泳ぎとは? わかりやすく解説

およぎ【泳ぎ/×游ぎ】

読み方:およぎ

泳ぐこと。また、泳ぎ方水泳。「―を習う」「―がうまい」《 夏》

「泳ぎ」に似た言葉

泳ぎ

読み方:およぎ

ガ行五段活用動詞「泳ぐ」の連用形、あるいは連用形名詞化したもの

日本語活用形辞書はプログラムで機械的に活用形や説明を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

泳ぎ

1.風呂で泳ぐ人。

坊っちゃん夏目漱石四国中学校教師になった「おれ(坊っちゃん)」は、住田温泉(*モデル道後温泉)へ毎日出かける15畳敷きぐらいの広い湯壺泳ぎ回って、「おれ」は喜んでいた。ある日、「湯の中で泳ぐべからず」という貼ってあったので、それから「おれ」は泳ぐのを断念した学校へ行くと、教室黒板に「湯の中で泳ぐべからずと書いてある生徒全体が、「おれ」1人探偵しているみたいだ

★2.プールで泳ぐ老人

コクーンハワード空き家となった大邸宅屋内プールで、3人老人が泳ぐ。プールの底には、巨大な繭(まゆ)のようなものが、いくつもあった(*→〔宇宙人2b)。3人は、泳いでいるうちに活力がよみがえり心身ともに少し若返ったようだったプールには、繭に供給するための生命エネルギー満ちており、それが老人たちの身体作用したのだ。

★3.いくつもプール泳いで家へ帰る

泳ぐひとペリー中年男ネッドは、高級住宅地に住む友人知人たちの庭のプール順々に泳いで、家まで帰ろう考える。愛想良く彼を迎える家もあり、冷たくあしらう家もある。友人知人たちネッド会話は、かみ合わないネッドは、大邸宅家族幸福に暮ら紳士はずである。しかし友人知人たちネッドを、破産して家庭崩壊した男のように扱う。ネッド方々トラブル起こしつつ、家へ帰り着く。そこは無人廃墟だった。

★4.泳ぎの名手

『平家物語』11能登殿最期壇の浦合戦平家敗北し武将女官たち次々に入水する総大将平宗盛と息子清宗も海に入るが、重い鎧を着ておらず、また、2人とも泳ぎの名手だったので、なかなか沈まない2人は「相手沈んだ自分沈もう相手助かるなら自分助かろう」と考え互いに目を見交わして泳いでいるところを源氏の軍の熊手引っかかって船上引き上げられてしまった。

平宗盛は、平清盛夫婦の子供ではなかった→〔取り替え子1a『源平盛衰記』43宗盛取替子の事」。

★5a.泳ぐ人の足を引っぱる

現代民話考』松谷みよ子)5「死の知らせほか」第2章10 私の友達(男)が、下田の海かなんかで泳いでいた。何かおかしいなと思ってひょっと見たら防空頭巾かぶった女の子が、彼の足を引っぱっていた(静岡県下田市)。

自転車後ろから引っぱる→〔自転車〕5。

★5b.泳ぐ人の肛門から内臓を抜き取る

現代民話考』松谷みよ子)1「河童天狗神かくし第1章の4 明治の頃の話。家の前に大きな池があったが、そこで泳ぐのはたいへん危険だった。たびたび水死体があがり、皆、肛門大きく全開していた。池に棲む河童が、泳ぐ人の肛門から手つっこんで内臓抜き取ってしまうのである長崎県諫早市。*「尻子玉を抜く」「尻を抜く」などともいう)。

★6a.なければ泳げない。

奇妙な乗客ノーマン列車食堂車乗り合わせた男が語った。「私は金持ちで、自邸には広く深いプールがある。妻マリリン不倫相手チャールズは、ともに水泳選手で、深夜明かり消した真っ暗なプールで彼らはよく泳いでいた。高飛び込みの板から飛び込む水音が、聞こえることもあった。ある夜私はプール全部抜いておいた。彼らは知らずに飛び込んだ」。

列車乗り合わせた男が、妻殺し告白するという点で、→〔乗客〕1の『クロイツェル・ソナタ』(トルストイと同様設定

★6b.があっても、すぐその下が岩場であれば飛び込んではいけない。

赤い部屋江戸川乱歩「私」断崖からの飛び込み泳ぎに、親友誘った水面から1間いっけんくらいの所に大きな岩があることを、「私」前もって調べておいた。水泳得意な「私」は、高所から飛び込んでも、水中に僅か2~3尺もぐるだけで、水面浮かび上がることができた。何も知らぬ親友は、「私」続いて勢いよく飛び込み、頭を岩にぶつけて死んでしまった〔*「私」退屈しのぎのため、法律触れぬ殺人法をいくつも考案し何の恨みもない大勢の人間を殺した→〔あまのじゃく〕5〕。

*海を泳いで恋人所へ行く→〔百夜(ももよ)通い〕5の海を通う女の伝説

泳げないのに、飛び込む→〔二者択一〕6の『夜行巡査』(泉鏡花)。


泳ぎ

読み方:オヨギ(oyogi)

水泳のこと

季節

分類 人事


水泳

(泳ぎ から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/12/16 00:45 UTC 版)

水泳すいえい: swimming)とは、の中を泳ぐこと[1]


  1. ^ 逆に、発展途上国の多くではプールを建造する経済的な余裕が無く、競技の環境が整わず、競技の水泳を行う人数は増えにくい。

出典

  1. ^ 広辞苑【水泳】
  2. ^ a b https://www.gov-online.go.jp/eng/publicity/book/hlj/html/202108/202108_05_jp.html 「日本の伝統的な泳法」Public Relations Office of the Government of Japan 2021年8月 2022年3月22日閲覧
  3. ^ 「健康・スポーツ科学における運動処方としての水泳・水中運動」p69-76 出村愼一編著 杏林書院 2016年9月20日第1版第1刷
  4. ^ 水泳の水分補給「熱中症、熱射病、日射病のHP」
  5. ^ a b 「スポーツの世界地図」p82 Alan Tomlinson著 阿部生雄・寺島善一・森川貞夫監訳 丸善出版 平成24年5月30日
  6. ^ 「健康・スポーツ科学における運動処方としての水泳・水中運動」p20 出村愼一編著 杏林書院 2016年9月20日第1版第1刷
  7. ^ a b 水泳の歴史[リンク切れ]
  8. ^ 「なぜ人間は泳ぐのか? 水泳を巡る歴史、現在、未来」p45-47 リン・シェール 高月園子訳 太田出版 2013年4月30日第1版第1刷発行
  9. ^ a b 「泳ぐことの科学」p49 吉村豊・小菅達男 NHKブックス 2008年1月30日第1刷発行
  10. ^ 「なぜ人間は泳ぐのか? 水泳を巡る歴史、現在、未来」p47-48 リン・シェール 高月園子訳 太田出版 2013年4月30日第1版第1刷発行
  11. ^ https://www.gender.go.jp/about_danjo/whitepaper/h30/zentai/html/honpen/b1_s00_01.html 「スポーツにおける女性の活躍」男女共同参画白書 平成30年版 日本国内閣府男女共同参画局 2022年3月29日閲覧
  12. ^ MD, Claire McCarthy (2018年6月15日). “Swimming lessons save lives: What parents should know” (英語). Harvard Health. 2022年6月10日閲覧。
  13. ^ a b 水上安全法
  14. ^ 「健康・スポーツ科学における運動処方としての水泳・水中運動」p185 出村愼一編著 杏林書院 2016年9月20日第1版第1刷
  15. ^ 三 学校体育施設の充実 学制百二十年史編集委員会、2022年1月23日閲覧
  16. ^ 水泳
  17. ^ 「健康・スポーツ科学における運動処方としての水泳・水中運動」p21-22 出村愼一編著 杏林書院 2016年9月20日第1版第1刷
  18. ^ 「健康・スポーツ科学における運動処方としての水泳・水中運動」p23-28 出村愼一編著 杏林書院 2016年9月20日第1版第1刷
  19. ^ 参考資料① (17645kbyte) - 富山市
  20. ^ 平成 26 年度 七ヶ浜中学校プール改築工事基本設計及び実施設計業務委託 実施設計仕様書
  21. ^ 初の学校プール完成 | 大磯・二宮・中井 | タウンニュース
  22. ^ 体育・スポーツ施設現況調査の概要 文部科学省
  23. ^ 多摩区で水泳の授業に温水プール利用、天候に左右されず水道代削減も/川崎 神奈川新聞
  24. ^ "Drowning Happens Quickly– Learn How to Reduce Your Risk". 疾病予防管理センター。 2014年8月18日閲覧。
  25. ^ Swimming Lessons Information from the Canadian Red Cross – Canadian Red Cross. カナダ赤十字。 2016年6月12日閲覧。
  26. ^ 「泳ぐことの科学」p37-38 吉村豊・小菅達男 NHKブックス 2008年1月30日第1刷発行
  27. ^ a b 「泳ぐことの科学」p41 吉村豊・小菅達男 NHKブックス 2008年1月30日第1刷発行
  28. ^ 「なぜ人間は泳ぐのか? 水泳を巡る歴史、現在、未来」p90 リン・シェール 高月園子訳 太田出版 2013年4月30日第1版第1刷発行
  29. ^ 「泳ぐことの科学」p39-40 吉村豊・小菅達男 NHKブックス 2008年1月30日第1刷発行
  30. ^ 「なぜ人間は泳ぐのか? 水泳を巡る歴史、現在、未来」p84-89 リン・シェール 高月園子訳 太田出版 2013年4月30日第1版第1刷発行
  31. ^ 「なぜ人間は泳ぐのか? 水泳を巡る歴史、現在、未来」p93-94 リン・シェール 高月園子訳 太田出版 2013年4月30日第1版第1刷発行
  32. ^ 「なぜ人間は泳ぐのか? 水泳を巡る歴史、現在、未来」p94-95 リン・シェール 高月園子訳 太田出版 2013年4月30日第1版第1刷発行
  33. ^ 「泳ぐことの科学」p57-58 吉村豊・小菅達男 NHKブックス 2008年1月30日第1刷発行
  34. ^ 「泳ぐことの科学」p69 吉村豊・小菅達男 NHKブックス 2008年1月30日第1刷発行
  35. ^ https://www.joc.or.jp/sports/waterpolo.html 「水泳・水球」公益財団法人日本オリンピック委員会 2022年3月22日閲覧
  36. ^ https://www.joc.or.jp/sports/artisticswimming.html 「水泳・アーティスティックスイミング」公益財団法人日本オリンピック委員会 2022年3月22日閲覧
  37. ^ https://www.joc.or.jp/sports/swimming.html 「水泳・競泳」公益財団法人日本オリンピック委員会 2022年3月22日閲覧
  38. ^ 「健康・スポーツ科学における運動処方としての水泳・水中運動」p170 出村愼一編著 杏林書院 2016年9月20日第1版第1刷
  39. ^ 「健康・スポーツ科学における運動処方としての水泳・水中運動」p170-171 出村愼一編著 杏林書院 2016年9月20日第1版第1刷
  40. ^ 「健康・スポーツ科学における運動処方としての水泳・水中運動」p171-183 出村愼一編著 杏林書院 2016年9月20日第1版第1刷
  41. ^ https://news.yahoo.co.jp/articles/84710a8194d8afda061929168f415aa901e330f1?page=2 「スラップスケートOKで高速水着禁止の過去…ナイキ厚底シューズは“技術ドーピング”なのか、それとも技術革新なのか?」THE PAGE 2020/1/17 2022年3月29日閲覧


「水泳」の続きの解説一覧

泳ぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/04 06:42 UTC 版)

Mega Man III (DOS)」の記事における「泳ぎ」の解説

従来では水中泳げジャンプ力上がるものであったが、今作では泳いで移動するアクションが可能となった

※この「泳ぎ」の解説は、「Mega Man III (DOS)」の解説の一部です。
「泳ぎ」を含む「Mega Man III (DOS)」の記事については、「Mega Man III (DOS)」の概要を参照ください。


泳ぎ

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/12 02:21 UTC 版)

ナマケモノ」の記事における「泳ぎ」の解説

ミユビナマケモノ科地上での動作は遅いが、泳ぎは上手である。これは生息地アマゾン近辺では雨季乾季があり、雨季には生息地洪水さらされることもしばしばあるため、泳ぐ技術を身につけていない個体生存できないからである。ただしフタユビ科は泳ぐ時に頭が水上出ないため泳げない。

※この「泳ぎ」の解説は、「ナマケモノ」の解説の一部です。
「泳ぎ」を含む「ナマケモノ」の記事については、「ナマケモノ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「泳ぎ」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「泳ぎ」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「泳ぎ」の関連用語

1
100% |||||

2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
90% |||||

7
90% |||||

8
90% |||||

9
90% |||||

10
90% |||||

泳ぎのお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



泳ぎのページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
物語要素事典物語要素事典
Copyright (C) 2023 物語要素事典 All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水泳 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、WikipediaのMega Man III (DOS) (改訂履歴)、ナマケモノ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS