救援とは? わかりやすく解説

きゅう‐えん〔キウヱン〕【救援】

読み方:きゅうえん

[名](スル)困難な状況危険に陥っている人を助けること。「—の手差し伸べる」「被災者を—する」「—投手


救援

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2016/11/01 14:59 UTC 版)

ウェイン砦包囲戦」の記事における「救援」の解説

デトロイトに関する報せケンタッキー州ニューポート兵舎届いた後でウェイン砦を補強する動きが既に進行していた。ジェイムズ・ウィンチェスター将軍北西方面軍司令官だったが、ケンタッキー州知事チャールズ・スコットが、インディアナ準州知事ウィリアム・ハリソンケンタッキー民兵隊少将任命したばかりであり、ハリソンウェイン砦救援を承認したので、ハリソンニューポート兵舎民兵隊の指揮執ったハリソン陸軍長官ウィリアム・ユースティス手紙書き状況説明し未承認行動を採ることを弁解したその後直ぐに2,200名の民兵隊編成し北のウェイン砦に行軍したウェイン砦の従軍商人ウィリアム・オリバーショーニー族キャプテン・ローガン率いた小さな斥候部隊が、戦闘小康状態ウェイン砦に到着し、ウィナマック部隊の間を走り抜けて砦に入った彼等は救援の動き進行中であることを伝え再度馬でウィナマックの包囲部隊の間をすり抜けてハリソン所に向かい、砦は依然としてアメリカ軍守っていることを報告した。 この斥候隊良い報せを持って戻ったが、テカムセ指揮下にインディアン400名とイギリス正規兵140名がウェイン砦に向かっているという報告ハリソン受け取っていた。ハリソンテカムセを倒すために北のウェイン砦に急行した9月8日までにハリソンセントメアリーズ川沿いサイモン・ガーティの到着しシェイン渡しアダムズ大佐ホーキンス大佐指揮するオハイオ州民兵800名が合流したハリソン軍には行く道で嫌がらせをされ、実際には敵対的インディアン戦闘に関わっていた訳ではなかったが、それでも影響を受けた。その兵士たち夜に警鐘が鳴ることなく休むこともできず、戦闘隊形起きていた。兵士森の中インディアン見つけた思い込み、トマス・ポリー軍曹誤って撃たれ死んだ。この軍隊がグレート・ブラック湿地通っているときに、オハイオ州民兵隊ホーキンス大佐立ち止り兵士1人敵対的インディアン闘っていると思って発砲したために、ホーキンスは胸を撃たれた。別のミラーという兵士休暇家に戻ることを許されたが、その前に同国人達が川に投げ入れ、「国王ジョージアーロン・バーおよび悪魔!の名前で」彼を洗礼した。 9月11日、ウィナマックはウェインに対する最後の攻撃試み幾らか犠牲者出した9月12日攻撃が突然止み、ウィナマックの部隊はモーミー川を渡って森の中消えたハリソン救援軍はウィナマックに抵抗されることなく砦に進んだポタワトミ族マイアミ族連合部隊オハイオ州ミシガン準州撤退したハリソンレイの剣を取り上げ、彼を逮捕させた。査問委員会招集されたが、レイ長年兵役考慮して退役することで許された。ハリソンはフィリップ・オスタンダー中尉レイ指揮継いだ2人中尉1人)を砦指揮官後釜据えた

※この「救援」の解説は、「ウェイン砦包囲戦」の解説の一部です。
「救援」を含む「ウェイン砦包囲戦」の記事については、「ウェイン砦包囲戦」の概要を参照ください。


救援

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/02/25 15:40 UTC 版)

魯甸地震」の記事における「救援」の解説

習近平総書記李克強総理直ち支援援助指示した国家減災事務総長民政部副部長の姜力や国務院関係者率いて中国共産党中央委員会国務院哀悼の意代表して被災地赴いた8月4日午前中国共産党中央政治局常務委員李克強総理などの関係者被災地の状況救援活動視察のために被災地赴いた午後2時被災地到着したが、道路深刻な被害を受けていることから5km歩くこととなった

※この「救援」の解説は、「魯甸地震」の解説の一部です。
「救援」を含む「魯甸地震」の記事については、「魯甸地震」の概要を参照ください。


救援

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/08/06 15:14 UTC 版)

羽越豪雨」の記事における「救援」の解説

自衛隊第6師団第12師団山形県新潟県内各地に出動疲弊した地域から歓迎受けたが、一方で第12師団仮設電話線何者か切断される嫌がらせ受けていた。

※この「救援」の解説は、「羽越豪雨」の解説の一部です。
「救援」を含む「羽越豪雨」の記事については、「羽越豪雨」の概要を参照ください。


救援

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/03/02 05:04 UTC 版)

アーネスト・ジョイス」の記事における「救援」の解説

5人全員程度違いがあるものの壊血病兆候示していた。しかし、ビタミンC豊富な新鮮なアザラシの肉でゆっくりと快復させることができた。4月半ばまでに凍った海を越えてエバンス岬までの残り13マイル (21 km) を移動する可能性検討し始めていた。 ジョイス4月18日海氷試験し、それが固いことが分かったが、翌日には南からの吹雪で、氷を全て吹き流していた。ハットポイントの雰囲気憂鬱であり、単調なアザラシの肉は気分塞がせていた。これが特にマッキントッシュ影響したようであり、5月8日ジョイスリチャーズ、アーネスト・ワイルドが止めるよう懇願したにも拘わらずマッキントッシュ再度結んだ氷を歩いてエバンス岬まで戻る決心をした。ビクター・ヘイワードがマッキントッシュついて行くことを志願したジョイスその日誌に「これらの人々がなぜそれほど命を危険に曝すことに熱心である理解できない」と記していた。二人出発してから間もなく吹雪始まりその後二人姿を見ることは無かったジョイス他の二人7月エバンス岬到着してマッキントッシュヘイワード運命を知ることになったジョイス直ぐに不明となった二人の跡を探す隊の編成に取掛かったその後の数か月間、マクマード・サウンドの海岸や島に捜索隊送られたが、無駄だったジョイスバリアの上に残してきた地質学標本回収する旅も編成し、スペンサー・スミスの墓を訪れその上に大きな十字架建てた。船が無いままに、残った7人隊員ひっそりと生活を続けていた。1917年1月10日再度艤装したオーロラシャクルトン乗せて、彼らを引き取り来た2年近く前にシャクルトンの船エンデュアランスウェッデル海で氷に捕まえられ潰されており、シャクルトン南極大陸横断中止していたので、補給所設置の旅無駄だったことを、このとき初めロス海支隊は知ることになった

※この「救援」の解説は、「アーネスト・ジョイス」の解説の一部です。
「救援」を含む「アーネスト・ジョイス」の記事については、「アーネスト・ジョイス」の概要を参照ください。


救援

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/06 03:56 UTC 版)

スマトラ島沖地震 (2009年)」の記事における「救援」の解説

複数支援組織が、パダン被災者を救援を始めている。ワールド・ヴィジョン、オックスファム赤十字社、マーシーコー(Mercy Corps)は被災状況迅速に評価するためにパダン即応チーム送った

※この「救援」の解説は、「スマトラ島沖地震 (2009年)」の解説の一部です。
「救援」を含む「スマトラ島沖地震 (2009年)」の記事については、「スマトラ島沖地震 (2009年)」の概要を参照ください。


救援

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/12/09 20:19 UTC 版)

宜蘭線普悠瑪号脱線事故」の記事における「救援」の解説

事故発生受けた台鉄17:00対策チーム應變小組)を編成内政部でも同時に大規模災害対策部署である中央災害応変中心中国語版)に本部設置され応に当たることとなった現場で宜蘭県政府警察消防国軍投入して救助活動が行われた。当日中に台北市市長柯文哲が市の救援チーム待機指示新北市市長朱立倫が市消防局救助隊派遣したことを表明している。 外交部負傷した乗客米国籍の女性1名が含まれていることを発生当日中に米国在台湾協会AIT美國在台協會)へ通知している。 翌月2018年統一地方選挙控えて各種政治活動活発だったが、総統蔡英文民主進歩党直ち選挙活動停止する宣言中国国民党同調している。蔡英文22日早朝現場入りし、3日以内の上下線での運行再開目指すよう指示している。 事故発生を受けて鹿潔身台鉄局長交通部長呉宏謀(中国語版)(当時)に口頭で辞意伝えたものの、事故処理一段落するまではと慰留されていたが、25日受理された。 27ヶ国政府機関から事故に対する慰問哀悼表明されたことに対して外交部23日付で政府被害者代表して謝意述べたまた、バチカンでも第266ローマ法皇フランシスコ事故犠牲者に対し哀悼の意表明している。

※この「救援」の解説は、「宜蘭線普悠瑪号脱線事故」の解説の一部です。
「救援」を含む「宜蘭線普悠瑪号脱線事故」の記事については、「宜蘭線普悠瑪号脱線事故」の概要を参照ください。


救援(レスキュー)

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/06/18 15:15 UTC 版)

カードファイト!! ヴァンガード」の記事における「救援(レスキュー)」の解説

ダメージゾーンから規定の枚数回復しその後同じ分のダメージトリガーチェック含めて受ける。

※この「救援(レスキュー)」の解説は、「カードファイト!! ヴァンガード」の解説の一部です。
「救援(レスキュー)」を含む「カードファイト!! ヴァンガード」の記事については、「カードファイト!! ヴァンガード」の概要を参照ください。


救援

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/09/21 04:45 UTC 版)

921大地震」の記事における「救援」の解説

大地震発生した夜、日本の国緊急援助隊最初に台湾入りし、災害現場急行した世界各地り災救助犬派遣された。 各国から派遣され緊急救助隊規模 日本 - 145アメリカ合衆国 - 93ロシア - 73スイス - 40人 シンガポール - 39トルコ - 36人 スペイン - 28ドイツ - 21人 大韓民国 - 16オーストリア - 10タイ王国 - 9人 メキシコ - 8人 イギリス - 6人 チェコ - 6人 オーストラリア - 5人 カナダ - 2人 国際連合 - 6人 また日本では1999年10月21日東京都大手町にて「加油台湾チャリティシンポジウム」が開催され深田祐介小林よしのり金美齢らがパネリストとして参加した

※この「救援」の解説は、「921大地震」の解説の一部です。
「救援」を含む「921大地震」の記事については、「921大地震」の概要を参照ください。


救援

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/03/26 03:33 UTC 版)

糸屋万平火事」の記事における「救援」の解説

本成寺では米10石の炊き出し行った各地から罹災窮民救恤のため、4,897円23銭、米8石2合、小豆5斗4升、味噌127貫匁、眼薬25瓶が寄せられた。三条町など7町村は、極貧42戸、貧者284戸に配分した明治天皇は、この大火同年8月7日起きた新潟大火8月8日発生した刈羽郡柏崎町での大火酢屋大火)の罹災者と合わせて、1,500円下賜した。

※この「救援」の解説は、「糸屋万平火事」の解説の一部です。
「救援」を含む「糸屋万平火事」の記事については、「糸屋万平火事」の概要を参照ください。


救援

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/06/01 03:53 UTC 版)

嶺南丸事件」の記事における「救援」の解説

深水埗警察当局は、知らせを受けて直ちに船を派遣して救援に向かい、また捜索救助協力した帆船も1艘あり、合わせて121人を救出したそのうち24人は受傷しており、その男20人、女性4人は九龍の広医院中国語版)に運ばれたが、うち男性1人重傷後に死亡したその他の347人はそのまま現場海に沈み新東安船長合わせて349人が犠牲となった死者中には香港民代表だった陳廉伯含まれていたが、その妻と子どもひとりは生還した

※この「救援」の解説は、「嶺南丸事件」の解説の一部です。
「救援」を含む「嶺南丸事件」の記事については、「嶺南丸事件」の概要を参照ください。


救援

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/08/12 14:43 UTC 版)

ロス海支隊」の記事における「救援」の解説

オーロラ1916年4月ニュージーランドに到着した後、ステンハウス南極孤立している隊員を救うために戻る前にオーロラ修繕し、再装備するための資金集めを始めた。この任務難しいこと分かったエンデュアランス1914年12月サウスジョージア出港して以来シャクルトンから音沙汰無く遠征隊2つの隊双方救援派遣が必要だ思われた。しかし、帝国南極横断探検隊資金完全に底を突いており、他に明確な資金源なるもの無かったオーロラオーストラリア離れたときの混乱した財政状況考えれば民間の寄付者見つけるのも困難だった最終的にオーストラリアニュージーランドイギリスの政府合同でオーロラの再装備を行う資金を出すことに合意したが、その合同委員会が救援遠征支配権全て持つことを主張した5月31日シャクルトンフォークランド諸島到着しウェッデル海エンデュアランス失った後の脱出行が明らかになった。シャクルトン優先事項エレファント島残したウェッデル海隊の残りを救援に行くことであり、ニュージーランドに着いたのは12月初めだった。シャクルトン現れたのは遅すぎて、ロス海支隊救援隊組織化介入できず、合同委員会がジョン・キング・デイビスを遠征隊隊長指名しステンハウスオーロラの元士官解任した。デイビスは、モーソン挙行したオーストラリア南極遠征参加したベテランであり、1914年シャクルトンエンデュアランスあるいはオーロラ船長提案したときは断っていた。シャクルトンは、12月20日に船が出港する時に形式的に定員士官として同行することを認められた1917年1月10日オーロラエバンス岬到着し生存者たちシャクルトン近づいて来るのをみて驚いた。このとき初めて彼らの労働無駄だったことを知った次の1週間マッキントッシュヘイワード遺体探して無駄に終わった後、オーロラ陸上部隊生き残り7人乗せて北のニュージーランドに向かった

※この「救援」の解説は、「ロス海支隊」の解説の一部です。
「救援」を含む「ロス海支隊」の記事については、「ロス海支隊」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「救援」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「救援」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



品詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

救援のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



救援のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのウェイン砦包囲戦 (改訂履歴)、魯甸地震 (改訂履歴)、羽越豪雨 (改訂履歴)、アーネスト・ジョイス (改訂履歴)、スマトラ島沖地震 (2009年) (改訂履歴)、宜蘭線普悠瑪号脱線事故 (改訂履歴)、カードファイト!! ヴァンガード (改訂履歴)、921大地震 (改訂履歴)、糸屋万平火事 (改訂履歴)、嶺南丸事件 (改訂履歴)、ロス海支隊 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS