自力とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 自力 > 自力の意味・解説 

じ‐りき【自力】

自分ひとりの力。じりょく。「自力で脱出する」⇔他力(たりき)。

仏語自分だけの力で修行悟りを得ようとすること。⇔他力(たりき)。


じ‐りょく【自力】

⇒じりき(自力)1


じ‐りき【自力】

〔名〕 (「りき」は「力」の呉音

自分ひとりの力。自身働き独力

源平盛衰記14C前)一八「自力(ジリキ)造営の事は、争(いか)でか叶ふ可きなれば、知識奉加勧進にて、自他利益を遍(あまね)うせんと思ひつつ」

自然に備わった力。天性技量地力

真景累ケ淵(1869頃)〈三遊亭円朝〉六七「殊に角力巧手(じゃうず)で、愛嬌があり、実に自力のある処の関取だから」

仏語総じて自分の力で修行をして成仏、または浄土往生を得ようとすること。〔往生要集(984‐985)〕

梵舜沙石集(1283)二「念仏他力と云ひながら自力もあり。されば二力也


じ‐りょく【自力】

〔名〕 =じりき(自力)

福沢先生浮世談(1898)〈福沢諭吉〉「今日文明多事世の中に居て僅品品行を慎しむ位の事が自力(ジリョク)に及ばずなど云ふ事は決して許されない」


じりき・たりき 【自力・他力】

仏教用語自己の智慧能力などを自力といい、それ以外の仏・菩薩慈悲などを他力という。自分だけで開悟ようとする教え自力門といい、自己凡夫自覚して仏・菩薩慈悲力を頼んで開悟ようとする教え他力門という。浄土教では自力門聖道門他力門浄土門ともいう。宗によっては他力門中に半自力絶対他力などを分別して、徹底不徹底論ずるものもある。他力門は深い自己凝視の上に開かれるものであるから、一般他力を何もしないことのようにいうのは誤り。→ 聖道門浄土門 凡夫

自力

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/15 05:14 UTC 版)

ナビゲーションに移動 検索に移動
ウィキペディアには「自力」という見出しの百科事典記事はありませんタイトルに「自力」を含むページの一覧/「自力」で始まるページの一覧
代わりにウィクショナリーのページ「自力」が役に立つかも知れません。

関連項目





自力と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自力」の関連用語

自力のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



自力のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2021 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの自力 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS