採石場とは? わかりやすく解説

Weblio 辞書 > 辞書・百科事典 > デジタル大辞泉 > 採石場の意味・解説 

さいせき‐じょう〔‐ヂヤウ〕【採石場】

読み方:さいせきじょう

安山岩砂岩など一般用岩石採掘している所。厳密に採石法適用を受ける場所。


採石場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/04/17 00:55 UTC 版)

採石場(さいせきじょう、さいせきば、: quarry)とは、鉱山の一種。主に、花崗岩などの岩石石灰石などを産する。鉄鉱石などの鉱山と異なり、石材など精錬を必要としない物を産する鉱山を指す場合が多い。大型の石材を産する場合、石切場(いしきりば)とも呼ばれている。




  1. ^ 採石法 - e-Gov法令検索


「採石場」の続きの解説一覧

採石場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2017/12/16 08:18 UTC 版)

ロング島 (フィニステール県)」の記事における「採石場」の解説

採石島の主産業となっており、19世紀島内には3つ集落存在した採石業自体18世紀には始まっており、「斑岩(porphyre)」(微細花崗岩、microgranite)が産出されていた。19世紀には500,000個の石材産出され毎年ブレスト工廠ロシュフォール工廠および街に運び込まれ建物防壁利用された。

※この「採石場」の解説は、「ロング島 (フィニステール県)」の解説の一部です。
「採石場」を含む「ロング島 (フィニステール県)」の記事については、「ロング島 (フィニステール県)」の概要を参照ください。


採石場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/07/04 08:28 UTC 版)

ブロイベルク」の記事における「採石場」の解説

ミュムリング川の渓谷位置するハインシュタット区には古い採石場があり、オーデンヴァルト登攀同好会によってクライミング施設設けられた。さらにロープで安全を確保した登攀路もある。オーデンヴァルト登攀同好会がこの保全行っている

※この「採石場」の解説は、「ブロイベルク」の解説の一部です。
「採石場」を含む「ブロイベルク」の記事については、「ブロイベルク」の概要を参照ください。


採石場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2021/10/18 15:07 UTC 版)

庄川扇状地」の記事における「採石場」の解説

庄川扇状地田園風景広がっている表土下に石礫多く堆積している。その石礫採掘するため、田には穴が多数掘られている。例年田園であった所に突如として巨大な穴が出現する様は扇状地ならではの光景であるといえる。 現在庄川沿岸には多くの砕石砂利コンクリート関連企業立地している。

※この「採石場」の解説は、「庄川扇状地」の解説の一部です。
「採石場」を含む「庄川扇状地」の記事については、「庄川扇状地」の概要を参照ください。


採石場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2019/08/15 00:32 UTC 版)

燧石」の記事における「採石場」の解説

石器時代には多くの燧石採石場(英語版)から、燧石採掘加工された著名な場所以下に記すスピエンヌ燧石鉱山 - ベルギーにある新石器時代の遺跡世界遺産 グリムズ・グレイヴス - イギリスにある先史時代の遺跡石灰岩地層から良質の燧石採掘していた跡 バット、アル=フトゥム、アル=アインの考古遺跡群 - オマーンにある世界遺産、ふたつの燧石採石場と繋がっているクシェミオンキ先史時代縞状燧石採掘地域 - ポーランドにある世界遺産新石器時代から青銅器時代にかけて採石された。

※この「採石場」の解説は、「燧石」の解説の一部です。
「採石場」を含む「燧石」の記事については、「燧石」の概要を参照ください。


採石場

出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』 (2020/03/12 23:50 UTC 版)

ダーリング崖」の記事における「採石場」の解説

崖の端では20世紀初期から半ばごろ、多くの採石場があった。ヘレナ川が流れる地域にまだ4つの採石場があるのがわかるが、50年上使われていない。崖の西側これ以上はっきり見える傷を作らないために、採石場の開発20世紀末法的に制限された。 20世紀末広大なジャラボーキサイト鉱床あること分かったが、鉱山開発反対の抗議様々なところから起こり政府鉱山開発者開発提案をやめる事になった。

※この「採石場」の解説は、「ダーリング崖」の解説の一部です。
「採石場」を含む「ダーリング崖」の記事については、「ダーリング崖」の概要を参照ください。

ウィキペディア小見出し辞書の「採石場」の項目はプログラムで機械的に意味や本文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。 お問い合わせ

「採石場」の例文・使い方・用例・文例

Weblio日本語例文用例辞書はプログラムで機械的に例文を生成しているため、不適切な項目が含まれていることもあります。ご了承くださいませ。


英和和英テキスト翻訳>> Weblio翻訳
英語⇒日本語日本語⇒英語
  

辞書ショートカット

すべての辞書の索引

「採石場」の関連用語

採石場のお隣キーワード
検索ランキング

   

英語⇒日本語
日本語⇒英語
   



採石場のページの著作権
Weblio 辞書情報提供元は参加元一覧にて確認できます。

  
デジタル大辞泉デジタル大辞泉
(C)Shogakukan Inc.
株式会社 小学館
ウィキペディアウィキペディア
All text is available under the terms of the GNU Free Documentation License.
この記事は、ウィキペディアの採石場 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。 Weblio辞書に掲載されているウィキペディアの記事も、全てGNU Free Documentation Licenseの元に提供されております。
ウィキペディアウィキペディア
Text is available under GNU Free Documentation License (GFDL).
Weblio辞書に掲載されている「ウィキペディア小見出し辞書」の記事は、Wikipediaのロング島 (フィニステール県) (改訂履歴)、ブロイベルク (改訂履歴)、庄川扇状地 (改訂履歴)、燧石 (改訂履歴)、ダーリング崖 (改訂履歴)の記事を複製、再配布したものにあたり、GNU Free Documentation Licenseというライセンスの下で提供されています。
Tanaka Corpusのコンテンツは、特に明示されている場合を除いて、次のライセンスに従います:
 Creative Commons Attribution (CC-BY) 2.0 France.
この対訳データはCreative Commons Attribution 3.0 Unportedでライセンスされています。
浜島書店 Catch a Wave
Copyright © 1995-2022 Hamajima Shoten, Publishers. All rights reserved.
株式会社ベネッセコーポレーション株式会社ベネッセコーポレーション
Copyright © Benesse Holdings, Inc. All rights reserved.
研究社研究社
Copyright (c) 1995-2022 Kenkyusha Co., Ltd. All rights reserved.
日本語WordNet日本語WordNet
日本語ワードネット1.1版 (C) 情報通信研究機構, 2009-2010 License All rights reserved.
WordNet 3.0 Copyright 2006 by Princeton University. All rights reserved. License
日外アソシエーツ株式会社日外アソシエーツ株式会社
Copyright (C) 1994- Nichigai Associates, Inc., All rights reserved.
「斎藤和英大辞典」斎藤秀三郎著、日外アソシエーツ辞書編集部編
EDRDGEDRDG
This page uses the JMdict dictionary files. These files are the property of the Electronic Dictionary Research and Development Group, and are used in conformance with the Group's licence.

©2022 GRAS Group, Inc.RSS