オハイオ州とは? わかりやすく解説

オハイオ【Ohio】

読み方:おはいお

米国北東部エリー湖南にある州。南の州境オハイオ川流れる。州都コロンバス鉄鋼ゴムなど各種工業のほか、農業牧畜も盛ん。→アメリカ合衆国[補説]

オハイオの画像
オハイオ州の位置
オハイオの画像
州会議事堂撮影・puroticorico http://os7.biz/u/5Brzh

オハイオ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2022/07/21 03:13 UTC 版)

座標: 北緯40度30分 西経82度30分 / 北緯40.5度 西経82.5度 / 40.5; -82.5


  1. ^ Ohio Quick Facts”. Ohio Historical Society. 2009年3月26日閲覧。
  2. ^ City of Columbus:Fun Facts”. City of Columbus, Ohio (2006年). 2009年3月26日閲覧。
  3. ^ a b Stockwell, Mary (2006). The Ohio Adventure. Layton, UT: Gibbs Smith. p. 88. ISBN 1-58685-361-9. https://books.google.co.jp/books?id=VJKroULBUpgC&printsec=copyright&dq=%22ohio%22+%22march+17+1803%22&redir_esc=y&hl=ja#PPA88,M1 
  4. ^ a b プログレッシブ和英中辞典(第3版) コトバンク. 2018年10月24日閲覧。
  5. ^ Davidson, William M. (1902). A History of the United States. Chicago, IL: Scott, Foresman and Company. p. 265. ISBN 1-4297-5239-4. https://books.google.co.jp/books?id=G24AAAAAYAAJ&pg=PA265&lpg=PA265&dq=ohio+admitted+to+the+union&redir_esc=y&hl=ja 
  6. ^ Quick Facts About the State of Ohio”. Ohio History Central. 2010年7月2日閲覧。 “From Iroquois word meaning 'great river'”
  7. ^ Mithun, Marianne (1999). “Borrowing”. The Languages of Native North America. Cambridge: Cambridge University Press. pp. 311–3. ISBN 978-0-521-29875-9. https://books.google.co.jp/books?id=ALnf3s2m7PkC&pg=PA311&redir_esc=y&hl=ja. "Ohio ('large creek')" 
  8. ^ Native Ohio”. American Indian Studies. Ohio State University. 2007年2月2日時点のオリジナルよりアーカイブ。2007年2月25日閲覧。 “Ohio comes from the Seneca (Iroquoian) ohiiyo’ 'good river'”
  9. ^ Why is Ohio known as the Buckeye State and why are Ohioans known as Buckeyes? (PDF)”. 2008年4月21日閲覧。
  10. ^ a b Knepper (1989), p. 9.
  11. ^ a b c Knepper (1989), p. 10.
  12. ^ Robrt Maslowski, "Cultural Affiliations Statement:New River Gorge National River and Gauley River National Recreation Area, National Park Service, accessed 2 August 2012
  13. ^ a b Knepper (1989), p. 11.
  14. ^ a b c Knepper (1989), p. 13.
  15. ^ Knepper (1989), p. 14.
  16. ^ Roseboom (1967), p. 20.
  17. ^ Knepper (1989), pp. 14–17.
  18. ^ Knepper (1989), pp. 43–44.
  19. ^ "Pontiac's Rebellion", Ohio History Central, July 1, 2005.
  20. ^ Cayton (2002), p. 3.
  21. ^ Religion and the Congress of the Confederation, 1774-89”. Library of Congress. 11/4/12閲覧。
  22. ^ "The Date of Ohio Statehood", Frederick J. Blue, PhD, Ohio Academy of History Newsletter, Volume 23, Autumn 2002
  23. ^ Clearing up the Confusion surrounding OHIO's Admission to Statehood
  24. ^ Knepper (1989), pp. 233–234.
  25. ^ Roseboom and Weisenburger (1967), p. 188.
  26. ^ Cayton (2002), p. 129.
  27. ^ Morris (1992), pp. 10–11.
  28. ^ Cayton (2002), pp. 128–129.
  29. ^ State Nicknames – Nicknames of U.S. States”. Geography.about.com. 2010年7月2日閲覧。
  30. ^ Transportation delivers for Ohio, Ohio: Department of Transportation, (2003‐2‐12), オリジナルの2008‐1‐24時点におけるアーカイブ。, https://web.archive.org/web/20080124091721/http://www.dot.state.oh.us/budget/Feb12-03/TransDelivers2-12.asp 2005年12月22日閲覧。 .
  31. ^ Ohio Coastal Counties, Ohio: Department of Natural Resources, http://www.ohiodnr.com/Home/about/counties/tabid/18020/Default.aspx 2008年9月3日閲覧。 .
  32. ^ “Ohio v. Kentucky, 444 U.S. 335”, Case law, Find law, (1980), http://caselaw.lp.findlaw.com/scripts/getcase.pl?court=us&vol=444&invol=335 .
  33. ^ History of the Appalachian Regional Commission, Appalachian Regional Commission, http://www.arc.gov/index.do?nodeId=7 2006年1月3日閲覧。 .
  34. ^ "Counties in Appalachia", Appalachian Regional Commission. Retrieved January 3, 2006.
  35. ^ "GCT-T1 Ohio County Population Estimates—2005", The United States Census Bureau, retrieved January 3, 2006. True summation of Ohio Appalachia counties population (1,476,384) obtained by adding the 29 individual county populations together (July 1, 2005 data). Percentage obtained by dividing that number into that table's estimate of Ohio population as of July 1, 2005 (11,464,042)
  36. ^ The History of the MCD:The Conservancy Act”. Miami Conservancy District. 2007年1月13日閲覧。
  37. ^ All-Time Temperature Maximums By State (2003) (PDF)”. National Climatic Data Center. 2006年11月7日閲覧。
  38. ^ All-Time Temperature Minimums By State (2003) (PDF)”. National Climatic Data Center. 2006年11月7日閲覧。
  39. ^ ODNR Updates Ohio Earthquake Map to Reflect Statewide Seismic Activity Since 2002 (news release), Ohio Department of Natural Resources, Division of Geological Survey (September 18, 2007)
  40. ^ Ohio Seismic Network, What was the biggest earthquake in Ohio?
  41. ^ Historic Earthquakes:Western Ohio, U.S. Geological Survey.
  42. ^ “Ohio”, Historic United States Earthquakes, United States of America: Geological Survey, http://earthquake.usgs.gov/regional/states/historical_state.php#ohio .
  43. ^ “Near Lima, OH, 1884‐9‐19”, Historic Earthquakes, US: Geological Survey, http://earthquake.usgs.gov/regional/states/events/1884_09_19.php .
  44. ^ “Near Portsmouth, OH, 1986‐1‐31”, Historic Earthquakes, US: Geological Survey, http://earthquake.usgs.gov/regional/states/events/1986_01_31.php .
  45. ^ “Northeast Ohio, 1986‐1‐31”, Historic Earthquakes, US: Geological Survey, http://earthquake.usgs.gov/regional/states/events/1986_01_31.php .
  46. ^ “January 1986 Northeastern Ohio Earthquake”, The Ohio Seismic Network, Ohio Department of Natural Resources, http://www.ohiodnr.com/geosurvey/earthquakes/860131/860131/tabid/8365/ 2009年9月13日閲覧。 .
  47. ^ Magnitude 4.0 – Youngstown‐Warren urban area, OH, US: Geological Survey, http://earthquake.usgs.gov/earthquakes/recenteqsus/Quakes/usc0007f7s.php 2011年12月31日閲覧。 .
  48. ^ The Ohio Seismic Network, OH: Department of natural resources, http://www.ohiodnr.com/ohioseis/default/tabid/8144/ .
  49. ^ Catalog of Ohio Earthquakes, at the Ohio Department of Natural Resources web site
  50. ^ Census of Population:1970, Part 37 – Ohio, Section 1 (PDF)”. United States Census Bureau (1970年). 2009年3月27日閲覧。
  51. ^ Balistreri, Kelly (2001年2月). “Ohio Population News:Why did Ohio lose a seat in the U.S. House of Representatives? (PDF)”. Center for Family and Demographic Research at Bowling Green State University. 2009年3月27日閲覧。
  52. ^ a b QuickFacts. U.S. Census Bureau. 2020年
  53. ^ a b 2000 Population and Geographic Centers of Ohio (PDF)”. Ohio Department of Development, Office of Strategic Research (2001年3月). 2009年3月26日閲覧。
  54. ^ Population and Population Centers by State:2000”. United States Census Bureau. 2008年12月6日閲覧。
  55. ^ "Americans under age 1 now mostly minorities, but not in Ohio:Statistical Snapshot". The Plain Dealer. June 3, 2012.
  56. ^ http://factfinder2.census.gov/faces/tableservices/jsf/pages/productview.xhtml?pid=ACS_10_1YR_DP02&prodType=table
  57. ^ http://factfinder2.census.gov/faces/tableservices/jsf/pages/productview.xhtml?pid=DEC_10_DP_DPDP1&prodType=table
  58. ^ http://factfinder2.census.gov/faces/tableservices/jsf/pages/productview.xhtml?pid=DEC_10_SF1_QTP10&prodType=table
  59. ^ OMB Bulletin No. 20-01, Revised Delineations of Metropolitan Statistical Areas, Micropolitan Statistical Areas, and Combined Statistical Areas, and Guidance on Uses of Delineations of These Areas. Office of Management and Budget. 2020年3月6日.
  60. ^ a b Constitution Online”. Ohio General Assembly. 2009年3月25日閲覧。
  61. ^ Constitution Online”. Ohio General Assembly. 2009年3月25日閲覧。
  62. ^ Constitution Online”. Ohio General Assembly. 2009年3月25日閲覧。
  63. ^ The Governors of Ohio”. Ohio Historical Society (2007年1月8日). 2009年3月25日閲覧。
  64. ^ Constitution Online”. Ohio General Assembly. 2009年3月25日閲覧。
  65. ^ Constitution Online”. Ohio General Assembly. 2009年3月25日閲覧。
  66. ^ Akron & Summit County History:Police
  67. ^ Ohio General Assembly”. Ohio History Central (2005年7月1日). 2009年3月25日閲覧。
  68. ^ Government”. Congressman Michael Turner. 2009年3月25日閲覧。
  69. ^ The Supreme Court of Ohio Jurisdiction & Authority”. The Ohio Judicial System. 2009年3月25日閲覧。
  70. ^ Ohio District Courts of Appeal”. Ohio Judiciary System. 2009年3月25日閲覧。
  71. ^ Constitution Online”. Ohio General Assembly. 2009年3月25日閲覧。
  72. ^ Constitution Online”. Ohio General Assembly (2009年). 2009年3月25日閲覧。
  73. ^ Leip, David. “Presidential General Election Results Comparison – Ohio”. US Election Atlas. 2009年12月31日閲覧。
  74. ^ a b Heinrichs, Ann (2003). Ohio. Minneapolis, M.N.: Compass Point Books. p. 42. ISBN 0-7565-0316-7. https://books.google.co.jp/books?id=VTnyaU2WkmUC&pg=PT43&lpg=PT43&dq=ohio+seven+presidents&redir_esc=y&hl=ja 
  75. ^ Holli (1999), p. 162.
  76. ^ " A grain of sand for your thoughts", The Economist, December 20, 2005. Retrieved December 23, 2005.
  77. ^ President / Vice President:November 4, 2008 (ASPX)”. Ohio Secretary of State (2008年11月4日). 2009年3月29日閲覧。
  78. ^ Hallett, Joe; Mark Niquette, Jonathan Riskind (2008年11月6日). “Total-state Approach Aided Obama”. Columbus Dispatch. http://www.dispatchpolitics.com/live/content/local_news/stories/2008/11/06/copy/howwin.ART_ART_11-06-08_A1_4KBQDF8.html?adsec=politics&sid=101 2009年3月29日閲覧。 
  79. ^ Brady, Jessica (2008年11月6日). “Democrats Gain in Michigan and Ohio”. Roll Call. http://www.rollcall.com/issues/54_54/politics/29901-1.html 2009年3月29日閲覧。 
  80. ^ Senators of the 111th Congress”. United States Senate. 2009年3月29日閲覧。
  81. ^ Riskind, Jonathan (2008年12月24日). “Ohio likely to lose 2 seats in Congress in 2012”. Columbus Dispatch. http://www.dispatchpolitics.com/live/content/national_world/stories/2008/12/24/ohcong.ART_ART_12-24-08_A6_0ACB253.html?sid=101 2009年3月29日閲覧。 
  82. ^ Site Selection Rankings”. Greyhill Advisors. 2011年10月17日閲覧。
  83. ^ "Columbus Chamber Announces Ohio Ranked on 'Top 10 Business Climates' List for 2009", Earth Times. Retrieved November 19, 2009.
  84. ^ GDP by State”. Greyhill Advisors. 2011年9月15日閲覧。
  85. ^ a b c d e f g h i j Economic Overview (PDF)”. Ohio Department of Development (2009年2月). 2009年3月31日閲覧。
  86. ^ "Business Tax Index 2009", SMALL BUSINESS & ENTREPRENEURSHIP COUNCIL. Retrieved December 2, 2009.
  87. ^ "SMALL BUSINESS SURVIVAL INDEX 2009", SMALL BUSINESS & ENTREPRENEURSHIP COUNCIL. Retrieved December 2, 2009.
  88. ^ "The Best States for Business", Directorship. Retrieved December 2, 2009.
  89. ^ "The Best States For Business", Forbes. Retrieved December 2, 2009.
  90. ^ "Best Colleges 2010", U.S. News and World Report. Retrieved December 2, 2009.
  91. ^ "Best High Schools:State by State Statistics", U.S. News and World Report. Retrieved December 2, 2009.
  92. ^ Bls.gov;Local Area Unemployment Statistics
  93. ^ "Jobless rates fall again in southeastern Ohio", Zanesville Times-Recorder. 23 june 2010. Retrieved 25 june 2010.
  94. ^ "Strickland:Mature leader needed, rival Kasich is too radical", Dayton Daily News. 22 june 2010. Retrieved 25 june 2010.
  95. ^ ERS/USDA Data”. Economic Research Service, United States Department of Agriculture (2008年12月15日). 2009年3月31日閲覧。
  96. ^ a b Ohio QuickFacts”. United States Census Bureau (2009年2月20日). 2009年3月31日閲覧。
  97. ^ "Economic Overview", Ohio Department of Development, p. 1. Retrieved November 19, 2009.
  98. ^ Fortune 500 2008”. Money (magazine) (2008年5月5日). 2009年3月31日閲覧。
  99. ^ Lottery Results (SHTML)”. Office of Citizen Services and Communications, General Services Administration. 2009年3月31日閲覧。
  100. ^ Kissell, Margo R. (2009年3月24日). “Englewood Man Wins $250,000 in Lottery”. Englewood, O.H.: Dayton Daily News. http://www.daytondailynews.com/n/content/oh/story/news/local/2009/03/24/ddn032409lotteryweb.html 2009年3月31日閲覧。 
  101. ^ [1]
  102. ^ [2]
  103. ^ [3][4]
  104. ^ a b Thomas J. Hennen's American Public Library Ratings for 2006
  105. ^ Statewide Library Scoring



オハイオ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/08/08 08:42 UTC 版)

コニードッグ」の記事における「オハイオ州」の解説

シンシナティにおける「コニー」はシンシナティ・チリ英語版)(ギリシア風のミートソース)をかけたホットドッグのことで、多くマスタード玉ねぎトッピングする。「チーズコニー」はその上にチェダーチーズ細切り追加したものである。この料理は、エンプレス・チリを創業したマケドニア移民兄弟、トム・カージエフとジョン・カージエフによって1922年生み出された。このコニードッグトッピングスパゲティ用いられることもありその場合「トゥーウェイ」またはチリ・スパゲッティと呼ばれる2013年現在シンシナティにはコニードッグ提供する「チリ・パーラー」が250店以上あり、スカイライン・チリ(英語版)とゴールドスター・チリ(英語版)が二大チェーンである。

※この「オハイオ州」の解説は、「コニードッグ」の解説の一部です。
「オハイオ州」を含む「コニードッグ」の記事については、「コニードッグ」の概要を参照ください。


オハイオ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/23 02:16 UTC 版)

フェアフィールド」の記事における「オハイオ州」の解説

フェアフィールド (オハイオ州) - オハイオ州にある地名

※この「オハイオ州」の解説は、「フェアフィールド」の解説の一部です。
「オハイオ州」を含む「フェアフィールド」の記事については、「フェアフィールド」の概要を参照ください。


オハイオ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/05/08 22:58 UTC 版)

村 (アメリカ合衆国)」の記事における「オハイオ州」の解説

オハイオ州では、(教育機関宿舎刑務所等の更生施設除いて人口5,000人未満の法人化された基礎自治体 (village) と称されるとして法人化するには、最低1,600人の住民がいることが要件となるが、実際にはこの基準が常に厳密に適用されているとは限らず、もっと小規模な集落となっている例も多い。は、人口が5,000人を超えると、自動的に市に昇格する。市もも、郡区タウンシップ)の領域含まれることがあるが、全域が市なり領域によって埋められ郡区は、独立した自治体として役割終えることになり、名目上存在となった郡区は、ペーパータウンシップ (paper township) と称される

※この「オハイオ州」の解説は、「村 (アメリカ合衆国)」の解説の一部です。
「オハイオ州」を含む「村 (アメリカ合衆国)」の記事については、「村 (アメリカ合衆国)」の概要を参照ください。


オハイオ州

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2018/04/23 02:17 UTC 版)

フェアフィールド郡区」の記事における「オハイオ州」の解説

フェアフィールド郡区 (オハイオ州コロンビアナ郡) - オハイオ州コロンビアナ郡にある郡区フェアフィールド郡区 (オハイオ州タスカラワス郡) - オハイオ州タスカラワス郡にある郡区フェアフィールド郡区 (オハイオ州ハイランド郡) - オハイオ州ハイランド郡にある郡区フェアフィールド郡区 (オハイオ州バトラー郡) - オハイオ州バトラー郡にある郡区フェアフィールド郡区 (オハイオ州ヒューロン郡) - オハイオ州ヒューロン郡にある郡区フェアフィールド郡区 (オハイオ州マディソン郡) - オハイオ州マディソン郡にある郡区フェアフィールド郡区 (オハイオ州ワシントン郡) - オハイオ州ワシントン郡にある郡区

※この「オハイオ州」の解説は、「フェアフィールド郡区」の解説の一部です。
「オハイオ州」を含む「フェアフィールド郡区」の記事については、「フェアフィールド郡区」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「オハイオ州」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「オハイオ州」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



固有名詞の分類


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

オハイオ州のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



オハイオ州のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアのオハイオ州 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのコニードッグ (改訂履歴)、フェアフィールド (改訂履歴)、村 (アメリカ合衆国) (改訂履歴)、フェアフィールド郡区 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS