所有とは? わかりやすく解説

しょ‐ゆう〔‐イウ〕【所有】

読み方:しょゆう

[名](スル)自分のものとして持っていること。また、そのもの。「多大な財産を―する」「父の―する土地

[用法] 所有・所持所蔵――「田中氏所有(所持所蔵)の古写本」など、単に持つ意では相通じ用いられる。◇「彼は山林所有している」「これが私の所有するカメラです」のように、大小にかかわらず自分の物として持っていることが「所有」である。多く財産的な価値のある物についていい、「高級車所有している」とはいえても、「菓子一袋所有している」などとはいいにくい。◇「所持」は一般には身につけて持っていることか、どこかに保管していることで、「所持品検査する」「盗品所持の罪」などという。◇「所蔵」は所有する物を大切にしまいこんでいることで、「彼は国宝級の名画所蔵している」など。


所有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2010/10/19 05:19 UTC 版)

所有(しょゆう)




「所有」の続きの解説一覧

所有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/05/28 17:29 UTC 版)

ウイチョル語」の記事における「所有」の解説

所有を表す要素は、基本的に三人称単数のものを除くほぼ全て接頭辞として現れる所有接辞Grimes 1964: 30)数単数複数人通常Ordinary)Locative再帰的(Reflexive)再帰的通常一人称ne- ta- 二人称ʔa- yu- ze- 三人称-ya -na yu- wa-

※この「所有」の解説は、「ウイチョル語」の解説の一部です。
「所有」を含む「ウイチョル語」の記事については、「ウイチョル語」の概要を参照ください。


所有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/04/05 08:49 UTC 版)

ランドマクナリー」の記事における「所有」の解説

ランドマクナリー社は、創業以来株式公開されず、ごく少数個人企業株式保有し、ほとんど株式売買行われないいわゆるpink sheet」の企業である。1899年ランド引退したとき、ランド自らの持ち分をすべてマクナリー他の役員たちに売却したマクナリー家は、1899年から1997年までの100年近くにわたって株式過半所有していたが、1997年保有する株式売却することを決めたこの結果ランドマクナリー傘下グループは、バラバラに売却されることになった1997年1月ランドマクナリー社は、ケンタッキー州ヴァーセイルズとマサチューセッツ州トーントンで1,700人を雇用していた書籍サービス部門を、World Color Press 社に1億5500ドル売却する発表した同年2月テネシー州ナッシュビル工場構えて航空券荷札などを印刷していた DocuSystems Group が、シカゴ投資会社Code Hennessy & Simmons売却された。さらに同年4月には、ナッシュビルカリフォルニア州フリーモントのほか、アイルランドシャノン(Shannon, Ireland)やアジア太平洋地域350人を雇用していたメディア・サービス部門(Media Services Group)が、スコットランドソフトウェア会社 McQueen売却された。 こうした一連の売却の後、残された出版部門ランドマクナリー社の中核である地図製作事業絞られていた。1997年11月マクナリー家は株式処分最終段階として、ランドマクナリー社の過半にあたる株式を、AEA Investors に5億ドル売却したこうした売却価格大部分は将来利益を見越して押し上げられたものであったAEA社は、1990年代末のインターネット・バブルの中でランドマクナリー社のブランドによってデジタル地図製作が大々的に広まり一般投資家関心を引き寄せることを期待していた。しかし、ランドマクナリー社は、新興のMapQuest社などに技術面で遅れをとり、ランドマクナリー社の負債拡大した2003年1月15日ランドマクナリー社は、事業継続しながら再建目指す連邦倒産法第11章定めによる再生手続きに入り、AEA社の持ち分Leonard Green & Partners取得した2007年12月には、以前から一部株式保有していた Patriarch Partners が、Leonard Green他の株式所有者買収してランドマクナリー社の全株保有する至った

※この「所有」の解説は、「ランドマクナリー」の解説の一部です。
「所有」を含む「ランドマクナリー」の記事については、「ランドマクナリー」の概要を参照ください。


所有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/07/08 07:58 UTC 版)

モンレアル賭博場」の記事における「所有」の解説

このカジノは、ケベックカジノ会社が、他の二つカジノとともに所有するこの会社は、ケベック州政府公企業であるロト・ケベックの子会社であり、全ての利益州政府帰される。

※この「所有」の解説は、「モンレアル賭博場」の解説の一部です。
「所有」を含む「モンレアル賭博場」の記事については、「モンレアル賭博場」の概要を参照ください。


所有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/14 02:25 UTC 版)

イギリス国鉄365形電車」の記事における「所有」の解説

365形は国鉄他の車両異なり国鉄が所有権持たずリースによって使用していた。 ほどなくして行われた国鉄民営化英語版)では、車両リース会社のエバーショルト・レール・グループ(英語版が国鉄の代わりに365形を借り列車運行会社又貸しするという方法とられることになった。 しかし、2019年8月には当初リース契約条文に基づき国有化されることになり、以降は運輸省子会社を通して所有している。

※この「所有」の解説は、「イギリス国鉄365形電車」の解説の一部です。
「所有」を含む「イギリス国鉄365形電車」の記事については、「イギリス国鉄365形電車」の概要を参照ください。


所有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/15 08:07 UTC 版)

テンケ・フングルーメ鉱山」の記事における「所有」の解説

鉱山会社株式最初は57.75%がフェルプスドッジテンケ鉱山株式会社が24.75%、国営会社のジェカミンが17.5%を保有していた。 フリーポート・マクモラン2007年3月19日フェルプスドッジ買収して鉱山運営し株式56%を保有し世界最大の上会社となった。 ランディンマイニングが24%、国営会社のジェカミンが20%保有している。 2016年フリーポート・マクモランテンケ・フングルーメ鉱山70%の株式中国モリブデン株式会社に間接売却してテンケ鉱山株式会社56%の株式売却した。さらにランディンマイニングは鉱山株式をBHRPartnersの関連会社売却する契約発表した2017年BHR Newwood DRC Holdingsカナダ鉱山会社ランディンマイニングから鉱山株式24%を11.4億ドル取得するためにプライベートエクイティ会社BHRによって設立されました。2019年には持株会社買収許可され中国企業鉱山における80%の株式所有している。

※この「所有」の解説は、「テンケ・フングルーメ鉱山」の解説の一部です。
「所有」を含む「テンケ・フングルーメ鉱山」の記事については、「テンケ・フングルーメ鉱山」の概要を参照ください。


所有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/11/10 05:38 UTC 版)

リアルクリアポリティクス」の記事における「所有」の解説

Forbes Media LLCは、2007年にこのサイト51%の株式購入した2015年5月19日、RealClearInvestorsとCrest MediaForbes保有株非公開金額購入したことが発表されたRealClearPoliticsは、「RealClearMarkets」、「RealClearWorld」および「RealClearSports」も所有している。RealClearMarketsおよびRealClearSportsは2007年11月開設され国際的なニュース政治サイトRealClearWorldは2008年8月開設された。その他にも同サイトは「RealClearScience」と「RealClearReligion」(2010年10月開設)、「RealClearHistory」(2012年開設)、軍事諜報退役軍人問題を扱う「RealClearDefense」(2013年開設)を所有している。2016年調査報道焦点当てた「RealClearInvestigations」が開設された。

※この「所有」の解説は、「リアルクリアポリティクス」の解説の一部です。
「所有」を含む「リアルクリアポリティクス」の記事については、「リアルクリアポリティクス」の概要を参照ください。


所有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/16 08:00 UTC 版)

ライトバス・ニュールートマスター」の記事における「所有」の解説

現在、ロンドンバス路線毎・7年毎に行われる入札により運行事業者決定しており、車両この際更新されることがあるバス運行事業者自身が所有するリースするかした車両であり、使用されなくなった車両他のロンドン運行事業者ロンドン外の事業者(同じグループ内を含む)に転属する。 2008年にTfL局長のピーター・ヘンディ(英語版)は、民間ロンドンバス運行事業者間に保有車両全てこの新型ロンドンバス入れ替えることを要求することは困難であることを認め後部プラットフォーム付きバスロンドン以外の運行事業者にとっては魅力的なではなく地方においてはハイブリッド車使用することのメリットあまりないことから結局は入札金額の上昇を招く可能性がある述べた路線入札監督を行うTfL傘下ロンドンバス社のためにKPMG社が実施した調査では、昨今の信用貸し動向下では民間ロンドンバス運行事業者は新型ロンドンバス運行される路線契約のために発生するであろう車両残余価値リスク引き受けたがらない一方でTLl緊縮財政のために自身ではバス車両保有することができないであろうということ判明したこういった状況から新しバス使用するためには、リース会社全車両を保有したり、路線契約の期間を車両予定寿命まで延長したりなどの方法で運行会社が負う車両残余価値リスク軽減することが勧められた

※この「所有」の解説は、「ライトバス・ニュールートマスター」の解説の一部です。
「所有」を含む「ライトバス・ニュールートマスター」の記事については、「ライトバス・ニュールートマスター」の概要を参照ください。


所有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/15 06:02 UTC 版)

滑走路」の記事における「所有」の解説

滑走路の所有というのは大きな空港であれば空港管理する団体ものであるが、アメリカ国内においては個人所有空港珍しいことではなく小型機専用自家用空港持つ者は多い。なお、アメリカ初の個人所有滑走路は、デルコ創業者であり NCR 会長となったエドワード・A・ディーズオハイオ州ケタリング自宅作ったものであるまた、飛行機マニアとして知られる米国人俳優のジョン・トラボルタは、自身が所有するボーイング707使用するため、自宅敷地内専用大型滑走路有している。

※この「所有」の解説は、「滑走路」の解説の一部です。
「所有」を含む「滑走路」の記事については、「滑走路」の概要を参照ください。


所有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/01/12 17:54 UTC 版)

タピエテ語」の記事における「所有」の解説

所有表現には人称標識のうち先述の「ジェンセンSet 2」が関わりこのうち三人称の y- は鼻音語根の前では ñ- として現れる。 例: sh-anka グロス: 1sg.poss-頭 訳: 「私の頭」 ñ-anka グロス: 3.poss-頭 訳: 「彼/彼女の頭」

※この「所有」の解説は、「タピエテ語」の解説の一部です。
「所有」を含む「タピエテ語」の記事については、「タピエテ語」の概要を参照ください。


所有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/11/09 02:25 UTC 版)

シュスワプ語」の記事における「所有」の解説

所有は名詞に以下のような人称・数を表す専用接辞付加した不変化詞加えることにより表現される一人称複数除外形は名詞三人称接尾辞 -s が付加されその前後いずれかに不変化詞 k°əx°が置かれることとなり、また三人称は s の後では -c となり、それ以外の場合は -s となる。 所有を表す接辞不変化詞単数複数一人称包含n- -kt 除外-s + k°əx° 二人称ʔ- -mp 三人称-s/-c 実際の所有表現例として citx° 〈家〉を挙げると以下のうになる。γ は絶対格定冠詞である(参照: #冠詞、#格)。また先述のように一人称単数形には子音重複見られるという点に留されたい。 citx° の所有形単数複数一人称包含γ-n-cictx° γ-citx°-kt 除外γ-citx°-s k°əx°またはk°əx° γ-citx°-s 二人称γ-ʔ-cictx° γ-citx°-mp 三人称γ-citx°-s

※この「所有」の解説は、「シュスワプ語」の解説の一部です。
「所有」を含む「シュスワプ語」の記事については、「シュスワプ語」の概要を参照ください。


所有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/07/02 22:52 UTC 版)

バス規制緩和 (英国)」の記事における「所有」の解説

公営バス事業者12事業者(一覧英語版)にとどまり最大のものはエディンバラのロージアン・バスズ(英語版)である。 2010年現在アリーヴァファーストゴー・アヘッド英語版)、ナショナル・エクスプレス英語版)、ステージコーチ・グループ(英語版)の5社が約70%のシェアを持っている。ドイツ鉄道傘下となったアリーヴァ含めアベリオコンフォートデルグロ、トランスデフ(英語版)、ヴェオリア・トランスポールなどのイギリス国外交通事業者は2010年時点24%のバス事業者所有していた。この後パリ交通営団やトランジット・システムズ(英語版)が参入しており、国外事業者シェア増加している。

※この「所有」の解説は、「バス規制緩和 (英国)」の解説の一部です。
「所有」を含む「バス規制緩和 (英国)」の記事については、「バス規制緩和 (英国)」の概要を参照ください。


所有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/10 13:44 UTC 版)

リンガラ語」の記事における「所有」の解説

所有表現についてはリンガラ語口語では「所有される物/者、連結辞、所有者」の語順表される連結辞としては naya見られ所有者独立人称代名詞である。 例: ndáko na yɔ́〈あなたの家〉 なお、#歴史触れられリンガラ語母体推定されるボバンギ語においては所有される名詞クラスに応じて連結辞の部分変化する現象見られる参照: ボバンギ語#形容詞的小辞)。

※この「所有」の解説は、「リンガラ語」の解説の一部です。
「所有」を含む「リンガラ語」の記事については、「リンガラ語」の概要を参照ください。


所有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/20 00:48 UTC 版)

属格」の記事における「所有」の解説

所有およびそれに類する関係を表す。もっとも一般的な機能である。ただし、多くの言語では人称代名詞の所有を表す時に属格でなく、所有限定詞用いられる

※この「所有」の解説は、「属格」の解説の一部です。
「所有」を含む「属格」の記事については、「属格」の概要を参照ください。


所有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/23 14:57 UTC 版)

マレー鉄道」の記事における「所有」の解説

所有は、鉄道資産公社(略称:PAKまたはRAC, マレー語:Perbadanan Aset Keretapi, 英語:Railways Asset Corporation)である。

※この「所有」の解説は、「マレー鉄道」の解説の一部です。
「所有」を含む「マレー鉄道」の記事については、「マレー鉄道」の概要を参照ください。


所有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/21 11:47 UTC 版)

アネイチュム語」の記事における「所有」の解説

所有は直接所有間接所有とに分かれる

※この「所有」の解説は、「アネイチュム語」の解説の一部です。
「所有」を含む「アネイチュム語」の記事については、「アネイチュム語」の概要を参照ください。


所有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/26 05:20 UTC 版)

ステランティス」の記事における「所有」の解説

50 %FCA50 %PSA合併後所有者次のようになる。 14.4 % エクソール アニェッリ家 7.2 % プジョー6.2 % フランス政府 4.5 % 東風汽車集団 2.4 % タイガーグローバル 1.6 % UBS証券 0.96 % ヴァンガードグループ

※この「所有」の解説は、「ステランティス」の解説の一部です。
「所有」を含む「ステランティス」の記事については、「ステランティス」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「所有」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

所有

出典:『Wiktionary』 (2021/10/23 00:28 UTC 版)

名詞

 しょゆう

  1. 自分の物として所持すること。
  2. 法律)ある特定の有体物に対して法令制限内において、自由使用収益及び処分をする権利有していること。

用法

発音(?)

しょ↗ゆー

類義語

語義1

関連語

複合語

翻訳

動詞

活用

翻訳


「所有」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

「所有」に関係したコラム

  • FXのスワップポイントの計算方法は

    FX取引では、通貨ペアの種類や取引の方法などによりスワップポイントが発生します。スワップポイントは、通貨ペアの2国間の金利差によって発生する利息のことです。スワップポイントは、通貨ペアの2国間の金利差...

  • FXの出来高の見方

    FX(外国為替証拠金取引)では、4本値をもとにテクニカル分析をすることが多いですが、出来高をもとに分析をする方法もあります。上のチャートは、赤色と白色の平均足と、黄色の出来高を描画したものです。ちなみ...

  • FXの利益の出し方

    FX(外国為替証拠金取引)で利益を出す方法は、為替差益とスワップポイントの2通りあります。▼為替差益による利益の出し方為替差益は、為替レートの変動を利用した利益の出し方です。為替差益による利益の出し方...

  • FXのロングポジションとショートポジションとは

    FX(外国為替証拠金取引)におけるロングポジションとは、手元に買い持ち高のある状態のことをいいます。一方、ショートポジションとは、手元に売り持ち高のある状態のことをいいます。▼ロングポジション例えば、...

  • FXの口座開設の条件は

    FX(外国為替証拠金取引)の口座を開設するには、FX業者の設けた基準をクリアしなければなりません。ここでは、一般的な基準をまとめています。なお、基準はFX業者によりまちまちのため、すべてのFX業者に該...

  • FXのナンピンとは

    FX(外国為替証拠金取引)のナンピンとは、為替レートが予想した方向へ値動きしなかった場合に、再度、同じポジションを所有することです。▼買いポジションのナンピン例えば、USD/JPYの買いポジションを7...

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「所有」の関連用語

検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



所有のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの所有 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウイチョル語 (改訂履歴)、ランドマクナリー (改訂履歴)、モンレアル賭博場 (改訂履歴)、イギリス国鉄365形電車 (改訂履歴)、テンケ・フングルーメ鉱山 (改訂履歴)、リアルクリアポリティクス (改訂履歴)、ライトバス・ニュールートマスター (改訂履歴)、滑走路 (改訂履歴)、タピエテ語 (改訂履歴)、シュスワプ語 (改訂履歴)、バス規制緩和 (英国) (改訂履歴)、リンガラ語 (改訂履歴)、属格 (改訂履歴)、マレー鉄道 (改訂履歴)、アネイチュム語 (改訂履歴)、ステランティス (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの所有 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2023 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2023 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2023 GRAS Group, Inc.RSS