溺死とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 生活 > 人生 > > 溺死の意味・解説 

でき‐し【溺死】

読み方:できし

[名](スル)おぼれて死ぬこと。おぼれ死に水死。「川で―する」「―者」


溺死

読み方:デキシ(dekishi)

おぼれて死ぬこと


溺死

作者宏子

収載図書祭りうた
出版社日本随筆家協会
刊行年月1987.7
シリーズ名純文学新鋭叢書


溺死


溺死

作者アガサ・クリスティー

収載図書火曜クラブ
出版社早川書房
刊行年月2003.10
シリーズ名ハヤカワ文庫


溺死

作者小笠原賢二

収載図書小笠原賢二小説集
出版社響文社
刊行年月2006.9


水死

(溺死 から転送)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/09/29 13:23 UTC 版)

水死(すいし)とは、溺水によって引き起こされる窒息死の一種である。溺死(できし)ともいう。


  1. ^ 厚生労働省:平成21年度「不慮の事故死亡統計」の概況:不慮の事故による死亡の年次推移 : 厚生労働省
  2. ^ 東京都健康安全研究センター » 日本における事故死の精密分析(事故死,窒息,溺死・溺水,誤嚥,日本,疾病動向予測システム,年齢調整死亡率,世代マップ,平均死亡率比):(東京都健康安全研究センター)
  3. ^ 高齢者の入浴事故多発 溺死者は10年間で7割増:日本経済新聞
  4. ^ 冬場に多発する高齢者の入浴中の事故に御注意ください! 消費者庁
  5. ^ a b 高木徹也『なぜ人は砂漠で溺死するのか? 死体の行動分析学』2010年、<株式会社KADOKAWA メディアファクトリー新書> ISBN 978-4840134958
  6. ^ AFPBB News 『サウジアラビア・ジッダで大洪水、77人死亡 不明多数』[1]
  7. ^ 中国新聞(月刊「子ども論」1992年5月号)、毎日・夕刊(月刊「子ども論」1995年1月号)
  8. ^ 平成二十年六月十八日提出 質問第五八五号 日本体育大学水泳部「宮嶋武広選手死亡事故」に関する質問主意書 提出者 保坂展人
  9. ^ 平成二十年六月二十四日受領 答弁第五八五号 内閣衆質一六九第五八五号 平成二十年六月二十四日 衆議院議員保坂展人君提出日本体育大学水泳部「宮嶋武広選手死亡事故」答弁書 内閣総理大臣 福田康夫
  10. ^ 平成23年7月11日に神奈川県内の幼稚園で発生したプール事故に係る事故等原因調査について(経過報告)(※)PDF 消費者安全調査委員会
  11. ^ 大和幼稚園プール事故、元園長に無罪判決 元教諭との責任評価に差 産経ニュース 2015年4月
  12. ^ 京都市立養徳小学校プール事故第三者調査委員会報告書の提出について 教育委員会
  13. ^ 小学校プールで小1娘溺死、病院に駆けつけた母へ学校の第一声は「緊急連絡先直しておいて」だった 産経WEST 2014年4月3日
  14. ^ 京都市認可保育所「せいしん幼児園」に対する調査報告書 京都市 平成26年10月20日
  15. ^ Raimondi C.; Rossi, U. (1888). “Un’applicazione della carcinologia alla Medicina legale”. Rivista sperimentale di freniatria e medicina legale delle alienazioni mentali 14: 79-85. 
  16. ^ Holzer, F.J. (1939). “Zerstörung an Wasserleichen durch Larven der Köcherfliege”. Zeitschrift für die gesamte gerichtliche Medizin 31: 223- 228. 
  17. ^ 小関恒雄; 山内峻呉 (1964). “水中死体の水生動物による死後損壊”. 日本法医学雑誌 18 (1): 12-20. 
  18. ^ 永田武明; 福元孝三郎; 小嶋亨 (1967). “フトヒゲソコエビ及びウミホタルによる水中死体損壊例”. 日本法医学雑誌 21 (5): 534-530. 
  19. ^ 平澤忠久; 喜田眞則; 柳瀬真 (1999). “A-1137 ニセスナホリムシの蚕食によって24時間で白骨化した一例”. 法医学の実際と研究 42: 221-223. http://jglobal.jst.go.jp/public/200902125102944029. 
  20. ^ 柏木正之; 杉村朋子; 原健二; 松末綾; 影浦光義; 久保真一 (2010). “A-1530 特異な蚕食を認めた水中死体の1剖検例:ニセスナホリムシによる死後損壊”. 法医学の実際と研究 53: 17-20. http://jglobal.jst.go.jp/public/20090422/201102260371166000. 
  21. ^ 山東京伝著 喜多武清画『近世奇跡考』巻之一 十四(1804年)松山堂書店[2]
  22. ^ 宮武外骨編『日本擬人名辞典』34頁[3](成光館,1930)
  23. ^ 海村生活の研究 柳田国男編[4](日本民俗学会,1949)
  24. ^ 漁・猟にまつわる言い伝え-徳島県立図書館[5]


「水死」の続きの解説一覧

溺死

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/27 14:27 UTC 版)

杜畿」の記事における「溺死」解説

曹丕許昌行幸したとき、杜畿はまた留守役を命じられた。曹丕杜畿命令し天子乗るつきの船を建造させた。杜畿は船を作り上げ、陶河にて諸葛誕らと試走行なったが、そのとき強風で船が転覆してしまい溺死した62歳だった。太僕追贈され戴侯と諡された。

※この「溺死」の解説は、「杜畿」の解説の一部です。
「溺死」を含む「杜畿」の記事については、「杜畿」の概要を参照ください。


溺死

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/08 21:40 UTC 版)

自殺の方法」の記事における「溺死」解説

入水」および「水死」も参照 溺死による自殺水または他の液体意図的に自分沈め呼吸阻み、脳から酸素を奪う行為である。身体には空気求めて浮き上がろうとする自然な傾向があるため、溺死の試みはこの反射行動乗り越えるためにしばしば重いもの使用することを伴う。自殺者血液中二酸化炭素濃度上がると、中枢神経系から呼吸筋へと収縮させようとする不随意の信号送られその人物は水中呼吸をするときのような筋肉動かし方をしてしまう。酸素濃度脳細胞維持できないほどに低くなると、通常死が生じる。 アメリカ合衆国では、溺死による自殺は全自殺のうちの2%以下を占め自殺試みた人の約半数死亡する

※この「溺死」の解説は、「自殺の方法」の解説の一部です。
「溺死」を含む「自殺の方法」の記事については、「自殺の方法」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「溺死」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「溺死」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



溺死と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「溺死」の関連用語

溺死のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



溺死のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの水死 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの杜畿 (改訂履歴)、自殺の方法 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS