占有とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > > 法概念 > 占有 > 占有の意味・解説 

せん‐ゆう〔‐イウ〕【占有】

読み方:せんゆう

[名](スル)

自分の所有にすること。「土地を—する」

民法上、自己のためにする意思をもって物を所持すること。


シェア

別名:占有,共有
【英】share, sharing

シェアとは、一般的に分担する」、「共有する」といった意味の英語である。IT用語としては、製品やサービス市場占有率のこと、または、コンピュータ資源コンテンツなどを複数利用者共有すること、という2つの意味用いられている。

市場占有率としてのシェアは、ある市場における一定の間において対象の企業、あるいは、製品やサービスなどの売り上げ高販売数量、ユーザー数などの指標が、市場の中で占めている割合のことである。カタカナで単に「シェア」と言った場合こちらの意味で用いられることが多い。

または、コンピュータネットワークWebなどにおいて、何らかのリソースコンテンツ複数利用者が共に利用することも、シェアと呼ばれる。こちらは「共有」と表記されることが比較的多い。例えば、共有ディスク共有ファイル共有ディレクトリ共有プリンタなどといった用法や、ファイル共有ソフト動画共有サイトといった用法の例がある。


占有

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/24 17:40 UTC 版)

占有(せんゆう、: possession)とは、物に対して現実に支配管理を行う事実状態[1]


注釈

  1. ^ : possessio
  2. ^ : Gewere

出典

  1. ^ a b c 鷹巣信孝. “占有権とはどのような権利か(一)”. 佐賀大学. 2019年7月29日閲覧。
  2. ^ a b 松井宏興 『物権法』成文堂、2017年、236頁
  3. ^ 『英米法辞典』東京大学出版会、1991年、649頁
  4. ^ 『英米法辞典』東京大学出版会、1991年、649-650頁
  5. ^ 『英米法辞典』東京大学出版会、1991年、650頁


「占有」の続きの解説一覧

占有

出典:『Wiktionary』 (2021/08/12 23:55 UTC 版)

発音(?)

せ↗んゆー

名詞

せんゆう

  1. 排他的自己所持とすること。
  2. (法律) 自己のためにする意思を持って、即ち、対象物から生じ利益自己帰属させる意思を持って対象物自らの支配下に置くこと。

関連語

翻訳

動詞

活用

サ行変格活用
占有-する

翻訳


「占有」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



占有と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

占有のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



占有のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
IT用語辞典バイナリIT用語辞典バイナリ
Copyright © 2005-2022 Weblio 辞書 IT用語辞典バイナリさくいん。 この記事は、IT用語辞典バイナリシェアの記事を利用しております。
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの占有 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの占有 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS