要請とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 人文 > 哲学 > 哲学 > 要請の意味・解説 

よう‐せい〔エウ‐〕【要請】

読み方:ようせい

[名](スル)

必要だとして、強く願い求めること。「会長就任を—する」

公準(こうじゅん)1

「要請」に似た言葉

要請

作者竹河聖

収載図書風の大陸 第20部 水面下
出版社富士見書房
刊行年月2001.4
シリーズ名富士見ファンタジア文庫


要請

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/03/04 03:38 UTC 版)

機動戦士ガンダム 新ギレンの野望」の記事における「要請」の解説

総帥シナリオでは資金資源消費してMS生産するが、パイロット司令官シナリオでは、発言力使用してMS要請すると、一定ターン後にそのMS配備されるワールドマップ上にいる場合だと自分のユニット近くに配備される。特別拠点戦の最中ロールアウトすると本拠地連邦ならジャブロージオンならズム・シティ)など主人公近くに配備されないこともある。

※この「要請」の解説は、「機動戦士ガンダム 新ギレンの野望」の解説の一部です。
「要請」を含む「機動戦士ガンダム 新ギレンの野望」の記事については、「機動戦士ガンダム 新ギレンの野望」の概要を参照ください。


要請

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/01/04 20:40 UTC 版)

韓国強制併合100年共同行動」の記事における「要請」の解説

2010年5月25日日本政府に対して、以下の法案成立させることを要請している。 「朝鮮人強制労働被害者補償法」の成立韓国人旧日本軍軍属動員被害者補償法」の成立 2010年8月29日閉会式で「韓日市民共同宣言文」を採択し、「植民支配侵略戦争による各種被害真相糾明し、被害救済のための迅速な措置成し遂げられるように日本政府が法を制定すること」と「韓国政府強制動員被害真相究明救済措置のための活動継続要求」を決議した服部良一衆議院議員は「歴史に対する反省謝罪がない日本政府見れば、同じ日本人として怒り禁じえない」とし「韓日市民の力日本政府謝罪し賠償する日まで議員として努力する」と話し姜昌一民主党議員も「日本政府強盗行為絶対忘れず韓国政府中途はんぱ態度黙ってはいない」としながら、「市民同意集めて国会議員らが過去歴史清算のための立法活動をする先頭に立つ」と述べた

※この「要請」の解説は、「韓国強制併合100年共同行動」の解説の一部です。
「要請」を含む「韓国強制併合100年共同行動」の記事については、「韓国強制併合100年共同行動」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「要請」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

要請

出典:『Wiktionary』 (2021/11/07 00:28 UTC 版)

名詞

ようせい

  1. あることしてもらうように頼むこと。
  2. 議論理論構築前提として必要とされるもの。

翻訳

動詞

活用


「要請」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



要請と同じ種類の言葉


品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

要請のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



要請のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaの機動戦士ガンダム 新ギレンの野望 (改訂履歴)、韓国強制併合100年共同行動 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの要請 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS