観念とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 概念 > 観念 > 観念の意味・解説 

観念

読み方:かんねん

人が物事に関して抱く、主観的な考えのこと。意味が似た言葉としては「概念」が挙げられる。「観念」が人がそれぞれ抱く考えを表す意味で使用するに対し、「概念」は、物事において多くの人共通する特徴表現するときに用いることが多い表現また、考えないように打ち消して浮かんでくる考えのことを「強迫観念」という。

かん‐ねん〔クワン‐〕【観念】

読み方:かんねん

[名](スル)

物事に対してもつ考え。「時間の―がない」「固定―」

あきらめて状況受け入れること。覚悟すること。「もうこれまでと―する」

哲学で、人間意識対象についてもつ、主観的な像。表象心理学的には、具体的なものがなくても、それについて心に残る印象

仏語真理や仏・浄土などに心を集中して観察し思念すること。観想


かんねん 【観念】

仏教で、観は観察念は念想で、仏教真理仏・菩薩の姿などに思いを凝らすのをいう。仏の姿を観想するのを観念念仏という。また観じたことを身に行うのを観念修行という。→ 観想

観念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/10/11 01:07 UTC 版)

観念(かんねん、: idea: ιδέα)は、プラトンに由来する語「イデア」の近世哲学以降の用法に対する訳語で、何かあるものに関するひとまとまりの意識内容のこと。元来は仏教用語




「観念」の続きの解説一覧

観念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/05/11 08:11 UTC 版)

持続可能な開発のための文化」の記事における「観念」の解説

2000年の「国連ミレニアム・サミット英語版)」で策定されミレニアム開発目標MDGs)が2015年終了することをうけ、2014年国連総会新たな開発目標ポスト2015開発アジェンダ英語版)」が検討されユネスコも「ポスト2015開発アジェンダ文化」を発表その実的な試みとして持続可能な開発のための文化文化開発)」がある。 具体的には、ユネスコ所管事業である世界遺産無形文化遺産記憶遺産創造産業支援する創造都市現代まで持続継承発展)してきた理由としてこれらの中にこそ「人類叡智蓄積」「ノウハウ」があると捉え、それら「文化的財」に「環境財」を交え文化産業として活かすことで持続開発両立実現しよう模索するものであるまた、持続可能な開発のための文化達成するには、ユネスコのような国際機関国家自治体といった行のみならず一般市民個々人意識変革こそが重要で文化相対主義基づ異文化コミュニケーション不可欠であり、「文化多様性」という考え帰結した。異文化理解のための手法として、実際に体感する観光、知の宝庫ある図書館博物館活用インターネット介した仮想社会的ネットワーク上で情報共有上げている。 特にユネスコで最も成功した事業として影響力のある世界遺産カルチュラル・スタディーズ、すなわち「学習観光の場として積極的に利用し社会問題意識情操途上国での収益源とするという保護一辺倒からの転換を掲げている。

※この「観念」の解説は、「持続可能な開発のための文化」の解説の一部です。
「観念」を含む「持続可能な開発のための文化」の記事については、「持続可能な開発のための文化」の概要を参照ください。


観念

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/29 14:38 UTC 版)

プロパガンダ」の記事における「観念」の解説

あらゆる宣伝広告広報活動政治活動プロパガンダ含まれ同義であるとも考えられている。利益追求者(政治家思想家企業人など)や利益集団国家政党企業宗教団体など)、なかでも人々支持しているということ自らの正当性であると主張する者にとって、支持勝ち取り維持し続けるためのプロパガンダ重要なものとなる対立者存在する者にとってプロパガンダ武器一つであり、自勢力やその行動支持高めプロパガンダのほかに、敵対勢力支持を自らに向けるためのもの、または敵対勢力支持やその行動失墜させるためのプロパガンダ存在する本来のプロパガンダという語は中立的なものであるが、カトリック教会宗教的なプロパガンダは、敵対勢力からは反感を持って語られるようになり、プロパガンダという語自体軽蔑的に扱われ、「嘘、歪曲情報操作心理操作」と同義と見るようになったこのため、ある団体対立する団体行動広告などを「プロパガンダである」と主張すること自体プロパガンダたりうる。 またプロパガンダ思想用語として用い積極的に利用したウラジーミル・レーニンソビエト連邦や、国家社会主義ドイツ労働者党ナチ党)とナチス・ドイツにおいては情報統制組み合わせた大規模なプロパガンダが行われるようになった詳細は「ナチス・ドイツのプロパガンダを参照)。そのため西側諸国ではプロパガンダという言葉一種の反民主主義的価値内包する言葉として利用されることもあるが、実際にはあらゆる国でプロパガンダ用いられており、一方で国家反対する人々プロパガンダ用いている。あらゆる政治的権力プロパガンダを必要としている。 なお市民的及び政治的権利に関する国際規約自由権規約)は、戦争人種差別扇動するあらゆるプロパガンダ法律禁止することを締約国求めている。 報酬有無を問わずプロパガンダ行なう者達を「プロパガンディスト(propagandist)」と呼ぶ

※この「観念」の解説は、「プロパガンダ」の解説の一部です。
「観念」を含む「プロパガンダ」の記事については、「プロパガンダ」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「観念」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

観念


「観念」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



観念と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「観念」の関連用語

観念のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



観念のページの著作権
Weblio 辞書 情報提供元は 参加元一覧 にて確認できます。

   
実用日本語表現辞典実用日本語表現辞典
Copyright © 2022 実用日本語表現辞典 All Rights Reserved.
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
中経出版中経出版
Copyright (C) 2022 Chukei Publishing Company. All Rights Reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの観念 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの持続可能な開発のための文化 (改訂履歴)、プロパガンダ (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの観念 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS