自前とは?

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > 隠語辞典 > 自前の意味・解説 

じ まえ -まへ [0] 【自前】

自分負担で物を調えたり、事をしたりすること。自分持ち。 「 -の衣装」 「交通費は-だ」
職人・芸妓などが独立して営業すること。また、その職人芸妓。 「 -になる」

自前

読み方:じまえ

  1. 芸妓が抱主の世話にならず、総てのことを自己支弁して営業するを云ふ。
  2. 1 芸妓などが抱主より離れ独立にて営業すること。2 劇場にては何でも費用自弁することにいふ。
  3. 抱主と貸借関係なくして独立生計を営む芸者のことをいふ。芸妓によつて、稼いだ金高を抱主と折半又は四分六分の割合分配することになつて居る。〔花柳語〕
  4. 抱主とは何の貸借関係もなく、独立して生活してる芸者のこと。〔花柳界
  5. じまえ。抱主に前借なく全部収入全部自己の所有なし得る芸妓。即ち自己の計算にて営業し得る妓の事。
  6. 芸妓芸妓屋を兼ねる者。
  7. 抱主と貸借関係なくして独立生計を営む芸者のことをいふ。自前芸者にても芸妓によつて、稼いだ金高を抱主と折半又は四分六分の割合分配することになつて居る。
  8. 抱へ主とは何の貸借関係もなく、独立営業をしてゐる芸者のことをいふ。
  9. 芸妓が抱主に借金なくして、折半又は四分六割合で、かせぎ高を分配するものを云ふ。
  10. 花柳界用語。抱主と貸借関係なくして独立生計を営む芸妓のこと。
  11. 〔花〕芸妓が抱主に貸借関係なくしていること、又は折半四分六割合でかせぎ高を分配するをいう。
  12. 抱主と貸借関係なくして独立生計を営む芸者のこと。芸妓によって七三叩き分け看板がり、四分六折半などの割がある。〔花柳界

分類 劇場東京花柳界花柳

隠語大辞典は、明治以降の隠語解説文献や辞典、関係記事などをオリジナルのまま収録しているため、不適切な項目が含れていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「自前」の関連用語

自前のお隣キーワード

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   
検索ランキング



自前のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
三省堂三省堂
Copyright (C) 2001-2020 Sanseido Co.,Ltd. All rights reserved.
株式会社 三省堂三省堂 Web Dictionary
皓星社皓星社
Copyright (C) 2020 株式会社皓星社 All rights reserved.

©2020 Weblio RSS