書怪奇小説世紀 第2巻 がらんどうの男
出版社国書刊行会
刊行年月1993.2


遭難

作者山田正紀

収載図書夢の中へ
出版社出版芸術社
刊行年月1993.7
シリーズ名ふしぎ文学館

収載図書少女と武者人形
出版社集英社
刊行年月2000.5
シリーズ名集英社文庫


遭難

作者佐藤誠一

収載図書弟―佐藤誠一
出版社近代文芸社
刊行年月1993.9
シリーズ名日本短編小説文庫


遭難

作者松本清張

収載図書松本清張傑作総集 1
出版社新潮社
刊行年月1993.10

収載図書松本清張小説セレクション 21 黒い画集 1
出版社中央公論社
刊行年月1995.3

収載図書黒い画集 59改版
出版社新潮社
刊行年月2003.6
シリーズ名新潮文庫

収載図書黒い画集 全三集
出版社光文社
刊行年月2005.12

収載図書松本清張映画化作品集 3 遭難
出版社双葉社
刊行年月2008.7
シリーズ名双葉文庫


遭難

作者星新一

収載図書妄想銀行
出版社双葉社
刊行年月1999.11
シリーズ名双葉文庫

収載図書星新一ショートショートセレクション 3 ねむりウサギ
出版社理論社
刊行年月2002.1


遭難

作者早乙女

収載図書来訪者
出版社かんぽうサービス
刊行年月2004.6


遭難

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/02 05:41 UTC 版)

遭難(そうなん)とは、生命に関わるような災難(危険)に遭うことである。特に等において、生命を失うような危険に遭遇することを言う[1]


注釈

  1. ^ 海洋遭難が主に漁師、つまりプロの遭難だから大きく報道され、それに対して山登りはレジャーをしている人たちだから大きく報道されないのだろう、と丸山は著書で推察した。
  2. ^ 読地図能力の不足で起きた場合は本人の準備不足となるが、登山の際によく使われる国土地理院発行の1/25000の地形図に記された登山道には、閉鎖された道が削除されていなかったり、実際とは違った道の形になっていたりして、登山者に問題が無くても道迷い遭難が起きることがある。
  3. ^ 山岳部やワンダーフォーゲル部などでは、定期的な学習会などにおいて、過去の遭難事例についても学んだり分析していることが多い。
  4. ^ 来た道が通過後に危険になったことが判り、安全な山小屋がすぐ先にある場合は、少しだけ進むという判断もありうる。
  5. ^ 生存者の佐野三治による遭難の経緯についての詳細な手記が出版されている[34]
  6. ^ 諸井清二艇長の手記も出版されている[36]斉藤実氏所有の同名船(世界最年長でヨット世界一周の記録を達成)ではないことに注意。
  7. ^ プロジェクトX第109回 「海賊襲撃 マラッカ海峡の闘い」
  8. ^ 漂流者および関係者へのインタビュー、取材を元に書籍が出版されている[38]

出典

  1. ^ 「遭難」- デジタル大辞泉
  2. ^ a b Why Are St. Bernards Always Depicted With Barrels Around Their Necks? MATT SONIAK FEBRUARY 18, 2009
  3. ^ 山の遭難、ヘリ救助を頼むまで 夏山でも必要な備えとは(朝日新聞)
  4. ^ FM 21-76 Survival Manualアメリカ陸軍サバイバルマニュアルFM 21-76)
  5. ^ 山岳遭難(5:情報編)寒冷地以外でも起こる低体温症朝日新聞デジタル 著者:石川雅彦 更新日:2016年6月3日
  6. ^ 低体温症講義 日本登山学会
  7. ^ 水難事故の対処法は『背浮き』が大切!(NHK 著:水難学会会長 斎藤秀俊)
  8. ^ 合言葉「浮いて待て!」が、子どもの命を守る(日経Dual)
  9. ^ 水難事故には気をつけて!(海上保安庁)
  10. ^ a b c d e f g h i j k l m n o p q r 丸山晴弘『遭難のしかた教えます : 安全で確実な登山のための辛口レクチャー』絵: 塩浦信太郎ヤマケイ山学選書〉(原著1999年)、2011年改版。ISBN 978-4-635-04815-6
  11. ^ 平成30年における山岳遭難の概況 警察庁生活安全局地域課
  12. ^ 偽りの青空“疑似好天”の落とし穴 - NHKウェブ魚拓
  13. ^ 羽根田治『ドキュメント 道迷い遭難』山と溪谷社、2006年。ISBN 978-4-635-14006-5
  14. ^ 信州 山のグレーディング~無雪期・天候良好時の「登山ルート別 難易度評価」~」 (PDF)”. 長野県山岳総合センター. 2015年5月19日閲覧。
  15. ^ 永田秀樹『山の遭難 生きた、還った : セルフレスキューの秘訣』東京新聞出版局、2005年、162-166頁。ISBN 978-4-8083-0822-3
  16. ^ 山岳ヘリ、有料化 条例成立へ 救出時1時間5万円毎日新聞(2017年3月24日)2017年3月24日閲覧
  17. ^ 「ケルン」は登山に危険 突風で崩壊の恐れも 不要なもの撤去を指示 動植物にも悪影響『朝日新聞』昭和49年(1974年)10月3日夕刊、3版、8面
  18. ^ メキシコとの交流/千葉県
  19. ^ 岩尾 pp154-166
  20. ^ 田中 pp2-7
  21. ^ 岩尾 pp166-170
  22. ^ 岩尾 pp171-207
  23. ^ 岩尾 pp124-153
  24. ^ 岩尾 pp99-122
  25. ^ 岩尾 p126
  26. ^ 岩尾 pp49-53
  27. ^ 岩尾 pp208-240
  28. ^ 映画『白鯨との闘い』死の海域で孤立、メルヴィル「白鯨」に隠された真実とは - ロン・ハワード監督作品 ファッションプレス
  29. ^ 岩尾 p253
  30. ^ 岩尾 pp253-254
  31. ^ 岩尾 p254
  32. ^ John F. Kennedy and PT109(英語)”. John F. Kennedy Presidential Library and Museum. 2016年3月22日閲覧。
  33. ^ レーススタートは1991年12月26日AM12:00
  34. ^ 佐野三治『たった一人の生還 :「たか号」漂流二十七日間の闘い』〈新潮文庫〉、1995年(原著1992年)。ISBN 978-4-10-136711-8
  35. ^ 平成4年横審第144・145号 プレジャーボートマリンマリン転覆事件、プレジャーボートたか転覆事件 - 公益財団法人 海難審判・船舶事故調査協会HP
  36. ^ 諸井清二『九十二日目の天国 : 酒呑童子号の太平洋漂流日誌』産経新聞ニュースサービス、1994年。ISBN 978-4-594-01621-0
  37. ^ “10か月間漂流した漁師、救助される - マーシャル諸島”. AFP BB News (archive.today). (2006年8月22日). オリジナルの2012年7月17日時点におけるアーカイブ。. http://archive.is/oZz0 
  38. ^ 小出康太郎『流れる海 : ドキュメント・生還者』佼成出版社、1989年。ISBN 978-4-333-01354-8
    小出康太郎『ダイバー漂流 : 極限の230キロ』〈新潮OH!文庫〉、2000年。ISBN 978-4-10-290021-5※『流れる海』の増訂
  39. ^ Apollo experience report: Crew provisions and equipment subsystemNASA


「遭難」の続きの解説一覧

遭難

出典:『Wiktionary』 (2018/04/06 07:53 UTC 版)

名詞

そうなん

  1. 災難遭遇すること。、登山航海の際に関わる危険目に遭うこと。

翻訳

動詞

  1. 災難遭遇する。

活用

サ行変格活用
遭難-する



遭難と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「遭難」の関連用語

遭難のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



遭難のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの遭難 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの遭難 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 Weblio RSS