天子とは? わかりやすく解説

てん‐し【天子】

読み方:てんし

天上界の人。天人

天帝代わって国を治める人。帝王日本で、天皇


天子

読み方:テンシ(tenshi)

天皇の別称の一。


天子

地名辞典では2006年8月時点の情報を掲載しています。

天子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/08 13:57 UTC 版)

天子(てんし)とは、中国日本ベトナムで用いられた君主の称号。天命を受けて天下を治める者の意。中国の王や代以降の皇帝、日本の大王天皇の別号として用いられた。




「天子」の続きの解説一覧

天子(てんし)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/06 20:14 UTC 版)

超獣伝説ゲシュタルト」の記事における「天子(てんし)」の解説

次男流香一緒に行動していた。

※この「天子(てんし)」の解説は、「超獣伝説ゲシュタルト」の解説の一部です。
「天子(てんし)」を含む「超獣伝説ゲシュタルト」の記事については、「超獣伝説ゲシュタルト」の概要を参照ください。


天子(みこ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 01:15 UTC 版)

虚ノ少女」の記事における「天子(みこ)」の解説

ヒンナサマ」の使いで、祠神社で舞を奉納し宣託授けとされる少女雛神家長女秘密裏に祠草家養育され「天子」となり、数年間「天子」を務めた後に雛神家跡継ぎ実の兄弟)の妻となる。存在公開された際に遠方から集落訪れたお客様」として紹介され祠草家縁戚装うため祠姓を名乗るのが通例。「ヒンナサマ祟り」と称して行われる殺人で直接手下す役割担っているが、歴代の「天子」の中にはその行為耐えられず精神病んでしまう者もいた。

※この「天子(みこ)」の解説は、「虚ノ少女」の解説の一部です。
「天子(みこ)」を含む「虚ノ少女」の記事については、「虚ノ少女」の概要を参照ください。


天子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/01/03 01:15 UTC 版)

虚ノ少女」の記事における「天子」の解説

砂月(しぐさ さつき) 声 - 野月まひる 昭和10年代中頃に天子となるべく東京から人形集落やって来とされる少女集落では縁戚の祠神社滞在し長らく天子の代理務めていた小夜から教えを受けていた。非常におとなしく世間知らずで慣れない土地では外出際におっかなびっくりであったが、偶然出会った理人(智之)と彼の友人たち親しくなり、度々遊ぶようになる。やがて理人(智之)と恋仲になるが、天子を迎えた祭からしばらく後のある朝四肢切断され神社参道鳥居吊るされ遺体となって発見された。東京都四谷区住み両親は祠光男・良子であると語っていたが、警察の捜査により住所両親実在しないことが判明した正体は天子に影武者がいることを隠蔽するために作られた虚像で、皐月理子という声も外見瓜二つ二人入れ代わり立ち代り一人少女演じていた。雛神家理人(智之)・花恋と共に祭の準備の手伝いをしたり、祭の夜に祠神社で舞を奉納したりしていたのが皐月で、集落立ち往生していたところを理人(智之)に背負って送ってもらったり祭の夜境内理人(智之)らと舞を見たりしていたのが理子である。二人詳細後述皐月(さつき) 故人。秋弦と理花との間に産まれた娘で、天子。理人(智之)の許婚であるが、血縁上は彼の異父姉に当たる叔母に当たる影武者理子とは外見生き写しのようにそっくりだった将来の天子としてその存在秘匿され、幼い頃より祠草家養育されていた。一緒に育てられた理子との関係は良好だったものの、彼女が自分騙して理人(智之)と契り交わしたことを知って嫉妬狂い理子殺して彼女と理人(智之)の関係を我がものにしようと襲いかかるが、抵抗にあい逆に殺されてしまった。その後遺体小夜によって四肢切断され上で神社参道鳥居吊るされた。 理子(あやこ) 秀臣と小夜との間に産まれた娘で、天子・皐月影武者皐月より数日遅れて生まれた血縁上は秋弦の異母妹理人(智之)・花恋の叔母に当たる。姪に当たる天子・皐月とは外見生き写しのようにそっくりだった皐月身代わりとして「ヒンナサマ祟り」(殺人)を実行するためだけに生を受け、育てられてきた。皐月歩むであろう人生羨望しながらあくまでもその影徹する覚悟であったが、理人(智之)と出会って恋心抱き自分だけの思い出が欲しいと思うようになり、皐月騙して彼と契り交わした。これを知り逆上した皐月襲われるが、抵抗して逆に彼女を絞め殺してしまう。身を案じた賢静によって密かに東京へ逃がされるが、既に理人(智之)の子身篭っていた。集落から逃れて以降は茅原冬見」の項を参照茅原 冬見(かやはら ふゆみ) 声 - まき 雪子養母天恵会運営する保育園若葉園」の責任者だが、信者ではない。とても明るく明け透けな性格で、男性娘たち下ネタからかったりする。喫茶店月世界」の常連一人で杏子とは親しい友人最近塞ぎ込みがちな雪子の様子に、自分実の母ではないせいか知れない悩んでいる。 本名は祠理子、かつて「砂月」と名乗ってた少女の片割れである。血縁上は雪子従妹に当たる人形集落から東京へ逃れた後、当時産科医だった六識命助けを借りて茅原冬見」の戸籍取得理人(智之)との間に出来た女児産んで皐月」と名付けた。しかし精神状態不安定だったため産まれて間もない皐月殺してまいそうになり、手元に置いていては危険だ考え彼女を孤児院預けたが、施設閉鎖により消息分からなくなってしまう。我が子殺しかけた事で後に六識命によって人格矯正治療を受け別人のように朗らかな性格になったため、智之(理人)も彼女が砂月理子)だとは気付かなかった。精神状態安定した後も実子捨てたことに罪悪感を抱き続けており、孤児育てれば罪滅ぼしになるかも知れない思い天恵会」から雪子養育引き受けた雪子には並々ならぬ愛情注いでおり、彼女が「天恵会」によって連れ戻され宣託御子」の座についた折には落ち込んで何も手につかない状態になった雪子養育し報酬として「天恵会」から莫大な額現金与えられており、当初は「金が欲しくて育てたのではない」と返却するつもりだったが、八木沼アドバイス容れて「若葉園」を買い取ったり、友人杏子借金を返済するためなどに使った。玲人らの事件捜査関わる内に、「未散」と名を変えられていた娘・皐月巡り合い和解果たす。なお人形集落暮らしていた頃、祭の日に理人(智之)に買ってもらった髪留めは、雪子譲っている。

※この「天子」の解説は、「虚ノ少女」の解説の一部です。
「天子」を含む「虚ノ少女」の記事については、「虚ノ少女」の概要を参照ください。


天子

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/17 01:37 UTC 版)

神呪のネクタール」の記事における「天子」の解説

抗争の場収拾するために軍を率いて来た少年。天子ではある自身排除しようとする抵抗勢力がおり権力基盤盤石ではない。外国との交渉には不慣れでありアルビオンリュカ助力要請したボラール窓口ダーラ本国への抗議通告する暗殺企む勢力あぶり出すためグレイ打ち合わせをし、ハサスとの協議後、敢えて少人数での行動取った襲撃仕掛けた者達はグレイにより撃破された。

※この「天子」の解説は、「神呪のネクタール」の解説の一部です。
「天子」を含む「神呪のネクタール」の記事については、「神呪のネクタール」の概要を参照ください。


天子(てんこ)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/21 05:40 UTC 版)

インスタントエンジェル天子様が来る!」の記事における「天子(てんこ)」の解説

主人公通称天子様。肩までの黒髪のインスタントラーメンの精。カップ麺お湯注いでふたを開ける湯気と共に出現して、願い事を何でも1つだけ叶えてくれる。見た目神聖な天使の姿であるがクリスチャンではなく性格俗なところがありイケメンには弱い。必殺技右ストレートの天子パンチカップ麺精なので、生麺ライバル視している。また、ファーストフードも敵らしく、ハンバーガー許さない食べ物ではないが彼女も福美も「年に1回物を配るだけのジイさん」(サンタクロース)をライバル視している。

※この「天子(てんこ)」の解説は、「インスタントエンジェル天子様が来る!」の解説の一部です。
「天子(てんこ)」を含む「インスタントエンジェル天子様が来る!」の記事については、「インスタントエンジェル天子様が来る!」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「天子」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

天子

出典:『Wiktionary』 (2020/08/15 00:54 UTC 版)

名詞

(てんし)

  1. 天命を受け、天下治める者。中国などにおいては皇帝日本においては天皇

翻訳


「天子」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



天子と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天子」の関連用語


2
100% |||||

3
100% |||||

4
100% |||||

5
100% |||||

6
100% |||||

7
100% |||||

8
100% |||||

9
100% |||||

10
100% |||||

天子のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



天子のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの超獣伝説ゲシュタルト (改訂履歴)、虚ノ少女 (改訂履歴)、神呪のネクタール (改訂履歴)、インスタントエンジェル天子様が来る! (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの天子 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS