占拠とは? わかりやすく解説

せん‐きょ【占拠】

読み方:せんきょ

[名](スル)

ある場所を占有して他人寄せつけないこと。「公園を―する」「不法―」

占領すること。「敵の要地を―する」


占拠?

作者伊園旬

収載図書ソリューション・ゲーム―日常業務の謎
出版社宝島社
刊行年月2008.7


占拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/13 17:21 UTC 版)

占拠(せんきょ)とは、土地や建物を占有すること。不法に行われるものを不法占拠(ふほうせんきょ)ということがある。占拠者はスコッターと呼ばれている。




「占拠」の続きの解説一覧

占拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/12 08:32 UTC 版)

河川敷」の記事における「占拠」の解説

しばしばホームレス簡易な居住施設造るが、占拠を黙認する居住権発生すること、出水時に人的被害が出る恐れがあることから強制的な排除が行われる。令和元年東日本台風台風19号)の例では、ビラ防災無線避難呼びかけが行われたが溺死者出た近隣の住民造る無許可家庭菜園が、しばしば本格的な耕作地化することもある。これらも河川管理者撤去勧告が行われ、従わない場合行政代執行による排除が行われることになる。 2016年千葉県におけるデータによれば県内河川敷不法に占有され、畑や小屋桟橋などが作られるケース377に及んだという。 大阪府内淀川では、野球サッカーなどのチームが、国土交通省淀川河川事務所無断で河川敷バックネットベンチなどを設置しグラウンドとして長年亘り使用していた。河川法違反するため、同事務所再三亘り撤去要請してきたが、チーム関係者抵抗進んでいなかった。しかし2019年以降に豪雨災害相次いだ影響もあって、これらのチームのうち計33チームが、2021年3月までバックネットなどを撤去する方針であることが明らかになった。

※この「占拠」の解説は、「河川敷」の解説の一部です。
「占拠」を含む「河川敷」の記事については、「河川敷」の概要を参照ください。


占拠

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/04/25 15:03 UTC 版)

アル=ハラム・モスク占拠事件」の記事における「占拠」の解説

同年11月20日朝、メッカアル=ハラム・モスク巡礼者混じって死者の体を乗せた輿を担いだ若者集団現れた死者埋葬する前に聖地礼拝させることは珍しいことではなかったので人々気にしなかったが、これは遺体ではなく武器人型包んだのだった。彼らは巡礼者紛れて先着していた数百人の仲間合流すると、礼拝始まった人気のない地下武器配り二手に分かれて広大なモスク占領開始した一方モスクを囲む7つの塔と48の門を陥落させ、もう一方聖職者拘束する手はずになっていた。「アッラー・アクバル(神は偉大なり)」と叫びながら礼拝所突入した後者グループは、聖職者拘束したが、その際モスク指導者に命令に従うように言って拒否されたため、その側近射殺した銃声がしたことから制圧グループが門を完全に掌握する前に数多く巡礼者たちが難を逃れてモスク脱出した。それでも約1,000人もの人々人質となった

※この「占拠」の解説は、「アル=ハラム・モスク占拠事件」の解説の一部です。
「占拠」を含む「アル=ハラム・モスク占拠事件」の記事については、「アル=ハラム・モスク占拠事件」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「占拠」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「占拠」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「占拠」の関連用語

占拠のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



占拠のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの占拠 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの河川敷 (改訂履歴)、アル=ハラム・モスク占拠事件 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS