天下とは?

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 言葉 > 表現 > 天下 > 天下の意味・解説 

てん‐か【天下】

《「てんが」とも》

天が覆っている全世界

一国全体。国じゅう。また、国家。「天下に号令する」「天下を治める」

世の中世間。「天下に名を知られる」「天下に恥をさらす

一国政治一国支配権。「徳川の天下となる」「天下を掌握する」

権力をにぎって思うまま振る舞うこと。「かかあ天下

比類ないこと。この上ないこと。「天下の大泥棒」「天下の横綱

江戸時代将軍のこと。天下様

「—の御城下なればこそ」〈浮・永代蔵・三〉

(「とも」「ども」などを伴って副詞的に用いてどのようにどれほど

「—に目つぶれ足折れ給へりとも」〈源・玉鬘


てん‐げ【天下】

「てんか(天下)」に同じ。「天上天下唯我独尊


てん‐か【天下】

〔名〕 (古くは「てんが」とも)

[一] 天の下の意。

天の下広がるすべての空間世界全部また、この世あめのした

遊楽習道風見(1423‐28頃)「万物出生をなす器はてんが也」〔書経大禹謨〕

② この国全部一国全体国家国中

観智院三宝絵(984)下「後のよ鉄輪王となりて一天下に王とあらむ」

太平記14C後)九「天下の権柄を捨給へる事年久しければ」

世間世の中

凌雲集(814)夏日皇太弟南池〈嵯峨天皇〉「天下共言貞万国、何労羽翼商山

俳諧去来抄(1702‐04故実伝受ある手爾波といふに至ては、天下に知る人すくなく

一国政治万機また、国を支配する権力

今昔1120頃か)三「大王は此を迎て〈略〉終日終夜給ふと云へども不足ざりけり。天下、故に留まり万事背き給ふ

(5) 一国支配する者。特に、幕府将軍家天下様

看聞御記応永二七年(1420)八月一日宗豊朝臣之。天下停止法歟」

歌舞伎法懸松成田利剣(1823)大詰身共は今より、天下だぞ」

(6) 実権を握って采配を振ること。また、思うままにふるまうこと。また、その状況。「嬶(かかあ)天下」

破戒(1906)〈島崎藤村〉五「瀬川君さへ居なくなって了へば、後は君、もう吾儕(われわれ)の天下さ」

(7)てんかいち天下一)」の略。

*虎明本狂言髭櫓室町末‐近世初)「某がひげが、天下の髭になったとおもふて」

(8) カルタで、強い一つである「あざ(蠣)」の

雑俳削かけ(1713)「よくよくじゃ・てんかをもっていなるるの」

[二] (多く助詞「に」「の」「と」などを伴って

① (多く「天下に」「天下の」の形で) 世に比類のないこと。この上ないこと。最もすぐれていること。

蜻蛉(974頃)中「天下のそらごとならむと思へば、ただ今ここちあしくてあればとて、やりつ」

② (「天下に(と)… …とも」「天下に(と)… …ども」の形で) どんなに。いかに。

源氏100114頃)玉鬘「天下に目つぶれ、足をれ給へりとも」

[補注](1)呉音テンゲで読まれる場合は、仏典における用法日常したもので、天上界対す地上界を言い一方漢音テンカで読まれる場合は、国家国土などの意で、両者は本来は系列異にしていたと見られる。しかし、確証乏しいので、漢字表記の例は便宜上本項収めた。
(2)(二)は本来は良くも悪くも世に比類のないことを表わし、多く肯定的評価用いられるが、①の挙例の「蜻蛉」のように、否定的用法見られる


てん‐げ【天下】

〔名〕 (「げ」は「下」の呉音) =てんか(天下)

宇津保(970‐999頃)内侍督「てんげにおぼつかなくおぼゆとも、深き才は、〈略〉じねんに思ひでらるるものなり

[補注]読みのあきらかでないものは「てんか」の項で扱った。→「てんか(天下)」の補注


あめ‐が‐した【天下】

〔名〕

① =あめのした(天下)

平家13C前)三「入道相国の御むすめ建礼門院、〈略〉御悩とて、のうへ天が下の歎きにてぞありける

一種で、花が群がって、傘を開くように咲かせたもの。〔重訂本草綱目啓蒙(1847)〕


あめ‐の‐した【天下】

〔名〕 (漢語「天下(てんか)」の訓読か。また、高天原(たかまのはら)の下にある、この国土」の意もこもるか)

地上世界全部。天に対していう。

(イ) (政治的に、その勢力の及ぶ範囲すべてをいう) この国全部日本の国土全国。特に、この全世界。てんか。

万葉(8C後)一八・四一二二「天皇(すめろき)の 敷きます国の 安米能之多(アメノシタ) 四方の道には」

(ロ) (一般的に地上のすべて。この世の中。この世界。また、この世一般

万葉(8C後)一七・三二三「天下(あめのした)すでにおほひて降る雪の光を見れば尊くもあるか」

国中の人。世間多くの人。天下の人々

宇津保(970‐999頃)藤原の君「財には、ぬし避くとなむ申すなる。あめのしたそしり申すこと侍るなり」

朝廷また、朝廷の政事

書紀720推古一二四月岩崎本訓)「国家(アメノシタ)永久(とこめづら)にして、社稷(くに)危きこと勿(な)し」

世の中国中で最も程度が高いことを強調していう。

(イ) (「天の下の」の形で) 天下に比類がないさま。天下第一

伊勢物語(10C前)三九「あめのした色好み

(ロ) (副詞的に「天の下において」の意で) 日本中のどこででもすべて。また、どこにいったい。

宇津保(970‐999頃)内侍督「あめのした、こよひの御おくり物よりこえて、さらにさらにせじ。これよりいつかあらん。〈略〉あめのした、これよりこえたる心にくさ、いつかあらん」


あま‐さが・る【天離・天下】

〔自ラ四〕 (「あまさかる」とも。枕詞動詞化した語か) 天から離れてくだる。

藻塩草(1513頃)七「あまさかるひな 遠きゐ中は天にまがいて見ゆるゆへにあまさかる云々


天下

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/27 10:16 UTC 版)

天下(てんか、てんが、てんげ、あめのした)は、全世界を意味する概念。字義的には「普天の下」という意味で、地理的限定のない空間のことであるが、用法によっては一定の地理概念と同じ意味に用いられることもある。また一般に天下は、一定の秩序原理を伴い、その対象とされる地域民衆国家という形で捉えられる。すなわち一般に「世界」は「世界観」がなくても客観的に存在しているものと認識されるが、「天下」は一定の秩序原理によって観念的に成立している。


  1. ^ 唐の時代にはすでに遊牧民族の君主号は「可汗」称号が一般的であった。しかし匈奴時代は「単于」称号が一般的で「可汗」称号は存在していない。「可汗」称号は鮮卑族の間で用いられはじめたとされているが、北魏が漢化すると鮮卑族の北魏皇帝は使用しなくなった。ただし唐朝は鮮卑系であるという説もある。
  2. ^ ただし元朝自体の「天下」概念は華夷秩序に基づく中国の「天下」概念とは異なるものであった。詳しくは後述。
  3. ^ なお、このような華夷秩序に基づく東アジア外交体制の歴史学的モデルは「冊封体制」あるいは「朝貢体制」などと呼ばれ、その最終的な消滅時期については活発な議論が行われている。従来の「西洋の衝撃(Western Impact)」によりこの体制が崩壊したとする考え方においては、アヘン戦争とそれに続く洋務運動を契機として捉える傾向にあった。しかし濱下武志ウォーラーステイン世界システム論に影響されて「朝貢システム論」を提唱し、主に経済史的側面から東アジア地域独自の交易システムは「西洋の衝撃」以後もヨーロッパ的な交易システムにただちに編入されることはなく維持されていたと述べた。つまり、従来西洋の経済システムにアジアの経済システムが組み込まれていく過程として理解されてきた東アジア近代史を批判して、むしろ東アジアの経済システム内に西洋諸国が参加してくる過程として捉えるべきであるとした。そして中国側は20世紀初頭に「滅満興漢」に代表される漢民族ナショナリズムの勃興に至るまで華夷秩序観を維持しており、少なくともこの時期までは中国側の認識においても朝貢体制は本質的な変化をしていなかったと指摘した。また思想史の分野では溝口雄三が「中国基体説」を提唱した。これは「洋務→変法→革命」と捉えてきた従来の中国近代思想史を批判するもので、明清時代以降ヨーロッパとの接触、その受容過程を通じて中国が自己改革していく時期として捉えるべきであると述べた。このように歴史像としての華夷秩序・東アジア外交体制に対する大幅な修正が提起されている一方、歴史事実としての華夷秩序・東アジア外交体制、つまり歴史的な冊封関係の終焉は日清戦争によって朝鮮が清との冊封関係を解消した1895年であるとする見方が一般的である。ただし漢代の「天下」概念図と清代の「天下」概念図を比較すればわかるように、前近代の東アジア外交体制を「冊封体制」あるいは「朝貢体制」と呼んだとしても、「冊封国」と「朝貢国」が歴史的に同一であったわけではない。したがって近代においてはほぼ同義であるとはいえ、時代を遡っていけば「朝貢体制」と「冊封体制」に概念上若干の相違が存在することになる。そのため「冊封体制」「朝貢体制」といった、冊封関係・朝貢関係を中心とした東アジア世界の把握に対して堀敏一は批判を加え、中国の対外政策を「羈縻」という歴史モデルで総合化し、従来別個に把握されていた「羈縻政策」「冊封」「朝貢」などを連結した形で華夷秩序あるいは東アジア世界像を描くべきだと述べている。(冊封朝貢羈縻政策参照)
  4. ^  建武式目条々 https://kotobank.jp/word/%E5%BB%BA%E6%AD%A6%E5%BC%8F%E7%9B%AE%E6%9D%A1%E3%80%85-1614473
  5. ^ 「信長政権の矛盾」が原因か 新たな3説、浮かぶ共通点 - 朝日新聞
  6. ^ 『高達寺元宗大師恵真塔』より。「皇帝陛下」とは具体的には光宗を指す。
  7. ^ 陳朝では皇太子が成人すると先帝は譲位して上皇となり、政務を後見する上皇政治が行われた。これは日本の院政と類比されるが、対中国王朝の外交は上皇が当たっていることが指摘され、このことはベトナム固有の天下概念に立脚する皇帝の尊厳を害することなく対中外交を推進するためにも必要であったという見方がある。
  8. ^ 阮朝は最初清に「南越」号を求めたが、清は「越南」という国号を与えた。「南越」という国号に阮朝の領土的野心を警戒したという見方もある。


「天下」の続きの解説一覧

天下

出典:『Wiktionary』 (2018/07/05 13:40 UTC 版)

名詞

(てんか、てんが、てんげ)

  1. の下。世界中
  2. 全体

発音

て↘んか、て↘んが、てんげ

関連語




天下と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「天下」の関連用語

天下のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



天下のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの天下 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの天下 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。

©2021 GRAS Group, Inc.RSS