燧石とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 同じ種類の言葉 > 自然科学 > 鉱物 > > 燧石の意味・解説 

ひうち‐いし【火打ち石/×燧石】

読み方:ひうちいし

玉髄似た石英一種緻密(ちみつ)で硬く灰色黒色のものが多い。火打ち金打ち合わせて発火させ、火打ち道具として用いたフリント


すい‐せき【×燧石】

読み方:すいせき

火打ち石」に同じ。


燧石

読み方:ヒウチイシ(hiuchiishi)

石英一種


燧石

読み方:ヒウチイシ(hiuchiishi)

発火具一つで、火を打ち出すのに用いる石。

別名 火打石


燧石

作者石田耕人

収載図書半島文学選集 第2
出版社ゆまに書房
刊行年月2001.9
シリーズ名日本植民地文学精選


燧石

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/15 00:32 UTC 版)

燧石(ひうちいし、すいせき、flint、フリント)または火打石は、非常に硬質な玉髄質の石英からできている岩石の一種[1]チャートの一種であり硬い上に加工しやすいので、石器時代には世界遺産スピエンヌの燧石鉱山に見られるように石器の材料として使用され、鉄器時代以降は火打石として利用されていた。モース硬度は6 - 7である[2]


  1. ^ [https://kotobank.jp/word/火打石-118858 火打石](コトバンク)
  2. ^ Flint in Focus: Lithic Biographies in the Neolithic and Bronze Age p1
  3. ^ 西アジアの先史時代の石材供給に関する地質学(筑波大学生命環境系 久田 健一郎教授)
  4. ^ 工学博士北村弥一郎窯業全集, 第 1 巻 p238 著者: 北村弥一郎
  5. ^ 世界大百科事典 第2版ひうちいし【火打石∥燧石】(コトバンク)
  6. ^ Clarke, Grahame (1969). World Prehistory: a New Outline (2 ed.). Cambridge: Cambridge University Press. p. 31.
  7. ^ Neolithic Flint Mines of Petit-Spiennes Official web site
  8. ^ Fire from Steel - Custom forged fire steels from Roman through Fur Trade time periods”. Angelfire.com. 2013年7月21日閲覧。
  9. ^ "Thoroughly Modern Milling" J.D. Sawyer. American Ceramic Society Bulletin 86, No.6. 2007.
  10. ^ "Whitewares: Production, Testing And Quality Control." W.Ryan & C.Radford. Pergamon Press. 1987.
  11. ^ "Use Of Flint In Ceramics, Industrial Ceramics No.885, 1993.
  12. ^ "Silica". Oelef Heckroodt,Ceramic Review No. 254, March/April 2012, p.64
  13. ^ "Calcination Of Flint. Part 2: Continuous Process In A Vertical-Shaft Kiln." M. Manackerman & E.Davies. Research Paper 191. British Ceramic Research Association, 1952.
  14. ^ "Changes & Developments Of Non-plastic Raw Materials", A.Sugden. International Ceramics Issue 2, 2001.
  15. ^ Quentin R. Skrabec, Michael Owens and the glass industry, Gretna, Pelican publishing, 30 janvier 2007 P23
  16. ^ ウェブスター辞典
  17. ^ Graves-Brown, Carolyn (2010年). “AB29 Flint bracelet”. スウォンジ大学エジプトセンター. スウォンジ大学. 2012年6月11日閲覧。
  18. ^ Capart, Jean (2010). Primitive Art in Egypt. Forgotten Books. pp. 49–51. ISBN 9781451000009. https://books.google.com/books?id=EV2FXFw2kVMC&pg=PA49. 


「燧石」の続きの解説一覧

燧石

出典:『Wiktionary』 (2021/08/22 10:39 UTC 版)

この単語漢字
すい
表外漢字
せき
第一学年
音読み 音読み

発音

す↗いせき

名詞

(すいせき)

  1. 火打石

「燧石」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。



燧石と同じ種類の言葉


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

燧石のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



燧石のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの燧石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
Text is available under Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA) and/or GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblioに掲載されている「Wiktionary日本語版(日本語カテゴリ)」の記事は、Wiktionaryの燧石 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、Creative Commons Attribution-ShareAlike (CC-BY-SA)もしくはGNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS